結婚式 乾杯 挨拶。 結婚式の乾杯の挨拶がビシッと決まる!とっておき文例5選

結婚式・披露宴での乾杯の挨拶:成功するスピーチ文例・マナーまとめ

結婚式 乾杯 挨拶

結婚式に招かれ乾杯挨拶をお願いされた時、どのような乾杯の挨拶をすればよいか緊張してしまうこともあることでしょう。 結婚式で乾杯の挨拶を頼まれるということは 新郎新婦から信頼されている証ですよね。 幸せに輝く結婚式は新郎新婦の新しい門出の時。 大役は喜んでお引き受けするのがお二人への祝福と思いやりになります。 結婚式での乾杯挨拶はスマートに決めて場を盛り上げたいものです。 そのためにも事前の準備をしておいた方が安心です。 結婚式での乾杯の前には短いスピーチを添えることが一般的ですが、自己紹介を長々としたり、新郎新婦のエピソードを必要以上に並べてスピーチするのは、起立してお待ちいただいているゲストの皆様はお疲れになるかもしれません。 結婚式での乾杯挨拶は新郎新婦との関係性でもスピーチの内容が変わってきます。 新郎上司の場合 結婚式で乾杯挨拶を部下からお願いされることは上司にとって嬉しいものですよね。 大役ですが日頃一生懸命仕事に頑張っている可愛い部下のためにも心のこもったスピーチを添えてお祝いいたしましょう。 ゲストの中にはご親族はじめ自分よりも目上の方もいらっしゃいます。 結婚式では乾杯挨拶の直前にゲストにご起立いただきますのでお待たせすることのないよう短いスピーチを用意しましょう。 結婚式での乾杯挨拶の時間は 目安として1分くらいがよいでしょう。 ならびにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。 営業を担当し日々元気に頑張っている姿は頼もしい限りです。 これから二人で力を合わせてあたたかな家庭を築かれることを応援いたします。 それでは皆様ご唱和ください。 お二人の末長いお幸せとご両家ならびにご臨席の皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、乾杯!』 新郎恩師の場合 結婚式の乾杯の挨拶を教え子からお願いされると、卒業後も慕ってくれているのかと本当に嬉しいものですよね。 しかしながら、恩師として招かれた場合の挨拶はどのようにしたらよいか悩むことでしょう。 結婚式での乾杯の挨拶で先 生しか知らないエピソードを披露すると、学生時代のことを思い出した新郎(新婦)がじんと胸に響いて涙するかもしれませんね。 結婚式での乾杯の挨拶に、そんなエピソードを添えてあたたかいスピーチにするとよいでしょう。 ならびにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。 実は、うまくいかずに辛いとこぼしたことがあり、私は毎日の積み重ねだからしっかり励めと背中を押しました。 全国大会で優勝した時、彼と強く握手を交わしたのが昨日のことのようです。 努力を惜しまず続けてきた彼の頑張りを私は知っています。 二人であたたかい家庭を築いてくださいね。 それでは皆様ご唱和をお願いいたします。 お二人の門出を祝って、乾杯!』 新郎友人の場合 「結婚式で乾杯挨拶をお願いします!」 思いもよらぬ友人からのご指名にはドキッとしますよね。 引き受けたものの、緊張感のある結婚式で何をどのようにスピーチすればよいか悩むかもしれませんが、友人として信頼されているあなただからこそ選ばれたのです。 結婚式での乾杯挨拶は、 フォーマルな場面であることを意識して丁寧に行うことが大切です。 友人としての挨拶ですので、 あまり堅苦しくなく、かといって軽いノリにならないよう空気を読むことも大切です。 事前の準備をしっかりして友人ならではのエピソードも添えると場が和むことでしょう。 ならびにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。 お似合いのカップルだなとうらやましい限りです。 それでは!皆様ご唱和をお願いいたします。 お二人の新しい門出を祈念したしまして、乾杯!』 新郎の叔父の場合 結婚式の乾杯挨拶を甥から頼まれたとき、思わず新郎の幼い頃の様子が目に浮かぶことでしょう。 色々な思い出もたくさんあり、誰より幸せになって欲しいという気持になりますよね。 披露したいエピソードも数えたらきりがないかもしれません。 今日の感激がこれからの未来を支えてくれると思います。 それでは皆様、ご唱和ください。 お二人の前途を祝し、乾杯!』 お子様ゲストの場合 結婚式での乾杯挨拶は、一般的に上司や叔父等がされることが多いのですが、形式にこだわらずにアットホームな雰囲気を望む場合、 ゲストの中のお子さまにお願いすることもあります。 お願いされたら、新郎新婦のお気持ちに沿ってお引き受けすると大変喜ばれます。 お子さまの可愛いらしい挨拶で、会場は一気に和み楽しくなることでしょう。 もし当日嫌がるようでは困りますので、 場合によったら兄弟二人で登場、あるいは親御さんがフォローするなど予定をしていた方が安心です。 いかがでしたか。 結婚式での乾杯の挨拶はおめでたい席を盛り上げる大切な役目です。 結婚式で乾杯の挨拶を頼まれて、 自信がないからとしり込みするのは新郎新婦に失礼にあたります。 よほどの理由がない限り、お引き受けして楽しい披露宴のスタートにするとよいでしょう。 結婚式での乾杯挨拶は短くすっきりとまとめて、明るく発声することが大切です。 関係性によってエピソードの披露が変わってきますので、失礼のないよう十分な準備をして臨みたいものです。 またスピーチの終わりに 「それでは皆様ご唱和をお願いいたします。 」と一言いえば、ゲストの心の準備もできますね。 結婚式での乾杯挨拶で、新郎新婦の爽やかな笑顔がますます輝くようお祝いいたしましょう。 まとめ 結婚式の乾杯挨拶をスマートに決めるには ・新郎の上司の場合は仕事面からのエピソードを添えるとよい。 ・新郎の恩師の場合、学生時代のとっておきのエピソードを添えるとよい。 ・新郎友人の場合、友達ならではのエピソードを添えよう。 ・新郎の叔父の場合、身内ウケしないように注意しよう。 ・お子さまゲストが乾杯挨拶をする場合、短い一言で場は和む。

