クロネコ 着払い 料金。 宅急便コンパクトの『着払い』を開始

宅急便コンパクトの『着払い』を開始

クロネコ 着払い 料金

メルカリやヤフオクでもの売ったり、知り合いに荷物を送ったりする際に、クロネコヤマトを利用する方も多いのではないかと思いますが、 料金表って実は混乱しがちです。 クロネコヤマトの料金表といっても「 宅急便の料金表」、「 ヤマト便の料金表」はどのように異なってくるのでしょうか?今回は、2つの料金表とその違いとについてご紹介します。 クロネコヤマトの料金表「宅急便」の場合 クロネコヤマトの宅急便では、 3辺の合計が160㎝以内の重量25㎏までの荷物を送ることができます。 また、もしもヤマト側の運輸で問題が発生し荷物が破損した場合は、 30万円までの損害賠償が保証されています。 減額については、宅急便センター・取扱店・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマートなど)に持ち込んだ場合、1つの荷物につき100円の減額があります。 (クロネコメンバーズの方は、直営店に持ち込むと、さらに50円減額されます。 ) 宅急便料金は、以下の通りです。 kuronekoyamato. html また、全国の運賃一覧をまとめてご覧になりたい方は、こちらで全ての表を確認できます。 kuronekoyamato. html クロネコヤマトの料金「ヤマト便」の場合 クロネコヤマトのヤマト便では、 宅急便のサイズと重量を超える大きな荷物、1つの縦・横・高さの合計が160㎝を超えるもの・重さが25㎏を超えるもの、そして30万円を超える荷物など上限を問わず送ることができます。 また、任意にはなりますが、 運輸保険というもので30万円を超える荷物などに保険をかけて発送が可能です。 減額については、総重量が30㎏までの場合120円、30㎏越え50㎏までの場合140円、50㎏越え100㎏までの場合230円、100㎏以降は、50㎏ごとに90円の加算がされます。 kuronekoyamato. kuronekoyamato. 操作性も良く簡単に料金を調べられますので、活用されてみてください。

次の

クロネコヤマト着払いって何ですか?

クロネコ 着払い 料金

宅急便コンパクト専用BOX もしくは 専用薄型BOX(料金は税込65円)• 宅急便コンパクト着払い専用の送り状(無料) の2点が必要です。 これらも、ドライバーさんかヤマト直営店でお願いすれば入手できますよ。 コンビニからも着払いで送れる? 送れません! 2019年5月現在、コンビニからの発送は受付不可。 着払いで発送をしたいときは、 クロネコヤマトの直営店か集荷にて受付依頼をする必要があります。 メルカリやラクマで着払いを使える? 使えません! メルカリ・ラクマなどのフリマアプリでは現状、匿名配送を利用した宅急便コンパクトは対応していません。 どうしても宅急便コンパクトを着払いで発送したいときは、 匿名配送ではなく通常の発送として利用するしかないですね。 ただし、この方法だとメルカリ便などの発送料金より送料が高くなるのがネックですね…。 クロネコメンバー割• デジタル割 は 対象外なので注意してくださいね。 受け取り拒否・誤った個人情報記入などの理由で返送された場合は、 基本的に発送主負担 になるんです。 返金されないリスクがあります。 (事務局判断で悪質な購入者と判断された場合は、送料分を負担してくれることも) ヤフオクやネットショップの場合 口座などへの入金を確認してから発送していれば、特別な事情が無いかぎり受取拒否されないはずです。 万が一返送されてきた場合でも、 商品代金はすでに受け取っているので、 送料を振り込んでもらって再発送するなどの話し合いで解決することが多いでしょう。 ただし、 悪意を持って受け取り拒否する人も… そういう人に当たった場合は、トラブルに発展するケースもありますね。 箱代は着払いにできないの? 宅急便コンパクトでの発送には、専用BOXをクロネコヤマト営業所やコンビニなどで用意しないといけません。 専用BOXのお値段は65円。 これにプラスで送料がかかる訳ですね。 さて、ここで出てくる疑問が、 「 この箱代65円も、受取人に払ってもらえないのかしら?」ということ。 え~答えから言いますと、 デキるんです。 宅急便コンパクトの着払い発送をするとき、箱代は以下の2パターンから選択可能。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

ヤマト宅急便の送料は元払いと着払いで違いますか?

