本当に痩せるのか。 医師が教える!!本当に痩せるダイエット方法

ハンドクラップダンスは本当に痩せる?口コミやメリット・デメリットを紹介!

本当に痩せるのか

吸収したくない栄養素を分解させる• 腸の吸収を阻害させる 夢のようなありえないサプリ、もしくは体を壊すサプリであることが想像できます。 消費カロリーを発生させるサプリ ダイエットといえば、運動やトレーニングを行なってカロリーを消費しますよね。 そして、それをサプリで行うとなると、考えられるのは人体に悪影響を及ぼす物質を体内に摂取することです。 人間は摂取した食事を分解するのにもエネルギーを消費するので、分解が大変な物質を取り込むことで、消費カロリーを増加させます。 実際、私の周りでタバコをやめた人が一気に太るといった現象が起きています。 タバコは100害あって一利なしと言われる、有害物質です。 それをカプセルや錠剤にして飲むことができますか?• 心臓のポンプ動作• 肺の呼吸動作• 歩行動作• 脳の活動 など、筋肉を酷使しています。 そこに、ダイエットサプリを取り入れ、「きつい運動をしなくても痩せられます」と謳うのです。 しかし、その効果はほんのわずかです。 そして人間は単純な生き物ですので、ダイエットサプリを飲んでいるからと、食事を横暴にしたりします。 そんなので痩せられる訳がありません。 口コミの結果は、ダイエットサプリと運動によるダイエットや食事制限。 その全てが合わさった、効果だと考えるのが妥当です。 しかも、その効果のほとんどが運動によるダイエットや食事制限です。 ダイエットサプリはあくまでサポートしかできないのです。 イメージ的には、 おすすめしたい本当に痩せる方法 この記事を読んでくださる方は、多分簡単に痩せる方法を探している人だと思います。 しかし、残念ながら簡単に痩せる方法はありません。 何故なら、ダイエットには食習慣や運動習慣を見直す必要があるからです。 人間は、普段の慣れた習慣から逸脱することを嫌う生き物です。 今まで運動していなかった人が運動したり、ご飯をたくさん食べていた人がご飯を減らすのはとても苦痛なのです。 1日や2日程度であれば我慢できますが、継続は嫌になってきます。 よく言われる「3日坊主」がこの象徴ですね。 しかし、これは人間の遺伝子に組み込まれた覆されない事実であって、痩せるためにはそれと向き合っていく他ありません。 ここまでの話を聞いて覚悟ができたあなた。 すぐにでも習慣を変えようと動き出すことは素晴らしいですが、1度冷静になりましょう。 ダイエットサプリは効果がない、やっぱり痩せるには運動と食事管理が重要だと思われたと思います。 ダイエットによく出てくるキーワード、「基礎代謝」をご存知でしょうか? 基礎代謝とは、人間が生きる上で必要最低限なエネルギーです。 簡単に言えば、朝起きて1日中寝転がって生活し、それでも消費するエネルギーです。 この基礎代謝が大きくなれば、無理に食事を減らさなくても太りにくい体が出来上がります。 そして基礎代謝を向上させる方法は、筋トレです。 ダイエットと聞いて想像されやすいのが、ランニングなどの有酸素運動だと思いますが、まずは筋トレの無酸素運動を積極的に取り入れましょう。 筋肉を増量すると、その筋肉を動かすための消費エネルギーが増加し、基礎代謝が上がっていきます。 STEP2:有酸素運動を効果的に取り入れる 有酸素運動、即ちランニングやバイクなどの一般的にダイエットと直結しやすい種目は、実は諸刃の剣です。 有酸素運動は、確かに効率的にエネルギーを消費してくれますが、体内のエネルギーが枯渇すると、筋肉からエネルギーを要求するようになります。 筋肉からエネルギーを要求ということは、つまり筋肉の分解が発生します。 せっかく基礎代謝を上げようと筋トレをしているのに、筋肉を分解されてしまったら、意味がありません。 ですので、有酸素運動はなるべく15分〜20分で止めるようにしてください。 そして、有酸素運動を取り入れるタイミングは、筋トレの後です。 筋トレを行うと、脂肪を燃焼させやすくするホルモンが分泌されます。 その間に15分〜20分気持ちよく汗をかいて、トレーニングを終わらせましょう。 STEP3:プロテインを飲む ここまで散々ダイエットサプリを否定してきたのに、結局サプリに頼るのかと思われるかもしれません。 しかし、プロテインはかなり重要になってきます。 というのも、ダイエットに必要な食習慣として、筋肉の発達に必要なタンパク質を多く摂る必要があります。 食事で充分補えればいいのですが、毎日必要なタンパク質を計算して摂るのも面倒ですし、それなりに食費が増加します。 そこでおすすめなのが、プロテインです。 プロテインは、サプリと思われる人も多いと思いますが、その主成分は牛乳等から抽出されたただのタンパク質です。 タンパク質がお手軽に補給できるプロテインは、ダイエットとは切り離せない存在です。 そこで、私がおすすめするコスパ最強のマイプロテインのリンクを貼っておきますので、1度見てみて下さい。 私はほぼ毎日、1日2回(朝・夜)飲んでいますが、月々2000円程度の出費です。 ダイエット目的であれば、1日1回で充分ですので、月々1000円程度の維持費になります。 