ケン ちゃん ラーメン 山形。 ケンチャンラーメン@山形 中華そば [ラーメン] All About

ケンチャンラーメン 山形(地図/写真/山形市/ラーメン)

ケン ちゃん ラーメン 山形

いや、最初は知りませんでした。 最近新しいラーメン屋さんの開拓をしていませんでした。 奥さんが「ココがイイ!」って仰ったのです。 アットホーム、ってより完全に個人宅な感じの店舗。 調べると「ケンちゃんラーメン」は山形県で有名なお店なんだとか。 行った事ないケド、ラーメン王国なんですよね?山形。 元気のよい店員さんが丁寧に教えてくれました。 ボタンはいっぱい有りますが、よく見ると ラーメンは1種類のみ。 お好みは口頭で伝えても大丈夫ですよ。 コレは「大盛チャーシューメン脂っぽく」1050円。 食券機にはチャーシューメンにお好みは書いてませんが、口頭で伝えればOKです。 スープは魚介出汁で「脂っぽい」を注文した割にあっさりに感じます。 一瞬「どん〇衛」の麺に見えちゃったのはナイショにしてね。 この太い平麺ですが 太さや厚さが不揃いなのでイロイロな感触を楽しめるのが面白い。 チャーシューは赤身ベースでしっかりとした歯ごたえ。 このチャーシューもスーバーな感じで盛大に挟まりましたよ。 個人の主観ですが、単調に感じるスープのせいか後半はチョット飽きてくるか? 普通盛りにして餃子やチャーハンなんかあるとガラっと評価が変わる気がします。 ウチの奥さんは「美味しい」と高評価でしたケド。 真のケンちゃんラーメンを知らないので適当に思った事を書いてみました。 営業時間:11:00~14:30 定休日:月曜日.

次の

八戸に「ケンちゃんラーメン」現る

ケン ちゃん ラーメン 山形

私は昼の混んでる時間を外して行ったつもりだったが(午後2時近く)それでも大繁盛。 入れ替りがあってもずっと八割以上を維持。 中華そば小盛り550円 濃口、油普通、身入り を注文。 小盛りでも都内で食べる普通のラーメン以上の量がある。 地方に行って食べる前に「この店はスゴイ」と感じることがたま~にある。 そしてこの店がまさしくそうだった。 食べずに帰ったとしても東京のラーメン好きに「ケンチャン行ってみて」と言いそう。 それくらいのオーラがあった。 真ん中が「油っぽく」「油抜き」の木札。 大きさを注文した後に油の量を希望で選ぶことができる。 左側が「濃口」「薄口」でタレの量。 薄味好みの人以外は濃口がお薦め。 実際私もそう聞いて、濃口を頼んで正解だった。 それと凄いのが食券販売機。 山形で券売機自体珍しいと思うのだが、この券売機はかなりハイテク。 私の記憶では東京でも見たことがない。 まずは大きさ(小盛、普通、大盛)を選択し、その後で油・タレなどの希望を券売機で選択できる。 注文すると当然ながら食券が出てくるのだが、そのことをハイテクと言ってるわけではない。 その複雑(?)な注文が同時に厨房にも伝達されるのである。 厨房ではその伝達を元にラーメンを作り始める。 食券を買ったら空いてる席に座って待つのだ。 食券には番号が書いてあり、ラーメンが出来上がるとその番号で呼ばれるという仕組みなのだ。 身入りとは海苔の右に見える背脂のこと。 まずは麺が秀逸。 手打ちなのだがかなりの幅広縮れ麺。 食感、口触り、のど越し、かな~り私好み。 スープは鶏ガラベースの伝統的な醤油味とも言えるが満足感はかなり高い。 こりゃ、本店にも行かねば。 というよりも、支店も多数あり、全部行きたくなったほど。 もう一つの驚き。 ここはこんなに流行っているのに午後2時には終了になるのだが、その後、店主は広告代理店の社長に変身するという。 なんというスーパーマンぶり。 いろんな点でこの店は凄い。

次の

【全店制覇の道】山形県の有名ラーメン「ケンちゃんラーメン」を全部食う!|庄内らぶ「山形県庄内地方における観光スポット・グルメのまとめと雑記ブログ」

ケン ちゃん ラーメン 山形

ケンちゃんラーメンの本店 山形県酒田市にあるケンちゃんラーメン酒田本店に行ってまいりました。 県道353号線沿いにあるお店です。 店内 店内は左手にカウンター席があり、中央にテーブル席。 右手に小上がりがあります。 入口のすぐ右手にウォーターサーバーがあるので、お水はこちらでセルフサービス。 卓上には唐辛子にコショウといった調味料が用意してありました。 メニュー メニューは中華そばのみ。 それぞれ小盛、普通、大盛から選ぶことができます。 また油ぬき、油ぽく、うす口、こい口とカスタマイズが可能。 今回は中華そばの小盛(650円)でこい口を注文。 中華そば小盛 こちらがケンちゃんラーメンの中華そば小盛。 トッピングはチャーシューにメンマ、海苔、ネギとなってます。 ほんのりと酸味があってすっきりとしたスープ。 そこかわふんわりと旨みが広がってきます。 醤油ダレもよくきいており、濃い口ということもあってしっかりと塩気もある。 かすかに甘みもあるように感じました。 麺は太めの超ちぢれ。 茹で上がりは普通くらいでしょうか。 ツルツルさもありますが、テロンともしています。 何より存在感がバツグンで、スープと相まってか後には甘みが楽しめました。 チャーシューはあっさりめの味付け。 しっかりとした歯ごたえがあります。 素材の風味も味わうことができました。 今回は小盛をいただきましたが、一般的にいう普通くらいのボリュームがあったように思います。 そのため普通は(私にとって)けっこうな量が予想される。 大盛はとんでもないボリュームになりそうです。 普通とか大盛とか書いてあっても店によって尺度が違うので、初訪問の際はその辺を気を付けたいと思いました。

次の