ご 定年 おめでとう ござい ます。 退職祝いに感謝の思いを込めて...メッセージ・贈る言葉文例集

退職祝いに感謝の思いを込めて...メッセージ・贈る言葉文例集

ご 定年 おめでとう ござい ます

今回は定年退職祝いに贈る言葉・メッセージ・はなむけの言葉の作り方と文例についてみていきます。 はじめに定年退職者への退職祝いのメッセージ・贈る言葉を作るポイントです。 はなむけの言葉を作る際のポイントとはどのようなものでしょうか。 定年退職は寂しい印象があります。 しかし、ここから第2の人生が始まると考えれば、定年祝いは良い事と捉えられるのではないでしょうか。 定年退職の祝いのメッセージには感謝の気持ちを込める 定年を迎える方へのメッセージ・贈る言葉・はなむけの言葉を書く際、相手との関係によって言葉を使い分けましょう!まずは上司に定年祝いをする場合から見ていきます。 この際にはどのようなメッセージ・はなむけの言葉を送るのがふさわしいのでしょうか。 仕事を教えてくれたり育ててくれたり、励ましてくれたりした上司であれば、その感謝の気持ちをメッセージに乗せて余さず伝えたいところですよね。 定年退職という人生の再出発を祝う内容にする 定年退職といっても、最近では、再就職をはじめ大学への再入学や趣味の研究、ボランティアなど精力的に活動を始める人が増えてきています。 また、定年退職を迎えたら「あれもしたい、これもしたい」と来るべき新しい人生に、胸をふくらませていた方も意外といるものです。 定年退職を迎えたからといって老けこむには早いし、人生まだまだこれからです。 お世話になった大切なあの人の新しい人生の門出を心の底から「おめでとう」とお祝いしてあげましょう。 はなむけの言葉とともに定年祝いをします。 経験者「具体的なエピソードも入れて感謝を伝えました」 お世話になった人が定年退職するにあたって、感謝を伝えるために「具体的なエピソード」を織り交ぜる方もいます。 実際に、10年以上お世話になった上司の定年退職を経験した方から、お話を伺ってみましょう。 単にお世話になったというだけではなく、その方との思い出やどういった影響を受けたのかというった具体的な話も入れると、相手に心からの感謝が伝わると思います。 実感として、自分にとってその方がどれくらい特別な存在だったのかを伝えることが出来たと思います。 相手も周りの人たちに影響を与えることが出来た、その会社に何かを残せた、という実感が掴めれば、より気持ちよく卒業することが出来るはずですし、退職した後も良好な関係を築くことが出来るでしょう。 実際、私もその上司とは今でもよく一緒に食事をしたりしています。 定年退職になる上司へ贈るメッセージの文例 定年退職になる上司に贈る感謝の気持ち・はなむけの言葉を伝えるメッセージの文例をまとめました。 文例から自分と上司の間柄でしっくりくるメッセージを選んで、自分なりの定年祝いの言葉を入れつつはなむけの言葉としてしたためます。 定年退職との違いも把握しましょう。 今後は健康に留意され、第二の人生を大いに楽しんでください。 第二の人生のスタートをお慶び申し上げます。 今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。 たまには顔を見せに来てくださいね。 ありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします。 本日お元気でこの日を迎えられましたことを、心よりお慶び申し上げます。 今後の人生にご多幸がありますようにお祈り申し上げます。 感謝の気持ちを込めて、このお花を贈らせていただきます。 ご退職おめでとうございます。 誠にお疲れさまでございました。 公私にわたり一方ならぬご厚情とご指導を賜りましたこと、 厚く御礼申し上げます。 