晴海 グルメ。 晴海(東京のグルメスポット)

晴海 居酒屋の予約・クーポン

晴海 グルメ

毎日市場に出向き、旬のいいものを目利き。 コスパの良さも追求 【ちゃんこ晴海】は品川区中延に暖簾を掲げて25年以上の居酒屋。 店名に冠した『ちゃんこ鍋』も名物ですが、店主の三保さんが魚介の達人であることから、旬の魚介料理がとても充実。 毎朝、築地で目利きして仕入れる最上質の鮮魚を使った刺身・煮付け・焼き魚・天ぷらが自慢です。 新鮮もつを塩味で煮込んだ『白煮込み』をはじめ、お酒が進むアテも名作揃い。 魚介に合う日本酒も粒選りで、山形の名蔵元が醸す店のPB酒「晴海」は日本酒通がうなる味わいです。 長く地元で愛されてきた店らしく、初めて訪れてもアットホームな温かさに包まれるのも魅力。 テーブル、カウンター席に加え、広いお座敷個室があり、大勢での宴会も快適&大満足です。 最寄駅 東急大井町線 荏原町駅 徒歩2分 東急大井町線 中延駅 徒歩5分 アクセス 東急大井町線「荏原町駅」北口より徒歩2分/東急大井町線「中延駅」より徒歩5分 住所 東京都品川区中延5-4-11 営業時間 【月~水・金~日・祝・祝前】 17:00~00:00 (フードL. 22:45/ドリンクL. 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり• ホームページ.

次の

ちゃんこ晴海(戸越銀座/旗の台 和食)のグルメ情報

晴海 グルメ

(5134)• (2749)• (2553)• (8398)• (4028)• (4210)• (3283)• (4405)• (4256)• (2370)• (1528)• (2608)• (1815)• (5939)• (6864)• (1853)• (3414)• (2978)• (352)• (3766)• (3061)• (3005)• (988)• (722)• (1581)• (1997)• (1327)• (2108)• (632)• (1103)• (1259)• (717)• (695)• (2588)• (557)• (533)• (1655)• (916)• (819)• (753)• (637)• (1375)• (481)• (3327)• (1102)• (2073)• (1150)• (1255)• 2020年07月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年08月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年09月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 コース・食べ放題• 飲み放題• 食べ放題• コースあり• ランチあり• テイクアウトあり• 個室あり• 掘りごたつ• 座敷あり• カウンター席あり• ソファー席あり• テラス席あり• 夜景がキレイ• 貸切可 禁煙・喫煙• 禁煙 ( 分煙含む)• 喫煙可 ( 分煙含む) クーポン• クーポンあり• 会員限定クーポンあり ドリンク• 日本酒充実• 焼酎充実• カクテル充実• ワイン充実 営業時間• 23時~も営業• 23時~食事OK• 日曜営業あり サービス• カードOK• Wi-Fi• 英語メニュー• お子様連れ• 電子マネーOK• お祝い・サプライズ対応可 駐車場• 駐車場あり 店内・設備• TV・プロジェクタ• カラオケ設備• バンド演奏• ライブ・ショー• バリアフリー• ペット可.

