フランス 歴代 大統領。 フランス基礎データ|外務省

歴代アメリカ合衆国大統領の一覧

フランス 歴代 大統領

次のフランス大統領が決まるのはオランド大統領の任期が切れる2017年です。 フランスの政治制度は典型的な半大統領制であり、よくセンター試験や小論文で取り上げられます。 小論文で論じるためにはまずは制度を理解していなくてはいけません。 今回はフランス大統領制、フランスの政治制度について解説していきます。 フランスの政治制度は半大統領制 フランス革命後も立憲君主制、帝政、議院内閣制とさまざまな政治制度をとってきた歴史があります。 現在のフランス政治体制は「第五共和制」といわれ、大統領の権限が大きく強化された政治制度となっています。 フランス大統領は国民から直接選挙で選ばれます。 アメリカの大統領制に似ていますが、下院の解散権や国民投票にかける権利などを持っている点では、アメリカ大統領よりも強力な権限をフランス大統領はもっているといえるます。 しかし、フランスには首相があり、内閣があります。 首相・内閣は国会の下院である国民議会からの信任を受けていなければなりません。 そういった意味で、議院内閣制的な要素も強く残っています。 こうしたことから、フランスの大統領制は「半大統領制」といわれています。 似たような形の国にはドイツがあげられます。 小論文やセンター試験に対応するためには、アメリカ大統領制との比較、日本やイギリスなどの議院内閣制との比較ができることが最低条件です。 フランス大統領選挙のしくみ 「半大統領制」フランスの政治体制は、大統領制と議院内閣制が大統領権限優位の形で共に成り立っています。 第5共和制のもとでのフランス大統領は、国民の直接選挙で決められていて、23歳から立候補できます。 ただし、国会や県会、市町村長などから500人以上の署名を集め、憲法裁判所に提出しなければなりません。 それでも多くの政党が存在する多党制のフランスですので多くの人が立候補します。 過去の大統領選挙で、いきなり過半数の得票をあげた候補はいません。 そこで、第1回投票での得票数上位2人を対象に、決選投票を行います。 これによって、過半数の支持を得た大統領を選ぶ仕組みになっています。 日本の自由民主党や民進党が党首を選ぶのに似ていますね。 フランス大統領の任期 フランス第五共和政では当初、任期を7年としていて当選回数に制限はありませんでした。 しかし、2000年の国民投票による憲法改正で任期は5年に短縮されました。 その後も再び憲法が改正され、連続した任期は2期までに制限され、また議会における大統領の演説が可能になりました。 フランスのように比較的簡単に改正できる憲法を軟性憲法といいます。 反対に日本のように手続きが難しい憲法を硬性憲法といいます。 小論文では憲法改正についての意見を聞かれることはまずないでしょう。 しかし、小論文で日本国憲法がどのようなものなのか説明を求められることはあるでしょう。 大学の先生がどういう活動をしているのかを知ると受かりやすい小論文を考えやすいです。 フランス政治の対立軸は2つではない 普通、先進国では左右、つまり社会民主主義か保守主義かという対立軸にそって、それぞれ政党ができているのが普通です。 しかし、フランスはもう1つの軸、つまり「議会政治を尊重するか、それとも否定的に考えるか=大統領権限を強化するか」という対立軸もあります。 後者の考え方は、ナポレオン以来フランス政治のなかでたびたび出てくる「カリスマ的英雄による人民のための政治」を熱望する考え方です。 このような考え方を、政治学では「ボナパルティズム」ということがあります。 フランスの政党は、左右、そして議会主義かボナパルティズムか、という2つの対立軸が存在しているのです。 政治学部・学科の小論文の場合は、デモクラシーなどといったカタカナの言葉は多く出てくるでしょう。 小論文の中に、政治学の専門用語を混ぜれると評価が上がります。

