餃子 の 皮 作り方 薄力粉。 【やってみた】餃子を皮から手作り。激うま簡単料理でおうち時間を過ごす。

【みんなが作ってる】 手作り 餃子の皮 薄力粉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

薄力粉とお湯だけ!超簡単で美味しい☆手作り餃子の皮 レシピ・作り方 by やまさ|楽天レシピ

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

材料 使った材料はこちらです。 家に余っている野菜があれば、何でも代用できます。 調理開始 餃子は以前にも挑戦して、結果全く別の料理ができあがった思い出があります。 今度こそ、美味しい餃子を完成させてみせます。 生地がある程度まとまったら、そのまま30分ほど寝かせました。 生地を寝かせると粘りが出て、薄く伸ばしやすくなるようです。 強力粉を入れればさらに伸ばしやすくなりますが、近所のスーパーでは手に入りにくいのが難です。 前回の皮作りでは、小麦粉と水の配合を間違えてベタベタの生地に。 今回はきっちり計りました。 レシピ通りの分量を守らないと、高確率で失敗します。 生地をこねる 30分後、寝かした生地を再びこねます。 しばらくこねていると、さらにまとまって良い感じの固さになってきました。 生地を10等分する 生地がほどよい固さになったら、それを10等分します。 まずは2つの棒状に分けて伸ばし、棒を5等分するのが簡単です。 1つ1つの生地には粉を振って、まな板にくっつかないようにしておきます。 生地が10等分できたら、ひとまず4~5cmくらいまで伸ばします。 このときも手にしっかり粉を付けないと、皮が破れやすいです。 めん棒があると楽に伸ばせるのですが、今回使うのは素手のみ。 皮に穴を開けないよう、慎重に端っこから伸ばしていきます。 生地をくるくる回し、均一の厚みになるよう気を付けます。 伸ばした皮にもしっかり打ち粉をして、引っ付かないように注意せねばなりません。 薄力粉の皮はやわなので、くっついてしまうとはがすのに一苦労します。 中に入れる具材を準備する 皮を伸ばすのに30分超。 ようやく具材に取りかかります。 豚肉こねて粘りを出し、そこにみじん切りのにんじんをIN。 さらにしょうゆを入れて、まとまるまでこね続けます。 前回はにんじんに加え、玉ねぎまで入れて失敗しました。 具材が多くなりすぎた上、バラバラで包みにくかったのです。 野菜主体の餃子のときは、しっかり水気を切って具材をまとめることが必要かと思います。 具材を詰める いよいよ具材を皮に詰めていきます。 手早くやらないと、皮がだれて柔らかくなるので注意です。 具材を皮の中央に乗せ、皮を真ん中から折りたたむように思い切り伸ばします。 後は具がこぼれないよう、端っこからくっつけていけば上手く包めます。 ただ、強力粉が入っていないのでなかなか良い感じに伸びません。 薄力粉だけで皮を作った場合は、最初から薄く伸ばした方が上手く包めそうな気もしました。 それでも、ところどころボコボコしてはいるものの、何とか餃子らしく包むことはできました。 茹でる 熱湯を沸かし、そこに餃子を放り込んでいきます。 ついでに、あまった具材も投下して一緒に茹で上げます。 途中、皮に穴が空いて具がはみ出てしまった餃子もありました。 が、それが良い感じにダシの効果を生んでくれました。 餃子がお湯に浮かんできたら頃合いです。 火を止め、丼に慎重に移しました。 実食 そして、完成した水餃子がこちらです。 前回のときに比べれば、ちゃんと餃子の体に仕上がっただけでも進歩したと思います。 いざ実食。 これは、ワンタンではないか? 皮の引き伸ばしが不十分だったのか、妙に厚ぼったい仕上がりとなりました。 餃子というより、生地が厚めのワンタンのような触感でした。 けれども味の方は問題なし。 ちゃんと生地は茹で上がっているし、具材にも火が通っているし、具材のダシが溶けたスープも良い感じでした。 皮から作ると手間はかかりますが、それだけに美味しさもひとしおです。 茹でている間に食器洗い 茹でる料理は、その間に食器の洗いものができるので便利でした。 焼き料理と違って、焦げの心配をせずに済むのが大きいです。 また、焼料理よりも温度が保ちやすく、食材に火が通りやすいのもメリットです。 味噌やコンソメと一緒に煮れば、それだけで一品できるのも楽だと思います。 餃子はパリッとした焼き餃子も美味しいですが、初心者はあえて水餃子の方が簡単なのではと思います。 餃子をお湯で茹でるだけなので、失敗のリスクが低いです。

次の

もちもちで美味しい餃子の皮の作り方!ポイントは米粉を加えること!