クロネコ 着払い 料金

基本的に着払いの送料は元払いと変わらない まず始めに解説しておきたいことは、ヤマト・佐川・ゆうパックのいずれも、基本的には着払いでも元払いでも送料は全く変わらないということです。 そのため、元々の送料の差がそのまま着払いの送料の差につながります。 むしろ、着払いのほうが送料が高くなってしまうこともあります。 詳細については後からそれぞれ詳しく記載していますので、ご確認をお願いします。 さまざまな発送方法と値段 ゆうパックは基本的には690円から ゆうパックで荷物を発送する場合は、送料は60サイズで同一県内であれば690円です。 着払いでも、同様に690円となります。 しかし、これは荷物を引き取りに来てもらう場合の送料です。 荷物を持ち込むのであれば、570円まで送料を下げることができます。 これは着払いでも元払いでも共通です。 690円は60サイズでの金額ですのであまり大きなものはこの金額では送ることができませんが、なかなかの安さと言えるのではないでしょうか。 元払いならばさらに安くする方法があります。 これは後ほど触れていきますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。 ヤマトは756円から クロネコヤマトの宅急便では、最低金額が756円となっています。 こちらも元払い、着払い共に同じ金額です。 コンビニなどに荷物を持ち込む場合は、着払い・元払いの両方においてさらに100円安くなります。 しかし、それでもゆうパックの送料よりは高くなってしまいます。 安く送るのであれば、元払いかつ宅急便以外のサービスがおすすめです。 そちらについては、後半で触れたいと思います。 佐川急便は756円から。 ただし持ち込み割引は着払いでは適用されない クロネコヤマトの宅急便と同様に、佐川急便の飛脚宅配便も756円からとなっています。 60サイズ、2kgまででこの金額です。 佐川急便の持ち込み割引は、着払いには適用されません。 そのため、荷物を着払いで安く送るのであればゆうパックかクロネコヤマトがおすすめです。 また、大きなサイズのものを送る場合もクロネコヤマトよりも少し送料が高くなることが佐川急便の特徴です。 そして佐川急便はコンビニで発送の手続きを行うことができません。 利用する際は、集荷を依頼するか直接取次店や営業所に持ち込む必要があります。 覚えておくと良いでしょう。 元払いははこboonが安い 元払いで荷物を送る場合、一番手っ取り早く安くできるのはファミリーマートから発送できるサービス「はこboon」です。 専用サイトから必要事項を記入し、ファミリーマートで発送作業を行います。 なんと494円から発送を行えます。 特徴は、距離の他に箱のサイズではなく荷物の重さが送料に関わってくることです。 同一県内で2kg以下ならば、494円という金額に抑えることができます。 さらに、Tポイントやクレジットカード、ジャパンネット銀行での支払いが行えることも特徴です。 ネットで商品の取引を行う際は、はこboonがおすすめです。 配送はクロネコヤマトが行うので、安心です。 定形外郵便は追跡サービスがないが料金は安い 元払いでの対応となる定形外郵便は、重さによって送料が変わります。 1kgならば、600円です。 全国どこへでもこの金額なので、遠くに荷物を送る際は定形外郵便だと安く済ませることができますね。 ただし、追跡サービスがありません。 そして、届いたかどうかも相手に聞かなければわからないというデメリットがあります。 届いたかどうかがわかるようにしたいのであれば、ゆうパックを利用しましょう。 ゆうパック元払いは、2回目以降は安くなる 同じ宛先へ荷物を送る場合は、さらに100円の割引がされます。 ただし、元払いに限ります。 着払いだと同一宛先であっても割引は効きません。 クロネコメンバー割でさらに料金を安く クロネコメンバーズのカードに金額をチャージすることで、安く荷物を発送できます。 5000円以上チャージすると10%、50000円以上だと15%安くなります。 5000円程度であれば、ネットでよく取引をする方であればすぐに使ってしまう金額です。 チャージしておけば、安く荷物を送ることができて便利ですよ。 例えば756円かかる送料が10%引きだと680円、さらにそこから持ち込み割引で580円にまで下がります。 ただし、着払いにはこの割引は効かないので、ご注意ください。 ただし、往復宅急便であれば割引は効きます。

次の