ご一読 意味。 「ご一読ください」という敬語の正しい使い方〜ご査収ください、ご確認なさってください〜

ビジネス上での「拝読」の正しい意味と使い方についての解説

ご一読 意味

「精読」の意味とは? 「精読」の読み方? 「精読」の英語 解釈• 「精読」の対義語• 「精読」の言葉の使い方• 「精読」を使った言葉・慣用句や熟語・関連 意味・解釈• 「精読」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「精読」の類語や言い換え シソーラス 言い換え• 「精読」と「多読」の違い 「精読」の意味とは? 「精読」の意味は、細かいところまで隅々きちんと読むことです。 なので、大雑把に読むのではなく、きちんとじっくり読むことを 「精読」するといいます。 「精読」に関しては、学校でもよく出てきますし、お子さん方へ 「精読」しましょうなど話すこともあり、色々と活用する場面が多いので、言葉の意味を理解した上で利用するようにしましょう。

次の

「ご一読ください」の意味とは?使い方、例文、返信、類語など

ご一読 意味

「ご一読」の使い方 「ご一読」は尊敬語なので相手の行為に使う 「ご一読」は、「一読」に接続語の「ご」をつけて、相手を敬った表現をしている言葉です。 ビジネスシーンや、目上の人に対して使用する言葉であり、自分自身が何か読むといった場合には使用することができません。 「ご一読」はビジネスメールでも使える 「ご一読」は、 ビジネスメールで使用することができます。 例えば、メールなどで「資料を添付させていただきましたので、ご一読ください」というように使用します。 これは、「資料を添付したので、さっと読んでください」というようなニュアンスになります。 「ご一読いただきたく存じます」などの使い方をすると、丁寧でより良いでしょう。 詳しい使い方や言い回しは後述します。 「ご一読いただきありがとうございます」は要注意 相手に読んでもらったことに対してお礼を言う場合、「ご一読いただきありがとうございます」という使い方をすることは、決して 間違った表現方法と言うわけではありません。 しかし、「ご一読」 は、 「さっと見る」という意味合いになるので、「さっと読んでくれてありがとう」というニュアンスで受けっとてしまう人もいます。 時間を割いて読んでくれた相手に対して、「さっと読むよんでくれてありがとう」と伝えるのは大変失礼です。 読んでくれたことに対するお礼の気持ちを伝えたいのならば、 「お読みいただきありがとうございます」といったように言い換えることが無難であると言えるでしょう。 自分自身が読むときは謙譲語の「拝読」を使う 「ご一読」は、先ほども説明したように、「一読」に接続語の「ご」をつけて相手を敬う表現方法となるので、自分自身が読むというような場面では使用することができません。 自分自身が「読んだ」ということを伝えたいのであれば、 「拝読」という謙譲語を使用しましょう。 「拝読いたしました」といったような使い方をします。 「ご一読」の例文 「ご一読ください」 「ご一読ください」は、「ご一読」に「ください」というお願い事をするときに相手に敬意を示す尊敬語がついた表現方法です。 相手に読んでほしいものがあるときのお願いする表現方法として、一番耳にする言葉だと思います。 上司や取引先など、目上の相手に対しては「ご一読ください」よりも「ご一読くださいますようお願いいたします」を使うと良いでしょう。 そのため「お手すきの際に」など時間があれば読んでくださいという場合に使います。 「お手すきの際にご一読ください」の他にも「お時間ある際にご一読ください」も使われています。 「ご一読ください」は、「さっと目を通してください」という意味なので相手の都合を考慮した柔らかい伝え方ですが、「ご一読いただければと思います」は、さらに遠慮した表現方法です。 目上の人や、あまり親しくない人に頼みずらいことをお願いするような場面で使用することの多い言葉です。 「ご一読」に「いただく」という謙譲語をつけて「幸い」を「お願い」という意味で使用しれいます。 「いただけると幸いです」で、「してくれると嬉しい」というお願いするときの敬語表現になります。 「のほど」はお願いをするような場面で、 「申し訳なさ」を表している表現方法です。 「時間をとらせてしまって申し訳ないけれどお願いします」というようなニュアンスです。 「ご一読の上」 「ご一読の上」は、一読してさらにその他にも何かお願いや依頼をする場合に使います。 例えば、確認や返信、検討などビジネスシーンではメールや資料を読んでもらう際に使われています。 「説明書をご一読の上、ご確認ください」 「メールに添付した資料をご一読の上、ご返信くださいますようよろしくお願いいたします」 「ご一読されまして、ご連絡願います」 以前、詐欺メールに「ご一読されまして、ご連絡願います」というワードが使われたことがありました。 そのため検索されている方が多いですが「ご一読されまして」は正しい言い回しではありません。 「ご一読された後、ご連絡願います」「ご一読されましたら、ご連絡願います」などが正しい言い回しとなります。 ご査収 「ご査収」は 「ごさしゅう」と読みます。 「ご査収」の意味は、 「よく調べたうえで受け取ること」です。 「査」「調べること・明らかにすること」という意味があり、「収」には「とり入れること・手に収めること」という意味があります。 「ご査収」は、金品など、間違いがないかきちんと確認してから受け取ってほしいものがある場合に使う言葉なので、「軽く目を通しておいてください」といったニュアンスのある「ご一読」とは、厳密にいうと意味合いが違うものになります。 「ご査収」を用いた例文 「利用規約を添付いたしましたにで、ご査収ください」 「送付しました資料が届きましたらご査収くださいますようお願いいたします」 「〇月〇日までにご査収の程よろしくお願いいたします」 ご覧 「ご覧」は、 「見る」の尊敬語です。 「ご覧になる」や「ご覧ください」といった使い方で、 目上の人に使える言葉になります。 より丁寧な「どうぞご覧くださいませ」という表現方法もあります。 「ご覧」を用いた例文 「こちらが本日の参加者向けの資料になりますので、ご覧ください」 「概要覧に詳しく記載されておりますので、どうぞご覧くださいませ」 「現地へ足を運ぶ前にこちらの記録をご覧ください」 ご確認 「ご確認」は、「確認」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「確認」は 「確かにそうだと認めること」「また、はっきり確かめること」を意味します。 ビジネスシーンや目上の人に使用する場合は、「ご確認なさってください」や「ご確認くださいませ」といったような表現をすると、相手に失礼がありません。 「ご確認」を用いた例文 「お時間のあるときに書類をご確認ください」 「お手元に届きましたら、不備がないかご確認くださいますようお願いもうしあげます」 「必要書類を提出しましたのでご確認いただければ幸いです」 目を通す 「目を通す」は、 「一通りみること」という意味です。 「ご一読」と同様に、 「ざっと見てください」というニュアンスです。 「目を通す」を使用して、「目を通してください」とお願いをすると、「さっと簡単に読んでください」というニュアンスになり、 目上の人に敬語として使用するのはよくないとされているので注意しましょう 自分自身の「見る」という行為に対してや、目下の人に使う言葉です。 「目を通す」を用いた例文 「テストの前にもう一度、過去問に目を通した」 「前日にまとめた本日のスケジュールに目を通してから家をでる」 「会議は基本的に事前に配られた資料に必ず目を通してから参加する」 「ご一瞥(いちべつ)」 「一瞥」の意味は「ちょっとだけ見ること、ちらっと見ること」です。 「一瞥する」は使われていますが、「ご一瞥ください」などといった言い回しではほとんど使われていないので注意しましょう。 そのため「ご一読」の代わりに「ご一瞥」を使うことは出来ません。 また「一瞥」は、夏目漱石の「こころ」や「草枕」などで使われていることから広く知られるようになりました。

