帝国 石油 株価。 国際石油開発帝石 ADR株価:MONEY BOX

帝国石油

帝国 石油 株価

また、写真の幡ヶ谷に存在した帝国石油本社社屋は、現在 2013年8月時点 は取り壊され、跡地にの駐車場付き店舗が建っている。 帝国石油株式会社(ていこくせきゆ、英文社名: Teikoku Oil Co. , Ltd. )は、かつてやの採掘・・販売を行っていたである。 (平成18年)にと共同でを設立したが、(平成20年)に同社が社名変更したにされた。 概要 [ ] (昭和16年)に各社の石油鉱業部門を一元化し、石油資源の開発促進・振興を図る目的の帝国石油株式会社法に基づく半官半民のとして設立された。 翌年に(現・)、(現・)ら4社の石油鉱業部門を統合した。 (昭和25年)、帝国石油株式会社法廃止に伴いされた。 その経緯から、(平成18年)にと経営統合し、ホールディングスの完全子会社となった後も新日本石油・ジャパンエナジーの両社が国際石油開発帝石ホールディングスの大株主として名前を連ねている。 (昭和24年)に、(昭和48年)に磐城沖ガス田、(昭和54年)にを発見。 日本国外では・・・などで・の開発を行っている。 (平成17年)10月には東部でのガダメス鉱区を南北2箇所落札し、同所にて採掘が始った。 日本とがをめぐり争っているで、(昭和44年)に試掘出願をしていたが保留にされ、出願から35年後の2005年に試掘権が付与されたが、その後に親中派議員のが経産大臣になるとこの流れはストップしてしまう。 事業所 [ ]• 本社 - 幡ヶ谷1丁目31-10• 技術研究所 - 東京都北烏山9丁目• 鉱業所• 秋田鉱業所 - 八橋大道東2番1号• 新潟鉱業所 - 東大通1丁目• 千葉鉱業所 - 成東• 海外(日本国外)事務所• ロンドン事務所 - ・• ヒューストン事務所 - ・• カラカス事務所 - ・• トリポリ事務所 - ・ 沿革 [ ]• (昭和16年) - 半官半民の国策会社として会社発足。 (昭和17年) - ・・中野鉱業・の石油鉱業部門を統合。 (昭和18年) - 太平洋石油株式会社・大日本石油鉱業株式会社を合併。 (昭和19年) - (: Northern Karafuto Oil Consession)を合併。 (昭和24年) - ・に株式上場。 (昭和25年) - 民間企業として発足。 (昭和36年)9月1日 - 帝石トッピング・プラントを設立。 (平成15年) - 南富士パイプラインを設立。 (平成18年) - 上場廃止。 2006年(平成18年) - 国際石油開発帝石ホールディングス株式会社(のちの)を設立。 (平成19年)7月 - 磐城沖ガス田での採掘を終了。 (平成20年) - 国際石油開発帝石に吸収合併される。 主要事業 [ ] 天然ガス採掘 [ ] 帝国石油は、との2か所のガス田を保有し、天然ガスを生産していた。 の西部に広がる南長岡ガス田で生産された天然ガスは、越路原プラントと親沢プラントで処理され、で需要家に配送される。 越路原プラントは9月に稼働を開始した。 ガス処理能力は日本最大級の日量190万Nで、隣接地に特定規模電気事業者向けの出力約5万5千kWのを建設し、2007年5月7日から営業運転を開始した。 親沢プラントは、10月に稼働を開始した。 ガス処理能力は日量166万Nm 3。 に広がる成東ガス田は水溶性天然ガス田のため、に溶解しているとを産出している。 また、の沖合いに磐城沖ガス田が存在していたが、2007年(平成19年)7月末をもって操業を終了した。 石油精製 [ ] はグループの帝石トッピング・プラント株式会社が保有していた。 この製油所で製油したガソリンなどを販売するため、中部から上越地方に計16店を経営していた。 グループ会社 [ ] 石油開発関連事業• 帝石削井工業株式会社• 株式会社テルナイト パイプライン関連事業• 帝石パイプライン株式会社• 京葉パイプライン株式会社• 南富士パイプライン株式会社 - に、・と共同出資で設立された。 で繋がる3社のを運営。 石油精製・物流関連事業• 帝石トッピング・プラント株式会社• 帝石物流株式会社 都市ガス・LPG販売事業• ネクストエネルギー株式会社• 酒田天然ガス株式会社• 帝石プロパンガス株式会社 その他関連事業• 帝石不動産株式会社• 第一倉庫株式会社• 東洋瓦斯機工株式会社 海外プロジェクト会社• テイコク・インターナショナル• ベネズエラ石油株式会社• 帝石コンゴ石油株式会社• 帝石エル・オアール石油株式会社• 帝石コンソン石油株式会社• 帝石スエズSEJ株式会社• 帝石スエズSOB株式会社• 帝石ナイルNQR株式会社 エピソード [ ] 鉱業所などがあり、繋がりの深いには、帝石が自社用に設けた道路や橋梁が後に寄附され、公共に供されたケースがいくつかある。 帝石がパイプラインの維持管理のために架橋した橋「帝石橋」は後に市に寄附され、その後県道に指定された。 現在は架け替えられ、となっている。 の同市五十嵐二の町 - 文京町の区間は、帝石が天然ガス井とパイプラインの開発を行うために建設したもので、後に県に寄附された。 現在もこの区間は「」の通称で呼ばれている。 また、同区間を走るの路線バスには「帝石前」というバス停留所がある。 万代口にある「新潟帝石ビルディング」は、新潟駅が現在地に移転してから最初に建設されたオフィスビルで、に建てられた当時は県内最大のビルだった。 同市内ではに、9階建てのマンション兼オフィスビル(竣工)が所在したが老朽化のため既に撤去されており、帝石ビルは区内に現存するビルとしては最古となっている。 なお管理業務は、国際石油開発帝石グループの「インペックスビジネスサービス」が行っている。 また新潟駅の万代口広場は狭隘で、ロータリー内に全ての路線バスを乗り入れることができないため、と朝ラッシュ時の一部の降車場が帝石ビル前に設けられている(詳しくはのバス項やを参照)。 脚注 [ ]• 編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』、2001年。 外部リンク [ ]• (2008年10月以降は国際石油開発帝石株式会社へ転送).

