シャケ サケ。 サケとシャケの違いは?正しい呼び方がどっちか検証

鮭(サケ/シャケ)と栄養価・効果効能

シャケ サケ

また、Googleで検索にかけても、「サケ」のヒット数が432万件なのに対して、「シャケ」は203万件でした。 「サケ」の使用率の方が、倍以上あることが分かります。 さらに、辞書をひいてみても、「しゃけ」の項目には「俗語」の印がついていたりします。 つまり、公式の呼び方は「サケ」で、「シャケ」は派生した呼び方ということになりますね。 「サケ」という表記の使用率の方が多いのも納得です。 では、なぜ「シャケ」という呼び方が派生してしまったのでしょうか。 詳しく調べてみると、「江戸っ子の訛り」「アイヌ語の影響」「魚の状態」といういくつかの説があることが分かりました。 江戸っ子の訛り説 現在は、東京で使われる言葉は標準語というイメージがありますが、東京には東京の方言があります。 つまり、江戸時代から江戸っ子が使ってきた言葉ですね。 「江戸言葉」または「下町言葉」と分類されます。 江戸っ子の言葉には、いろいろなタイプがありますが、その中の一つに「江戸っ子はさ行が言えない」というものがあります。 「さしすせそ」と言おうとすると「しゃししゅしぇしょ」になるのだとか。 この節の場合、「サ」が「シャ」の音になってしまったため、「シャケ」が派生したのだと考えられています。 ちなみに、表記に関しては「サケ」の方が多いのですが、 会話においては「シャケ」の方が多い可能性があります。 マルハニチロ食品が行ったアンケート結果では、6割以上の人が「シャケ」を使用すると回答していました。 また、「シャケ」の読み方は全国的な広がりを見せていて、関東地方では「茨城・群馬・埼玉・千葉・東京」、中部地方では「新潟・石川・山梨・長野・静岡」、近畿地方は「大阪・奈良・和歌山」、中国地方では「広島」、九州地方では「福岡・長崎」などで多く使用されています。 アイヌ語の影響説 北海道のアイヌでは、鮭を意味する「サク・イベ」の音が変化したものだと言う説があります。 アイヌ語でも「サ」と「シャ」が混同される傾向にあり、「シャケンベ」となったというのです。 アイヌといえば、クマが鮭を狩っているイメージがあるだけに信憑性がありますね。 しかし、アイヌ語の鮭は、「チュキペ」であり、「サク・イベ」は鱒を意味する言葉だという説もあります。 ただし、鮭にしても鱒にしても、生物学的な区分は同じものとされているので、呼び方が同じであってもおかしくはないかもしれません。 海に住むか、淡水に住むかの違いですね。 魚の状態説 鮭の呼び方が違うのは、生きている状態のものと、食卓に上がる状態のものを区別するためだという説もあります。 海で元気に泳いでいれば「サケ」、水揚げされてしまったものは「シャケ」という違いですね。 また、加工していな状態の切り身を「サケ」、加工したものを「シャケ」と読んで区別するという説もあります。 塩ジャケ、新巻ジャケ、シャケフレーク…納得ですね。 「サケ」「シャケ」の違い まとめ 鮭の呼び方の由来には、さまざまな説がありましたね。 表記的には「サケ」が正しく、会話で使う分には「シャケ」の方が言いやすいのかもしれません。 ちなみに、鮭の卵である「イクラ」はロシア語が語源だと言われています。 卵でも魚でも、名前が紛らわしいのは変わらないんですね。

