タトゥーラ sv。 タトゥーラsvtwでベイトフィネスはラインを巻きすぎなければ快適に使える

17タトゥーラsv tw、19タトゥーラ、20タトゥーラ

タトゥーラ sv

17タトゥーラSV TW TATULA SV TW は、ダイワ DAIWA の大人気ベイトリール「タトゥーラ」シリーズに、待望のSVスプールとTWSを搭載した最新モデルだ。 オリジナルモデルの他に、HLCやHDカスタム、CT TYPE-Rなどの様々な派生モデルを排出するタトゥーラシリーズ。 海外モデルやコラボモデルなども発売され、そのモデル数の多さが人気の高さを物語っている。 そんなタトゥーラの特徴である、本場アメリカの過酷なトーナメントにも耐えるタフさとハイスペック、そしてコスパの良さを受け継ぎ、ダイワの最新技術を搭載して登場したのが17タトゥーラSV TWだ。 もちろん「SVスプール+TWS」だけでなく、こだわりのボディデザインや、33mmのスプール径による軽量プラグの飛距離向上など、17タトゥーラSV TWには優れたスペックが沢山盛り込まれている。 昨年に上位機種の16ジリオンSV TWにも同じくSVスプールとTWSが搭載されたのは記憶に新しいが、そんな16ジリオンSV TWとほぼ同じ機能を2万円台で体感できるのは、とてもありがたいことだ。 製品名 17タトゥーラ SV TW 16ジリオン SV TW 16スティーズ SV TW ラインナップ 6. 1 5. 1 6. このように見ていくと、17タトゥーラSV TWに対して、性能も価格も圧倒的な差を見せつける16スティーズSV TWと、価格差12,900円でスペック的にはそれほど変わらない16ジリオンSV TWという印象を受ける。 しかし、16ジリオンSV TWにも独自の良さは、もちろんある。 まずは、ギア比5. 5、9. 1を含む全4タイプの幅広いラインナップは唯一のもの。 特にギア比9. 1&巻取り長97cmは、カバー打ちしまくるような状況ではかなり重宝するだろう。 また、防錆仕様のベアリング4つを含む8個のベアリングを装備し、剛性の強いG1ジェラルミンスプールやスピードシャフトを搭載した16ジリオンSV TWは、耐久性や巻き心地の良さにも優れている。 製品名 ギア比 自重 g 最大 ドラグ力 kg 最大 巻取長 cm ナイロン 糸巻量 lb-m ハンドル mm ベア リング 価格 円 TATULA SV TW 6. UTD(アルティメットトーナメントドラグ):ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消。 ムラのない滑らかさを実現。 タフ&リジッドクラッチシステム:精密で耐久性に優れたクラッチシステム。 大径&ロングアームスタードラグ:ワンハンドフリップ(中指でスタードラグを弾いてラインスラックを取る)が行いやすい構造。 ドラグ調整クリック:ドラグを調整する際にクリック音を発する構造。 シャワー洗浄可:流水による水洗いが可能• ハンドルノブS交換可• ソルト対応 17タトゥーラSV TWの発売日と最安値 17タトゥーラSV TWの発売日は2017年3月発売予定だ。 これまではアメリカに遅れての日本での発売となっていたタトゥーラシリーズだが、今回は世界同時リリースとなる。 すでに発売中!.

