外壁塗装 ご近所挨拶。 外壁塗装の近所挨拶の範囲は?持って行くものは?

隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

外壁塗装 ご近所挨拶

外壁塗装工事で思わぬ近所トラブルに!? これから外壁塗装を行おうと思っている方や数年後に控えている方も工事開始までに、 必ず知っておきたい近隣トラブルを避けるための方法をご紹介していきます。 しかし、その前にご近所への挨拶をしないことによる、トラブルにはどのような事例があるのか、 まずはこちらを知ってから次の項に進んでいきましょう。 戸建てを持つということは、ほとんどの場合はそこに何十年も住む場合が多いでしょう。 ともなると、ご近所同士の付き合いや関係がとても大事になってきます。 近年では、このような人間関係も希薄にはなってきていますが、やはりお隣やご近所ともなると、 長く付き合っていく上でその関係性はとても重要になってきます。 もし、あなたのお隣のお家が急に外壁塗装の工事を開始したらどう思いますか? 日中は 「うるさい」、「塗料の臭いがキツイ」、「高圧洗浄や塗料が飛散した」、「業者の車が邪魔」など、 上記のようなことがもしある日、起こってしまったら我慢できますか? しかも。 いつまで工事が行われるかも知らせていないのです。 多くの方は多少のことであれば目を瞑ろうと思いますが、 何も工事について知らせておらず、生活がしづらくなってしまったら、 きっと「なんだよ・・・」なんて思うのではないでしょうか? 人によってクレームを言ってくる方もいるかもしれません。 近所トラブルその1:工事の騒音トラブル 「外壁塗装の工事で塗装がメインでしょ?」 「騒音なんてあるの?」 そんな声が聞こえてきそうですが、塗装を行うにも足場の設置が必要となってきます。 この足場の設置や解体時には、おそらく大きな音が響いてしまいます。 よくある工事現場などを想像して頂ければ、その音の大きさがわかると思います。 また、 塗装に大きな騒音がならなくても、業者の車(トラック)の出入りや職人さんの出入りなどで、 それなりの騒音となることも考慮しておけなければなりません。 特に日中、お家にいるご家庭や休日などは特に配慮して工事を進める必要があります。 いつもは仲の良いご近所さんでもトラブルを回避するために、必ず挨拶時に騒音のことを伝えておきましょう。 近所トラブルその2:塗料の臭いがキツイ 外壁塗装のメインとも言える塗装時、やはり塗料の臭いがキツイです。 また、下塗り、中塗り、上塗りという工程もありますので、 場合によっては長い期間に渡り、臭いが近隣に充満してしまう場合もあります。 この塗料の臭いによって、体調を崩してしまう方もいるかもしれませんので、こちらも配慮が必要です。 近所トラブルその3:高圧洗浄の水や塗料の飛散トラブル 工事期間中、高圧洗浄や塗装時に水や塗料が隣家へ飛散することがあります。 近隣のお家へ塗料が付着したり、車に付着したりともっともトラブルに発展しやすい例となります。 こちらに関しては、業者もシートを被せるなどの配慮をしてくれると思いますが、 それらによって必ずしも回避できるとは限りません。 いつ何が起きるか分かりませんので、事前にご近所さんへ説明しておく必要があります。 もし仮に、お隣のお家に塗料が付着した場合は、業者が保証してくれると思いますが、 やはり、トラブル回避のための挨拶と配慮を忘れないようにしましょう。 上記のような事故を防ぐために、事前に挨拶をしておく必要があります。 でも「どうやって挨拶したら良いの?」 「挨拶時に何を伝えておけば良い?」 「挨拶に持っていく粗品は何が良い?」 「挨拶のタイミングは?」 など、疑問に思っていることをご紹介していきたいと思います。 外壁塗装の近所挨拶は工事1週間前に済ませておこう! あなたは、外壁塗装の工事の3日前や2日前にもしご近所さんからその内容を伝えられたらどう思いますか? 