いらすとや タブレット。 地震直後に素材サイト「いらすとや」が防災イラスト大量追加 賞賛の声

[B! いらすとや] nezukuのブックマーク

いらすとや タブレット

私はAndroidタブレット(Nexus7)を使ってるのですが、たまにこれでイラストを描いてみたいと思うことがあります。 パソコンで使うペンタブのような本格的な道具ではなく、日頃使っているAndroidタブレットで気軽にイラストを描きたいなと。 いままでもAndroid(iPhone、iPad)で使えるタッチペン(スタイラスペン)を使っていたのですが、イラストを描くのはちょっとつらい。 キレイな線が引けない。 ということで、イラスト向きのペンを試しにいくつか買ってみました。 その内の1本は大当たり! ばっちりキレイな線が引けました。 使っていた静電ペン いままでは先端が金属のアミになっているペンを使っていました。 このペンはゴムよりもスベりがよく、なめらかに線が引けます。 タッチの反応も悪くありません。 前回の記事のアイキャッチ画像もこのペンで描きました。 といっても、このイラストは紙に下書きを描いてからスキャンして線画を作っています。 なのでこのペンで線を引いた訳ではないんです。 このペンの最大の弱点は 思ったところに線が引けないこと。 ペン先が太いため、ペンの先端からズレたところに線が引けるんです。 できれば線は思ったところに引きたい! そんな思いから、ペン先が細いスタイラスペンを購入してみました。 先端が2mmのスタイラスペン ペン先が細ければ思ったところに線が引けると考えて購入したのがペン先2mmのスマホ・タブレット用スタイラスペンです。 ペン先はゴムでできています。 内蔵された電池が静電気を発生させます。 静電気のおかげで細いペン先でも感度は良好。 線が途切れることはありません。 これだけ細いペン先なら、思ったところに線が引けるだろうと思いました。 しかし柔らかいゴムのペン先はどうしてもグニョル。 グニョルんですよ! その若干のグニョりのおかげでやっぱり線がズレます。 しかも先端が細いから安定しないんです。 そこに柔らかいゴムが拍車をかけて 線がフラフラしやすいです。 大雑把なイラストや手書きの文字の入力なら問題ないかもしれません。 しかし、これでは1から線画を描くのは無理です。 1週間ほど使い込んでみましたが、このペンでイラストを描くのはあきらめました。 頑張って「けものフレンズ」のサーバルちゃんを描いてみたけれど、描いては消しての繰り返しで疲れました。 ペン先2mmでもキレイな線が引けない… 某いらすとや風のしずかちゃんのように太い線で多少フラフラしてもいいイラストなら描けますけどね。 思い通りの線が描けるスタイラスペンはこれだ! やっぱり思い通りに線が引きたい!ということで次に購入したのがJotです。 要するに円盤付きのペンですね。 円盤付きのペンの描きやすさのウワサは前から聞いていたんです。 でも先端の円盤がどうにも受け入れられなくて拒絶していました。 そんな過去の自分を張り倒したい… すごくいいよ!これ! 円盤は透明だから 先端がよく見えます。 思ったところに線が引けます。 グニョらないから真っ直ぐな線が引けます。 透明の円盤がディスプレイをしっかりとらえてペン先が安定します。 円盤のおかげで線がフラフラしにくいんですね。 開封直後に円を描いてみました。 1週間使い込んだペン先2mmと、1年以上使い込んでる極太静電ペンと比べてみました。 これ、ホントに練習とかしてません。 描いて驚きました。 円盤付きのペンなら、ここまでキレイな円がサッと描けるんです。 ゴムのペン先はグニョルから線もグニョグニョです。 極太静電ペンはまあまあだけど1年以上使ってこのレベル。 円盤付きのペンの圧勝と言っていいでしょう。 ペン先2mmで頑張って描いたサーバルちゃんをJotでサラッと描き直したらこんなにキレイな線になりました。 すごーい! 思い通りにキレイな線が引けるのは良いですね。 描いていてストレスがありません。 これからはJotでイラストを描いてみます。 一緒に買ったほうがいいモノ AmazonでJotを購入したのですが、一緒によく購入されている商品にキタコのカーボングリスがありました。 これ何に使うんだろうと思ったら、ペン先と円盤の接合部に塗るようです。 このグリスを金属の先端に少し付けただけで動きがとても滑らかになりました。 これは必須ですね。 円盤の中心には金属の薄い板があります。 ペン先の金属と円盤の金属を通電させるために、この電気を通すキタコのカーボングリスが最適のようです。 普通のグリスは電気を通しませんからね。 キタコのカーボングリスは珍しい商品のようで、店頭では手に入りにくいみたいです。 円盤付きのペンを買うなら一緒に購入したほうがよさそうです。 100円ショップでも似たペンが売ってた 100円ショップのキャンドゥでも円盤が付いたペンが売っているという話を聞いたので探して買ってみました。 見た目は100円とは思えません。 すごい。 描き味は驚くほど良かったです。 円盤付きのペンを試すのに良いですね。 サッと線を引いてみたけど100円でこの描き味はすばらしい。 難点を上げるなら軸がゴムということです。 円盤はディスプレイに押し付けたときにしか曲がりません。 細かい修正にはちょっと苦労しそうです。 線が途切れ途切れになる現象もあったので、本格的な使用はちょっとストレスを感じるかもしれません。 この写真は先端を少し引っ張り出してます。 Jotは先端の円盤がボールジョイントで回転する仕組みですが、キャンドゥのディスクペンはゴムで曲げる仕組みになっていますね。 ちなみに、撮影のために芯を引っ張り出したら戻せなくなりました。 ゴムだから芯がグニャって入りません。 もう使えません…失敗したなぁ。 キャンドゥのディスクペンは、円盤ってどうなの?と思った人がちょっと試すには良いのかもしれませんね。 さいごに ペンの描きやすさはイラストの楽しさに直結します。 気軽に「たーのしー!」と思いながらiPhoneやiPad、Android端末でイラストを描きたい人は、円盤付きのペン Jot を試してみるといいかも。 それではまた。 この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!.

