ご教示していただけると幸いです。 「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版!

ご教示くださいって英語でなんて言うの?

ご教示していただけると幸いです

「幸いです」の意味と類語 「幸いです」とは「そうしてくれると嬉しいです」という意味 ビジネスにて「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」や「ありがたいです」という意味で使われます。 語尾に「です」が付いた丁寧語であるため目上の相手へ使える表現と言えます。 「幸い」の読み方は「さいわい」 「幸いです」の「幸い」は「さいわい」と読みます。 ビジネスメールなどの書き言葉だけでなく、対話シーンでも使われる言葉であるため読み間違いには注意してください。 また、手紙などの書き言葉として使用する際は送り仮名の付け間違いにも気を付けましょう。 類語「助かります」や「幸甚です」に言い換える 「幸いです」の類語には「助かります」や「幸甚です」があります。 「幸甚」とは「非常に幸いなこと」を意味する言葉で、「幸いです」よりも改まった表現であるため、かしこまったシーンやビジネスメールなどの書き言葉として使えます。 例えば、目上の相手に「教えてもらえれば嬉しいです」と伝える際、「幸甚」を使うと「お忙しいとは存じますが、ご教示いただければ幸甚です」となります。 目下の部下や対等な立場の同僚へは「助かります」が使えます。 「です」が付いた敬語表現ではありますが、砕けた表現となるため目上の人へ使う際は注意してください。 目上への「幸いです」の使い方 「幸いです」よりも丁寧な「幸いに存じます」 「幸いです」の言い回し方の1つが「幸いに存じます」です。 「幸い」に「思う」の謙譲語である「存じます」を付けた言葉で、「嬉しく思います」という意味があります。 「幸いです」よりも丁寧な言い回しとなるため、かしこまったシーンや相手によって使ってください。 「幸い」とは相手に依頼をする際に多く使われるため、目上へお願いをする言葉使いとして「幸いです」には敬意が足りないという考えがあります。 相手の捉え方によるため目上に「幸いです」を使わないように、とは言い切れませんが、「敬意が足りない」「失礼」と思われない為にも「存じます」を使うなど、状況によっては言い回しを変えた方が良いでしょう。 丁寧な依頼をする際に使える「いただけますと幸いです」 「幸いです」を使って依頼をする際に「いただけますと幸いです」が使えます。 例えば「ご覧いただけますと幸いです」という文章だと、「ご覧」は「見る」の尊敬語であるため「見てもらえると嬉しいです」という意味になります。 補助動詞として使う際は平仮名表記の「いただく」、食べる・飲む・もらうの謙譲語として使う際は漢字表記の「頂く」というふうに、使い方が違ってくるため注意して使用してください。 物を贈る際にも「幸いです」が使える 依頼をする際以外にも、贈り物を渡す際に「幸いです」が使えます。 例えばいつもお世話になっている上司へ贈り物をする際、「気に入ってもらえると嬉しいです」という意味の「お気に召していただけますと幸いです」を一言添えることで、相手への気遣いを表します。 必ずやってほしいことに「幸いです」は使わない 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」という意味の言葉であるため、依頼した内容を行うかどうかの選択権は相手にあります。 必ず行ってもらいたい依頼や、相手に選択権の無い場合は「幸いです」を使わないようにしましょう。 例えば連絡が欲しいということを相手に伝える際、強制でない場合は「ご連絡いただけますと幸いです」となります。 必ず連絡をもらいたい場合は「幸いです」を使わずに、「恐縮ではございますがご連絡の程お待ちしております」と言い換えができます。 状況に応じて「幸いです」を使い分けてください。 ビジネスメールで「幸いです」を使った例文 「していただけると幸いです」を使った例文 「幸いです」を使った言い回しの1つが「していただけると幸いです」です。 自分がしてほしいことを相手に丁寧に依頼する際の言い回し方で、目上の人へ使えます。 例えば、「間違いがございましたら、訂正していただけると幸いです」という文章だと、「間違いがあったら、訂正してもらえると嬉しいです」という意味となります。 「幸いに存じます」を使った例文 「幸いです」を更に丁寧に表したのが「幸いに存じます」だと説明しました。 表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧に表現する必要のあるメールでは「幸いに存じます」を使った方が良いと言えます。 例えば、「お伺いしたいことがございますので、お時間いただけますと幸いに存じます」という文章だと「聞きたいことがあるので、時間を取ってくれると嬉しいです」という意味となります。 「存じます」を付けることで堅苦しくなると判断した際は「幸いです」に言い換えるなどしてください。 まとめ 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しい」や「ありがたい」という意味で、相手に依頼する際や贈り物をする際に多く使われる言葉です。 目上の人へ使える敬語表現ではありますが、状況や相手によっては失礼と捉えられる場合があります。 言い回し方や類語を使って失礼にならないよう注意して使ってください。

