ショパン バラード 第2番。 ショパン・人気投票アンケート集計結果:バラード&スケルツォ

ショパン バラード

ショパン バラード 第2番

ショパン バラード ショパン:バラード Frederic Chopin : Ballades バラードは元来、歌曲の1ジャンルです。 物語性のある詩を吟遊詩人が竪琴などで弾き語りをするのが中世の伝統的なバラードのスタイルでした。 しかしショパンといえばピアノの詩人です。 そこで、ショパンはバラードを歌詞のないドラマティックなピアノ音楽として独り立ちさせました。 そう、ショパンが器楽におけるバラードの創始者なのです。 それでは、ショパンのバラードとはどんな曲なのでしょう? 実際に聴いてもらうのが手っ取り早いのですが(笑)、歌詞のないピアノ曲といっても、ポーランド人の友人が作った詩からインスピレーション受けて作曲したと伝えられており、いずれも起承転結のあるドラマティックな曲想が印象的な傑作です。 演奏時間は10分前後とソナタ作品に次いで規模が大きく、ショパンの魅力や才能が存分に発揮された作品ということができます。 なお、ショパンの他の作品とバラードの相違点は、以下のようになります。 ・マズルカやポロネーズのようなポーランド民謡が由来ではない ・ワルツやノクターンのようにサロンで演奏される小曲を目指してはいない ・複数楽章や組曲でなく、単一の曲である すなわち、ピアノによる1曲の独立した純粋な絶対音楽を目指しているということになります。 ショパンは生涯で4曲のバラードを作曲しましたが、これらには関連性はなく全く別個に作られたものとされています。 また、舞曲由来ではないバラードですが、すべての曲が3拍子系になっており、旋律そのものに微妙な舞踊性を残しているのがポイントとなります。 この辺りのショパンのバランス感覚は驚くべき物があります。 なお、リストやブラームスも、おそらくはショパンに影響されてピアノ曲としてのバラードを作りました。 しかし彼らの曲は演奏される機会が少なく、バラードと言えばショパンということになっています。 もっとも、これはバラードに限った話ではなく、ポロネーズと言えばショパン、マズルカといえばショパン、スケルツォと言えばショパン、ノクターンと言えばショパン・・・といった具合です(笑)。 あらゆるジャンルで傑作を生みつづけたショパンの才能には敬服するしかありません。 ショパンは「別れの曲」「革命のエチュード」「英雄ポロネーズ」など通称名の付いたポピュラーな曲が有名ですが、これらは作曲者本人の命名ではありません。 これらの曲に感銘を受けた人たちが命名しているわけですが、ショパン自身はむしろ標題音楽には否定的でした。 音楽はあくまでも音楽であり、曲の成立した背景や包含される内容については演奏者や聴き手にすべてを委ねるべきである・・・というのがショパンの考え方だったのです。 そういったショパンの考える「絶対音楽」に対する意識が最も反映されたのが、このバラードです。 4曲にはタイトルは付いていませんが、これらの傑作を聴いて何の感情も呼び起こされない人などいません。 安易にタイトルを付けるのではなく、言いたいことを音符に託して表現する。 バラードは音楽に対して厳しい姿勢を貫いたショパンの想いが込められた作品なのです。 第1番 作品23 いきなり低音がドーンと鳴り響き、オクターブで謎めいた旋律を奏でるという、たいへん印象的な始まり方をします。 ショパンの大きな曲には大抵序奏が付いているのですが、その典型とも言えるものです。 次に主題が入ってきます。 物憂げで寂寥感の漂う、いかにもショパンらしいメロディです。 バラード1番はソナタ形式に近いのでこれを第一主題と呼びますが、ショパンのソナタ2番では第一主題は比較的短い小節数ですぐ第二主題に入ってしまいます。 ところがこの曲は、第一主題のまま思い切り長く焦らされます。 これがショパン一流のためらいなのです。 高揚しかける感情、しかしすぐ憂鬱さが戻ってしまう。 再び高まるけれども、またしても物憂げに沈んでいく。 しかしオクターブの動機をきっかけに徐々に感情の高まりを見せ、爆発するアルペジオとなって第一主題を締めくくります。 ショパンのお好きな人は、たいてい第一主題の段階でこの曲の虜になってしまうと思いますが、曲が進むにしたがって甘美な第二主題、充実した展開、激情のコーダといったまさにドラマティックな展開が待っています。 ぜひ聴いてみてください。 第2番 作品38 ソナタ形式に近かった第1番とはだいぶ違い、ABAB+コーダのシンプルな構成となっています。 夢想的なA部と嵐のようなB部の対比が際立ち、聴く人に強い印象を与える曲になっています。 ヘ長調のドミナントであるハ音に導かれて第一主題が始まり、コラール調に進みます。 この部分を意識した演奏を聴けば、単に静かな雰囲気だけで終わってしまうA部には微妙な表情の変化が潜んでいることに気付くでしょう。 