次の

失敗しない結婚式の乾杯の挨拶!上司・親族・友人など立場別の例文あり

結婚式 乾杯 挨拶

結婚式での乾杯の挨拶。 新郎新婦の友人として、会社の上司として、はたまた親族として、乾杯の挨拶をお願いされる機会があるかもしれません。 任されるからには、一通りの基本は押さえて、ハレの席でのマナー違反はしたくないもの。 そして、できれば新郎新婦や親族、会場の皆さまにも「良かったよ」「感動した!」と言われるような挨拶をしたいものですよね。 そこで、結婚式の乾杯の挨拶について、簡単な流れとスピーチの構成、気を付けるポイントなどを、マナーデザイナーの岩下宣子先生に聞いてみました。 さらに、記憶に残る乾杯の挨拶、反対に残念だったもの、そして自分の結婚式での嬉しかった挨拶や理想の挨拶についてアンケートで質問。 実際の結婚式での乾杯の挨拶についてのアレコレを教えてもらいました。 結婚式での乾杯の挨拶の簡単な流れ まず、どんな流れで乾杯のあいさつをすればいいのかを岩下先生に聞いてみました。 <乾杯のあいさつの流れ> 1.司会者の紹介で前に進む 司会者から紹介されたら、同じテーブルのゲストに一礼して立ち上がる。 ゆっくりとスピーチをする場所まで進み、マイクの前に立ったら新郎新婦と会場のゲストに向けて一礼。 2.スピーチをする スピーチ中、グラスは胸の下辺りに持つ。 3.ゲストに乾杯の準備を促す スピーチが終わったら「では、乾杯の発声をさせていただきます」など合図を。 司会者もこのタイミングでゲストに準備を促してくれることがほとんどなので、ゲストがグラスを持って立ち上がるまで少し待つ。 4.乾杯の発声 ゲストがタイミングをつかめるよう、「乾杯!」の発声の直前は一呼吸おいて。 乾杯の際はグラスを目の高さまで上げる。 新郎新婦の方を向き、その後ゲストの方を向いてからグラスに口を付ける。 5.席に戻る 新郎新婦とゲストに向けて一礼して席に戻る。 テーブルに戻ったら、同じテーブルのゲストに一礼するとより丁寧。 「乾杯の挨拶の前後にする一礼やマイクの前へ歩き出すタイミングなど、細かいことができていると、見ているゲストの印象もアップします。 一つ一つの動きを落ち着いてゆっくり行い、堂々と見えるようにしましょう」(岩下先生) 結婚式での乾杯の挨拶の基本的な構成 乾杯の挨拶で話す内容も、大まかな構成は決まっているよう。 岩下先生によると、スピーチの構成は以下の通り。 1.自己紹介 自分の名前と新郎新婦との関係について話す。 2.お祝いの言葉 新郎新婦とご両家の皆さまへお祝いの言葉を述べる。 (自己紹介とお祝いの言葉が逆になることもある) 3.新郎新婦とのエピソード 新郎新婦の人柄が感じられるエピソードを紹介する。 4.祝福のメッセージ どんな夫婦になってほしいか応援の言葉を送る。 5.乾杯の音頭 明るく笑顔で「乾杯!」と乾杯の音頭をとる。 好印象を与えるコツは、まず爽やかで清潔な見た目になるよう身だしなみを整えること。 乾杯の音頭をとる時は、背筋を伸ばして、全体を見渡しながら行うように。 ふたりに話し掛ける時は、ふたりの方を見る。 明るくはっきりと声を出し、うつむいたり、キョロキョロしたりしない。 上手に話そうと思わず、心を込めて話すようにしましょう。 そして、表情や動作は、「ニコニコ」「ハキハキ」「キビキビ」を心掛けると良いでしょう。 