デレステ 背景 キャラ。 アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ DB【デレステDB】

アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】

デレステ 背景 キャラ

Contents• ノーマルアイドルについて ノーマルとは、基本的に「N」と表記される、最低レアリティとなります。 キャラクターアイコンの枠は各属性の色となります。 最低レアリティというだけあって、ライブにてしょっちゅうドロップする上、友情ポイントを消費してキャラクターやトレーニングチケットを手に入れることが出来る 「ローカルスカウトオーディションガシャ」からも度々排出されます。 そのため、気づけば所属アイドル枠が全てノーマルで埋まってしまっている、ということもしばしばあります。 「低レアリティだし、能力値もレベルも低いからいらない!」と思ってしまうプロデューサーさんも多いかと思いますが、ちょっと待ってください。 そんな低レアリティアイドルでも役立つ場面があるのです。 以下、低レアリティアイドルであるノーマルの役立つ面を紹介したいと思います。 スポンサーリンク ノーマルアイドルの良い点・使い道 特訓をしやすい デレステにおいて、他ゲームでの覚醒にあたる「特訓」をするには、好感度を最大まで上げる必要があります。 好感度はレアリティが高くなれば高くなるほど必要数値が多くなるため、どうしても高レアリティのアイドルは特訓がしにくいです。 それに比べてノーマルアイドルは好感度MAXまでの必要値が低く、すぐに好感度MAXになります。 画像の通り、高レアリティアイドルは特訓までに好感度が200必要なのに対し、低レアリティアイドルは20で済みます。 進んでライブに参加させていればすぐにMAXになってしまうでしょう。 「どうせ移籍するか、レッスンの餌にするノーマルなのに、何故特訓が必要なの?アイテムと枠の無駄では?」と思われるでしょうが、低レアリティの特訓には大きく意味があります。 特訓をすることで解放される特訓エピソードを閲覧すると、ガシャを引くのに必要な スタージュエルが25個貰えます。 ノーマルアイドルはデレステに登場する全てのアイドル分、183名居るので、全ての特訓をこなしてスタージュエルを貰うと4575個のスタージュエルが貯まることになります。 ガシャ10連分が確実に貯まります。 高レアリティのアイドルを増やすためには、プラチナガシャが必要不可欠です。 プラチナガシャで高レアリティを手に入れるための投資だと思えば、アイテムは惜しくはないでしょう。 スターレッスンをしやすい スターレッスンを行うと、スターランクが上がり、そのアイドルをセンターにした際、獲得マニーとレアドロップ率にプラス補正がかかります。 スターランクは最大5であり、スターランクが高ければ高いほど、獲得マニーとレアドロップ率に高い補正がかかります。 そのスターレッスンを行うには、同じレアリティの同じキャラが必要になります。 例えばSSR喜多 日菜子のスターランクを上げたいのなら、同じSSR喜多 日菜子をもう一枚獲得せねばならないのです。 つまり、高レアリティのアイドルほどスターランクが上げにくくなってしまうということです。 その点、低レアリティのアイドルは、ライブとガシャで腐るほど獲得可能なため、スターランクが手軽に5まで上昇させることが出来ます。 周囲のアイドルを高レアリティで囲んでおけば、スコアもある程度確保可能なので、ティアラを狙いたいときなどに高スターランクの低レアリティアイドルをセンターにしておけば、少しでもティアラのドロップ率を上げることが出来ます。 メモリアルコミュを解放させるのに使える 低レアリティのアイドルでも、ファン数を増やせば「メモリアルコミュ」が解放されます。 ライブに出してファン数が2000、10000、20000まで増えれば、閲覧することでスタージュエルが25個貰えるメモリアルコミュが解禁されるのです。 ただし、こちらはキャラクターごとに共通の数値なので、高レアリティで既に持っているアイドルの低レアリティを確保しておく必要はありません。 更に、あまりこちらを気にしすぎると所属アイドル枠がすぐにいっぱいになってしまうので、こちらは気に入ったor気になった低レアアイドルのみで良いでしょう。 余裕があったら目指してみても良いかもしれません。 衣装が共通 低レアリティのアイドルは特訓しても全員が同じ衣装を纏うため、非常に統一性があります。 ライブ中背景でアイドルが踊る仕様のデレステでは、好きなキャラの高レアリティだけで組んでしまった場合、衣装がバラバラでPVに似合わないといった問題点が発生してしまう場合があります。 その点、低レアリティのアイドルだけでユニットを組んだ場合、衣装が統一されるため、ライブの映像に確実な統一性が出ます。 衣装を統一するだけのために、好きなアイドルの低レアリティを残しておくのもいいでしょう。 現在のところ、全アイドルにSRが実装されているため、低レアのみでしか存在しないアイドルというのは存在せず、低レアでお気に入りのアイドルがいても、落ち込む必要はありません。 そのため、NやRのアイドルを残しておく理由はありませんが、デレステは同じ衣装を纏っていても各種レアリティでカードイラストが変わるため、コレクションとして好きなアイドルは全て自分の手元に残しておきたいという気持ちもあるでしょう。 好きなアイドルの低レアカードを残しておくことは悪いことではありませんし、上記のように役立つ面もあります。 特訓後に高レアリティの餌にするか、それとも取っておいてコレクションなどにするかは、プロデューサーさん次第です。