次の

フランス大統領選挙とフランス政治制度を5つの観点から解説

フランス 歴代 大統領

在任は1991年から1999年です。 ソ連時代から共産党員で1961年に入党し、ゴルバチョフ政権のペレストロイカ期にモスクワ市第一書記となって改革派の最も急進的であって、87年にはゴルバチョフを批判して解任されてしまいました。 ペレストロイカが進展して連邦を構成する共和国の分離が問題となって保守派が巻き返しを図ると、90年にソ連共産党を離党して、翌91年にロシア共和国の直接選挙で大統領に選出されました。 こうしてソ連大統領のゴルバチョフと張り合う形になりました。 同年に共産党保守派のクーデターが起きるとモスクワ市民の先頭に立ってそれを押さえて失敗に終わらせ、それをきっかけにゴルバチョフに迫ってソ連共産党を解党させて、ソ連を解体させました。 エリツィンさんの功績としてはソ連を解体したことと、「民主化」と「自由化」を成し遂げたことです。 日本では偉大な政治指導者と言われています。 しかし、ロシアの間では人気のある指導者ではなかったようです。 外国から見れば西側に門戸を開いた偉大な指導者であったかもしれませんが、ロシア国民からすると国民の生活を破壊した指導者でもあったからです。 関連: ロシアの歴代大統領は誰? ロシアはまだ歴史が浅いので歴代の大統領は今まででエリツィン大統領を入れて3人です。 そして現在はまたウラジーミル・プーチン大統領が務めています。 ロシアの大統領は国民による直接選挙で選ばれます。 被選挙権はロシアに10年以上居住した35歳以上のロシア市民であることだそうです。 関連: ロシアの大統領の任期は? 任期は当初4年でしたが、2008年の憲法改正により任期は6年に延長されました。 2012年実施の選挙の当選者から適応されることになりました。 3選禁止のため連続で就任できるのは 上限12年となっています。 首相と大統領の違いって何? スポンサードリンク ロシアの大統領は国民による直接選挙で選ばれます。 選挙の形式は2回投票制という形を取っていて、過半数を得た候補者がいない場合は上位2名による決戦投票を行います。 一方首相は大統領が指名をして、議会による承認を受けるという形を取ります。 首相の権限は大臣の任命という点にとどまり、大統領にはフランスの半大統領制をモデルにしてとても大きな権限があります。 まず、首相及び内閣と政府要職の指名・任免権。 国家院(下院)の解散権。 これには下院での内閣不信任が必要になります。 他にも、大統領令の発布。 議会で可決された法案の拒否権。 軍の指揮権。 厳戒令・非常事態宣言の発令。 国民投票の実施権などです。 ちなみに現在の首相は前に大統領を務めていたドミートリー・メドヴェージェフさんです。 現在大統領のプーチンさんは、エリツィン大統領の時とメドヴェージェフ大統領の時に首相を務めていました。 スポンサードリンク.

次の

歴代フランス大統領のハチャメチャな恋愛遍歴から見るフランス人の恋愛観

フランス 歴代 大統領

現代語訳の首相に当たる行政府の長のフランス語名称は以下の通り。 - 1791年 : 首席大臣(仏: ministre en chef) ・• - : ・ - 設置されず 仏:pas de chef de gouvernement フランス王国・フランス共和国• 1849年- : - 設置されず 仏:pas de chef de gouvernement• : フランス第二帝政 - 内閣主席 仏:chef du Cabinet フランス共和国• 1942年- : ヴィシー政権 - 政府主席 仏:chef du gouvernement• 1959年以降 : - 首相 仏: premier ministre 目次• 第五共和政の首相 [ ] 現代()のフランス首相は、の行政権の下に置かれたの首長である。 国民のによって選出される大統領に首相の任免権があるが、大統領が任命する場合もあれば、を模倣しの多数党から選出される場合もある。 後者を「フランスの大統領制的議院内閣制」という。 大統領と対立する政党から首相が選出される場合もあり、これを(保革共存)と言う。 これによって対立政党間の協調関係が生じることもあれば、深刻な政治的対立も起こり得る。 首相が議会から不信任決議等を出された場合、大統領が議会を解散するか、首相を罷免する決定をおこなう。 歴代フランス首席大臣(宰相) [ ] この節のが望まれています。 フランス復古王政 [ ]• 1815年:• 1815年 - :• 1818年 - : ()• 1819年 - :• 1820年 - :アルマン・エマニュエル・ド・ヴィニュロー・デュ・プレシ• 1821年 - : ()• 1828年 - : - 正式に閣僚評議会議長に就任しなかったものの内相のまま政務を代行した事実上の第7代政府主席• 1829年 - :• 1830年: ()•

次の