味もとても豊富で、自分の好みの味を探すのも楽しいです。 甘党の私のおすすめは、「ミルクティー味」と「ソルティッドキャラメル味」です。 チェックしてみて下さい。 STEP4:食事のコントロール 運動だけ進めても成立しないのが、ダイエットです。 食事も見直す必要があります。 しかし、過度な食事制限は、筋肉の発達を阻害します。 なので私のおすすめは、• ジュースを飲まない水を飲む• 脂質は極力控える• 自由な日をつくる の3つです。 ジュースは意外と多くカロリーを有しています。 そんなもので、カロリーを摂ってしまうなら、食事にあてがった方がいいです。 そして、脂質は人間を太らせる栄養素の一つで、かなり影響力があります。 極力、控えるようにして食べる物を選びましょう。 そしてそれを毎日するのではなく、たまに休憩も入れながらメリハリをつけてやりましょう。 ストレスを溜めると、暴走モードになりかねないので、定期的に好きな物を食べる日を設けましょう。 おすすめしたい本当に痩せる方法「女性編」 男性編に続いて紹介するのが、女性のダイエット方法です。 女性は男性と比較して、筋肉量の絶対値が低いです。 つまり、男性編で説明した基礎代謝が低いとされています。 よって、低い基礎代謝に合わせて食事量を調整することが絶対条件になります。 そして、筋肉量が少ないながらも、基礎代謝を上げる筋トレがダイエットの近道になります。 それと合わせて、有酸素運動も積極的に取り入れる必要があります。 それではSTEP毎にみていきましょう。 STEP1:摂取カロリーのコントロール 男性と比較して筋肉量が少なく、基礎代謝が低いことから、女性は男性より痩せにくい体質だと言えます。 つまり、痩せる行動も重要ですが、それ以上に太らない行動をするのが最重要項目になります。 まずは、基礎代謝と摂取カロリーが一覧できるアプリを使用して、現状の自身の食生活を見てみましょう。 STEP2:基礎代謝の向上 やはり女性も太りにくい体を作るのが大切です。 しかし、男性より筋肉がつきづらい女性は、男性と同じように筋トレをしても効率が悪いです。 そして何より、筋肉がついて体がゴツくなるのを嫌がる女性もいるのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが、下半身を重点的に狙った筋トレです。 太ももの筋肉は、人間の持つ筋肉の中で1番大きな筋肉で、消費エネルギーがとても大きいです。 そこを重点的に狙うことで、消費カロリーを稼ぎつつ、基礎代謝を向上させることができます。 下半身が引き締まると、くびれも強調されて見えるようになるので、女性にはおすすめです。 STEP3:積極的な有酸素運動 基礎代謝があまり大きくない女性は、有酸素運動を積極的に取り入れて、消費カロリーを増加させるのがダイエットの近道と言えます。 かといって、過剰な有酸素運動は筋肉をより痩せ細させてしまうので、30分〜40分程度がおすすめです。 男性と同様に、カロリー消費の効率を上げるため、筋トレの後に取り入れるようにしましょう。 STEP4:BCAAの摂取 ついに登場しました。 サプリメントです。 しかし、BCAAは痩せるためのサプリではありません。 BCAAは、簡単にいえば筋肉のガソリンです。 前述した通り、有酸素運動などの激しいトレーニングをしている場合は、脂肪などから抽出するエネルギー供給が遅れ、筋肉からエネルギーを抽出しようとします。 筋肉に充分にエネルギーがあればいいのですが、すぐに枯渇し筋肉を分解してエネルギーを発生させます。 そこで、BCAAの投入です。 トレーニング中にBCAAを摂取することで、筋肉にエネルギーを供給し、筋肉の分解を阻止します。 よって、有酸素運動で不要な脂肪は落としつつ、筋肉は落とさないといった環境を作りだすことができます。 トレーニングの後には、女性もやはりプロテインがおすすめです。 筋肉への栄養補給としての機能もありますが、タンパク質は髪の毛・爪・皮膚の主成分ですので、ターンオーバーが潤滑に行われるようになり、より綺麗になれます。 BCAAもプロテインもマイプロテインがコスパが良くておすすめです。 まとめ買いすると、送料無料になるので、一気に購入するのがいいと思います。 まとめ 長々とダイエットサプリの効果や、本当に痩せる方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 この世の中に溢れかえっている、飲むだけで痩せるサプリは全て嘘だと理解できたでしょうか。 ダイエットには、結局健康的な食事と運動が必要不可欠で、その習慣を身につけるのが、1番難しいです。 その難しさを知っている我々は、どうしても簡単な方法を探してしまい、サプリに行き着いてしまします。 ですが、サプリは所詮サプリです。 それだけで、体が劇的に変化することはあり得ません。 有効なサプリを、うまく取り入れながら、基礎代謝を向上させ、太りにくい体質を作る。 これが、ダイエットの近道であり本質です。 今の自分は、過去の自分の積み重ね。 未来の自分は、今の自分の積み重ね。 決して一朝一夕で効果が出るものではありませんが、目標のために前だけ見て進む方を、応援したいと思っています。