A部の最後最後はイ音の連打で停滞するのですが、これは最初に出てくるハ音に呼応しています。 すなわちこの部分は、B部で主要な調性となるニ短調のドミナントを鳴らしているのです。 ショパンの導入部は大きく2パターンあって、一つはドミナント等から主題を開始しすぐ主調を確立させるシンプルもの、もう一つはナポリ6度などから前奏を開始し主調を確立させずファンタジックな雰囲気を強調するものです。 この曲は前者に該当します。 さて、続いて入る第二主題はさながら吹き荒れる暴風雨の様相となります。 しばらくすると暴風が収まって、第一主題が再現します。 最初に登場したときよりも和声的には複雑な展開がされ、徐々に不穏な空気が見えてくると再び嵐の第二主題が現れます。 ここでの第二主題は短縮されており、低音部で鳴らされる雷鳴のようなトリラーをきっかけに怒涛のようなコーダになだれ込みます。 あとは延々と続く嵐なのですが、感情が最高潮に達したところで急に悪夢から覚めたように第一主題が回想され、曲を閉じます。 ショパンの繊細な幻想性と、それとは対照的な激しい気性が見事に対比された一曲です。 第3番 作品47 4曲あるバラードの中でこの曲だけがサロン的な気品と華やかさが全体を支配します。 深刻な曲の多いショパンの大作の中では珍しく開放的な明るさが感じられ、そのため気軽に楽しめる1曲という見方をされてきました。 しかし対位法的手法が全面的に取り入られるなど、1番・2番と比較して作曲技法は高度になっており、円熟期のショパンの充実した書法を堪能できる曲となっています。 第一主題はいかにもサロン的な雰囲気の小粋なメロディですが、リズム的な変化や音域の跳躍などがアクセントとなって、諧謔性も感じさせるものになっています。 ショパンのメロディは息の長いものが多いのですが、バラード3番は短いフレーズが1小節ごとに対話しているような雰囲気になっています。 これが対位法の効果です。 第一主題が静かに終わると、今度は第二主題が始まります。 そのまま展開部に入っていきますが、この部分の作曲技法はまさに秀逸です。 リズムのパターンは第二主題のまま第一主題が短調に変奏されて出てきたり、手の込んだ展開がなされます。 そのまま第二主題を展開して曲が盛り上がっていきます。 最後は第一主題が華麗に演奏され、華やかな雰囲気のまま曲を閉めます。 第4番 作品52 名曲揃いのバラードですがその中でも特に優れており、さらにショパンの全作品中でもとびきりの傑作とされるのがこの第4番です。 構成的には第1番とほとんど同じで、よりソナタ形式に近いものになっています。 すぐには主調をはっきりさせない導入、そして第一主題をじっくりと展開し感情の山を作った後で入ってくる長調の第二主題などが第1番との類似点ですが、作曲上は比べ物にならないほど充実していています。 第1番も傑作には違いないのですが、第4番で聴かれるような深さはそれほど感じられず、むしろ情熱や若さの方が前面に出ているように思います。 この曲の特徴は第一主題の変容です。 実はショパンは変奏の名人なのですが、「変奏曲 Valiation」というタイトルの付く曲はごくわずかで、それも20歳前後の時期にしか作っていません。 そのかわり、いろいろな曲で変奏の手法を用いて、繰り返し出てくるメロディに絶妙な変化を与えています。 有名なノクターン2番(Op. 9-2)でその片鱗が伺えますが、彼の変奏手法はこのバラード4番でピークを迎えます。 第一主題は最初に右手の単音旋律+左手和音伴奏という、大変シンプルな形で提示されます。 二度目に登場するときは、下降音型を中心とする内声部が加わり、シンプルな雰囲気から一転して幻想性が拡大します。 合わせて伴奏部も厚みを増し、提示時とは比較にならないほど音数が増えますが、これに先立つ51小節からの推移で既にポリフォニックな展開が行われており、準備万端でこの展開に入っていく構成が見事です。 三度目に登場した第一主題は、なんとカノンになっています。 二声で始まり、静謐な緊張感を演出してから、声部が増えて充実感のある小終止を迎えます。 この変奏は短く、すぐに次の変奏に入ります。 四度目に登場した主題は、ノクターンでおなじみの幅広い分散和音にのって、メロディを半音的に分解しつつ流麗な進み方となります。 この雰囲気がそのまま最後の第二主題へ引き継がれ感情の高まりを見せ、「大洋のエチュード」の音型の両手アルペジオで激情が頂点に達するとfffの和音でぶっつりと曲は中断します。 一瞬の静寂ののちに入るピアニッシモの和音は、その後の素晴らしいコーダを一層効果的なものにします。 コーダの作曲技巧については真に絶賛に値するところで、ショパンの天分が最大限に発揮されたものでしょう。 最後はまるで舞台の幕を閉じるかのように長大なアルペジオが鍵盤を駆け下り、曲をしめくくります。

