進撃 の 巨人 ネタバレ 125。 【進撃の巨人ネタバレ130話最新話速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?|ワンピースネタバレ漫画考察

【進撃の巨人】115話ネタバレ!リヴァイがマジで死亡!?

進撃 の 巨人 ネタバレ 125

2020年7月9日 木 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌130のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の では、アニとライナーがイェーガー派から船とキヨミたちを守るために戦いますが、すでにボロボロの状態。 決死の覚悟で船に雷槍を打ち込むフロックは、ガビに撃たれ、海へと沈んでいきました。 また、マガトとキースは船に追手がいかないようにと、最後までイェーガー派と戦い、命を落としてしまいます。 ハンジたちが乗った船はマーレ大陸を目指しますが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか? 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は129話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 更には2020年秋にアニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか? 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハンジたちを乗せた船はマーレに向かっていますが、今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 フロックは本当に死んだのか? 海に落ちたフロックですが、このまま死んでしまうのでしょうか? これまでフロックは、エレンの代弁者だと言わんばかりにふるまってきました。 まさにイェーガー派の核となる人物だったと言って間違いないでしょう。 そんな敵勢力の中心人物がここまで呆気なく死んでしまうのは、少し違和感がありますよね。 以前、死んだと思われた人物が実は生きていたという展開があったのを覚えていますか? そう、あのリヴァイも、一度は死んだと見せかけて、数か月後に生きて登場したのです。 今回のフロックも確実に死んだという確証は持てません。 そのため、実は生きていて再登場する可能性も…。 既に船に乗り込んでいて、一波乱起こすような気がします。 ファルコは空を飛ぶ能力を持っている? 今回初めて巨人化したファルコ。 その姿はこれまでの顎の巨人と似て非なる不思議な姿をしていました。 一番の特徴は、体中に生えたふわふわの体毛と、鳥のような手 足?。 また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。 本来、顎の巨人の力だけを継承すれば、このような姿にはならないはず。 となると、獣の巨人であるジークの脊髄液を取り込んでいることが大きく作用しているのではないでしょうか。 もしそうだとすれば、23巻の1ページのファルコの言葉と93話での元帥の言葉はが伏線だったという可能性が…。 ハンジたちの間では飛行船を整備して使うという計画になっていますが、ファルコが飛行能力を持っているなら話が変わってきます。 いずれにせよ、130話以降でファルコの持つ能力について詳しいことが明かされるのではないでしょうか。 キヨミから明かされる東洋の一族の謎 船に乗り込んだ一行。 マガトとキースのおかげで追手は来ませんが、いつ命を落とすかわからない危険な状況には変わりありません。 そのことを悟ったキヨミは、東洋の一族の秘密をミカサに打ち明けるのではないでしょうか。 ここでミカサの秘密が明らかになることを期待しましょう。 ヒストリアの登場は? 今回もヒストリアの登場はありませんでした。 現在子供を身ごもっているヒストリアは、戦いには参加せず、ゆっくりとした時間を過ごしています。 パラディ島にいるヒストリアがマーレに移動することは不可能。 つまり、戦いの場がマーレに移る今、ヒストリアの登場はまだなさそうです。 130話以降は新展開となりますが、そろそろヒストリアも登場してほしいですね。 感想・予想ネタバレツイート 「真の英雄へーロスが必要」と強く感じていたマガトは、(期せずして)自らが世界を救う英雄となる。 今度の英雄は1人ではない。 そしてその英雄たちによって、エルディアもマーレも世界の敵ではなくなる。 — エドノポー 進撃の巨人ネタバレ考察マガジン edonopoh 以下が進撃の巨人129話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 アルミンがマーレに行った時みたいな作戦上仕方なく…というかんじではなく、自分の意思で「今僕がこの力を使わなきゃ!」という顔で巨人化するところが見たすぎる。 この戦いでフロック、マガト、キースが命を落としています。 しかし、フロックが死んだという確証は持てないので、後々生きて再登場する可能性も…。 アルミンは巨人化して回復すると思われましたが、意外にも巨人化する展開はありませんでした。 ついにマーレ大陸へと移動し始めたハンジたちですが、これからどんな展開が待っているのでしょうか。 続きが気になりますね。 130話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。 以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題しお届けしました。

