えい らく あらすじ。 名作 古典落語「らくだ」あらすじ

瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

えい らく あらすじ

ふぁんしゃんの部屋 なれなれしいハイランチャは威嚇しちゃう、俺の女宣言。 ハイランチャはふこうが心配。 確かに今のふこうの不幸は… 皇后の部屋 えいらくの入内に賛成とは余裕だね、面白がってるし。 純貴妃の牽制用ねえ。 そんなこと言って、いつまでそうやって静観してられるかな。 ま 見てなって 純貴妃の部屋 こちらも余裕発言かい。 メイクの人が上手いのか、3年でめっちゃ感じ悪い顔になってる。 愉妃、この人恩を忘れちゃったの?排除案まで献上して、…いや、これは何かある。 純貴妃も信用してないか、さすがにナーラン氏なんかとは違う。 悲惨な過去を知る者は避けたい、そうかな、悲惨な時に差し伸べられた手を忘れられる? 延禧宮 原題の延禧ってここからか。 予想通り、荒れた内部。 モチベーションだだ下がり ババーン!貴人登場。 おぉ= 眺めてからのー「みぇんりー」カリスマあふれる瞬間。 なのに、わきまえんなー琥珀、ダメだこいつ、明玉はさすが。 えいらくの部屋 怒る明玉 かわいいな前はムカついたけど&まるっとお見通しだ、さすがのえいらく。 琥珀配属まあまあの罠ね、地味にイライラ募りそう。 以前は皇后様の庇護下、そうだね、これからは慎重に。 延禧宮 こんな小者に悩まされるなんて。 限界来たらどうする?って、笑ってるよえいらく。 なんでなんで? 明玉、純貴妃の呪縛解けたか、よし、揃って復讐開始ー! 皇太后の寿康宮 画面の焦点合う前からもう笑えるわー、男装いえらく。 ふぁんしゃん忌々しげ、沼へようこそ。 さっさと去り際、メンズ挨拶ウケる。 変わり種は皇太后のお気に入り。 またまた悪く言うふぁんしゃん、悪あがきね、どこまで我慢できるか。 母の勘ではどう見えたかな。 ふぁんしゃん食事中 今日の札選びー、えいらく札選びたいのに選ばない、そんなあなたはあまのじゃく。 寿康宮 頻繁に会う作戦進行中。 ふぁんしゃん1ヵ月無視かい。 よく耐えてるなニヤリ 駆け引きネクストステージへ移行、えいらく、恋のエキスパートか! ふぁんしゃん部屋 かわいいほどにまんまとはまってるよふぁんしゃん。 散歩ねぇ 延禧宮 不遜琥珀、杖刑にされたいか。 ふぁんしゃんキィーック!この瞬間のえいらくの顔ったら! 俺の女をいじめていいのは俺だけ。 80回、死ぬかも、あら、助けないんだ貴人えいらく。 ふぁんしゃん!無礼を許してたのは作戦です!w 俺の対面~?言い訳はいいってばよ。 by 火影 お祝い?怒って帰っちゃったけど? うーわ、えいらくの策略怖っ! こうなるようにわざとだったんだ、琥珀踊らされてたのね。 嫌がらせ人事逆手、ふぁんしゃん完落ち寸前、スタッフ総ビビり、一石三鳥じゃん。 恐ろしい子…。 姫川 亜弓 寿康宮 ふぁんしゃん違うよ、それは浅はか女。 現れたよ心を奪う女子…、ナーラン氏、あんたじゃない。 城内通路 作戦めっちゃ効いてる、毎日会って突然会わなくなる、なるほどー。 お試しあれ 降りてきた明玉、高いところにいるってバカな真似なの? 屋上 まあ、いい感じにしつらえて。 ふぁんしゃん、そーっと触るのかー?…どついたw。 膝?ほっぺ?いや、ちょっと、ダメだ、恥ずかしすぎる。 再生ストーップ深呼吸 俺のすること全部が掟だぜ、すること…。 みんな一応下がったけども、ちょっとオープンすぎやしませんか。 そういう嗜好? 通路 明玉&ハイランチャ、うん、ほんとに、わかるように説明して。 なぜ泣く 巻き込んだ、えーっとこれは何かの計略? 抱きついたりして、まさかハイランチャを利用する? それはやめたげて 延禧宮 翌朝お祝い、目的に一歩近づけたことだけが嬉しいの?冷静えいらく。 皇后の部屋 朝のご機嫌伺い。 めんどくさいルーティン おバカなナーラン氏を筆頭にモラルを語る妃達。 妬んどるだけやろ 朝露集めデジャブ、Wゴマすり効果ね。 ニューヒロイン誕生を面白がってる皇后。 私は違うのよってか 後宮内どこか あれ、この人死んだんじゃ、妹って双子? 嘉嬪の部屋 重症作戦、私だって!って同じことして許されるかどうか、やってみ。 お疲れ様 延禧宮 「主はお留守さあ室内チェックするがいい作戦」絶賛進行中~!.

