パン を ふん だ 娘 ラスト。 パンを踏んだ娘

スペイン巡礼18日目!パンをふんだ娘のトラウマとキリストの肉体

パン を ふん だ 娘 ラスト

パンを踏んだ娘は地獄へ落ちました…。 スペイン巡礼18日目!パンをふんだ娘のトラウマとキリストの肉体 ・スペイン巡礼のマイナー路線を行く ・「パンをふんだ娘」は地獄へ落ちた ・パンというキリストの肉体 ・スペイン巡礼18日目記録 ・スペイン巡礼のマイナー路線を行く 期せずしてたどり着いた素敵な巡礼のマイナーな横道の町、Calzadilla de los Hermanillosを早朝の6時半に去って次なる町Mansilla de Las Mulaへと出発した。 このMansilla de Las Mulaという町に到着すると、メインのスペイン巡礼の道へと合流する。 ここで心配だったのは、CalzadillaからMansilla de Las Mulaまでの町の間、ひとつの町も村も存在しないかもしれないということだった。 さすがはメインから外れたマイナーな巡礼路。 迷い込んでしまったらしまったで冒険のようで楽しいものの、やはり不便さは残るようだ。 本当に町も村も出現せずに、ただひたすらに畑と荒野だけの道をゆく。 巡礼路は石がコロコロ転がっているので、サンダルで巡礼しているぼくとしては、サンダルの穴から小さな石が入り込んできて歩き心地が悪かった。 15kmほど歩いた時点で、たったひとつだけ立ち寄れるくらいの大きな村が出現した。 ぼくたちはここで休憩し、いつも通り生搾りのオレンジジュースを飲んだり軽食を取ったりして楽しんだ。 この日は曇天であり水分補給の必要性はさほどなくて助かったが、この村の給水所でこれからの巡礼路を歩くために十分な水分を調達しておく。 スペイン巡礼において、途中の村や町の役割として最も大切なことは、水分を調達することだと言っていいだろう。 逆に言えば途中の村々でその都度水分を調達することを見越しておけば、出発する村で大量の重たい水をペットボトルに入れて1日中持ち運ぶ必要性はなくなる。 ・「パンをふんだ娘」は地獄へ落ちた ぼくはこの日の巡礼路の途中で、なぜか小学校の1年生の道徳の授業の時間に見た「パンをふんだ娘」という西洋の物語を思い出した。 「パンをふんだ娘」はNHK教育の「こども にんぎょう劇場」でやっていた影絵の物語のひとつである。 ぼくたちの小学校では、毎回道徳の時間にNHK教育の番組を15分間ほど見る時間が設けられていたような気がする。 そのような時間に偶然見た「パンを踏んだ娘」はぼくにとって、そしてきっとそこにいたすべての小学1年生にとっての大きなトラウマになったに違いない。 それくらいインパクトの強い衝撃的な番組で、今でもこうしてスペインの巡礼路でさえ思い出すくらいだ。 「パンをふんだ娘」は北ヨーロッパのお話。 美しくて性悪の女の子インゲルが主人公だ。 容姿には恵まれていたものの性格が最悪に悪いこの少女は、いつも虫をいじめたり親にわがままを言ったりして暮らしていた。 性格は最悪であるものの、見た目はとても美しいので、子供のいない都会のお金持ちの夫婦からインゲルを養子に欲しいとの申し入れがあった。 インゲルのお母さんは悲しがったが、性格の悪いインゲルはこんな貧乏な家はいやだと常々思っていたので、お母さんの意見を無視してあっさりとそのお金持ちの家に養子に行ってしまった。 お金持ちの家で裕福に暮らし、ますます美しさに磨きのかかったインゲル。 着せてもらう洋服も上質なものばかりで見違えるように華やかな娘になった。 お金持ちの夫婦は、こんなにも垢抜けた姿をお母さんに見せておやりと、もとの家を訪れることを提案した。 そして、お土産にと大きな白いパンをインゲルに持たせた。 インゲルは帰宅することに気乗りしなかったが、お金持ちの夫婦に従った。 しかし、家に帰る途中の道に大きな泥水の水たまりが横たわり、インゲルが歩くことを邪魔していた。 