次の

【進撃の巨人ネタバレ105話考察】サシャ死亡!ジーク、ガビ、ファルコはパラディ島へ | Comic Media

進撃 の 巨人 ネタバレ 125

進撃の巨人【125話】最新話ネタバレあらすじ エレンが壁の巨人を目覚めさせ、崩れた壁により死傷者が生まれていました。 ヒッチらが犠牲者を助けているのですが、その犠牲者と遺族がエレン支持派と言い争い、ヒッチは暴徒対策を命じられます。 指示を出し終えたヒッチは床に奇妙な痕跡を見つけ、それをたどるとアニに捕まりました。 ヒッチは弱っていたアニを投げ飛ばしますが彼女はすでに自分を傷つけており巨人化する準備を整えています。 ヒッチは迷った末に彼女を逃がすことにしますが、アニがずっと意識があったことを知り驚きました。 アニはアルミンとヒッチの話し声から外の状況は大体わかっており、突然外に放り出されてからエレンの声を聞いたと言います。 2人は馬に乗り、ヒッチはアニに彼女に殺された人のことをどう思うのか問うと、彼女は人殺しはほめられることだったと言いました。 そして壁の巨人の復活はどうでも良く、島に行く前に帰って来るように言っていた父親にまた会うことが彼女の目的です。 アニは他の人にも同じように大事な人がいてそれがどうでもいいとは思わないが目的のためなら同じことをやると言います。 一方、アニの父親たちマーレの収容区のエルディア人はエレンの地鳴らしのことをマーレ人に伝えますが信じてもらえません。 エルディア人が口裏合わせをしていると言い出し銃をつきつけ拘束しようとし、アニの父親はアニのことを思いマーレ人に立ち向かいます。 シャーディー教官はイェーガー派が集結する前に逃げようと勧められますがそれを断り、彼らにはいつか立ち上がる日まで体制の中にいるように言いました。 ミカサはコニーを追おうとするアルミンを止めますが、ガビの信用を得るため、9つの巨人の継承争いを再び起こさないようにコニーを止めると言います。 アルミンはミカサにエレンのことどうするのか聞かれわからないと激高し、そして生き返るべきはエルヴィン団長だったらと言いミカサと別れました。 そしてミカサは置いて行ったマフラーが無くなっていることに気付きます。 ガビはミアに本当の名前を伝え、抱き合って別れを言い、馬でアルミンと出発しました。 ジャンはフロックを止めますが、彼はエレンに義勇兵らの故郷は滅ぼされるがエルディア帝国に力を貸すなら歓迎すると言い、逆らう義勇兵を射殺します。 フロックはジャンとミカサにエレンが島の外の遺恨を断つなら自分は島の中の遺恨を断つ、そして2人はもう自由で戦わなくていいと伝えました。 コニーは馬で後ろにファルコを乗せ、優しい兵士のふりをして彼を故郷の母親の元に連れて行きます。 マガトとピークは撤退していくマーレの飛行船を地上から眺め、地鳴らしを止める方法はないが最後まであがくと話していると、ハンジが話しかけてきました。 そしてハンジの後ろには馬につなげられた車輪にくくられた板に寝かせられているリヴァイがいます。 進撃の巨人【125話】の感想 今回も濃密で読み応えがありました。 復活したアニの目的はやはり父親の元へ帰ることで、他の人を想う気持ちはあれど自分の目的を優先するという彼女の意志は強いです。 はたして彼女が女型の巨人の力をどう使うのか気になりました。 ジャンはフロックの暴走ぶりを止めることができず、以前捕まっていた時の自分とその時の義勇兵たちと立場が変わりましたが、何もできなくて罪悪感を持っているような彼の様子に胸が締め付けられます。 そして最強の戦士のミカサですが、この事態に何もできずアルミンを怒らせる姿も哀愁がありました。 他にもエレンの地鳴らしの犠牲になった一般人や、ファルコをだまして連れて行くコニーなど切ないシーンがたくさんあります。 と言うかリヴァイが生きていることにびっくりで、彼らの活躍に期待したいところです。 カテゴリー•

次の

進撃の巨人124話ネタバレ!アニ復活!エレンが硬質化無効でライナー瀕死?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