次の

瓔珞(中国ドラマ)のあらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

えい らく あらすじ

上方落語の演目で、長編であり難解な話から、真打の大ネタとも言われる演目です。 登場人物の描写など名人芸を是非ご覧になって頂きたいです。 古典落語 「らくだ」 上方落語から始まったこの演目。 江戸落語へは3代目柳家小さんが持ち込んだとも言われています。 物語を全て演じると1時間にも及ぶ長編落語になる事から、演者によって後半を切ったりお客さんを飽きさせないように工夫していますね。 「らくだ」を得意とした噺家には6代目笑福亭 松鶴があまりにも有名ですね。 存命中は他の噺家さんがあえて 「らくだ」をさけていたそうです。 現在では 「らくだ」を演じる名人も多いので、色んな味の 「らくだ」を聞けますので是非お気に入りの 「らくだ」を見つけてみてはいかがでしょうか? あらすじ ある長屋に住むこの町一番の嫌われ者、あだ名は 「らくだ」その 「らくだ」が河豚にあたって死んだところから物語は動き出します。 その死体を見つけたのは兄貴分の半次。 その死体を前に葬式をあげなくてはと悩んでいました。 そこへ通りかかったのが屑屋。 人がいい彼は半次に脅され月番を呼びに行く事になりました。 半次の狙いは屑屋を月番の所に行かせ長屋から香典を集めさせようと企んだのです。 「らくだ」が死んだと聞いた月番は大喜び。 香典の申し出にはもちろん断ります。 しかし屑屋の粘りに負けて赤飯を炊く代わりに香典を集めてくると了承します。 「らくだ」の家に戻った屑屋は、今度は大家の所へ、通夜に出す酒と料理を届けさせるようにと命令されるのです。 しかし、ここの大家はケチで有名で無理だと言うと、半次はある作戦を伝えます。 大家も「らくだ」が死んだと聞き大喜び。 もちろん酒、料理の申し出は断ります。 ここで屑屋は「死体のやり場に困ってるんで、ここへ連れてきますんで、面倒みてもらえますか?ついでに かんかんのう を踊らせてご覧にいれます」と。 「やれるもんならやってみろ!」と大家。 それを聞いた半次は、大家の元へ死体を運び、屑屋に歌わせ死体を動かし かんかんのう を踊らせたのです。 まさか本当にやると思ってなかった大家は、縮み上がってしまい酒、料理を約束するのです。 これで終わりかと思っていた屑屋だったが、今度は八百屋に行けと命令されます。 漬物樽を棺桶代わりに使おうと考えたのです。 しぶしぶ八百屋に向かいますが、もちろんここでも申し出は断られます。 しかし先ほどの かんかんのう の話をすると、何個でも持ってけ!と漬物樽を持ち帰る事に成功します。 「らくだ」の家に戻った屑屋は、これで葬式の準備は整ったと大家から運ばれてきた酒を半次に勧められ飲む事に。 ところがこの屑屋。 人はいいのだがいわゆる酒乱。。 飲んでるうちに豹変してしまい、半次に暴言を吐くように。 なんと立場が逆転してしまったのです・・・ 古典落語のあらすじを題名で検索 難しい落語にはサゲ 落ち 、解説も入れています 題名で古典落語のあらすじを検索出来ます!隠れた名作を見つけて下さい!.