事前の挨拶をしてはいるものの、あまりにも直前すぎると準備などがおろそかになってしまう場合があります。 さらに、いつもは自宅として利用していないご家もあるかもしれません。 工事中は、約2週間ほどではありますが、臭いや騒音などの普段とは異なる環境になり、 それなりに不便な生活を強いられます。 もちろん、工事を行う自信もそうですが、ご近所さんも同じ立場です。 挨拶をしないことによる、トラブルを避けるためにも、 着工の1週間前ぐらいには詳細な工事内容を近隣へ伝えておく必要があります。 挨拶で伝えるべき内容は!? 外壁塗装のご近所さんへの挨拶に行く際には、いくつか伝えておかなければいけないことがあります。 ・工事の期間 ・1日の工事スケジュール ・休日の工事の有無 ・工事内容 ・騒音などの想定される影響 ・施工業者の連絡先 施工が始まる前に、上記のようなことを近隣へ伝えておく必要があります。 工事は土日は行われるのか、1日で何時から何時まで実施するのかなどの工事期間については確実に伝えておきましょう。 休日にも工事を行う場合は、特に注意が必要です。 また、 大まかでいいので工事の内容についても伝えておきましょう。 どのような工事をするのか伝えておかないと、近隣のお家も不安になります。 その他、工事による影響も必ず伝えておきましょう。 騒音や臭いなどはもちろん、洗濯物や車などをどうすれば良いのかなどをしっかり伝えておくべきです。 また、業者がシートを被せる場合は、こちらも事前に伝えておきましょう。 さらに、何かあっても業者へ連絡できるように、一応業者の連絡先なども教えておくと親切かもしれません。 近所挨拶はどこまでするべき!? 近隣挨拶を行う際に、必ずしておきたい範囲ってどこまででしょうか? 一般的には、両隣はもちろんのこと、向こう三軒、裏三軒は必要だと言われています。 これらの範囲には、迷惑がかかってしまう場合がありますので、できれば挨拶しておきたいところです。 道路やお家の関係もあるとは思いますが、基本的にはこれらの範囲に挨拶をしておけば、 近隣トラブルに巻き込まれる可能性が低くなると思われます。 挨拶時に持っていく粗品は何を持っていけば良い? 外壁塗装の工事前に挨拶に行く際に、何も持っていかないわけにはいきませんよね。 でも、このような場合ってどのようなものを持っていくか分からない方も多いはず。 では、実際にどのような粗品を持っていけば良いのでしょうか? 基本的には、高価なものは避けて、500円〜1000円程度ぐらいのものにしておくのが良さそうです。 例えば、石鹸やタオル、そしてお菓子などを持っていくのが一般的だと思います。 挨拶時の粗品にのし紙は必要!? 挨拶時に持っていく粗品にのし紙をつけるべきかどうかでお悩みの方もいるようですね。 しかし、外壁塗装の際の挨拶に決まりごとは特にありませんので、 つけてもつけなくても良いというのが実際のところです。 見栄えも気にするのであれば、つけておいて無難ではありますが、 お菓子など綺麗に包装されている場合には、そのままお渡ししても問題ないと思います。 外壁塗装でトラブルを防ぐために挨拶は重要!! ある日、突然何も伝えられれずに隣の家が外壁塗装を始めたら良い気分はしないですよね。 挨拶に来たとしても、普段の環境とは異なるところで生活しなければいけません。 たださえ、不便になるのに何もその内容を伝えられていないと、ご近所同士の関係性が悪化してしまうかもしれません。 そのような近隣トラブルを回避するためにも、事前の挨拶は必要です。 着工前にご近所さんとコミュニケーションをとっておけるどうかが、工事開始後の近隣との関係性を決めると言っても過言ではありません。 少しでも、情報を伝えておくことで、関係が悪化しないのであれば、しておく以外の選択肢はありませんよね。 是非、快適に工事を進めるためにも事前の挨拶を忘れないようにしてください。