今後、益々のご健勝と末永いご多幸を心よりお祈り申し上げます。 これからのご健康とご活躍をお祈り致します。 長年にわたりご指導頂き、感謝申し上げます。 これからは、趣味や旅行などでお楽しみいただいて、 これまで以上に元気で充実した日々をお過ごしください。 贈る言葉は退職者が同輩なら多少くだけてもOK! 退職する人が、これまで苦楽をともにしてきた同僚や先輩である場合、定年祝いとは違い、もっとくだけたメッセージ・贈る言葉・はなむけの言葉にしても構いません。 その人との関係にもよりますが、むしろ砕けた方が親しみがわくケースも多々あります。 親しみをこめてねぎらいのはなむけの言葉を選びたいですね。 ともに仕事をしてくれた事に対する感謝を述べる• 叱咤激励や新しい挑戦を応援する気持ちを込める• 担当されていた業務の意義や仕事上、関わった時のエピソードを加える 仲の良かった同僚や先輩へ贈るメッセージの文例 ここでは、定年退職する人へのメッセージ以外の仲の良かった同僚や先輩に贈るメッセージの文例をまとめました。 多少かための文章を集めていますので、下記の文例の内容を自分なりに解釈し、言い換えて贈る言葉として使うようにしましょう。 新天地でのご活躍をお祈りしております。 お世話になりました。 お別れはとても寂しいのですが、人生における夢を実現するために決断をしたということを、心より尊敬いたします。 ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。 今までありがとうございました。 長い間お世話になりました。 長年のご功労に敬意を表し改めてお礼を申し上げます。 ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。 今までありがとうございました。 退職祝いのメッセージを作る際の注意点 定年退職祝いのメッセージ・贈る言葉を作るポイントと文例、また仲が良かった同僚に対する退職のお祝いメッセージ・贈る言葉の作り方と文例をみてきました。 それでは最後に退職祝いのメッセージ・贈る言葉を作る際の注意点をみていきます。 はなむけの言葉を作る際の注意点を踏まえて定年退職する方を気持ちよく送り出しましょう。 定年退職者へ送る言葉はポジティブなメッセージに 退職者へ贈るお祝いメッセージ・贈る言葉・はなむけの言葉は必ずポジティブなメッセージにしましょう。 退職者がいなくなって、寂しい気持ちはわかりますが、退職を負い目に感じてしまうようになってはいけません。 はなむけの言葉から「よし!次も頑張ろう!」と定年祝いとしてポジティブになって送り出すようにしましょう。 お祝いメッセージのため忌み言葉などを避ける まだ働きたい定年退職の方に「ゆっくりとお過ごし下さい」などのお祝いメッセージは気を悪くされるかもしれません。 また定年退職の場合は、ご年配の方も多いので、はなむけの言葉に縁起の悪い意味や暗い言葉を連想させる忌み言葉は使わないようにしましょう。 そして歳を強調し年寄り扱いするのも禁物です。 定年退職祝いに贈るメッセージは読んでポジティブになれるように 定年退職祝いに贈る言葉・メッセージの作り方と文例についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?転職する人が多い昨今、定年まで勤めを果たすのは素晴らしいです。 退職してしまうとしばらくは会う機会もなくなるかもしれませんので、是非悔いのないように、日ごろの感謝と尊敬の気持ちを持って、ここで紹介した文例を参考に、今後の前途を祝福するお祝いのメッセージ・贈る言葉を作りましょう。 文例はあくまで参考程度に収めておいて、なるべくオリジナルのはなむけの言葉にするのが大事です。

