川崎 ハザードマップ。 土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

川崎 ハザードマップ

神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称:土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域等を指定した場合、横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。 このハザードマップは、梅雨時期の集中豪雨や台風に伴う豪雨などにより、土砂災害が発生した場合に被害がおよぶおそれのある区域を示し、土砂災害が予想される場合や土砂災害が発生した場合に、市民の皆さまが避難などの適切な行動をとることができるように作成したものです。 また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 地図面の土砂災害警戒区域等は土砂災害ハザードマップ作成時点のものであり、現在の指定状況と異なる場合があります。 土砂災害警戒区域等に関する法的な図面は、の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県の横浜川崎治水事務所にお問い合わせください。 掲載範囲は、マップ上の鶴見区全図をご確認ください。 土砂災害警戒区域等の防災情報につきましては横浜市民防災情報からも確認できますので、併せてご利用ください。 また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。

次の

神奈川県川崎市高津区坂戸のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

川崎 ハザードマップ

いわゆるタワーマンションが立ち並ぶ、神奈川県川崎市中原区の。 このエリアでは台風19号による浸水被害が発生しました。 特に深刻な被害を受けた2棟のマンションでは地下の配電盤や変電設備が破損し、マンション内の多くの世帯で停電や断水が起きています。 オール電化ということもあり、停電すると照明だけでなくIH調理器具や空調なども使用不可能に。 エレベーターも停止したため、特に高層階にお住まいの方ほど階段を使った地上との行き来は困難なものとなっています。 マンションに限らず高層住宅では上水道も電動ポンプで上層階に汲み上げてから各世帯に供給する仕組みとなっており、断水によってもっとも深刻化しているのは「水洗トイレが使えない」という状況です。 当該マンションにおいては、極力早期の状況解決が望まれるところです。 今後の災害に向けたハザードマップの必要性 住む場所を決める、特に「終の棲家(ついのすみか)」となる住宅を購入することは、多くの人にとって人生の一大イベント。 これからは住む場所を決める場合、住宅のスペックや周辺住環境だけでなく、災害に強い場所に位置しているかどうかも検討要素の重要な1つとなるでしょう。 ハザードマップと併せていわゆる「古地図」を調べてみるのも良いでしょうし、地名に「水」を連想させる要素がある場合は、かつてそこは川や沼や湿地帯だった可能性もあります。 お住まいの場所やこれから住もうと考えている場所が、災害に対してどの程度の耐性があるかどうか、ぜひ関心を持ってください。 ハザードマップは各自治体・市区町村によって公開されており、国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」から簡単に確認することができます。 下記リンクをスマホのブラウザにブックマークしておきましょう。 【】 ITOITO-STYLEでも、このハザードマップポータルサイトを含めて災害時に状況を確認するための公共性の高い情報源へのリンク集「」をご用意しています。 こちらも併せてブックマークしてご活用ください。