次の

ご近所への挨拶はする?しない?外壁塗装のご近所マナーを解説 │ 外壁塗装パートナーズ

外壁塗装 ご近所挨拶

外壁塗装の近所挨拶の範囲、持って行く物について記載していきます。 外壁塗装では騒音、塗料の臭いなど、工事中には様々なトラブル要因が付き物です。 近所の方にも迷惑をかける事になりますので、挨拶は必須と言っても過言ではありません。 隣家の方が何も挨拶もなしに外壁塗装の工事をしたら、気持ちが良いものではありませんよね。 近所付き合いもあり、下手に仲が悪くなると住みにくくなりますので、確実に挨拶を行っておくようにしましょう。 近所挨拶はどこまでの範囲を行えば良い? 最近では近所付き合いも薄れて来たという事もあり、どこまでの範囲に挨拶をすれば良いのか迷いますよね。 仲の良い家にはもちろんですが、普段付き合いのない近所の方もいると思いますが、迷惑をかける事には間違いありませんので、挨拶をしておく必要があります。 挨拶の範囲ですが、両隣の家の他、向こう3軒、裏三軒を行うようにしてください。 要するに、「家の周りにある家は行っておきましょう。 」という事になります。 騒音や臭いの被害に遭うのは確実に周りにある家なので、迷惑がかかりそうな家は必ず行う必要があります。 伝える事は? 単に、工事をしますのでよろしくお願いしますという事だけでは不十分です。 下記のような事は確実に伝えるようにしてください。 近隣の方で妊婦がいる方などは特に影響が出やすいので、必ず塗料の種類、工事の内容などは伝えておくようにしてください。 また、塗料の飛散防止、洗濯物を外で干さないなどの対策を取る事が出来ますので、工事期間を伝える事も重要となります。 口頭だけでは「言った・言わない」になる可能性もありますので、挨拶文と共に書面にして渡しておくと良いでしょう。 言った・言わないはトラブルになると非常に面倒で解決するのに時間を要する事になります。 非常に面倒ですし、近隣の方と仲が悪くなると今後住みにくくなりますので、必ず書面にて用意をしておきたい所です。 不在の場合は? 近隣の方も普段仕事などで家にいない事が多い所もあります。 そういった場合には、工事を行う旨を記した書類をポストに入れておくようにしてください。 いなかったからと言って、何もしなくても良いわけではありません。 業者側が代行して行う場合もありますが、そういった場合の業者側の対応も聞いておくようにしましょう。 持って行く物は何? 500円から1,000円程度の粗品を持って行くようにしましょう。 タオルや洗剤、お菓子など、誰でも使えそうな物であれば困る事はありません。 高すぎる物では気を遣わせてしまう事になりますので、安い物で構いません。 いつ頃行えば良いの? 近所への挨拶は、 工事開始1週間前に行えば問題ありません。 早過ぎても遅過ぎても迷惑がかかる可能性がありますので、十分に注意をする必要があります。 このタイミングを間違えてもトラブルになるケースも稀にありますので、注意しておきたい所です。 業者側が代行して行ってくれる場合 ほとんどの業者が代行して挨拶を行ってくれる事は当たり前のようになってきました。 粗品に関しても業者側が用意してくれます。 業者側からも挨拶をしなくても良いと説明があるかもしれません。 しかしながら、人によっては直接本人が挨拶に来ない事が気に障る人もいます。 そのため、最低限の範囲では挨拶しておく事をオススメします。 何度も来られて鬱陶しいと思われるかもしれませんが、そういった人は稀ですし、逆に挨拶をしない事でトラブルになるリスクの方が高いため、自分でも挨拶を行っておきたい所です。 2度挨拶に来るのが面倒という方もいると思いますが、それは地域などによっても異なります。 そういった場合が想定される場合には、 業者の現場監督と一緒に挨拶に行くという方法もあります。

次の

外壁の塗り替え工事のときお隣さんに挨拶しますか?

