ワンズ 再 結成。 WANDS、始動「続きをやってみたくなった」

WANDS、始動「続きをやってみたくなった」

ワンズ 再 結成

90年代に一世を風靡した「WANDS」が再始動しました! WANDSといえば1991年のデビューから2000年3月の解体(解散)まで、「もっと強く抱きしめたなら」「時の扉」「世界が終るまでは…」「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」等をはじめとしたコラボを含む16枚のシングルと5枚のオリジナルアルバムをリリースし、うち5枚のミリオンシングルと3枚のミリオンアルバムを放った伝説的バンドです。 その再結成を熱望する声は以前より途切れることがありませんでしたから、今回の知らせを耳にして、興奮を抑えることができないファンも大勢いらっしゃることでしょう。 しかしながら今回の再始動については、以前のWANDSがそのまま復活するわけではありません。 ボーカリストとして参加するのは上原 大史さんという新たなメンバーで、多くの方がWANDSのボーカルとして認知しているであろう上杉 昇さんではないのです! 待ちに待った復活劇に際して上杉さんが蚊帳の外とは、一体どういうわけなのか大変気に掛かりますね。 また現在の上杉さんは、何をなさっているのでしょう? メンバーチェンジが繰り返されたバンド・WANDS 実を言いますと、WANDSはこれまでにもメンバーチェンジを繰り返しながら活動を続けてきた稀有なバンドです。 今回の再集結はWANDS「第5期」と位置付けられており、上杉さんがボーカルを務めていた期間は第1期(1991~1992)から第2期(1992~1996)に掛けてと、意外にも限定的なものになりますね。 それはもう最初から」と断言しているところをみるにつけても、上杉さんは「音楽性の違い」から脱退を決意したのでしょう。 こういった経緯から、今回の再始動に際しても上杉さんにはお声が掛からなかったか、誘いがあったとしても、上杉さんサイドが参加を固辞した可能性が高そうですよね。 スポンサーリンク? 上杉 昇の現在は?独自路線を貫いている!? 上杉さんは音楽に対する並々ならぬ情熱があればこそ、WANDSから離れることを決めたわけです。 それゆえ脱退後は全く路線を変えて、バンド活動やソロ活動に邁進していらっしゃいますね。 現在でも上杉さんは「上杉 昇」として自分のやりたい音楽を発信しつつ、ライブやイベントも精力的にこなしています。 2019年4月にファイナルを迎えた東名阪ツアー・追加公演の場においては「(楽曲の歌詞について)最近は書いても書いても次から次へと言いたいことが出てきます」と語っており、その意欲は全く失われていない模様ですね! 以下、上杉昇さんのWANDS脱退後の簡単な経歴です。 が再始動でタイムラインがざわついていますが、元WANDSのボーカル、上杉昇さんがやってるバンド、猫騙を見てみましょう。 この発言については、さすがのファンたちも「それほどまでにWANDSが嫌だったのか…」と、落胆の色を隠せませんでしたね。 「ここまで言ってしまうとは、さすがにWANDSの再集結は望めないか」「もしかすると脱退時、メンバー間に相当わだかまりがあったのかもしれない」といった憶測も流れました。 しかしながら最近の上杉さんは、自身のライブにてWANDSの楽曲を披露しています。 音楽性の違いから決別の道を選んだとはいえ、心底WANDSを嫌っているとか、自身の中から消してしまいたいという想いではないのかもしれませんね! いつかまた、WANDSと共演を果たすといった可能性もゼロではないでしょう。 ともあれ、新たなメンバーとして加わる上原さんも非常に評価が高いボーカリストなので、いろいろなしがらみは捨てて、純粋に過去・現在・未来におけるWANDSの音楽を楽しみたいものです。 スポンサーリンク?

次の

第5期WANDS(ワンズ)の新ヴォーカリストがヤバすぎて、つい記事にしてしまいました!!

ワンズ 再 結成

「もっと強く抱きしめたなら」「愛を語るより口づけを交わそう」「世界が終わるまでは・・・」等で知られるWANDSが再結成。 メンバーは柴崎浩(G)、木村真也(Key に新ボーカル・上原大史の3人で復活。 17日に大阪でフリーライブを開催し、来年1月29日に約20年ぶりの新曲を発売する。 「きっかけは昨年、タレントとしても活躍する歌手、DAIGO(41)が第1期のヒット曲「もっと強く抱きしめたなら」をカバーして話題になったことだった。 ファンのみならず、スタッフからもWANDSの再結成を望む声が挙がり、DAIGOのアルバム制作に携わったプロデューサー、長戸大幸氏(71)の耳に届くことに。 1990年代にWANDSやZARD、大黒摩季らを輩出したビーインググループの創始者でもある長戸氏は、インディーズ時代から能力を高く評価していた上原を結成メンバーの柴崎と大島こうすけに引き合わせた。 感情をほとばせる上原の多彩な表現力と圧倒的歌唱力はWANDSサウンドに合致すると、今年に入り第4期として楽曲制作を開始。 大島が裏方に専念するため脱退し、木村が加わって5期が始動することになった。 上原は「子供の頃から大好きでリスペクトしていたWANDSに、まさか加入するとは。 不安はありますが覚悟を決めてやらせていただきます」と決意表明。 一方の柴崎は「続きをやってみたくなった」、木村も「皆さんと出会える機会を3人で作っていきたい」とファンに熱く呼びかけた。 」(サンケイスポーツのニュースより) ビーイングブームの時は抜きんだ人気があり、中学時代に「世界が終わるまでは・・・」とかをWANDSが好きなクラスメイトに借りたのが懐かしい記憶なんですけど、やっぱ上杉さんがいてのWANDSだと思うので新しいボーカルで再始動って納得いかないなぁ.

次の

WANDS、復活!! なお、上杉昇は

ワンズ 再 結成

『Innovation weekend』では革新的な新しいサービスや、日々の生活の中で役に立つお得な情報、さらに今話題の方たちをピックアップしてご紹介しています! 今回は、伝説のロックバンド 『WANDS』の再結成にあたり、 ボーカルに抜擢された 『上原大史さん』をご紹介したいと思います。 1991年に結成されたWANDSは2000年に解散。 第5期WANDSのボーカルに選ばれたのが、今回ご紹介する『上原大史さん』です。 プロフィールや経歴• 顔画像や歌唱力• 歌声動画 についてまとめていきたいと思います。 Contents• 上原大史 WANDS のwikiプロフと経歴! WANDSの上原大史って人、長戸大幸が押して合わせたのか。 それなら心配ないな。 — ぐれんしーと 型月は永遠に GLNseat 新ボーカルに抜擢された上原大史さんですが、経歴はミステリアスな部分が多く、実はまだ 公式サイトでも詳しい経歴は発表されていません。。。 あの2人はの時もそやったけど 声とギターの相性が良いんだよ。 しかも今回大島さんも関わってるから尚更なあ…。 で再始動!?上杉さんがいいけど、再始動は嬉しい。

次の