次の

武蔵小杉周辺の浸水被害と災害マップ

川崎 ハザードマップ

世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)について 世田谷区では、現在、洪水ハザードマップの改定作業を進めています。 この度、東京都が世田谷区洪水ハザードマップ(全区版)のもととなる「城南地区河川流域浸水予想区域図」および「野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図」の最新の改定図を反映したを区ホームページに公開しました。 最新の浸水予想区域図は、暫定版をご確認ください。 なお、9月には、情報面等を更新した完成版を区内全戸に配布します。 世田谷区では、区民の皆さんに区内における水害に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくこと等を目的に、浸水の予想される区域や浸水の程度、避難所等の情報を記載した世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版、全区版)を作成しています。 水害などの自然災害に対しては、日頃からの備えがとても重要です。 洪水ハザードマップをご活用いただき、いざというときに備えて自宅周辺の地理や避難所の位置を確認し、家族で避難時の行動を話し合っておくなど、日頃からの備えをお願いいたします。 (注意) 洪水ハザードマップは、想定した降雨量に基づいたシミュレーションの結果であり、あくまで避難の際の目安としてご利用いただくものです。 個々の住宅における浸水の程度を示すものではありませんので、ご承知おきください。 多摩川版について 多摩川版は、国土交通省京浜河川事務所が平成28年度に公表した「多摩川における想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図」(想定雨量 多摩川流域の2日間総雨量588ミリメートル)をもとに、大雨時に多摩川の堤防が決壊し、洪水が発生した場合の浸水予想区域や浸水深、避難所等を示したものです。 全区版について 全区版は、東京都と都内中小河川流域の区市町村で構成する「都市型水害対策連絡会」が公表した「城南地区河川流域浸水予想区域図」および「野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図」(想定雨量 いずれも平成12年9月発生の東海豪雨、総雨量589ミリメートル、時間最大雨量114ミリメートルを想定)をもとに、多摩川を除く区内中小河川流域における浸水予想区域や浸水の程度、洪水による家屋等の倒壊の危険がある区域、避難所等を示したものです。 世田谷区洪水ハザードマップ(全区版)のもととなる「城南地区河川流域浸水予想区域図」および「野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図」は、東京都が最新の浸水予想区域図を公開しています。 世田谷区では、最新の浸水予想区域図を反映した、世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(暫定版)を区ホームページに公開していますので、ご確認ください。 マップデータ 洪水ハザードマップのデータは、下記リンク先に掲載しています。 最新の浸水予想区域図を反映していませんので、ご注意ください。 配布窓口 洪水・内水氾濫ハザードマップ(暫定版)は、区のホームページでのみ公開しています。 下記の窓口で配布しているものは現行の洪水ハザードマップですので、ご注意ください。 危機管理部災害対策課(第三庁舎3階)• 道路・交通計画部道路管理課(第一庁舎4階)• 地域振興課、街づくり課• 地域振興課、街づくり課• 地域振興課、街づくり課• 地域振興課、街づくり課• 地域振興課、街づくり課• 図書館 避難時の心得• 避難について 区から避難情報を発表する場合は、テレビ・ラジオ、広報車、防災行政無線、ホームページなどでお知らせします。 避難行動には「立ち退き避難(水平避難)」「屋内安全確保(垂直避難)」の2種類があります。 立ち退き避難(水平避難)とは 指定された避難所や、避難所以外の安全な場所、近隣の高い場所等へ移動することです。 避難する際は浸水深が浅い経路や、路地を避けた経路を通りましょう。 屋内安全確保(垂直避難)とは 建物の2階以上など、より高い場所へ避難することです。 洪水や大雨などが激しくなり、立ち退き避難のために屋外に出るほうがかえって危険な場合は、屋内のより安全な場所に避難しましょう。 (注意) 世田谷区洪水ハザードマップでは、約590ミリメートルという記録的な大雨が降った場合を想定し、浸水予想区域を示しております。 このような大雨の場合、主に区立小中学校を避難所とすることとしております。 しかしながら、想定雨量に達しない場合であっても、集中豪雨等により局地的に浸水が発生する恐れがございます。 こうした時には、状況に応じて地域の区民センターや地区会館、区民集会所等を避難所として開設します。 正確な情報収集を ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。 雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら早めに行動することを心がけましょう。 避難時には水の流れに注意 避難するときは、動きやすい格好で、2人以上での行動を心がけましょう。 洪水の際は地面の状況がわかりにくくなりますので、長い棒状のもので地面を探りながら歩くなどして、側溝や排水路に転落しないように注意してください。 地下施設、マンホールに注意 地下室に水が流れ込み、水圧でドアが開かなくなるなど危険がありますので、大雨時の入室は避けましょう。 また、大雨によりマンホールのふたが外れることがあります。 危険ですので近寄らないで下さい。 お年寄りなどの避難に協力を お年寄りや子ども、病人、障害のある人は、早めの避難が必要です。 近所のお年寄りや子ども、病人などの避難に協力しましょう。 関連リンク•

次の