次の

【ショパン】ショパン作曲「バラード第3番Op.47」の解説と演奏法

ショパン バラード 第2番

1.投票コーナー設置の趣旨 ショパンは4曲のバラードを作曲しています。 ポーランドの詩人ミツキェヴィッチの詩にインスピレーションを受けて 作曲されたこれらの曲は、ショパンの作品の中でも規模が大きく、ショパンらしい抒情性はもちろん、劇的なドラマを 内包したスケールの大きく完成度の 高い名曲に仕上がっています。 作品の完成度、規模も4曲拮抗しているため、各人の好みによって「好きな曲」として 挙げる曲が大きく分かれることが予想され、集計結果には大きな興味を抱いている方々が多いものと思われます。 ショパンを専門に研究している方々の間では、ショパンの4曲のバラードの創作のきっかけとなった物語を特定する 研究が進んでいるようですが、純音楽的、ピアノの音のみによる抽象的な表現を貫き通したショパンの作品を解釈する 上ではあまり本質的な問題ではないかもしれません。 陰鬱な第一主題と美しく耽美的な第2主題を軸として、後半に向けて 劇的に高揚して壮絶なドラマを作り上げていく第1番、ヘ長調の単純な第1主題と劇的なイ短調のプレストの著しい対比、 ドラマティックなコーダがユニークな第2番、比較的穏やかで典雅で洗練された趣を持ちながらも激性を内包した完成度の高い第3番、 ヘ短調の陰鬱な主題が登場するたびに形を変え、ショパン独特の深い内面性を湛えた抒情詩が無限の奥行きを持って聞く人に迫って くる、極めてスケールの大きい第4番、それぞれに異なった魅力を秘めており、実際のところ、これらの中から、お気に入りの 順位をつけるのは、相当難しいのではないか、と僕は感じました。 アンケートに協力していただけなかった方々の中には、 1曲に絞ることの困難さ(あるいは無意味さ(笑))のために投票しなかったという方もいるのではないか、と推察しています。 僕も4曲とも好きで長年弾きこんできているため、各曲にはそれぞれ思い入れがあり、投票する立場の難しさも十分に 感じています。 今回は、お気に入り第1位、第2位を同時に投票していただく形式だったため、 1位、2位の相関まで含めて見られる形にして、集計結果を忠実に公表する必要を感じたため、このような形式にしました。 表の見方は、お気に入り第1位 BEST1 を左欄に、お気に入り第2位 BEST2 を上欄に示し、2次元表示としました。 例えば、 今回の本アンケートでは、お気に入り第1位としてバラード1番、第2位としてバラード4番を選んだ方が最も多く、21人となっています。 3.管理人コメント まず表を一目見て分かるのは、第1番、第4番の圧倒的な人気の高さです。 僕自身、BEST1としてバラード4番を、BEST2としてバラード1番を 一票入れたこともあり、このような結果はある程度予想していたのですが、第2番、第3番支持派の方々にとっては、やや納得できない 結果だったかもしれません(特に第3番は一部の方々から根強い人気があることを確認しています)。 このサイトの「ショパンの主要作品解説」のバラードのページでも触れていますが、バラード4曲中、技術的・音楽的両面から見て、 最も演奏が難しいのが第4番であることは多くのピアノ愛好者の一致する見解であり、その点でやや敬遠される傾向があるのかも しれませんが、ショパンの創作の一つの頂点として崇められている名曲中の名曲です。 それに対し、第1番は、内容の深み、内面性といった魅力では、第4番には若干及ばないものの、演奏効果の高さや外面的な華やかさでは第4番を 凌いでおり、ピアノを演奏する立場の方々からの熱烈な支持を集めているものと想像できます。 