進撃 の 巨人 ネタバレ 125

スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新124話「ついに最終局面に突入」 進撃の巨人123 100年前の出来事はそんなにも人々の心を憎しみに? 人々を地獄に陥れた者たちはこの世に居ない 今の時代のパラディ島の人達には何も関係ない マーレのした事に100年も苦しめられた被害者だ それを理解してる者は誰も居ないのか!? — オレガノ rtgyzw ミカサは、初めて島外に調査兵団が招かれた時のことを思い出しています。 エレンは、誰もが変わったと言います。 ミカサは、エレンは最初から何も変わっていないと思いつつも、しかし、あれがエレンの本来の姿だとしたら、これまでエレンの何を見ていたのだろうかと感じています。 そして、壁内人類は、初めてのマーレ大陸へ上陸し、壁外の地を初めて踏むことになります。 船で渡って来た調査兵団を出迎えてくれたのは、アズマビトの使いの者でした。 コニーとサシャは、初めて見る車に感動してるようです。 そんな状況で、エレンはというとボーっとしています。 アルミンは、興奮を抑えながら、僕達は外の世界にいるんだよ?と言いますが、どこか上の空・・・ もちろん、ミカサはいつもの様に警戒しているようですね。 市場にて調査兵団は、初めての『アイス』に出会うことになります。 そのアイスの味には、ミカサですら感動しているようです。 エレンに勧めてみるものの、エレンは父の記憶で見ており知っているものでした。 とはいえ、全ては知っているだけですからね。 壁外人類の思想 リヴァイが一人の男の子の手を取って、「それはお前の財布じゃねぇぞ」と言います。 男の子が手に持っていたのは、サシャの財布でした。 そのことに市場の人間も気づき始めて、スリをした男の子を取り囲みます。 そして「海に放り投げる」「右手をヘシ折る」というような、恐ろしい言葉が聞こえてきます。 財布を盗まれた当の本人であるサシャは、財布が無事だったので止めようとします。 それでも、「ユミルの民」かもしれないと言って、もはやスリの問題とは別次元の問題に発展しています。 リヴァイはこの状況を察して、「誰がスリだと言った」と言い、その男の子を抱えながら、その場を立ち去ります。 市場の人達も、リヴァイのハッタリを信じようとしないですが、そのまま調査兵団は立ち去っていきます。 このような状況を聞いたアズマビトは、現在の壁外のエルディア人について話しています。 パラディ島から友好を図る計画も極めて困難であると言うのだった。 虐げられるユミルの民 スリの少年が街の人々に吊るし上げられそうになった理由はというと、ユミルの民が関係しています。 世界中で収容区から逃れていたユミルの民。 最近では、血液検査の技術向上が著しく、すぐに発覚するそうなのです。 つまり、これまでのクサヴァーのように血液検査をくぐり抜けていた人々が、次々に発見されてしまうということです。 そして、エルディア人にとって世界を取り巻く情勢が決して良くない。 パラディ島から世界へ友好を図るというような、ハンジやアルミンの計画はについては難しいのでは?とキヨミは言います。 そんな中でハンジは、明日に開かれる予定の、国際討論会に登場する「ユミルの民保護団体」に期待しているようです。 とにかく、一番のハードルとなるのは、世界がパラディ島を受け入れる事ができるのか?ということでしょう。 実現の可能性が低いとなれば、パラディ島が世界と和平を結ぶ為に、世界と対話をする道は無くなり、厳しい道を進むことになります。 エレンとミカサ ミカサはエレンを探しているようです。 エレンはというと、ある集落に来ていました。 それは、戦争で居場所をなくした人々の集落でした。 とはいえ、エレンは敵の最重要目標ですから、皆で捜しまわっているとミカサが発見します。 エレンは、ミカサに対して「お前はどうして…オレのこと気にかけてくれるんだ?」と、突然ストレートに聞き始めます。 続けて、エレンは「オレは…お前の何だ?」と。 その言葉にはミカサも赤面して、回答に困っています。 ミカサは、なんとか振り絞った言葉は「あなたは…家族…」という答えでした。 地鳴らしが始まる! その後、エレンから届いた手紙の内容には、ジークに全てを委ねると記されていました。 これは、ファルコに届けさせたエレンの手紙のようです。 ミカサは、あの時にもし私が、別の答えを選んでいたら、結果は違ってたのでは?と後悔をしているようです。 そして、エレンがいた場所から出現したのは、大きな大きな人骨の様なものです。 周りでは大きな地鳴らしの音が鳴り響いており、アルミンはエレンが始祖を掌握したのだと感じ取ります。 エレンは、「すべてのユミルの民へ告ぐ」と言い、始祖の巨人の力を介して、すべてのユミルの民に向かって話しかけています。 ついに、エレンはパラディ島にあるすべての壁の硬質化を解き放ち、生まれ育ったパラディ島の人々を守ることを決めたようですね。 エレンは、壁の巨人は、この島の外にある全ての地表を踏み鳴らすと言い、そこにある命をこの世から駆逐するまで止めないと宣言します。 スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新124話「ついにパラディ島を守る戦いが始まる?」 壁の崩壊はわかる。 エレンは壁のない自由な世界を目指しているのかな、と思ってたから。 パラディ島のみんなを守りたい。 それが聞けたのも嬉しい。 そこには、ジークに全てを委ねると記されてありました。 ミカサは果たして、他に選ぶべき選択肢があったのか?ということは、本人にしか分からないでしょうね・・・ ミカサが大きなポイントに? エレンがミカサに問うた時。 この時には、エレンはどんな答えを望んでいたのでしょうかね? 家族という答えに何かしらの不満があったのでしょうか・・・ 読んでいる読者の方も、ミカサではないものの、この時に別の答えを出していたら、また違う展開になっていたのかもと妄想した人も多いことでしょうね。 確かに、エレンにとってミカサは大きい存在です。 なので、今後のミカサには大きな役割が担われているのではと感じましたね。 大きな戦争に突入? ミカサの回想を通しながら、エレンが調査兵団を去った経緯が明かされました。 その結果としての地鳴らしだったようですね! マーレ編からエレンが、突如として変わってしまった理由はある意味納得できるものでした。 ここで描かれている、壁外人類の思想は偏り過ぎていて、危険な気がしましたよね。 戦争を起こすきっかけになるような出来事でした。 個人的には、久々にリヴァイたちが描かれたので、沢山のキャラも見られてよかったと思います。 諸説ありますが、ジークの手で殺されてしまったように見えたリヴァイ。 ただ、確実に死んだという描写はないですから、個人的にはまだ生きていて、死んでいないと考えています。 地鳴らしを始めたエレンがどうなるのか?注目していきましょう。

次の