次の

【株ドラゴン】

帝国 石油 株価

国産最大手。 1941年帝国株式会社法により国内石油開発の特殊会社として設立,他社石油鉱業部門の吸収・合併などにより国内油田の大半をその支配下に置く。 第2次大戦後の1950年同法廃止で民間企業となった。 1955年設立の特殊法人石油資源開発へ石油資源の調査・試掘部門の一部を分離・譲渡した結果,事業の中心を原油から天然ガスに移行。 秋田,新潟の石油,新潟,千葉の天然ガスを採掘するほか,東南アジア,アフリカで活動を行っている。 (現・新)と資本・業務提携している。 2006年4月,国際石油開発[株]と経営統合し共同持株会社の国際石油開発帝石ホールディングス[株]を設立・上場した。 本社東京。 2011年資本金2908億円,2011年3月期売上高9430億円。 売上構成(%)は,原油59,天然ガス36,その他5。 海外売上比率39%。 ,帝石。 1941年,帝国石油株式会社法に基づき,石油資源の開発を促進することを目的に,政府,民間それぞれ半額出資の資本金1億円で設立された。 そのに設立された帝国石油資源開発 株 の事業を継承し,日本の石油鉱業を整備する中核体とされた。 42年には日本石油 株 ,日本鉱業 株 ,旭石油 株 ,中野興業 株 4社の石油鉱業部門を政府方針で吸収,その後も43年から45年にかけて,日本石油鉱業 株 など石油鉱業4社を合併して国内油田の大半を支配し,国産原油の一元的開発を行った。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 世界大百科事典 内の帝国石油[株] の言及.