次の

【痩せる運動ランキング】ダイエットで最も効果的な運動は?

本当に痩せるのか

なぜダイエットサプリは効果なし? 市販のダイエットサプリが効果なしだと断言できる理由は、そもそも、ダイエット効果が明確に確認された成分が存在しないからです。 ダイエットサプリの成分でよく聞くものは、例えばコレウスフォルスコリがあります。 コレウスフォルスコリには脂肪を分解させる効果があると言うことで、ダイエット効果を持つ成分として様々なダイエットサプリに配合されています。 ただし、コレウスフォルスコリのダイエット効果は疑わしいと言わざるを得ません。 「コレウスフォルスコリのダイエットサプリは効果なし」なのです。 基本、ダイエットサプリは脂肪燃焼系のもの、カロリーカット系のものに分けられます。 脂肪燃焼系のダイエットサプリとは、飲むことで脂肪が燃焼するタイプのものです。 カロリーカット系のダイエットサプリとは、食事をする前に飲むことで、食事で摂取したカロリーの吸収を妨害する(カットする)タイプのものです。 それぞれのダイエットサプリが効果なしである理由を説明していきましょう。 脂肪燃焼系のダイエットサプリは効果なし コレウスフォルスコリというダイエットサプリは効果なし、と先ほど述べましたが、コレウスフォルスコリは脂肪燃焼系のダイエットサプリに分類されます。 さて、1つ1つの成分のダイエット効果を確認していきましょう。 「だから、サプリで摂取しましょう」というのが広告文句になります。 人においての脂肪燃焼効果を確認できた論文は皆無です。 カルニチンのダイエットサプリも効果なしです。 」 最後に、アミノ酸のダイエットサプリですが、これは飲む必要性が全くありません。 なぜなら、アミノ酸は普通に食事をしていれば補える成分であり、さらに、食事で補う量に比べてサプリで補える量が少なすぎるからです。 言うまでもなく、アミノ酸はたんぱく質が分解された栄養成分です。 よって、食事でたんぱく質さえ十分に補っておけば、アミノ酸は十分に補えることになります。 体重55キロの人の場合、たんぱく質の所要量は55g程度となります。 ちなみに、あるアミノ酸サプリを1回分飲んだ時に補えるアミノ酸量は、たんぱく質換算で2062mg(2g)です。 1g=1000mgなので、補える量はたった2gに過ぎません。 1日所要量の55gに対して、2g補えるだけの話です。 牛肉(赤身)を9. 7g食べれば補える量ですが、この1回分に89円(上記のサプリの場合)の価値があるとは思えません。 カロリーカット系のダイエットサプリも効果なし カロリーをカットするタイプのダイエットサプリも、効果なしの代表例です。 カロリーカット系のダイエットサプリの成分には、白インゲン豆抽出物(ファセオラミン)、ギムネマ、ガルシニア、キトサンなどがあります。 例えば、白インゲン豆抽出物(ファセオラミン)は、炭水化物を食べる前に飲むことで、炭水化物の吸収を抑制する効果があると言われています。 ギムネマとガルシニアには糖質(炭水化物)の吸収を抑える効果が、キトサンには脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。 「ご飯を山盛り食べる前にファセオラミンを飲んでおけば太らない!」 「ケーキを食べる前にギムネマとキトサンを飲んでおけば、ケーキのカロリーがなかったことに!」 という使い方を想像すると思いますが(実際にそのような使われ方をしていますが)、これらの成分にはそういった効果がありません。 だから、事前にカロリーカット系のダイエットサプリを飲んでいても、ケーキを食べれば食べた分だけ太ります。 カロリーカット系のダイエットサプリに関しては、他の系統のダイエットサプリよりも消費者庁に対するクレームが多いです。 また、消費者庁から販売者に対する改善命令(表示の改善、販売の差し止め)も多いです。 要するに、「カロリーカット系のダイエットサプリは効果なし」と、国が宣言しているとも言い換えられるわけです。 ダイエットサプリより酵素ダイエットが痩せる 以上の通り、ダイエットサプリは期待した効果を得られないことが多いです。 それよりも、酵素ダイエットを行ったほうが痩せます。 酵素ダイエットは、酵素ドリンクで酵素を補うダイエット方法です。 酵素にはエネルギー代謝(基礎代謝)を上げる効果があります。 酵素ドリンクのダイエット効果については、医学雑誌にも掲載されています。 (酵素ドリンクの肥満予防効果) 酵素の効果は、具体的には、体脂肪をATPに変換する役割です。 体脂肪はそのままの形ではエネルギーとして利用できません。 体が利用できるエネルギーの形はATPで、体脂肪をATPに変換する時に酵素反応が必須です。 逆に、酵素を補うとエネルギー変換の効率が上がるため、基礎代謝が上がります。 酵素ダイエットの効果は補う酵素量が多いほど大きいので、酵素ドリンクを選ぶ際には、酵素量が多いものを選択した方が体重の減り方が速くなります。 酵素量が一番多い酵素ドリンクは優光泉酵素(酵素原液100%)です。