乾杯の挨拶で気を付けるポイント 岩下先生、乾杯の挨拶で気を付けるポイントや、スピーチで避けたいNGワードなどはありますか? 「乾杯前のスピーチは、長くならないように。 短い方が好感を持ってもらえます。 乾杯の前に『それでは皆さま』や、『ご唱和をお願いします』などと言うと伝わりやすいと思います」(岩下先生) 結婚式は、縁起の悪い言葉を避けるのが一般的。 悲しいことや別れを連想させる「忌み言葉」や、再婚を暗示する「重ね言葉」は、気にする人がいるので避けること。 また、会社の宣伝や内輪ネタ、暴露話、悪口、下ネタなども、結婚式の挨拶にはふさわしくないので避けるようにしましょう。 記憶に残る結婚式での乾杯の挨拶! 20〜30代の女性に、ゲストとして出席した結婚式で盛り上がったり感動したりして、印象に残った乾杯の挨拶を聞いてみました。 仕事がつらい時、洗面所でこっそり泣いている頑張り屋さんという話で感動。 その親友は不登校だったようで、新郎が学校帰りに毎日家に来て『学校に行こう』とは言わず、たわいのない話をしに来てくれたと。 その優しさのおかげで通えるようになったと感謝の気持ちを述べるスピーチに、新婦側の参列者も大号泣でした!」(27歳) 笑ってしまうようなエピソードがあったり、涙をそそる思い出話だったり、新郎新婦への気持ちが詰まったスピーチだったりと、思いが伝わる内容は聞いている人の心に響くようですね。 残念だった結婚式での乾杯の挨拶! 反対に、20〜30代の男女に、ゲストとして出席した結婚式の乾杯の挨拶で、残念だったエピソードも聞いたところ、以下のような内容が届きました。 食事の直前なので余計にそう感じるのかもしれません。 他にも、声が小さくて聞こえない、ボソボソと話す、「え〜」が頻繁にあり耳に障る、内容が分からないなどが多く見られました。 挨拶の内容が決まったら、一度家族や仲の良い友人に聞いてもらい、客観的な意見をもらうのも一つの手です。 嬉しかった&理想の乾杯の挨拶! 最後に、自分の結婚式の乾杯の挨拶で嬉しかった内容や、「こんなこと話してくれたら嬉しい!」という内容を質問!その内容は以下の通り。 新郎新婦が嬉しい内容を言われることと、会場が和むことが、乾杯の挨拶を成功させるカギになりそうです。 大切な結婚式での乾杯の挨拶は緊張感があります。 それでなくとも、大勢の人の前で話すことは緊張するものです。 上がってしまうのは仕方のないこと。 大切なのは、ある程度のルールにのっとった上で、新郎新婦へ「おめでとう」の気持ちを伝えることです。 失礼のない乾杯の挨拶で、結婚式を盛り上げたいですね。 取材・文/坂田圭永 【監修】 岩下宣子さん 「現代礼法研究所」主宰。 全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏の下でマナーを学び、1985年に現代礼法研究所を設立。 マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。 主な著書に『きちんと知っておきたい大人の冠婚葬祭マナー新辞典』(朝日新聞出版)、『DVDで身に付く美しい振る舞いとマナーが分かる本』(エクスナレッジ)、『図解社会人の基本敬語・話し方大全』(講談社)などがある。 編集部からのおすすめ記事• 新着記事• カテゴリ• ゼクシィで探す• スマートフォンサイト• 「感動した」と思われる結婚式の乾杯挨拶とは? プロ監修の基本も その他のリンク•