次の

国際石油開発帝石 (1605) : 株価/予想・目標株価 [INPEX]

帝国 石油 株価

A ベストアンサー 1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。 配当金相当額を払います 2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。 理論的には損は無いです 理論株価は 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります したがって 株価=前日の株価ー配当分 に成りますので配当金相当額を払っても損しません 理論的には・・ですけどね 3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。 空売りでヘッジすると・プラスマイナス0になります 4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。 あります 他の方法でヘッジする 例をだすと 日経平均先物の売りでヘッジする 5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。 証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。 同じです 1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。 配当金相当額を払います 2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。 理論的には損は無いです 理論株価は 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります したがって 株価=前日の株価ー配当分 に成りますので配当金相当額を払っても損しません 理論的には・・です... A ベストアンサー その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。 配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。 すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。 もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。 10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。 昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。 日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。 手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 II.株価の流れ Step1 信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、 買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。 Step2 急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、 株価は急落する。 なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、 規制解除となるケースもある。 Step3 その後、足の速い投機資金は次なる獲物へと逃げてしまい、 売買高の減少とともに、株価は徐々に下がる。 Step4 やがて、数ヶ月が経過、売残高の減少が進捗しない場合は、 売り方の期日向えが近づくにしたがって、株価は動意づき、出来高が増加、 再び株価急騰となる場合がある、がこれはごく短期の仕手戦で、 期日向えを利用した、買い方の"いじめ"とも考えられる。 また、この現象は、株価水準・売残高の推移によって、相違がある。 Step5 最後に、売り方の買戻し、売残減少、規制解除となり、 株価は、本来のトレンドに沿った方向に復帰する。 お役に立てば幸いです。 では、では、がんばって下さい。 II.株価の流れ Step1 信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、 買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。 Step2 急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、 株価は急落する。 なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、 規制解除とな... A ベストアンサー 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が集まります。 不景気であれば、私の株は大丈夫なの? と、不安を抱きます。 (量によっては逃げ出します) また、株式の分割とは違う事も認識すべきです。 業績好調ならば、資本をわざわざいじる必要も無く、 もっと、新製品、マーケット獲得の方に頭を回せないのか? この業績で満足しているのか? この新たな資本をどう使うのか? これでどのぐらいの増益を見込んでいるのか? これが株主の本音だと思います。 >一般的に考えて買い、ですか? ケースバイケースです。 これは企業によります。 株主の資金で仕入れて儲けるならば株主も納得するでしょうが、 これで店舗をいくつもこさえられたら困ります。 ^_^; 新たな資金の使い方にもよります。 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が... Q ジョインベストで信用取引を初めてやってみたのですが買付け余力について分からないので教えて欲しいのですが・・ 信用である銘柄を買い建てて、その日のうちに返済売りをしたのですが、それで信用建限度額がその買い付け額分減っているのは分かるのですが、 なぜか現物の買付け限度額(現引き可能額)も減っています。 しかもその減った分の現物余力が買い建てた銘柄分の金額と同じ金額ではなくて(必要精算額、必要委託保証金額)となっていて、減った余力の数字がどこから来るのか分かりません。 たとえば信用買いした金額は48万なのに減った現物余力(必要精算額、必要委託保証金額)は-30万になっているのです。 この数字はどこから来るのでしょうか? 現物余力は現物取引をしないと減らないと思ったのですが、信用建てでも現物余力も減るのでしょうか? Q こんにちは。 一昨年の株式投資で300万程度の損失を出し損失繰越をしました。 昨年は220万程度の 利益があったので確定申告しましたが、所得税の方は「国税還付金振込通知書」が届いて 還付されました。 ただ、住民税分は還付がありません。 住民税については申告書第2表の「株式等譲渡所得割額控除額」の欄に、3%に相当する 金額を記入して申告しています。 住民税については、還付がある場合、市町村から納税者に通知があるとの情報をこちらで 拝見したのですが、実際どの様な仕組みになっているかご存知の方、ご教授下さい。 以上 A ベストアンサー ちょっと難しいかもしれませんが機械語への変換作業を 省略して簡単に実行できるようにした簡易プログラムの 事です。 通常、プログラムはソースコード 設計図 をもとにコンピュータの理解できる機械語に変換して実行されますが、 そのプロセスを自動化して簡単に実行できるようにしたものをスクリプトと言います。 特に、Webページ上で、HTMLだけではできない様々な機能を利用するための簡易的なプログラムをスクリプトと呼ぶ事もあります。 パソコンの操作中に、この変換が上手く行かなくなる事があってスクリプトのError表示が出る事があるのです。 重要な操作中で無ければ「はい」の選択で 問題は無いと思われます。

次の