外壁塗装 ご近所挨拶

外壁・屋根塗装をお考えの方の多くが、ご近所とのトラブルが起きないかどうかお悩みなのではないでしょうか。 お家に長く住むために塗装をするのに、そこで生活しづらくなってしまっては本末転倒です。 この先も周りの人々との良好な関係を保ち、穏やかな日々をずっと続けていくためには、近隣挨拶をしっかりと行って、お互いの不安を取り除いておくことが必要です。 しかし、塗装工事が初めてだという方にとっては、近隣へのご挨拶のやり方がよくわからず、数々の疑問や不安を抱えていることだと思います。 挨拶するタイミングはいつか、どの範囲のお家まで挨拶すべきか、挨拶では何を伝えればいいか……。 次々浮かんでくる疑問にお答えするため、本記事ではQ&A方式で外壁塗装の挨拶のポイントを解説し、さらにご近所トラブルを起こさないための注意点について紹介させていただきます。 この記事を読み、余計な不安を取り除き、晴れやかな気持ちで塗装工事に臨みましょう! 外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.まずは外壁塗装の挨拶の基本を知ろう 初めての外壁塗装を行なうという方にとって、挨拶はどのように行えばいいのかほとんどわからないのは当然だといえます。 ここではまず、外壁塗装の挨拶の基本として覚えておきたいことを紹介させていただきます。 1-1.近隣挨拶をしないとこんなトラブルが起きる可能性も! 外壁塗装を始めとしたリフォーム工事での挨拶を行なう最大の目的は、ご近隣との関係を良好に保ち、トラブルの発生を未然に防ぐことです。 その重要性を再確認するためにも、挨拶をしなかった場合に起こりうるトラブルについて紹介させていただきます。 【起こりうるトラブル・クレーム】 ・工事を開始することについて何も知らなかった ・騒音や匂いに関するクレーム ・休日に作業してほしくない ・高圧洗浄の水が飛散してきた ・路上に駐車した業者の車が邪魔になっている ・塗料が飛んでこないか不安 実はこれらのトラブルのほとんどは、事前の挨拶でご近隣にしっかりと工事内容を説明しておけば発生を防ぐことが可能です。 多少の問題には目をつぶってくれるはずですし、もし問題が起きた場合も、迅速な対応で関係が悪くならないようにすることができるのです。 この記事で紹介する近隣挨拶のポイントを学び、周りとのトラブルなく外壁塗装工事を終えましょう! 1-2.着工の1週間前には事前に挨拶しておこう 外壁塗装工事に際して、施主はさまざまな準備をする場面があります。 庭の植物や車などに塗料がかからないように養生してもらうことはもちろんですし、洗濯物を外に干せなくなるのであれば部屋干しやコインランドリー等で対応しなければなりません。 そしてそれは、近隣の皆様にとっても同様です。 騒音、匂いなど工事期間中はご近所に少なからず迷惑をかけてしまうのは仕方がありませんが、工事が始まる直前に告知をされたのでは不愉快に感じる方もいらっしゃるでしょう。 もし、ご在宅でない場合などは、工事が始まってからの報告になってしまう可能性すらありえます。 また、事前に施主自ら挨拶をしてくれれば、多少の不便は許して頂ける場合がほとんどです。 コミュニケーション不足によるトラブルを回避するためにも、工事が始まる1週間前には必ず挨拶をしておきましょう。 業者によっては工事が始まる数日前の挨拶に同行してくれるところも存在しますので、契約するときにでも確認しておくといいでしょう。 1-3.挨拶ではどんなことを伝えればいい? 外壁塗装工事の一週間前の挨拶で、最低限伝えておくべきことは以下の通りです。 ・工事の期間(時間帯・土日祝にも工事を行なうのかについてもできれば説明) ・施工業者と連絡先 ・ご自分の連絡先・住所 ・工事の大まかな内容(外壁と屋根を塗装します、屋根の葺き替えをしますなど簡単な説明でOK) ・工事に際しご迷惑をおかけしますとの旨 洗濯物を干すことができるのか、養生すべき場所の確認や窓の開閉についてなどの詳細の説明は、工事直前に業者が行ってくれるはずです。 専門知識が必要な質問に対して曖昧な返答をしてしまうと、かえってトラブルの種になりかねませんので、施主による1週間前の挨拶では概要を簡潔に伝えるのみに留め、「詳しい内容は工事が始まる前に業者が来て説明します」と言っておくのがベターです。 1-4.近隣への配慮がきちんとできる業者を選ぼう ほとんどの業者が工事が始まる前日には近隣住民への挨拶を行ってくれます。 