和田 アキ子 が ん けんか すい。 アッコにおまかせ番組打ち切り説の真相と視聴率をチェック!

TBSディレクターが「ガガ」に失礼取材 和田アキ子「最低だね」と激怒: J

和田 アキ子 が ん けんか すい

歌手・和田アキ子が20日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)に生出演し、ジャニーズ事務所がNEWSの手越祐也(32)との契約を同日付で解除したと発表したことに「びっくりした…ジャニーズ事務所がこういう発表をするのって珍しい」とコメントした。 手越は今後、独自の芸能活動のほか、飲食店経営など社長業に乗り出すとみられる。 契約解除によるグループ脱退によって、結成当初9人組だったNEWSは3人組となる。 今回の契約解除に和田は「来年の3月まで契約あるのに、約半年あるのに専属契約の終了を発表したわけでしょ」とした上で、各スポーツ紙の報道に「円満という文字はひとつもなかったですね」と指摘した。 さらに「申し訳ないけど、NEWSって昔9人だったの?すごいね。 そうすると余計なお世話だけど残っている人たちがどう思うか、ですよね。 円満に頑張っていると、よし僕らもあそこまで頑張ってやろうって、のれんわけじゃないけど」と見解を示した。 また、契約解除発表の約1時間後には、手越本人とみられるツイッターのアカウントで「長年いたジャニーズを退所して独立することになりました」と報告する投稿があった。 今後もツイッターで情報を発信する予定という。 また「報道関係者各位」として直筆署名入りの書面もアップ。 「週明けに私の口から直接メディアの皆様にお伝えする場を設けさせていただく予定」と会見の開催も予告した。 こうした動きを新聞の報道で知った和田は「用意を着々としてたっていうことですね。 用意周到ということなんじゃないですか。 近いうちに会見を開くっていう、個人として会社関係なくやるわけでしょ」とし「ずっと前からこういうことを予定していたってことでしょ」と指摘した。 その上で手越へ「みんなに好かれるように感謝してこれからの道進まれるといいですね」と願っていた。 外部サイト.

次の

和田アキ子 渡部建と佐々木希の関係について「夫婦仲はうまくいってほしいですよね」(2020年6月20日)|BIGLOBEニュース

和田 アキ子 が ん けんか すい

歌手・和田アキ子が20日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)に生出演し、ジャニーズ事務所がNEWSの手越祐也(32)との契約を同日付で解除したと発表したことに「びっくりした…ジャニーズ事務所がこういう発表をするのって珍しい」とコメントした。 手越は今後、独自の芸能活動のほか、飲食店経営など社長業に乗り出すとみられる。 契約解除によるグループ脱退によって、結成当初9人組だったNEWSは3人組となる。 今回の契約解除に和田は「来年の3月まで契約あるのに、約半年あるのに専属契約の終了を発表したわけでしょ」とした上で、各スポーツ紙の報道に「円満という文字はひとつもなかったですね」と指摘した。 さらに「申し訳ないけど、NEWSって昔9人だったの?すごいね。 そうすると余計なお世話だけど残っている人たちがどう思うか、ですよね。 円満に頑張っていると、よし僕らもあそこまで頑張ってやろうって、のれんわけじゃないけど」と見解を示した。 また、契約解除発表の約1時間後には、手越本人とみられるツイッターのアカウントで「長年いたジャニーズを退所して独立することになりました」と報告する投稿があった。 今後もツイッターで情報を発信する予定という。 また「報道関係者各位」として直筆署名入りの書面もアップ。 「週明けに私の口から直接メディアの皆様にお伝えする場を設けさせていただく予定」と会見の開催も予告した。 こうした動きを新聞の報道で知った和田は「用意を着々としてたっていうことですね。 用意周到ということなんじゃないですか。 近いうちに会見を開くっていう、個人として会社関係なくやるわけでしょ」とし「ずっと前からこういうことを予定していたってことでしょ」と指摘した。 その上で手越へ「みんなに好かれるように感謝してこれからの道進まれるといいですね」と願っていた。 外部サイト.

次の

和田アキ子 番組スタッフからの思わぬ父の日プレゼントに「あ、ありがとう」(スポニチアネックス)

和田 アキ子 が ん けんか すい

日曜日の人気バラエティー番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、司会の和田アキ子さんが、スタッフが用意した番組内容に露骨に不快感を示す一幕があった。 レディー・ガガさんにインタビューした際の舞台裏を紹介するというコーナーだったのだが、その中で自慢げに紹介されるスタッフの不適切な行動の数々に、「最低だね」とあきれ顔だった。 「これは、なんのために放送してんの」 番組では、日本への支援を続けている米人気歌手のレディー・ガガさんへの個別インタビューに成功し、ガガさんはその中で、 「アッコ、ここにきてもらえたらよかったのに」 と発言。 コーナーでは、パネルを使いながら、この発言の真意を推測した。 番組によると、取材クルーは現場統括のAディレクター(44)や、実質上は仕事がなかったBディレクター(33)で構成されており、必要以上に大人数だったという。 さらに番組では、Bディレクターが(1)先にインタビューを終えた他局のキャスターに握手を求めた(2)インタビューが行われている間、衣装の下から見えるガガさんの脇の下を凝視する、といった不適切な行動をとっていたことを暴露。 AディレクターはBディレクターに対して注意したというが、他の出演者からは、 「えー」 「最悪だ」 「なにそれ」 といったブーイングの声があがった。 和田さんも 「これは、なんのために放送してんの」 「よくわからないけどな」 と、いらだっている様子だった。 それを進行役の安東弘樹アナウンサーが 「すいません、我慢して聞いていてください」 と押しとどめた。 野球のボールにサインをおねだり そして安東アナは、今度はAディレクターが、ガガさんのスタッフに対して、野球のボールにサインをおねだりして断られたというエピソードを披露。 さらに、Aディレクターは、 「だって、おれメジャーリーグ好きじゃん?ガガってアメリカ人じゃん?」 などと意味不明の言い訳をしたという。 一連のやりとりを見ていた和田さんは、 「最低だね。 わたしよくわからない。 これから(事前にパネルの内容を)チェックするわ。 私も言いたいことがわかんないんだけど」 「申し訳ないけど、これもテレビで言うことじゃないけど、要するに和田アキ子ってことで、(ガガさんのプロモーションを担当する)ユニバーサルもOKしてくれてるわけよ。 で、こういうことしちゃダメだよね?歌手に対して、野球のボールとか。 ちょっと、なんで放送すんねん、これを」 と、番組スタッフの姿勢を批判した。 番組の最後になっても、 「なんか今日は、スタッフ紹介で終わったような番組になった」 「あとでゆっくり、みんなでミーティングしますから。 来週、楽しく放送をお送りできますように」 と、怒りが収まらない様子だった。

次の