次の

デレステ アイドル編成 お気に入り指定でホーム画面ガール固定化

デレステ 背景 キャラ

Contents• 「リズムアイコン」とは? 「リズムアイコン」とは、読んで字の通り 「リズムを取るためのアイコン」です。 つまり、これのことです。 デレステのリズムゲームはこの「リズムアイコン」を正しく、タイミングよくタップしたり、フリックしたりすることで進行します。 「ノーツ」と呼ぶこともあります。 リズムアイコンの種類はいくつかあります。 まず一つ目が、基本の形であり、タイミングよく画面をタップする 「タップアイコン」。 二つ目が指を指定方向に擦る動作をする 「フリックアイコン」。 三つめが指定期間中指を離さず、終点で指を離す 「ロングノーツアイコン」です。 更に発展形として、二つ同時にタップ動作を行う 「同時押しアイコン」。 ロングノーツの終点で指を離さず、フリックを行う 「ロングノーツ終点フリックアイコン」。 ロングノーツの最中に指の移動を行わなければならない 「スライド」が存在します。 尚、DebutやRegularレベルの時はタップとロングノーツ、同時押しまでしかありませんが、Proレベルからはフリックが、Master+からはスライドが楽譜に追加されます。 スポンサーリンク リズムアイコンの変更 リズムアイコンの外見は普通だと、楽曲の属性ごとにカラーを変えるものが採用されています。 ですが、このままでは背景に溶け込んでやりにくいという人も居るでしょう。 そういう時は「リズムアイコンデザイン」を変更してしまいましょう。 リズムアイコンデザインの変更は 「ライブ設定」から行うことが可能です。 初期は前述の楽曲属性でカラーが変更される「TYPE1」が採用されています。 以下に他デザインのサンプルを掲載いたしますので、参考にしてみてください。 TYPE2(楽曲の属性で色が変更されます) タップ、ロングノーツに関しては殆どTYPE1と変わりがありませんが、フリックの表示が変わります。 白抜きである分、楽曲によってはフリックが見やすくなるでしょう。 TYPE3(全楽曲で共通した色になります) 各リズムアイコンが色分けされます。 ハッキリと色分けされるため、半透明で全く同じ色のTYPE1、TYPE2が見えにくいプロデューサーさんでも安心です。 TYPE4(全楽曲で共通した色になります) ほぼTYPE3と変わりませんが、フリックのカラーだけが変更されています。 更に強く色づけされていて欲しいプロデューサーさんにおススメです。 TYPE5(全楽曲で共通した色になります) リズムアイコンが「太鼓の達人」の「どんちゃん」「かっちゃん」の顔になります。 更にはアイドルの顔アイコンが表示されていた部分も「太鼓」となり、太鼓の達人のような気分が味わえます。 ちょっと変わった気分でデレステを楽しみたいプロデューサーさんにおススメです。 まとめ デレステのリズムアイコンは様々な種類があり、楽曲のレベルが上がると格段に情報量が増えます。 「やりにくいな」と少しでも感じた場合は、リズムアイコンのスピードを変えてみたり、タイミングを変えてみたりも良いのですが、リズムアイコンのデザインを変えてみるのも良いでしょう。 色が変更されるだけで、やりやすくなったりする可能性もあります。 プロデューサーさんごとにやりやすい環境は違うので、色々試して、最も実力を発揮できそうな組み合わせでデレステをプレイしてみてください。

次の

デレステにおすすめのタブレット最強ランキング5選

デレステ 背景 キャラ

YouTubeとかで動画上がってるんで見てみたらわかると思いますが 最高画質同士で比べてもクオリティは断然デレステのほうが高いです。 一番はシェーディングの部分ですかね。 デレステの3Dリッチはリムライトで陰影を際立たせてより立体的に 見せているので、もともと良く出来ている3Dモデルをより活かすことが 出来ています。 モデルの動かし方も違います。 デレステのダンスは踊っているモデルそれぞれにディレイが設定してあり 画一的な動きにならないように微調整されてます。 その為人間らしい無理のない動きに仕上がっていて、見ていてあまり不自然さを感じません。 ミリシタは、振り付けが秀逸なうえにパターンも多くキレッキレで とてもスピード感溢れたダンスに仕上がっていて凄くカッコイイですが、 昔ニコニコ界隈で盛り上がっていたMMDを使ったダンス動画のような 機械的な動きになってしまっています。 要は硬いってことですね。 ロケーションも違いますね。 ミリシタは 今のところ 劇場公演という部分に縛られてしまって表現の 幅にどうしても制限が出てしまう。 デレステはそういう縛りがないので、普通のステージもあれば 野外のスタジアムだったり、ステージがせり上がったり等のギミックや 屋外 特設会場や学校とか の他に、観客なしのホントのクリップ映像 MV 等様々なシチュエーションでできる。 こういった背景の部分でも違いがあって、MV見せ方の幅も映像全体のクオリティを押し上げていると思います。

次の