しかし業者によっては、挨拶をする際の態度が悪かったり、要望をしっかりと聞いてくれない、強引な営業をかけたりと余計なトラブルを起こしてしまう可能性があります。 そういった業者は施主からの相談にも「こちらでちゃんとやっておくので大丈夫」などとはぐらかす可能性がありますし、工事が始まったあともタバコやゴミ、話し声などが原因で近隣とのトラブルが発生してしまうことも十分に予見できます。 そうした事態を事前に防ぐためには、見積もりを提出してきた営業マンに近隣挨拶について確認しておくことが必要です。 誠実な対応をしてくれる業者であれば、ご近隣への細やかな心配りや説明、注意点の確認などは入念に行ってもらえます。 ご近所への配慮がしっかりとでき、施主からの質問にも丁寧に答えてくれる業者を選ぶことが、トラブルなく工事を進めるための近道なのです。 また、トラブルを起こさないためにも業者と共有すべき点などがあれば挨拶の前に遠慮なく伝えておくことが大切です。 2.外壁塗装のご近所挨拶Q&A集 ここまで近隣への挨拶の基本について説明してきましたが、それでもまだ疑問や不安は多いはず。 そのため本章では、全国で多く寄せられている質問とそれに対する回答をQ&A方式でまとめてみました。 トラブルなく外壁塗装を終えるためにも、ここで悩みをすべて解決しておきましょう! 2-1.Q1「挨拶するタイミングはいつ?」 先程、工事が始まる1週間前には事前に挨拶をしておくべきだとお伝えしました。 その他には、工事の前日や開始日・完工のご挨拶は必要です。 また高圧洗浄など、近隣に影響が及ぶ可能性がある工程の前にも挨拶をした方がいいでしょう。 とはいえ、良心的な業者であれば工事が始まってからの挨拶は代わりに行なってくれるのが一般的です。 ちゃんと挨拶をしてくれるか不安であれば、業者に一度確認してみることをおすすめします。 以下に、挨拶するべきタイミングと、一般的に施主と業者のどちらが行なうのかをまとめましたのでご確認してください。 1.着工の1週間前 (施主) 2.工事開始・足場設置時 (施主・業者) 3.高圧洗浄を行なう前 (業者) 4.スプレー塗装など、近隣への影響が懸念されるとき (業者) 5.足場撤去時 (業者) 6.完工時 (施主・業者) 2-2.Q2「どの範囲のお家まで挨拶すべき?」 近隣挨拶を行なう範囲として、両隣、向こう三軒、裏三軒の計8軒に行なうのが一般的と言われています。 また、住宅が密集している場合はどうしても騒音や匂いなどで迷惑をかけてしまうことが考えられますし、道幅が狭い道路に業者が路上駐車しなければならないこともありえます。 密集地帯や道幅が狭い袋小路などでは、迷惑をおかけしそうなお家にはひと通り挨拶をしておくと、余計なトラブルを避けることができるので安心です。 以下に、挨拶で回るべきお家の範囲を簡単な図で示していますのでご参考にしてください。 【通りに面した立地の場合】 【お家が袋小路にある場合】 2-3.Q3「粗品は何を持っていけば喜ばれるの? のし紙をつけたほうがいい?」 挨拶の際に持っていく粗品は、どのようなものがいいのでしょうか。 基本的に、あまり高価なものはご近所に気を遣わせてしまうため、避けたほうが無難です。 日用品、お菓子など使い道に困らないものをお渡しするのが一番喜ばれるでしょう。 洗剤・石鹸・タオル・キッチンペーパー・お菓子などをお渡しするのが一般的です。 また、多く寄せられている疑問としては、「粗品にはのし紙はつけるべきか」というものが挙げられます。 外壁塗装の挨拶について、なにか決まりごとがあるわけではありませんので、基本的には施主の判断に委ねられます。 あくまでも、塗装工事でご迷惑をお掛けすることを告知して協力に感謝することが目的ですので、形式にこだわる必要はとくにありません。 粗品を包装のまま直で渡すのがためらわれたり、洗剤やタオルなどの日用品をお渡しする場合は、「外のし紙」を付けるといいでしょう。 その際は、のし紙に「ご挨拶」と記載しておくと丁寧です。 また、業者によっては、挨拶用の粗品を用意してくれるところもあります。 以前工事の挨拶で粗品をくれたお家に対しては別途用意するとして、その場合は業者に任せておいてもいいでしょう。 2-4.Q4「挨拶文はどのように書けばいい?」 近隣挨拶で粗品を渡す際に挨拶文を添えておくことは重要です。 事前の挨拶で伝えた必要事項を文章の形にしてお渡ししておくことで「言った・言わない」などのトラブルが防げますし、クレームなどがあった場合の対応もスムーズに進められます。 特に、なかなか都合が合わず直接ご挨拶ができない場合は挨拶文は必須と言えるでしょう。 