次の

結婚式での乾杯挨拶・スピーチの例文とコツ

結婚式 乾杯 挨拶

結婚式の乾杯の挨拶のポイント 乾杯の挨拶で長々話すのはNG 乾杯の挨拶をしているとき、出席者の方のグラスには飲み物がすでに注がれています。 また、出席者は立って乾杯の挨拶を聞いていることもあるでしょう。 乾杯の挨拶で長々と話をしてしまうのはよくありません。 1、2分程度で済ませるのが一般的です。 乾杯の挨拶で暗い内容を話すのはNG 結婚式は、出席者にとっては結婚するふたりの新しい門出を祝う場です。 おめでたい場所で暗い話しはNGでしょう。 また、内容だけでなく、話し方も気をつけましょう。 ぼそぼそと暗い雰囲気で話してしまっては、場の雰囲気も壊れてしまいます。 元気に明るく話すようにしましょう。 乾杯のタイミングはわかりやすくする 挨拶の流れから、切れ間もなくだらだらと「乾杯!」といってしまうのはNGです。 挨拶を聞いている人たちからすると、話しの途中なのか乾杯の発声をしたのかがわかりません。 挨拶のタイミングがわからないと、周りもうまく「乾杯!」と声を返せません。 せっかくの会の始まりがそんなことになってしまっては場が白けてしまいます。 挨拶が終わったらまずはひと呼吸し、「みなさん用意はよいでしょうか。 」などと一言入れましょう。 一言入れることで、「これから乾杯だな」と周りも準備ができます。 結婚式の乾杯の流れ 結婚式の挨拶で、まずは下記のように司会から紹介されます。 「乾杯の挨拶にうつります。 」 司会が話している最中は、まだ立たずに着席したまま周囲を見回して一礼しましょう。 司会の紹介が終わったら、その場で立って一礼し、そのあとマイクの前まで向かいましょう。 礼をしたあと、一瞬止まって前をしっかり見るとよい印象を与えます。 また、歩いている姿も周りは見ています。 猫背になったり、変に早足になったりしないように注意しましょう。 マイクの前に着いたら、マイクの高さを調節します。 高さの調節はスタッフが行ってくれる場合もあります。 その場合は、笑顔で調節が終わるのを待ちましょう。 マイクの調節が終わり話す準備が整ったら、新郎新婦のほうへ一礼し、会場へ一礼します。 話す準備ができている際に、新郎新婦や両家の両親が起立していることもあります。 もし起立していたら、話しはじめる前に「お座りください」と着席をすすめましょう。 話している最中は、緊張して早口になってしまったり、つい原稿のほうばかりを見てしまったりしがちです。 新郎新婦や会場のほうを適宜見回しながら、話すスピードや間を意識して話しましょう。 自分が「少し遅いかな」と感じるくらいが、聞き手が聞きやすいスピードです。 結婚式の乾杯の挨拶の基本 乾杯の挨拶の構成はどれも大切な要素です。 挨拶の中にきちんと折り込みましょう。 乾杯の挨拶の自己紹介では主役との関係を伝える まずは自分が新郎 新婦 とどのような関係であるか述べましょう。 乾杯の挨拶では僭越の意を伝える 自分より年長の方や他のゲストの方への配慮の言葉を述べます。 例えば、「ご指名いただきましたので、僭越ながら乾杯の挨拶をさせていただきます」というような言葉です。 乾杯の挨拶では祝辞を述べる 「結婚おめでとう」という意の内容を述べます。 ここで、お祝いの言葉を新郎新婦だけにいうのはNGです。 結婚は新郎新婦だけでなく、家と家のつながりが生まれることもあるでしょう。 新郎新婦のご両家ならびに親戚のみなさま宛にもお祝いの言葉をつたえます。 さらに、自分を結婚式に招待してくれたお礼も合わせて述べるとよいでしょう。 乾杯の挨拶でのエピソードやはなむけ 乾杯の挨拶の中では、自分と新郎や新婦とのこれまでの付き合いの中であったエピソードなどを話します。 出席者が和むようなエピソードだとよいでしょう。 さらに、エピソードを受けて、以下のような話を伝えてもよいです。

次の