それでは、第1番、第4番、どちらが人気が高いのでしょうか?こういった議論をすること自体、無意味なことかもしれませんが、 統計上の数字から考えてみると、お気に入り第1位として第1番を選んだ方が37人であったのに対し、バラード4番は21人と、第1番が 第4番を大きく引き離している一方で お気に入り第2位を見てみると、第1番を選んだ方が20人であったのに対し、第4番は26人と、こちらは第4番の方が人数が多くなっている のは興味深い結果です。 猛烈な支持を集める第1番、穏やかながらも根強い支持を集める第4番、という構図が浮かび上がってくるようで、 皆さんのバラード4曲に対する思い入れの程度とその方向性が見えてくるような気がしますね。 もちろん、第3番も典雅で洗練された筆致で綴られた名曲で、内容的には第1番、第4番には決してひけを取らない作品と考えています。 支持者は少ないものの、この曲が断然トップだと言い切る方もいるようで、支持者の方々のこの作品に対する姿勢、思い入れは、第1番派、 第4番派を凌いでいると言えるかもしれません。 第2番は、単純な主題と劇的なプレストの著しい対比と劇的なコーダが魅力ですが、 今回のアンケートでは支持者はあまりいなかったようです。 僕自身はこの曲はバラード4曲中一番初めに弾いたこともあり、それなりの 思い入れがあるのですが、今回に限っては、比べられる相手が悪かった(?)ようです(笑)。 今回のバラードの人気投票の集計結果は、僕の中ではある程度予想と一致したという印象です。 みなさんはどのようにお感じになりましたか?感想を聞かせて頂けると嬉しいです。 2.スケルツォ全4曲 1.投票コーナー設置の趣旨 ショパンは4曲のスケルツォを作曲しています。 スケルツォは「冗談」を意味する言葉を語源に持ち、日本語では「諧謔曲」と訳されて いたようです。 4楽章構成の交響曲の中で、第3楽章に置かれることの多かった「メヌエット」に代わって、古典派後期以降、 頻繁に用いられるようになった、極めて速いテンポの楽曲です。 ショパンはこの「スケルツォ」を自己の音楽表現の手段として 用い、「スケルツォ」が本来内包する「冗談」の意味を根本から取り去り、極めて深刻で劇的な性格を持った規模の大きい作品として 昇華させました。 スケルツォを単独で扱うのも当時としては珍しかったようです。 ところで、ショパンの4曲のスケルツォは、演奏技巧の難しさ、作品の規模の大きさ等の特徴が、バラード4曲と似通っており(おおよその 目安として演奏時間は7分〜11分)、ショパンのバラード・スケルツォ各8曲は、しばしば対等の扱いをされます。 従って、スケルツォの人気投票コーナー設置の趣旨も、バラードと同様のものと考えていただければ、と思います。 第1番は、不協和音を極めて美しく処理しながら細かいパッセージを織り交ぜて劇的な主部を形作る一方で、中間部には古いポーランドの クリスマスの歌「眠れイエスよ」が引用され、物憂くも情熱的な旋律が魅力的で、圧倒的に華やかなコーダで締めくくられるショパンの 最初期の傑作です。 第2番は、ショパンのスケルツォ4曲中最も有名であり、ピアノ学習者が一番先に取りかかることが多いようです。 変ト長調-変ニ長調の美しく流れる第2主題は非常に分かりやすくこの作品の絶大な支持を集める大きな要因になっているようです。 さらに中間部後半やコーダの難技巧、華やかさもこの作品の大きな魅力となっています。 