挨拶文は業者が作成して配布、または粗品と一緒にお渡ししてくれるのが普通です。 丁寧な業者であれば、高圧洗浄や足場解体などご迷惑をおかけする可能性がある工程の前には都度ご挨拶をしてくれることもあります。 問題なのは、業者が対応してくれない場合です。 工事を行なうことを確実に周知させるために、もしご自分で作成することになった場合の書式の例をご紹介します。 塗装工事着工前のご挨拶 突然のお手紙、失礼申し上げます。 工事中は近隣の皆様にご迷惑をおかけしないよう最新の注意を払ってまいりますが、 もし、なにかお気づきの点などありましたら、ご連絡のほどよろしくお願い致します。 ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。 ご了承ください。 ————— 最低限記入しておくべき内容は以下の通りです。 ・工事の期間、時間 ・自分の名前、連絡先、住所 ・施工業者の名前、連絡先、住所、ホームページ ・休日の工事について ・施工内容(わかる範囲で可) とはいえ、挨拶文を自ら作成して配布するというのはかなりの手間と労力を要する作業です。 業者に行なってもらうのが一番ですので、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。 2-5.Q5「業者の挨拶には同行した方がいい?」 ほとんどの業者は、工事が始まる直前と完工時に近隣の皆様に挨拶をしてくれます。 では、その挨拶には同行した方がいいのでしょうか。 結論から言いますと、可能なら同行した方がいいでしょう。 近隣の方の立場になって考えると、見ず知らずの業者だけが突然来るよりも顔見知りである施主が一緒に来たほうが安心できるからです。 また、優良業者であれば心配はいりませんが、施主が同行していれば無理な営業活動などによるトラブルを防ぐことができます。 今後のご近所付き合いのことを考えても、ご本人が挨拶に伺ったほうが無難だといえます。 お仕事の都合などで難しい場合は、業者にその旨を伝えてもらいましょう。 その後に自ら挨拶にいくと安心です。 2-6.Q6「ご近所の方にお願いすることは何がある?」 塗装工事を進めていくにあたり、ご近所に協力してもらう場面がある可能性があります。 高圧洗浄で使用する水や塗料が飛散する可能性がある場合は、近隣の方が所有する車や庭の木々などに飛散防止シートをかける場合もありますし、密集地帯などでは工事期間中には洗濯物を外に干せないこともあります。 業者が直接お願いをすること場合がほとんどではありますが、どのような点を近隣にお願いすればいいか事前に把握しておけば安心です。 とくに迷惑をかけてしまう可能性があるお家に対しては、1週間前のあいさつの際に簡単に断っておくといいでしょう。 その際は、「あとで業者から詳しい説明があります」と伝えておくとスムーズです。 お願いすることととしては、以下の内容が主に考えられます。 ・高圧洗浄時の窓の施錠、洗濯物の取り込み ・飛散防止シートを車に被せさせてもらう、または移動してもらう ・施主宅に近い植物などの養生 3.業者とは密なコミュニケーションをとりましょう 最後にひとつ、ご近隣とのトラブルを起こさないためにもっとも重要なポイントをご紹介します。 それは、「業者とのコミュニケーションを綿密にする」ということです。 本記事をここまで読んできたあなたは、外壁塗装の挨拶について詳しく知ることができたかと思いますが、それでもご近隣との関係などによって状況は少しずつ変わっていきます。 「ご近所付き合いがあまりうまく行っていないお家には文書だけでなく必ず会って説明するようにしてほしい」「職人の風貌によっては怖がられるかもしれないので心配」「無理な営業は絶対にかけないでほしい」など、様々な疑問点や要望が浮かんでくるかと思いますので、そのときは遠慮なく業者に質問してみてください。 普段から近隣挨拶をきちんと行なっている業者であれば、施主の様々な要望に応えることができるはずです。 誠実な対応ができる業者を選ぶためには、ホームページを見たり見積提出時に営業マンに質問するなどして、ご近隣への対応について確認することが重要です。 親切な業者であれば、その点についても詳しく説明してくれるでしょう。 4.まとめ 本記事では、外壁塗装のご近隣挨拶についてよくある疑問とそれに対する回答を中心に紹介してきました。 さらに、なにか疑問点があれば、その都度業者に質問してみてください。 トラブルなく外壁塗装を行なうために、余計な不安はすべて取り除いておきましょう!.

次の