次の

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」

えい らく あらすじ

もくじ• 「瓔珞」第70話 最終回 来世への誓い 輝発那拉 ホイファナラ皇后は「火事の大混乱の中で私の身を案じましたか」と 乾隆帝 けんりゅうていに聞く。 返事を待たず、もう我慢できないと取り乱した皇后は、いかに自分が乾隆帝のことを想い行動したか語る。 その点、 瓔珞 えいらくは己のことしか考えず乾隆帝を利用しているだけだと批難した。 乾隆帝が皇后を連行するように言うと、取り乱し短剣を振りかざして、近づくなとわめく。 富察 ふちゃ皇后より、 高貴妃 こうきひより、 純妃 じゅんひより、どの 妃嬪 ひひんよりも陛下のことを思っている、涙ながらに皇后は言う。 だが乾隆帝は、文一つで輝発那拉皇后が杭州の軍を動かしたことを指摘。 皇后は、それだけでなく随行している杭州の役人も手の内のものだと話す。 力をつけるため役人たちの弱みを握り言うことを聞くように長年恐れさせてきたのだと。 そして乾隆帝の死後、政権を操るつもりでいたと白状する。 だが愛するゆえに殺せなかった。 皇后はそう言うと、短剣で自らの髪を切る。 満州族は国葬でのみ髪を切る、正気の沙汰とは思えない行動だった。 乾隆帝は皇后を紫禁城に返すよう命じる。 そして 和親王 わしんのう 弘昼 こうちゅうも連行された。 皇后が落とした短剣を拾った 珍児 ちんじは 袁春望 えんしゅんぼうに襲いかかる。 十数年も騙されていたと知ったからだ。 だが袁春望に返り討ちにされ短剣が刺さり死ぬ。 袁春望は逆らえず罪を犯したが、関わった役人の名前を言うので許してほしいと平伏する。 瓔珞は笑い出し「策を弄した張本人がなにを」と言った。 瓔珞は過去に袁春望が話したことを思い出し、探らせるため小全子を 太行 たいこう山に行かせていた。 太行山と聞いた皇太后は人払いをする。 瓔珞は暴露する。 袁春望は、 銭 せん氏が 匪賊 ひぞくをひきつけた時、先帝が隠れた農家の娘が産んだ子供だと。 そして自分だけが恵まれない憎しみから皇太后と乾隆帝を殺そうと策を弄した。 関係がないはずの皇太后は様子がおかしい。 瓔珞は第5皇子に手を出したことを批難する。 す り替えられた虫は、 埋葬虫 しでんむしと言い、それは死体を喰らい血や肉を見ると猛毒を発する。 瓔珞は第5皇子を助けるため手を噛まれ毒に侵されていた。 解毒薬はない。 皇太后は先帝に落とし種がいるなどありえないと言う。 くだらぬ嘘を信じて、普通の幸せを捨て太監に身を落とした、そう皇太后が憐れむと、袁春望は半狂乱に。 乾隆帝は肉削ぎの刑をと命じるが、皇太后は慌てて止める。 誰も口にはしないが袁春望は先帝の子らしい。 紫禁城に戻り 葉天士 ようてんしの診察を受ける瓔珞。 だが手の施しようがないという。 乾隆帝は埋葬虫について調べるように戦地の 傅恒 ふこうに命じていた。 乾隆帝が政務で側を離れると、瓔珞は吐血し気を失う。 瓔珞が目覚めると 海蘭察 はいらんちゃが来ている。 海蘭察が解毒薬を持ち帰り瓔珞の命は助かった。 だが様子がおかしい。 傅恒は解毒薬を作る草を取るため 瘴気 しょうきの深い場所に入り、瘴気に侵されたまま無理をして戦に向かい死んだと話す。 一気に決着をつけるため離脱することが出来なかった、病気であろうとも勝利を求められる。 海蘭察は傅恒の最後の問いを瓔珞に聞かせる。 「魏瓔珞、私は生涯をかけて君を守り抜いた。 来世では私を守ってくれるか。 」 瓔珞は一人になると、「わかったわ、約束する」と呟いた。 皇后は位を剥奪された。 皇后が1人で食事をしているところへ、瓔珞がやってくる。 皇后は、なぜ乾隆帝に取りなし軽い処分になるよう配慮したのかと聞く。 瓔珞は、 辛者庫 しんじゃこで行き倒れたとき救われたことがあるから、と答えた。 皇后は、瓔珞が袁春望の策略に気づいていたと指摘する。 理由は和親王を殺すためだ。 姉の復讐を24年間1日たりとも忘れていなかったのだろうと。 