第3番は、オクターブを叩きつけながら、 力強く進行する強烈な第1主題が鮮烈な印象をもたらす一方で、穏やかな第2主題ではコラール風の和音の後、高音からキラキラと 駆け下りてくる分散アルペジオがすがすがしく爽やかな印象を与え、その対比の妙がユニークです。 また長大で劇的でヴィルトゥオーゾ風の 華麗なコーダもこの作品の大きな魅力です。 第4番は、ショパンの劇的なスケルツォの中にあって、明るく穏やかな、本来の意味での 「スケルツォ」に近い作品です。 主部は、軽快、軽妙なパッセージが耳に心地よく響く粋で洗練された趣を持っており、それに対して 中間部は陰鬱でとりとめのない旋律がやるせない情熱とともに響き渡ります。 この曲も極めて技巧的なコーダで締めくくられます。 ショパンの4曲のスケルツォを概観してみるとそれぞれに名曲と呼べる要素を併せ持っており、こちらの場合も、バラードと同様の 理由で、お気に入り順位をつけることが難しいと感じました。 3.管理人コメント ある程度予想はしていましたが、上の集計結果の表を一目見ると、やはりというべきか、第2番の圧倒的な人気を裏付ける結果となりました。 他の曲がいずれも長大な名曲であることを考えると、お気に入り第1位として第2番を選んだ方が全76人中半数近い37人もいることは、 驚くべき結果と言わなければならないでしょう。 しかし、この表を見てみると面白い事実が見えてきます。 お気に入り第2位として 支持された曲を見てください。 第1番が26人と一番多く、第1位で圧倒的支持を集めた第2番は、13人で最下位となっています。 確かに、第2番は第1位に入れてしまう方が多いため、その分、第2位では伸び悩む傾向があるのは分からなくはないですが、それにしても これは興味深い結果と言えます。 …というわけで、集計結果から見る限り、スケルツォ4曲に関しては、圧倒的な支持を集める第2番 VS 他の3曲(第1番、第3番、第4番)という構図に なっているようです。 第2番の人気は頭一つ抜け出しているので、数字上の議論は無意味のような気がしますが、他の3曲、第1番、 第3番、第4番は、人気度が拮抗しているようです。 協力していただいた方々の人数を考えると、誤差範囲内と 考えなければならないでしょう(票数がもう少し多ければ、より信頼できるデータになりそうですが)。 ここで最も基本的な疑問について考えてみます。 内容の豊かなスケルツォ4曲の中で、何故第2番の人気が飛びぬけて高いのか? それは、この曲は、スケルツォ4曲中、耳に触れる機会が一番多く、ピアノレッスンで最もよく取り上げられるからです。 このサイトの掲示板(「ショピニストへの道・掲示板」)でも、 何故か、スケルツォ2番の話題ばかりで盛り上がり、他の曲の話題があまり出てこないのは、ショパン愛好者の1人としてやや残念の ような気もしますが、 このような事実を見ても、第2番はそれだけ触れる機会の多い曲だということが分かりますよね。 絶対的な認知度の高さが、圧倒的人気の大きな要因だと思います。 その点、この結果は公平ではないような気もしますが、 名曲度と一般的認知度は、必ずしも比例しないので、致し方ないことだと思います。 もちろん、この投票に参加してくださる皆様のことですから、他の曲も十分知り尽くしていることと思いますが、 やはり、認知度の高い曲の方が耳に触れやすい分だけ、知らず知らずのうちに「無意識的な思い入れ」が形作られる傾向があることは 否定できないと思います(僕も例外ではありません(笑))。 皆さんも、スケルツォ2番だけでなく、是非、他の曲もどんどん聴いてください!(笑)みんな、よい曲ばかりですよ!.