次の

「拝読」の意味と使い方の例文!類語や二重敬語など注意点も解説

ご一読 意味

「拝読」の意味と概要 「拝読」は、「読むこと」を丁寧に表した敬語、謙譲語です。 謙譲語ですので、自分が自分より目上の人に対して、何かを読ませてもらうときに使います。 「拝読」の使い方 たとえば、上司から届いたメールを読んだときに、「先日のメールを拝読しました。 」といいます。 「拝読」は謙譲語です。 自分のことをへりくだった表現なので、 他人の動作には使えません。 たとえば、「先日メールした資料は拝読いただけましたか? 」という表現は間違いになります。 「拝読」はだれに対して謙譲している言葉なのか 一般的な使い方を理解していれば十分ですが、「拝読」にはあまり知られていない意味の特徴があります。 謙譲は、自分がへりくだる表現なので、そこには敬意を払う誰かがいることになります。 そのため「拝読」の場合には、その読み物を書いた人に対してへりくだる意味があります。 たとえば、上司から送られてきたメールは 「拝読」しますが、上司からもらった本を上司に 「拝読しました」と伝えるのでは、 上司に敬意を払っていないことになります。 「拝読させていただきます」は注意して使うべき 「させていただく」には、 相手から許可されて何かをし、それを敬語で報告する表現に使います。 この意味合いの使い方なら、間違った使い方とはいえません。 「拝読します」の意味合いで「拝読させていただきます」を使うのは、すでに敬語の 「拝読」にさらに敬語の 「いただきます」があるので、 二重敬語になっています。 そのため、「拝読させていただきます」は注意して使わなければいけない表現です。 しかし、ビジネスシーンでは意味の使い分けにあまりこだわらずに、よく「拝読させていただきます」「拝読させていただきました」が使われています。 「拝読いたします」は言い換えた方が無難 「拝読いたします」については、「拝読」も「いたす」も謙譲の敬語で二重敬語と習った人もいるでしょう。 実際には、「拝読いたします。 」については、二重敬語かどうかは意見の分かれるところです。 どうしても「拝読いたします。 」を使わなくてはいけない場面はありませんので、「読ませていただきます」など他の表現にいいかえるのが無難といえます。 「拝」を使った他の表現 「拝」の漢字の意味に、すでに謙譲の意味合いが含まれています。 「拝読」のように「拝」を使う言葉は下記のとおりです.

次の