レバミピド 錠 100mg。 レバミピド錠100mg「TCK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

レバミピド錠100mg「NPI」

レバミピド 錠 100mg

胃炎や胃潰瘍の治療に用います。 作用 【働き】 胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激で、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)を起こしやすくなります。 このお薬は、胃の粘膜を丈夫にします。 そして、胃酸に対する抵抗力を高め、胃炎や胃潰瘍の治りをよくします。 また、鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを予防します。 【薬理】 胃を守る粘液を増やしたり、胃粘膜の血流をよくすることで、胃酸に対する防御機能を高めます。 傷ついた組織の修復を助ける作用もあります。 胃酸に対する「防御因子増強薬」です。 強い作用があるとはいえませんが、副作用はほとんどありません。 この部類で、一番よく処方されています。• 胃炎や胃潰瘍の治療に広く用いられています。 鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを予防する目的で、いっしょに処方されることも多いです。 注意 【診察で】 持病のある人や、服用中の薬は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】 指示どおりにお飲みください。 ふつう、1日3回飲みます。 他の薬と併用することも多いです。 5g)を1日3回、朝、夕及び就寝前に経口服用する。 5g)を1日3回経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 安全性の高いお薬です。 副作用はまずありません。 ショックや血液障害、肝障害の報告がありますが、頻度的にきわめてまれです。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【その他】• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

FELDSENF PHARMA

レバミピド 錠 100mg

レバミピド錠100mg「EMEC」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 レバミピド錠100mg「EMEC」の主な効果と作用• 胃の粘膜を保護し、 潰瘍部分の修復を促す働きや、胃の血液の流れをよくする働きがあります。 胃炎やを治療するお薬です。 レバミピド錠100mg「EMEC」の用途• の胃粘膜 病変の改善• の胃粘膜出血の改善• の胃粘膜 発赤の改善• の胃粘膜 浮腫の改善• の胃粘膜 糜爛の改善• の 急性増悪期の胃粘膜病変の改善• の急性増悪期の胃粘膜出血の改善• の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善• の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.胃潰瘍:1回レバミピドとして100mgを1日3回、朝、夕及び就寝前に経口投与する• 2.急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(糜爛、出血、発赤、浮腫)の改善:1回レバミピドとして100mgを1日3回経口投与する.

次の

該当成分の製品(後発品) & 薬価

レバミピド 錠 100mg

効果・効能・作用 胃痛や胃炎、胃潰瘍の治療によく使われている薬で、急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善にも使用されます。 胃粘膜を保護する作用、粘液の増加作用、胃粘膜修復作用、炎症の抑制などの作用があります。 また、ロキソニンなどの解熱鎮痛薬とセットで処方されることも多い薬で、鎮痛薬などが原因で胃があれるのを防ぐためにレバミピド錠100mg「ZE」を一緒に使用する場合があります。 効果の強さという点では、ネキシウムやパリエットなどのプロトンポンプインヒビターや、ガスターなどのH2ブロッカーと比較すると強い方ではありません。 レバミピド錠100mg「ZE」は穏やかに効果がもたらされ、その分、安全性が高い薬といえます。 ・胃潰瘍 ・下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期 レバミピド錠100mg「ZE」添付文書 副作用 レバミピド錠100mg「ZE」は副作用が少なく安全性の高い薬とされています。 副作用があらわれるとすると、主な副作用は、下痢、便秘、嘔気・嘔吐などです。 高齢者については、生理機能が低下しているため、消化器症状などの副作用に注意する必要があります。 また、副作用として眠気を心配をする方もいらっしゃいますが、製薬会社からの情報では眠気の副作用はあまり認められておらず、過度の心配はいらないと考えられます。 レバミピド錠100mg「ZE」を使用して眠気を感じるようなことがあれば一緒に飲んでいる他の薬などに原因がある可能性もあります。 体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。 妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。 飲み合わせ・食べ合わせの注意 レバミピド錠100mg「ZE」との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。 効果時間 血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから約2. 5時間後とされています。 また、その後、約1. 6時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。 薬効・薬理 レバミピドの作用は、プロスタグランジン合成酵素(粘液の分泌を促したりする酵素)を活性化して、胃の粘膜を丈夫にし、胃酸に対する抵抗力を高めて胃腸を守ります。

次の