次の

ショパン バラード 無料 楽譜

ショパン バラード 第2番

ショパン/バラード第2番 ヘ長調 作品38 作曲 1838年か 叙事詩「バラード」から 構想を得て 音楽にしたもの。 ブラームスなども 遺しているが ショパンのバラードが 物語性が高い。 タイトルに 調性をつけてないのは それなりに考えがある。 シューマンに献呈した時は イ短調のコーダは付されてなく へ長調で終わっている。 概要は、リトアニアとロシア間に戦争が起き リトアニアは 十字軍に敗れ 独立を失う。 リトアニアの深い森の中の湖には 神秘的な物語がある。 戦争により、女たちは生きて捕らわれの身となるよりも 死を願って神に祈る。 たちまち 大地震が 街も城郭も 崩れ 消え去った・・・(省略) ショパンは マリア・ヴォジンスカと婚約状態であったが、破棄された。 ちょうど この時期と重なる。 ショパンは マリアとの手紙を 「Moja bieda(わが哀しみ 」として宝物にし 公にしなかった。 ショパンは マリアとのやりとりを わが悲しみ Moja bieda とし これを持って 大切にしていた。 うまくいかなかった原因は 諸処あるだろうが ショパンは 「革新的活動家」とマークされていたのかもしれない。 ワルシャワではティトゥスと親友であり ウィーンまでは 一緒に来ている その後 二人は ティトゥスが祖国へ ショパンは 父の故郷である フランス へわたった。 このような 終わりを予想できないところにショパンの天賦がうかがえる。 A 穏やかな 物語の初めと 牧歌的な和声 この後 凄まじい音型を予想できるだろうか。 無窮動的なものから生み出される2番。 この2つ(AとB)の対比が著しいのがこの曲のよさである。 B 激しい部分 「バラード1番の闘い」の時以上の激しさ。 城郭が崩れさるような。 気になるのは 右手と左手が 近接していくのに 強弱が逆であること。 右手は 弱めていく 左手が 強めていくこと もちろんフレーズの終わりは乱暴にならずに。 左手のパッセージが うねるように 楽器の共鳴関係からいくと 1小節目、バスのA 右手のAがあるので おのずと右手Eは響きが大きくなる。 同様 3小節目 バスのC 右手のC そして G 2段目 1小節目 Eフラット 右手のEフラット Bフラット 3小節目 はじめて 不協和音が出てくる。 激しくぶつかる音程。 デーモニッシュな和声 そして トリルからクレッシェンドしコーダへ このような音型はあまり見たことがない。 高い芸術性がうかがえる。 マリアとの婚約破棄 ショパンの人生に どれだけの影響を与えたのか。 このバラードもそのひとつ・・・ フェルマータの余韻の後 最後の数小節 バラードの劇的な終わり ポズナンにある アダム・ミッキェヴィッチ公園のポーランドの国民的詩人 アダム・ミッキェヴィッチの銅像。 木々と比べると その大きさに驚く ポーランド蜂起に多大な影響を与えた。 ポーランド蜂起は、ショパンが激情の迸る作品を生み出す決定打だとなった。 革命のエチュード バラード1番 スケルツォ1番などが生まれている。

次の