瓔珞は何も言わない。 海蘭察は牢の中の和親王に毒酒を運ぶ。 これを飲めば紫禁城に帰れると。 病死扱いとして処分されるらしい。 瓔珞は皇貴妃となった。 終わった… 途中からもう涙でまえが見えなくなって…えぎゅぅ… 傅恒の最後の言葉が単純な愛の言葉ではなかったところにもう泣けてきちゃってだめでした。 感動をありがとう。 確実に今年のNo. 1作品だし、今後これ以上の作品出てくるのか?ってくらい面白かった。 はーとうとう見終わってしまった悲しいよ。 12月からチャンネル銀河で放送されるので、また人気が広まると思います! 次は、瓔珞の攻守交代バージョンを見ていこうかな。 瓔珞の番外編「金枝玉葉」がNetflixで配信中 初月無料 「瓔珞」50話から最終話までのまとめ 短時間で知りたい人用 まずは、瓔珞と敵対している妃嬪たちが今後どうなっていくのか。 と言っても、ほぼほぼもう雑魚しか残っていないんですけどね。 とりあえず、52話まではネタバレ感想書いているので、その続きあの辺りから始めます! 純貴妃の最期 純貴妃は意外にあっけなく退場していきます。 経緯はこんな感じ… 純貴妃は瓔珞を始末するため愉妃に手を汚させようとします。 愉妃は突然体調不良を起こした息子は瓔珞の宮にしかないトリカブトを食べたと主張し、乾隆帝に瓔珞を罰するよう訴えます。 これは太医もぐる。 危うく策略にはまりそうになった瓔珞ですが、袁春望がすぐに葉天士を呼んできて適切な治療をしたため、原因はトリカブトではなく大量に食べた人参だったことがわかります。 そして、太医が愉妃に命じられたと白状し、愉妃は純貴妃に命じられたと主張したため、純貴妃は純答応に格下げされます。 さらに!純貴妃の侍女・玉壺を拷問し、家族を人質にして脅すことで、「純貴妃は皇后の息子を死に至らしめた火事の要因を作った」と乾隆帝に白状させます。 裏で操っていたのは皇后なのにね。 その晩、幽閉されていた純答応のところにやってきた皇后は、瓔珞がこのために妃嬪になったと教え、恨みを晴らすべく彼女を殺しました。 退場! 愉妃は裏切り者? 一度は瓔珞と打ち解けたかのように見せかけて、純貴妃の命令で策略にはめようとした愉妃。 息子を守るために何でもしていたように見えますが、実はすべて純貴妃への報復だった様子。 皇后が自害する要因を作ったのが純貴妃だという話を、愉妃は瓔珞から聞きます。 それを聞いた彼女は瓔珞の復讐を手助けするために、純貴妃の側についたと。 最終的に彼女は紫禁城を追い出されます、でもそれが幸せなのかもね。 爾晴さん もっと上手に立ち回ればいいのに、青蓮を妓楼に売って間接的に殺してしまったことで、傅恒との仲が決定的に壊れてしまった爾晴さん。 実は爾晴、息子を火事で亡くした富察皇后を見舞った時に、乾隆帝と寝て子供が出来たという話をしていたのです。 皇后の自害を後押しする形になってしまった…許さん…。 どうにも八方塞がりということで、乾隆帝に直訴しに紫禁城へ行きます。 紫禁城へやってきた爾晴を、瓔珞は皇后の位牌の前に連れていきます。 そして自害しろと毒薬を渡し、爾晴は死にます。 でもこれによって順調だった乾隆帝との仲がこじれてしまうんだよ… 嫻妃・皇后 恨みに突き動かされ暗躍してきた皇后ですが、一度は瓔珞と条件付きの平和協定を結びます。 しかしそれを崩したのは袁春望。 彼は瓔珞のことを許したと見せかけて近づき、今度は皇后に従順だと思わせておきながら影では色々と悪巧みをしています。 袁春望の策略により、皇后は弘昼と手を組み謀反を起こすことに… ここから最終回に繋がります。 最終回 第70話 の大体のあらすじ 皇后は謀反を起こし失敗、弘昼も捕らえられます。 乾隆帝はその罪を咎めようとしますが、すべての罪は袁春望にあると瓔珞が証言したことで皇后は助かり、その経緯で袁春望が先帝の子供ではないことが明らかに。 復讐のために動いていた袁春望は、それを聞いて気が狂ってしまいます。 最終的に、瓔珞は皇貴妃に封じられました。 めでたしめでたし….

次の