次の

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

いらすとや タブレット

タブレットPCやiPadでお絵かきをする方法とおすすめのタブレット 投稿日: 2016. 21 更新日: 2017. 17 最近、数多く発売されているWinタブやiPadなどのいわゆるタブレットでお絵かきをやってみようと思ったことはありませんか。 WacomのCintiq companionだとどうしても手が出しにくい値段ですが、 タブレットならお手頃な値段なため入手しやすいので、代わりに使いたいと思う人は多いかもしれません。 ですが、タブレット選びに間違えるとお絵かきが上手く出来ない上に金銭的にもダメージを受けてしまいます。 今回はタブレットPCでお絵かきをすることを前提の上でタブレットPCの選び方、おすすめのタブレットを紹介していこうと思います。 一般的にタブレットPCがイラストを描くのに向かない理由 基本的にはタブレットはイラストを描くのに向いていません。 画面のサイズが小さいとか各種便利なデバイスが接続出来ないとか、細かい所をあげたらきりがないですが、根本的に向いていない理由があるのです。 それは・・・ 静電気方式タッチパネルだと筆圧検知できないからなのです。 静電気方式のタッチパネルでは静電気を正確に検知するために一定の広さの接触面が必要になってくるので、どうしても誤検出が多くなってしまう上、アプリを使って線を描くと途中で切れたりしてしまいます。 落書き程度なら静電気方式タッチパネルで十分かもしれませんが、普通のお絵かきには全く向いていません。 また、大抵のタブレットは静電気方式タッチパネルを採用しています。 つまりほとんどのタブレットはお絵かきに向いていないタブレットなのです。 今回はお絵かきに向いているタブレットPCについて説明していきます。 お絵かき向きなタブレットPC お絵かき向きのタブレットは筆圧検知出来るタイプのものです。 詳しく説明すると、デジタイザーペンに対応しているタブレットのことです。 「デジタイザー」とは入力装置のことです。 デジタイザーペンとよばれるペン型の装置とパネル状の装置(タブレットのパネル)を合わせた装置の事を言います。 デジタイザーペンのメリット 一般的なスタイラスペンだと、一定の太さでしか線が描けませんが、 デジタイザーペンだと筆圧の表現が可能になっています。 また、デジタイザーペンを使用中に指や手など触れたとしてもデジタイザーペンの入力が優先されるので、意図しないところに線が引かれることはありません。 デジタイザーペンのデメリット そんなデジタイザーペンですが、もちろんデメリットはあります。 デジタイザー対応のタブレットでは、そのタブレット専用のデジタイザーペンしか使えないということです。 もし壊れたら他の物で代用が出来ません。 しかし、ほとんどのデジタイザーペンが個別で市販されているので、 もし仮に壊れたとしても後から別途購入できるのでそこまで大きなデメリットにはならないと思います。 iPadでお絵かき ここまではWinタブでお絵かきをする前提で話を進めてきましたが、iPadでお絵かきをしたい方いるのではないでしょうか。 ここではiPadでのお絵かきについて説明していきます。 iPadにお絵かきをする時に注意するべきこと まず当然ですが、Winタブで使えていたお絵かきソフトが使えません。 別途お絵かきアプリを探してくる必要があります。 また、iPadは静電気方式タッチパネルを使って居るため手のひらを画面に置いて描くと、その当たっている部分も認識されるため変な動きをしてしまいます。 ただしこの問題は 有料のお絵かきアプリを使用する・手袋をして描くなどで一応回避できます。 おすすめのお絵かき用iPad ただしiPadでお絵かきをするのであれば、 「iPad Pro」と「Apple Pencil」一択になると思います。 このApple PencilはiPad Pro専用なため他では使えないのが残念です。 しかし、性能は十分なのでiPadでどうしてもお絵かきがしたい!という人はぜひ購入してみてください。 お絵かきタブレットを購入する前に確認するポイント• 筆圧感知機能対応かどうか• 対応ドライバ(WacomかN-trigか)• 電磁誘導ペン(デジタイザペン)に対応しているか、もしくはそれと同等の性能に匹敵するか 他にも突然のエラーが発生することも結構あります。 この辺は購入前にネットでレビューなどを確認しておいた方が良いです。 オススメのお絵かき用タブレットPC VivoTab Note 8 ASUSの「VivoTab Note 8」は価格が安く買いやすいタイプのお絵かき用タブレットです。 性能もとりあえず一通り揃っていて、 3万以下で購入出来るので落書き程度を気軽に描きたい方にはこれがおすすめです。 ただし色塗りや仕上げなどは少し難しいです。 Surface Proシリーズ お絵かき出来るタブレットPCで一番良い物といえば、Surface Proが今注目されています。 線画から色塗り、仕上げまで活躍すること間違いなしです。 ただし価格が10万を超えるため、価格重視ですと候補から外れるかもしれません。 色々オススメしましたが、タブレットPCだと選ぶのが難しかったり上手く動かなかったりなどがあるので、 安心して購入したいのであればWacom製品一択です。