次の

サケとシャケの違いは?正しい呼び方がどっちか検証

シャケ サケ

味(特に脂のノリ)が大きく違うからです。 「サケ」に色んな呼び名がある理由 上に挙げたような呼び名のサケは大きく2つのグループに分けられます。 1つは 成熟して川に産卵にやってきたサケたち。 もう1つは 海でグングン成長している未成熟のサケです。 前者が私たちが普段食べているサケ。 後者がいわゆる高級サケです。 一般に、魚は体を成長させる時期には身に脂を蓄え、産卵が近づくとその脂を卵巣や精巣に回すため身が痩せます。 この仕組みについて、詳しくはこちらをどうぞ。 それぞれの呼び名と成熟の関係は下図の通り。 「トキシラズ(オオメマス)」と「ケイジ」は共に脂の乗った未成熟個体ですが、 「トキシラズ(オオメマス)」は春から夏にかけて漁獲されたものを指すのに対し、 「ケイジ」は秋に成魚に混じって漁獲される未成熟個体を指します。 ロシアの川で生まれた個体がたまたま日本で獲られたものだと考えられているようです。 「アキアジ(秋ザケ)」は産卵のために母川の近くで水揚げされた個体なので、成熟しており筋子や白子を持っています。 「メジカ」はトキシラズとアキアジの中間。 産卵のために沿岸にやってきたものの、母川はまだ遠いので成熟がそこまで進んでいない個体で、脂が乗っています。 例えば、東北の川に遡上しようとしている個体が北海道で漁獲されたといったシナリオが考えられているようです。 がめつい!でも、それは出来ません。 サケの資源を守る取り組み サケは基本的には 公海に含まれる沖合で成長するのですが、そこでのサケの漁業は国際条約(北太平洋における溯河性魚類の系群の保存のための条約)によって 全面禁止されています。 実は サケの資源量の大部分は人の手で放流された魚で、きちんと管理しないと容易にいなくなってしまう危険が…。 そのため、こうした国際的な取り組みがきちんとなされているようです。 ただ、最近はロシアのサケの資源量が増えてきており、今まで通りの取り方をしていても脂の乗った未成熟サケが獲れる量は増えるかもしれないという見方もあるようです。 ちなみに、日本のサケ資源は主にふ化放流事業によって維持されていますが、近年では自然産卵に由来する回帰魚も無視できない量になってきているそうです。 それでも、大部分は人が手を入れてどうにか維持している資源です。 そうである以上、 いくら美味しいからと言って公海まで追いかけて行って獲ったりすべきではないですね。 未成熟のサケは、海の中には沢山います。 でも、その中でちょっと変わった回遊をしてたまたま人が獲ったほんの一握りをつつましく利用する、というスタンスがちょうど良いのかなと思います。 それに、成熟した産卵前のサケは身の脂こそ落ちていますが、とても味わい深いものです。 個人的にはお酒にはこちらの方が合うと思っていますし、何より筋子や白子が取れます。 自然の恵みに感謝しつつ、資源にダメージを与えない方法で晩酌。 これが最も美味しいお酒の飲み方であり、魚の楽しみ方なのかな、と私は考えています。 まとめ•

次の

【楽天市場】【送料無料】訳あり 甘塩 鮭の切り落とし(カマたっぷり)2kg【業務用】【さけ サケ 鮭】:小針水産

シャケ サケ

鮭の刺身(出典:) それでは、「鮭」は、どうして「 サケ」や「 シャケ」と呼ばれるようになったのか?また、どちらが正しいのか?についてお伝えしてきますね。 「鮭」が「サケ」と呼ばれるようになったわけ 「鮭」が「 サケ」という名前で呼ばれるようになったわけとしては、• 赤色を示す朱(アケ)がサケに転じたという説も• 東北で大きな魚を表す方言である「スケ」という言葉が転じて、「 サケ」になった• アイヌ語でマスを意味する「サキペ」を、和人が混同して「 サケ」と呼ぶようになった など様々な説があります。 「 シャケ」と呼んでいる人は意外に多いのね! 加工の仕方によって区別されている? また、生きている鮭は「 サケ」、死んで加工された鮭は「 シャケ」として分類されているという説もありますが、これはどうも眉唾ものです。 「 シャケフレーク」もあれば、「 サケフレーク」もありますし。 確かに、「塩鮭」「荒巻鮭」などのように、「鮭」の前に修飾語がつく場合は、「塩 ザケ」よりは「塩 ジャケ」、「荒巻 ザケ」よりは「荒巻 ジャケ」の方が発音しやすいですよね? でも、「鮭茶漬け」は、「 シャケ茶漬け」よりも、「 サケ茶漬け」の方が言いやすいのでは? どうもこの2つの区別の仕方って、前後につく言葉との関係や、慣用的に「 シャケ」が使われている地域とそうでない地域という違いであって、どちらが正しいというものではないような気がします。 「サケ」と「シャケ」の違いまとめ これまで書いてきたことを簡単にまとめてみますと、• 「 サケ」と「 シャケ」は同じ魚を指している• 加工によって使い分けているという説もあるが、商品名などで徹底されているわけでない• 呼びやすさや、慣用的に使われてきたかどうかの差によるものが大きい いかがでしたでしょうか? テレビのニュースなどで読み上げられる場合は「 サケ」が多いようですが、話し言葉としては「 シャケ」も色々な場面で使われているということですね。

次の