ヤクルト スワローズ 監督。 東京ヤクルトスワローズ〜監督成績一覧〜

真中満「僕にはできない」。ヤクルト高津監督の采配に「すごく攻撃的」|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ヤクルト スワローズ 監督

概要 [ ] 2位からの躍進が期待される中、広岡達朗監督提案のユマでのキャンプ中に獲得したを布陣に入れ序盤は、と三つ巴を演じつつ首位戦線に食い込む。 8月末には巨人3連覇の可能性がささやかれる中巨人との直接対決に2勝1分で勝ち越し、9月19日~9月21日の戦では3試合連続のサヨナラ勝利で完全に勢いに乗り首位をキープ。 10月4日の中日戦に勝利し球団創設29年目にして初のリーグ優勝を達成。 勢いに乗るチームはでも有利との圧倒的な下馬評不利な状況の中、3勝3敗で迎えた第7戦、1点を先制した後の6回裏ののソロホームランの判定に阪急が1時間19分の抗議するも判定は変わらず、直後にのソロで3-0とし、さらに8回に大杉の2打席連続HRで阪急を突き放しついには球団史上初の日本シリーズ制覇を果たした。 5 ヤ 1. 0 M24 ヤ 1. 0 M23 ヤ 2. 0 M23 ヤ 1. 5 M22 巨 -0. 5 巨 -0. 5 巨 0. 0 巨 0. 5 巨 -0. 5 巨 0. 5 巨 2. 0 巨 2. 5 巨 3. 0 巨 3. 0 巨 3. 0 巨 3. 5 巨 4. 0 巨 4. 0 巨 3. 5 巨 2. 5 巨 3. 0 巨 3. 0 試合 結果 ヤ3-2中 巨5-4洋 ヤ4-3中 中6-1巨 広7-4ヤ 中4-0巨 ヤ7-6広 巨4-2中 ヤ5-4広 ヤ4-2洋 巨3-3広 洋8-1ヤ 広7-6巨 神5-3ヤ 巨4-1ヤ ヤ7-4中 ヤ9-0中 巨7-5神 チーム成績 [ ] レギュラーシーズン [ ] 開幕オーダー 1 遊 2 二 3 中 4 右 5 一 6 左 7 捕 8 三 9 投 1978年セントラル・リーグ順位変動 順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績 1位 巨人 -- 巨人 -- ヤクルト -- 巨人 -- 巨人 -- ヤクルト -- 2位 大洋 0. 0 大洋 0. 5 巨人 2. 5 ヤクルト 2. 0 ヤクルト 1. 5 巨人 3. 0 3位 中日 3. 0 ヤクルト 1. 5 大洋 3. 0 大洋 5. 5 大洋 3. 5 広島 5. 0 4位 ヤクルト 3. 5 中日 3. 5 中日 5. 5 中日 10. 5 広島 5. 5 大洋 7. 5 5位 阪神 4. 0 広島 9. 0 広島 8. 5 広島 11. 0 中日 9. 0 中日 20. 0 6位 広島 4. 5 阪神 12. 5 阪神 19. 5 阪神 22. 0 阪神 25. 5 阪神 30. 5 順位 優勝 68 46 16. 596 - 2位 65 49 16. 570 3. 0 3位 62 50 18. 554 5. 0 4位 64 57 9. 529 7. 5 5位 53 71 6. 427 20. 0 6位 41 80 9. 339 30. 5 日本シリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月14日(土) 阪急ブレーブス 6-5 ヤクルトスワローズ 10月15日(日) 阪急ブレーブス 6- 10 ヤクルトスワローズ 10月16日(月) 移動日 10月17日(火) ヤクルトスワローズ 0- 5 阪急ブレーブス 10月18日(水) ヤクルトスワローズ 6-5 阪急ブレーブス 10月19日(木) ヤクルトスワローズ 7-3 阪急ブレーブス 10月20日(金) 移動日 10月21日(土) 阪急ブレーブス 12-3 ヤクルトスワローズ 後楽園球場 10月22日(日) 阪急ブレーブス 0- 4 ヤクルトスワローズ 優勝:ヤクルトスワローズ(初優勝) オールスターゲーム1978 [ ].

次の

1978年のヤクルトスワローズ

ヤクルト スワローズ 監督

打っては2番・山田哲が2戦連発、4番・村上は今季1号ソロを放つなど計3本塁打、投げては先発の小川が6回2失点と好投し今季初勝利を挙げた。 ヤクルトは初回、中日先発・吉見に対し1番・坂口が粘った末に右前打で出塁。 リードオフマンが2戦連続で初回にチャンスメイクしたあと、2番・山田哲が前夜の開幕戦に続く第2号2ランをバックスクリーンへ運んだ。 さらに一死後、4番・村上が今季1号ソロを右中間席中段へ。 高津新監督が期待する主力のアベック弾で3-0とリードを広げた。 2点差に詰め寄られた3回には、5番・塩見がプロ入り2本塁打目となる今季1号ソロを右翼席へ。 8回には新助っ人の7番・エスコバーが三塁線を破る2点適時二塁打を放ちダメ押しとなる2点を加えた。 先発の小川は3回と4回に1点ずつを失うも、6回6安打2失点の好投で今季初勝利。 7回以降は清水、マクガフ、石山が無失点リレーで試合を締めた。 中日は先発の吉見が4回4失点で今季初黒星。 前夜の開幕戦で18安打9得点をマークした打線は、8安打2得点とこの日はつながりを欠いた。

次の

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト スワローズ 監督

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• ニュース一覧 東京ヤクルトスワローズ• ニュース一覧 6月28日(日)• 6月27日(土)• 6月26日(金)• 6月25日(木)• 6月24日(水)• 6月23日(火)•

次の