次の

みんなで学ぶ“ITライフ”スマホ&タブレット活用法: 今さら聞けないことを聞いちゃおう!

いらすとや タブレット

「いらすとや」でのイラストの探し方 まずイラストの探し方です。 トップページのカテゴリが目立つので、そこから探し始める人も多いかと思います。 ですが、すでにかなりの数のイラストが公開されています。 そのため、目的のイラストが決まっているのであれば、 キーワード検索したほうが速いです。 自分も最初カテゴリから探していましたが、しばらくするとキーワード検索しかしなくなりました。 キーワード検索する際の注意 キーワード検索する際は注意してください。 同じ単語でも 「うさぎ」と「ウサギ」と「兎」で結果が異なります。 他にも、動詞のキーワードでは、 「歩く」ではなく「歩いている」で出てくるイラストもあります。 他にも、「正月」と「お正月」だと、「お正月」のほうが検索結果数は多いです。 ですので、検索の際はキーワードを変えて、色々試してみてください。 イラストの大きさに注意 手に入るイラストの大きさは、細かく分けると 3段階あります。 ただし、上の画像を見てのとおり、端が切れているイラストもあります。 2番目に大きいのは、上記の一覧画面で、目的のイラストをクリックした後の画面(下図)です。 ちなみに、自分がサイトで使用する際は、この大きさの画像を保存しています。 最後に、一番大きな画像にするには、上記の中ぐらいの画像をクリックします。 すると画像だけが大きく表示される画面に切り替わります。 これが一番大きい画像です。 イラストを集めた後、いざ使うときになったら「あれ?小さいサイズだった…」ということがありました。 でも、実は 他にも便利な使えるイラストが揃っているんです。 そうした、便利なイラストをいくつか紹介します。 文字(ひらがな・アルファベットなど) ひらがなやアルファベットが1文字ずつ用意されています。 1文字ずつ並べて使うと独特の味わいが出ます。 例えば、こんな感じ。 飾り線(ラインとフレーム) 用紙の端に使えそうな飾りの線です。 一本線の「ライン」と、四方を囲む「フレーム」があります。 ラインの一部を紹介。 カワイイ飾り線がてんこ盛りですね。 フレームもラインほどの数ではないですが、可愛いのがそろっています。 漫画の記号・符号 特定のイラストになりますが、漫画の記号です。 「いろいろな漫符のイラスト」で検索できます。 自分は、他のイラストと組み合わせて使っています。 背景 背景です。 この上に絵を置いて色々遊べます。 数は結構用意されています。 まとめ 使えるイラストは他にも色々ありますが、自分が使っているものをピックアップして紹介しました。 他にも「メッセージカード」というジャンルもあって、これは、その時季にまんま役に立ちそうですね。 お店のPOP素材もあります。 「安売り!」「バーゲン!」などですね。 とにかくいろんな素材がありますよ。 それにイラストを使わなくても、見てるだけでホンワカする楽しいサイトです。

次の