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

コロナウイルスでゴールデンウィークをご自宅で過ごしている方も多いかと思います。 簡単だからやてみるといいよ〜!と言われ続けてなかなか重い腰が上がらなかったのですがとてもいい機会だと思うのでやってみました。 お題「」 結論から言うと、めちゃ簡単でうまい。 粉とか散らかりそうで嫌だと思っていましたがまったくそんなことはありませんでした。 一つだけ要注意(コロナの今だから) 強力粉がどこ行っても売ってませんでした。 場所によっては薄力粉も。 え???なんで???と思って調べてみると全国的にそうらしいですね。 みんな自宅で手作りでいろいろ作ってるから?なのか、なんだか良くわかりませんが5軒くらいスーパーを回ってようやく見つけました。 ---[PR]--------------- ---------------[PR]--- 餃子の皮の作り方 材料• 強力粉 100g• 薄力粉 120g• 塩 少々(4つまみくらい)• 熱湯(160cc)• 片栗粉(打ち粉として) これで一家4人分くらい(育ち盛りの子がいると全然足りない... )でしょうか。 我が家は6人いるので、この他に市販の皮で50粉くらい握りました。 1 粉を測る(強力粉と薄力粉をそれぞれボールにイン) 薄力粉だけでも大丈夫だよというのをネットで見かけましたが、今回は強力粉も無事に買えたのでレシピ通りやってみました。 2 粉に塩と熱湯を追加 塩と一緒に熱湯を注ぎます。 塩って必要なんだろうか?と思いつつ入れましたが、タンパク質のなんちゃらがかんちゃらで粘りとかに影響するっぽいのでとりあえず入れときました。 3 菜箸でくるくるかき混ぜるとボロボロと固まり始めます 菜箸で混ぜるとダマがいっぱいできていって、塊ができはじめます。 さらに混ぜていくと大きな塊が増えていきます。 だいぶ、塊が大きくなったところで、熱さを確認してみて握れるようであれば塊を合体していくといいでしょう。 熱湯入れてるので、これが早すぎると熱々で火傷しかねませんのでお気をつけて! 4 粉の塊を大きくまとめていきます ボールの端についた粉もかき集めるようにこねくり回していきます。 綺麗にまとまりました。 粉なの計量時間を抜かすとここまで5分ちょっとですかね。 あっという間です。 ---[PR]--------------- ---------------[PR]--- 5 ちぎって小玉を作ります お察しいただけると思いますが、この丸っこい生地を引き伸ばして、餃子一個分になっていきます。 片栗粉をまぶしてくっつかないように。 この一個の大きさはうずらの卵くらいでしょうか?ね あまりでかいと餃子の皮も巨大なものになってしまって化け物餃子になるので調整が必要です。 6 生地を餃子の皮の形に伸ばしていきます この小玉を手で軽く潰します。 丸くなるように。 この状態だと結構皮が厚いのでのし棒で伸ばします。 下に敷いてるのは緑のダイソーまな板ですが、サイズ感をイメージしてもらえるとわかりますが、これは相当でかい皮になりそうです。 横にして伸ばすとさらにデカくなり... 7 具を詰めて包みます 皮が明らかにでかいですがそのままやっちゃいます。 (次からサイズに気をつけよう... ) これ、とてもわかりづらいですが餃子3個分くらいのデカ餃子になっています。 8 フライパンに油をひいて焼きます 伝わらないと思いますが、とてもデカイので存在感がすごい。 このデカ餃子の完成写真を撮る間も無く食べられてしまったのですが、サイズをだいぶ調整できるようになってからの焼き上がりが以下の通り。 もちもち感伝わりますかね? 普通の市販の餃子の皮も美味しいですけども、手作り餃子の皮だとモチモチ感がやはり違います。 全然違います。 今回は皮をこねてすぐに握って焼いてしまいましたが、小玉にしたあたりで常温で1日くらい寝かせるとモチモチ感がさらに増すそうです。 brachiodesign.

次の