次の

筋トレをすれば痩せるって本当?筋トレとダイエットの嘘と真実

本当に痩せるのか

柔道整復師/パーソナルトレーナーのヒラガコージです。 15秒から1分ほどの短尺動画投稿プラットフォームTikTokを中心に若者の間で流行している「ハンドクラップダンス」はご存知でしょうか。 なんでも2週間で10キロ痩せると話題なんだとか。 「HandClap」という曲に合わせてノリノリで踊るダンスは楽しそうでやってみたくなりますよね。 しかし「2週間で10キロ痩せる」という魔法のようなこの言葉。 インパクトは大きいですが本当に効果があるものなのか、スポーツトレーナーの目線から検証したいと思います。 動きは限りなくエアロビクスに近い このダンスをみて最初に受けた感想は「エアロビクスに近いな」でした。 ダンスの冒頭にて膝を曲げて身体の前後ろでかかとを触る動きはエアロビクスの「ヒールタッチ」と呼ばれる種目です。 その後に続く動作もエアロビクスでは明確な種目名がないものの、軽く弾みながらリズムに合わせて手足を動かすものはダンス要素よりもエアロビクスに限りなく近いものだと思います。 エアロビクスは体力トレーニングの一種で、リズムに合わせて持続的に身体を動かし続けることで、心肺機能の向上や脂肪燃焼効果をもたらす運動を指します。 この動画では約3分間もの間、ノンストップで身体を動かし続けることでエアロビクスの効果を受けられるのではないでしょうか。 二週間で10キロ痩せるのは難しい では実際に2週間で10キロ痩せることは実現できるのでしょうか。 結論から言えばかなり難しいです。 体重が減っていくメカニズムは「カロリー」にあります。 食事などの栄養補給によって摂取する「摂取カロリー」と、日常生活動作から運動まで全てにおいて消費される「消費カロリー」との関係が体重の増減につながります。 摂取カロリーが消費カロリーを上回れば体重増加に近づきますし、逆に消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体重減少に近づいて行くわけです。 脂肪を1キロ減少させるためには消費カロリーが摂取カロリーよりも7,200キロカロリー上回ることが必要です。 このダンスの運動強度から3分間の消費カロリーは1回につき23キロカロリー程度と予測がつきます。 2週間で10キロ痩せるためには、消費カロリーが摂取カロリーよりも72,000キロカロリーも上回らねばなりませんから、相当な食事制限が必要になるはずです。 このダンスを継続的に行うことで10キロ痩せられる可能性はあるかもしれませんが、2週間という期限をつけてしまうと実現するにはかなり難しいですし、このダンスだけをして他のダイエット活動を無視してしまうと目標達成の実現は無理に近いと思います。 サブタイトルのように超短期間で結果を残すことは難しそうですが、運動を始めるきっかけとしてこのようなダンスに取り組むことはとてもいいことだと思います。 運動不足な方は是非チャレンジしてみてください。 <文/ヒラガコージ>.

次の