きゅうりのキューちゃん 作り方 パリパリ。 きゅうりのキューちゃんレシピ!きゅうりの漬物の作り方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

沢山出来たきゅうりで、きゅうりのキューちゃんを手作り

きゅうりのキューちゃん 作り方 パリパリ

きゅうりはパリパリの食感とみずみずしさで夏のカラダの火照りと体内の熱を消してくれますが、食べすぎにはご注意。 生のきゅうりやトマトが食べたくて仕方ない方は、熱量の高い動物性食品が少し多すぎているかもしれません。 きゅうりの原産国は東海インド、日本には平安時代に渡ってきた南国の野菜です。 煮て食べると利尿作用や消炎作用もあるきゅうり、これからの季節はぬか漬けにしたり、大人も子供も大好きなホームメイドなきゅうりのキューちゃんで適量を楽しんでくださいね。 自家製無添加キューちゃんは冷蔵庫で2週間程度日持ちし、お弁当やおつまみにも最適です。 きゅうりは洗ってヘタを小さく切り、塩振りをしてまな板の上で板摺りして20~30分おいたものを流水で洗って軽くしぼる。 醤油、みりん、てんさい、酢、鷹の爪、昆布を中華鍋または大鍋に沸騰させ、しょうが千切りときゅうりをいれて3分~5分程煮立たせて火を止める。 時々転がしながら冷えるまでまんべんなく味をなじませる。 再び沸騰させて火を止め、また転がしながら冷やす。 ジップロックなどにいれて冷蔵庫に入れて丸1日おく。 『無添加きゅうりのキューちゃん』おすすめポイント セロリのセロちゃんに置き換えても美味しいですよ。 その他のおすすめ記事.

次の

きゅうりのキューちゃんレシピ!きゅうりの漬物の作り方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

きゅうりのキューちゃん 作り方 パリパリ

沸騰したら、弱火で1分加熱し、火を切る。 少し塩辛いな、位がちょうどよい塩加減。 塩気が足りなければ、少し塩を足す。 (あれば布巾を使って)ギューっと水気を絞る。 冷めるまでそのまま。 1週間を目安に食べきってください。 子どもも食べれるように、ちょっと甘めの仕上がりです。 日にちがたつほど味が染み込み、味が濃くなります。 早めに食べきってね! 無限きゅうり・きゅうりのキューちゃんアレンジ• お好みで漬け汁に鷹の爪を加えてピリ辛に• みじん切りにして、マヨネーズと合えて、タルタルソースに• キューちゃん冷ややっこ• ゴーヤのゴーちゃん• 高菜のかわりにキューちゃんチャーハン• キューちゃん茶漬け• カレーとキューちゃん(もはやアレンジではない) マメ知識 きゅうりは世界一栄養がない.

次の

あの味が自宅で楽しめる♩『自家製きゅうりのキューちゃん』レシピ

きゅうりのキューちゃん 作り方 パリパリ

薄く切ると味が馴染みやすくすぐに食べれます。 厚く切るとシャキシャキ感が残ります。 きゅうりを薄く切ったときは30分。 厚く切ったときには1時間くらい置くと良いでしょう。 これが最大のポイントです。 一度にたくさん絞ろうとせずに、両手で包めるほどの量を、きゅうりが割れない程度の力加減でなるべく水分を絞るようにします。 両手で絞った後に、さらにキッチンタオルなどで絞るとよく水が切れます。 鍋で合わせ調味料を温める 調味料を沸騰させてからキュウリを入れます。 この時点では下の写真のように、きゅうりが調味料に全部漬かりませんが、時間とともにしんなりしてちょうどよくなります。 再沸騰したら火を止めて蓋をする 合わせ調味料の量が少ないので、すぐに沸騰します。 沸騰したら火を止めてから、全体をひと混ぜして蓋をします。 1時間くらいして、鍋の粗熱がだいたい取れたら鍋ごと冷蔵庫に入れます。 このとき、きゅうりを軽くひと混ぜして全体的に調味料と混ぜ合わせておきます。 *冷蔵庫のスペースがないときは小さめのお皿に移します。 だんだんと漬かってきてタレに染み込んでいくのがわかります。 もう1度、火にかけて沸騰させる ひと混ぜしたら、再び火にかけ沸騰させます。 沸騰したら火を止めて、 蓋をして粗熱を取ります。 鍋の粗熱が取れたら、きゅうりを軽くひと混ぜして再び冷蔵庫に入れます。 粗熱を取ったら・・ 保存容器に移して、一晩たったら美味しい自家製キューちゃんの完成です! 上の写真は、漬かり具合の変化がわかるように鍋のまま冷蔵庫で一晩おいた状態です。 自家製キューちゃんを簡単に作るコツ 美味しい自家製キューちゃん は、 「シャキッとした食感なのに、しっかりきゅうりに味が染み込んでいること」。 そのためには、• きゅうりに塩を振って水抜き• 冷蔵庫で冷やす この二点が上手に作るコツです。 作ったことがある方ならわかると思いますが、水抜きをしてない きゅうりの浅漬けって、ほとんど味が染み込みませんよね。 自家製キューちゃんにも同じことが言え、最初にきゅうりの水抜きをすることで、味を染み込みやすくします。 水抜き時間は30分から2時間ほど。 時間が長いほどきゅうりがしんなりして緑色の水分が出できます。 このあたりはお好みで。 水抜きが終わったらきゅうりを絞ります。 大事なとこなのでもう1度、書きます。 一度にたくさん絞ろうとせずに、両手で包めるほどの量を、きゅうりが割れない程度の力加減でなるべく水分を絞るようにします。 両手で絞った後に、さらにキッチンタオルなどで絞るとよく水が切れます。 *多少割れたって大丈夫。 きゅうりのたたき風でさらに味が染み込みやすくなります。 冷蔵庫で冷やす 自家製キューちゃんのレシピでは、• 調味料を沸騰させる• きゅうりを入れて冷やす• 冷えたらきゅうりを取り出す の順番で、1,2,3の工程を何度か繰り返す手法もありますが・・ それよりも 粗熱がとれたキュウリを鍋ごと冷蔵庫で冷やす方が簡単です。 *冷蔵庫に鍋を入れるスペースがないときはお皿に移して。 これを利用します。 この手法は時間がかかりますが、なにより簡単! 「きゅうりの水抜き」といったひと手間はかかりますが、あとは特別に難しいことはありません。 きゅうりのキューちゃん、ご飯のお供にもお酒のつまみにも。 パリッとした食感と和風の味付けが癖になる一品です。 自家製キューちゃんの賞味期限 賞味期限の目安としては1週間以内に食べきることが望ましいでしょう。 清潔な保存容器に入れておけば2週間は食べられますが、保存環境が悪かったり、使用済みのお箸で取り出すなどすると賞味期限が短くなります。 自家製キューちゃんのひと手間 きゅうりを板摺 いたずり すると触感がUPして青臭さが取れます。 漬け込みが浅いうちは青臭さが残ってるので、すぐに食べたいときは板ずりするとよいでしょう。 皮をピーラーで3か所くらい向くと、見た目がよくなり味も染み込みやすくなります。

次の