次の

晴海のお店

晴海 グルメ

(講師の名取紀之氏) 風が強くて時折雨が降るなか、豊洲や晴海を通っていた鉄道「東京都港湾局専用線」について名取先生のお話を伺いながら当時の面影が残る場所をめぐり、とても楽しかったです! 鉄道によって何をどこまで運んでいたのか、どんな役割を担っていたのか。 また、そこではどんな人々が働いていたのかを想像することができました。 東京都港湾局専用線とは 東京都港湾局専用線は今は存在しない都営の貨物線です。 戦後、1953年に越中島駅と豊洲を結ぶ「深川線(豊洲線)」が開通し、1955年には深川線から分岐した「豊洲物揚場線(とよすものあげばせん)」も開通。 そして、1957年には深川線から分岐して晴海埠頭を結ぶ「晴海線」が開通しました。 (赤いラインが東京都港湾局専用線。 右上が越中島。 ) 1970年代、豊洲から北陸本線を通って北陸の魚津駅まで行く「とよす号」が活躍。 船で持ってきた石炭を豊洲埠頭で東京ガスや東京電力でガス化し、そこで生じたコークスを魚津へ運ぶのに運行していた特別貨物列車です。 越中島駅を通過する貨物のうち約3割がとよす号が占めていたのですから、たくさんのコークスが運搬されていたかがわかります。 歩くと当時の鉄道が見えてくる、豊洲と晴海 豊洲運河で見ることができる深川線・橋脚 埋め立てにより豊洲埠頭ができたのは戦後。 資源やエネルギーなど復興に必要なものの多くが豊洲に集められ、作られ、各地に運ばれました。 石炭、鉄鋼、電気、ガス。 そんな豊洲と越中島の貨物駅を結ぶ深川線の通っていた跡を見ることができるのがここ。 豊洲運河を越える橋の跡が今も残っています。 豊洲北小学校の裏手になりますが、豊洲運河では当時の橋脚をそのままの状態で見ることができるんです。 (地図の右が越中島。 左が晴海へ) 今もそのまま残る春海橋 晴海線はそのまま豊洲3丁目を西へと進み、江東区と中央区をまたぐ「春海橋」を越えて、晴海埠頭へと続きます。 東京都港湾局専用線の産業遺構としてよく写真やニュースで登場するのはこの春海橋。 橋も線路の当時のまま残っています。 1960年代、晴海埠頭では魚など保冷品を入れる冷蔵車をはじめ、小麦などが運ばれていました。 また、重要なのは新聞に使う巻取り紙も。 晴海から新聞社の印刷工場に運ばれていたそうです。 手前の斜めになっているコンクリートの壁は当時の線路がこの角度で曲がりながら伸びていたことを表しています。 当時、豊洲や晴海はただ歩いているだけでも職務質問されたんだとか。 そのくらい物資が行き交う重要な場所だったんですね。 作業場であるヤードと動力車の整備などを行う機関区のあった場所は今まさにBRT(バス高速輸送システム)のターミナルおよび東京オリンピック・パラリンピックの駐車場関連の工事が行われています。 倉庫街の面影が残るこちらでは、写真真ん中のアスファルト下に薄っすらと線路の跡が見えます。 倉庫エリアもいずれなくなるのでしょう。 なお、晴海線が廃線となったのは1989年(平成元年)2月で、わりと近年まで運行していたのだから驚きです! 資源・エネルギーの中心、豊洲埠頭へ 晴海大橋を渡って新豊洲駅前へと移動します。 ここは豊洲埠頭。 6本の煙突がランドマークになっていた東京電力の火力発電所があった場所は今は東電堀と言われています。 当時使われていた桟橋の跡もそのまま残っています。 ここで船と積荷のやり取りが行われたんでしょうね。 また、今回は行きませんでしたが、豊洲市場のあたりは鉄鋼やガス生産が行われ、日本の戦後復興から高度経済成長に大きく寄与しました。 羽田空港アクセス線は簡単に開通できたかも 実現しませんでしたが、当時は現在の有楽町線のルートで専用線を走らせる「 月島線」の計画があり、また、東京貨物ターミナルと東京外環状線をつなぐ今の りんかい線のルートでも貨物線の建設が計画されていたんだとか。 つまり、もし東京都港湾局専用線が今も残っていてその先の計画がすべて実現していたら・・・ 今話題の 羽田空港アクセス線が簡単に開通していたかもしれませんね!という名取先生のお話がめちゃくちゃ面白かった! 自動車の普及やエネルギー需要のシフトによって廃線となった東京都港湾局専用線ですが、今になって再びこの地域で鉄道が注目されているのはたいへん興味深いものがありました。 たいへん楽しい公開講座でした! 豊洲の鉄道に関しては当サイトでも何度かご紹介し、今も残っている観光スポットとして記事をまとめています。

次の