次の

定年退職/退職祝いに使えるメッセージ20選。父親or上司にそのまま使える文例をまとめます。|共働き家族MEMO

ご 定年 おめでとう ござい ます

長年温かいご指導を本当にありがとうございました。 今後ますますのご健康とご活躍を祈念しております。 職場の上司の定年退職をお祝いするメッセージを書くときの注意点は? 職場の上司への定年退職をお祝いするメッセージを書くときの注意点をいくつかご紹介しますので、ちょっとだけ意識してみてください。 宛名を書く しっかり宛名を書くのがビジネスマナーです。 丁寧な言葉を使う 大人の社会人なら上司に 敬語を使うのは常識です。 普段はフレンドリーに接してくれる上司だったとしても、定年退職をお祝いするメッセージでは丁寧な言葉を使いましょう。 「ご苦労様」は絶対に使わない 「ご苦労様」は目上の相手に使ってはいけない言葉です。 したがって、職場の上司の定年退職をお祝いするメッセージでは「長い間お仕事ご苦労様でした」などと書いてはいけません。 一方、「お疲れ様」は目上の相手にも使える言葉です。 職場の上司への定年退職をお祝いするメッセージでは「長い間お仕事お疲れ様でした」などと書くようにしましょう。

次の

定年退職のお祝いに贈る言葉としてピッタリなメッセージ文例集と考えるべき3つのポイント

ご 定年 おめでとう ござい ます

職場での関係性の中に、お世話になりましたという言葉が不適切になるという事はまずありません。 一番オーソドックスな挨拶文として出てくる言葉でしょう。 まずは「お世話になりました」と言う言葉を使った場合の例文ごを紹介していきます。 お世話になりました• 〇〇さん 本当にお世話になり、ありがとうございました。 心から御礼申し上げます。 〇〇さん、長い間(短い間でしたが)大変にお世話になりました。 新天地での益々のご活躍を期待しています。 〇〇さん、長い間本当にお世話になり、ありがとうございました。 ご指導頂いたことを、忘れずに私も頑張ります。 〇〇さん、大変お世話になりました。 これからも、〇〇さんの人生が素敵なものになりますように、心よりお祈りいたします。 次は「お疲れ様でした」と言う言葉を使った例文をご紹介しましょう。 お疲れさまでした• 〇〇さん、長い間お疲れ様でした。 これからも健康には気をつけて、楽しい人生を過ごしてくださいね。 〇〇さん、今まで本当にお疲れ様でした。 仕事では沢山助けてもらい、沢山の事を教えてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。 これからは、ゆっくり休んでリフレッシュしてくださいね。 〇〇さん、長い間お疲れ様でした。 〇〇さんのこれからの益々のご健康とご活躍を心よりお祈り致します。 〇〇さん、大変お疲れ様でした。 これからの季節体調を崩しやすくなるので、お身体を労わってお過ごしください。 〇〇さん、お仕事お疲れ様でした。 一緒に仕事ができたこと、とても嬉しく思います。 今後のご多幸をお祈りいたします。 そういった場合に一言お礼の挨拶をするときの例文をまとめてみましたので、参考にされてみてください。 その他の一言挨拶• 今まで本当にお世話になりました。 益々のご健康とご活躍をお祈り致します。 今までありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします。 今まで大変お世話になり、ありがとうございました。 これからも、お身体に気を付けて過ごしてください。 大変お世話になりました。 今後の健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 メール・手紙における退職者へのお礼のメッセージ文例4選 メール・手紙でお礼のメッセージを贈る場合は個々のオリジナル性が喜ばれる いかがでしたか?今回は退職者へのお礼の挨拶をメッセージカードや、口頭、手紙などの伝える手段別にご紹介していきました。 退職される人との関係性によっては、伝える手段も、内容も変わってくると思いますので、文例を参考にして自分の言葉にしてみてください。 ありきたりな文章よりも喜んでもらえます。 退職者にメッセージを贈る際には、労いの言葉、感謝の言葉、今後の活躍や健闘を祈る言葉を入れると思いが伝わりやすいでしょう。 関わりの深かった相手であれば、在職中のエピソードなどを盛り込むのも喜ばれます。 どんなに不器用な言葉でも、必ず自分の言葉を入れましょう。 退職者には、きっと大切な思い出になります。 感謝の気持ちを込めて、受け取る側にどう伝わるか?という事を考えながら、退職する人へのメッセージを贈りましょう。 一生懸命綴った思いが伝われば、きっと気持ちよく退職者を送り出してあげれるでしょう。

次の