次の

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

ご教示していただけると幸いです

日本語を覚える際にはまず「実践的な学習方法」が大切で、それによって「いろいろな場面で適切な言葉の表現・敬語表現」などがスムーズにできるようになります。 この「ご教示いただけますでしょうか」という表現を覚える際にも、まずは実践的な言葉・表現の練習から始めてみましょう。 ・この件につきまして、どうかご教示いただけますでしょうか。 ・論文作成についてですが、概論の書き方をご教示いただけますでしょうか。 ・会議の当日におきまして、何を持参すればよいかご教示いただけますでしょうか。 このように、まず「ご教示・ご教示いただけますでしょうか」という言葉を使う場合には、先述のように「なるべくピンポイント的な内容を教えてください」といった、比較的「浅い教授の旨」を示す意味的側面が見られます。 さて、先述では「ご教示いただけますでしょうか」という言葉の意味や用法、またその言い換え表現についてご紹介してきましたが、果たしてこの「ご教示いただけますでしょうか」という形容は正しい敬語表現として認められるでしょうか。 まず「ご教示いただけますでしょうか」という言葉のうちには「御(ご)」という尊敬語・謙譲語に見られる接頭辞と、「いただく」という謙譲語表現、「ますでしょうか」という丁寧語表現が混合しています。 これだけで三重の敬語表現が認められ、すっきりした敬語とはなりません。 この場合は「ご教示ください」や「ご教示いただけますか」という形で、相手に伝わりやすくすることが大切になります。 敬語表現としては間違っていないですが、表現方法に困難が見られ、このようにまず「伝わりやすくする」という工夫が大切になります。 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記 「ご教示いただけますでしょうか」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。 ・Would you teach me(ご教示いただけますでしょうか、教えてくださいますか) ・please tell me(教えてください、ご教示いただけますでしょうか) ・Can you teach? (教えられますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a favor? (お聞きしてもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) ・Could you teach us(教えてくださいますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a question? (ご質問してもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(1) 先でご紹介しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記を参考にして、「ご教示いただけますでしょうか」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Would you please teach me about that matter? 「その件につきまして、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to use this computer? 「このパソコンの使い方について、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach me how to correct my thesis? 「論文の添削方法について、ご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(2) 先述しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご教示いただけますでしょうか」の例文をご紹介します。 ・Those who called us last week, but since there is a point that I do not know about afterwards information disclosure absolutely, would you teach me about that point? 「先週にお電話させていただきました者ですが、どうしてもその後の情報公開におきましてわからない点がございますので、その点についてご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to assemble athletics? 「アスレチックの組み立て方をご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示」の正確な意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールと題して、ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールについての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご教示」の用例をご紹介しました。 「ご教示いただけますでしょうか」という表現は、非常に多くのビジネスシーンでも普通に使われている日常的な慣用句であり、「お教えいただけますでしょうか」や「ご教授ください」などの表現とともに併用されている傾向が見られています。 しかし、「ご教示いただけますでしょうか」という表現でも見られるように、いくつもの敬語表現が混じっている場合には「相手に伝わりやすくする方法・工夫」が必要になるため、あらかじめ「わかりやすい日本語表現」の練習をしておくことが大切になります。

次の

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

ご教示していただけると幸いです

I would appreciate if you could V. 〜していただければ幸いです。 V(動詞)にしてもらいたいことを入れて文章をつくってみてね。 〜コピペ専用 よく使う例文10選〜 I would appreciate it if you could reply as soon as possible. I would appreciate it if you could inform when you find it. 分かり次第教えていただければ幸いです。 I would appreciate it if you could send us more detailed information about it. 詳細情報が分かり次第お送りいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could investigate with this matter. この件に関してご検討いただければ幸いです。 I would appreciate it if you could answer my questions. 質問にお答えいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could call me when you have a time. お時間がある時にお電話をいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could spare time for meeting. お打合せのお時間をいただければ幸いです。 I would appreciate if you could give me feedback on meeting. ミーティングのフィードバックをいただければ幸いです。 I would appreciate it if you give me instructions. ご指示を頂ければ幸いです。 I would appreciate it if you could inform us whether you will attend or not. 出欠席に関わらず、ご返信をいただければ幸いです。 できるだけ早く.

次の