次の

【ベイトシーバス】タトゥーラSV TWという超優秀なリールについて、シーバス用に使えるメリットをお伝えします

タトゥーラ sv

タトゥーラSVTWとは? 参照元: タトゥーラSVTWは2017年3月にダイワより発売されたベイトリール。 実売価格は2万円を切るなか、人気のSVスプールやTWを搭載しており、非常に汎用性の高いバーサタイルなリールに仕上がっています。 また、見た目もやや青み掛かった光沢があり、高級感があります。 タトゥーラSVTWのスペック 品名 6. 3R 巻き取り長さ(cm) 65 ギア比 6. 3、8. 1のモデルがあります。 ぼくが持っているのは6. 3のノーマルギアタイプなので今回は タトゥーラSVTW6. 3を使った感想をもとに記載していきます。 タトゥーラSVTWを使って感じた良い点 見た目がかっこいい! とにかく見た目がかっこいいです!とてもじゃないけど、2万円を切るリールとは思えません。 画像で見るとジリオンSVTWと同じような色合いに見えるのですが、タトゥーラSVTWの方が、青みが抑えられており、光沢はやや強めといった感じです。 ハンドルがくるくる回転する! タトゥーラシリーズは全般的にそうなのですが、 ハンドルがくるくる回ります!ロッドを持つ手の中指で軽く回しても十分リーリングできます。 少し重めのネコリグ等をするときには重宝しますね! 本当にバックラッシュしない! お恥ずかしながら、普段はバックラッシュ多発のぼくですが、SVスプールの恩恵でこのタトゥーラSVTWは 本当にバックラッシュしません。 ここがもう少し!タトゥーラSVTWのダメな点 飛距離が今一つ!これだけです! ブレーキ性能が強いのかキャストしてからの 後半の伸びが今一つに感じます。 ブレーキをバックラッシュしないぎりぎりの弱さに設定しても、「しっかりブレーキがかかってるな」と感じるくらいです。 後ほどアルファスSVとの比較で記載しますが、シャフトとスプール径の違いが影響しているのだと思います。 アルファスSVとタトゥーラSVTWを比べて 左:アルファスSV 右:タトゥーラSVTW ぼくが巻物やベイトフィネス的な使い方をしたりとメインで利用しているアルファスSV。 タトゥーラSVTWよりも3,000円程度価格帯で上位に位置するベイトリールです。 このアルファスSVとタトゥーラSVTWを比較すると、大きな違いが2つあります。 また、スピードシャフトとはスプールフリー時(クラッチを切った時)にスプールとシャフトが分離される構造の事で、従来スプールには長い金属状の棒がついていましたが、これをなくす事が出来るようになります。 左:アルファスSVのスプール 右:タトゥーラSVTWのスプール この2つの内、 性能に大きく関係していると考えているのが「スピードシャフト」です。 先ほどダメな点でも記載しましたが、タトゥーラSVTWは飛距離で比べるとアルファスSVに劣っているように感じます。 アルファスSVにあって、タトゥーラSVTWにないもの。 それがこのスピードシャフトです。 スプール径や素材は同じなので、この棒の影響力が飛距離の差と大きく関係しているのでは?と考えました。 個人的にはタトゥーラSVTWよりもアルファスSVがオススメ! 店頭での実売価格は約3,000円程度タトゥーラSVTWよりも高くなってしまいますが、飛距離の面でやはり アルファスSVを個人的にはオススメしたいです。 ですが、 ・バックラッシュしない! ・見た目かっこいい! ・ハンドルくるくる! ・安い! と本当によくできたリールですので、「見た目が気に入った!」と言うことならタトゥーラを買うべきだと思います!また、ボートフィッシングがメインの人には飛距離はそこまで重要ではないので、タックルを増やす為に選んでもよさそうですね!.

次の

DAIWA : タトゥーラ TW

タトゥーラ sv

出典: SVスプールの搭載で、軽量ルアーの扱いが非常に楽になったとのタトゥーラSV TWですが、気になるのはやっぱり実際のレビューです。 ここでは軽量ルアーの飛距離や、キャストフィールにつて述べられたレビューをピックアップしてみました。 レビュー 20年ぶりのベイトリールテクノロジーは発展してるのが実感出来ました。 バックラッシュ少ないし、ボートから1日中ヘビーカバーフリッピングしても使いやすいですよー。 ノーシンカーでも5g位から飛びます。 買って良かったと思えるリールでした。 1L)出典: 飛びます。 軽く投げて飛ぶってかんじです。 調整が慣れれば、軽いキャストでフルキャスト近い飛距離が出せます。 この価格なら満足でしょう。 大事に使います。 3R)出典: 2万以下の性能ではない。 イ~ジ~スキッピングが本当に誰でも出来ます。 33ミリスプールになったことで、こんなにも使い易い物なのかとビックリしています。 今までにここまで愛着がわいてきたリールはありません。 トラブルもほとんどない。 毎年ダイワさんの出すリールには感心します。 3R)出典: 文句なしです。 最近のリールはコスパ良すぎてビックリします。 今までスピニングの細いフロロで散々切られていた魚が、フロロ12ポンドのベイトフィネスで楽々取り込めます。 通常のルアー使用時はマグダイアル調節のみでバックラッシュほとんどなし。 これはほんとに買ってよかった。 3L)出典: コスパ良し。 シーバス用で買いました。 ノーマルタトゥーラも持ってますが、ノーマルよりも軽いルアーが投げやすく、バックラッシュもしづらいです。 メカ0設定、マグネット8でテイルスラップがノーサミングで投げられました また、サイズもノーマルより小さくなっているので、パーミングしやすいです。 1R)出典: バックラッシュが起こりにくいため扱いやすく、初めてベイトリールに挑戦する初心者にはもちろん、上級者のサブ機としてもオススメといったレビューが多数見られました。 タトゥーラSV のラインナップ ギア比6. 3のノーマルギア、7. 3のハイギア。 1のエクストラハイギアの3種類がラインナップされています。 タトゥーラ SV TW 6. 3 ルアーを比較的一定の速度で巻きやすいギア比です。 抵抗の強いルアーでも巻き心地が軽いという特長があります。 撮影:TSURI HACK編集部 ラインを左右に送る役割を担うレベルワインドに搭載されているT-ウィングシステムは、クラッチと連動して半回転します。 キャスト時にはラインへの抵抗を減らして飛距離を確保し、リトリーブの際にはタイトな溝部分に沿って巻き取られます。 自重 タトゥーラSV TWの自重は200グラムで、上位機種であるジリオンSV TWのミドルレンジモデルに迫る軽さを誇ります。 リールの重さは操作性を左右するため、軽く扱いやすいモデルを選びたいという人は多いのではないでしょうか。 価格 本体価格25,900円のタトゥーラ SV TWですが、Amazonや楽天市場などのECサイトでは2万円以下の価格で販売されているものが多いようです。 ダイワの優れた技術が埋め込まれたリールでありながら、魅力的なコストパフォーマンスの高さです。 初めてのベイトリールにも!.

次の