こんな汚い水たまりに入ったら高級なお洋服や靴が汚れてしまうわと嫌悪感を抱いたインゲルは、あることを思いついた。 それは、お土産にもらった白いパンを水の中に沈めてその上を渡り、靴が汚れないように水たまりを通ろうという計画だった。 せっかくもらったお土産のパンを、戸惑いもなく投げ捨て水の中に沈めたインゲル。 そしてその上を渡ろうと靴でパンを踏みつけたその瞬間、おそろしいことが起こった。 「ぎゃあああああああぁぁぁぁ!!!!!」 なんとインゲルは水の奥深くに沈み込み、やがてはどこまでもどこまでも底へと落ちて行った。 落ちた先は、地獄だった。 「どこまでもどこまでも落ちて行ったんだよ…」という低い男性のナレーションの声がまた格別におそろしい。 落ちていくインゲルの背景がユラユラと揺らめきより一層不気味さを引き立たせている。 かと思えば甲高い女の声でいきなりおぞましい歌が流れ出した。 その歌を小学校1年生で見たぼくは、未だに忘れることができない。 ・パンというキリストの肉体 しかしよく考えてみればおかしなことである。 いくら日頃の行いが悪いからと言って、パンを踏んだだけで地獄へと落とされるのだろうか。 日本では地獄へ落とされるといえば、なんだか殺人でも犯したとか、ものすごい強盗などの犯罪を犯した極悪人というイメージがあるが、インゲルがそれほどまでに悪いことをしたようにはどうしても思えない。 踏んだと言ってもたかがパンである。 まさか親を踏んだわけでもあるまい。 それでもパンを踏んだことを「神様に背いた娘」とまで歌の中で罵られる原因は、いったいどこにあるのだろうか。 ぼくがスペイン巡礼の道でなぜかこの物語を思い出し、一緒に歩いていたてらちゃんに話して聞かせたのにはそれなりの意味や思し召しがあるのだろう。 ここはカミーノ、キリストの聖なる巡礼の道だ。 ぼくたちは毎日、ワインを飲みパンをいただく。 そう、キリストの祈りの道の途上では、ワインはキリストの血であり、パンはキリストの肉体なのだ。 この「パンを踏んだ娘」という西洋の物語には、キリスト教的な観念が多大に含まれていたのだろう。 「パンを踏んだ娘」とはすなわち、キリストの肉体を踏みにじったキリストに背いた人間の象徴であり、そのような種類の人間は最後の審判で地獄へと落ちてしまうのだという、キリスト教への信心深さの重要性を説こうとした物語なのではあるまいか。 小学校1年生では理解できなかった謎が、このように悠久の時を経て、スペイン巡礼の道の途上でキリスト教という宗教を通じて解決し、そしてそれらはすべて巡礼の祈りの道へと結果的につながっていくとは、なんと数奇で必然的な運命だろうか。

次の

4月のお話 パンを踏んだ娘

パン を ふん だ 娘 ラスト

アンデルセン童話のひとつ「パンをふんだ娘」。 デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンが手掛けた『童話と物語の新集』に収録されました。 日本では1975年に影絵劇としてテレビ番組で放送され、広く知られることとなります。 ではあらすじを紹介していきましょう。 ある村に、インゲルという名のとても美しい娘が住んでいました。 裕福な家庭へと奉公に出されることとなりますが、彼女は以前から自分の美貌を鼻にかけてわがままに過ごしていたため、奉公先でもまともに働くことはありませんでした。 ある日里帰りをすることになり、奉公先の夫人からお土産にパンを貰います。 家までの帰り道、先ほどまで降っていた雨が振っていたため、道にぬかるみができていました。 インゲルは自分のドレスを汚したくなかったため、お土産に貰ったパンをぬかるみに投げ入れ、その上へと飛び乗ります。 ところがパンは彼女を乗せたままぬかるみの底へと沈んでいき、二度と浮かび上がることはありませんでした。 後にこの出来事は人々の間で伝承となり、噂話が絶えることはありません。 その様子は、地獄に落ちたインゲルの耳にも伝わります。 また村に住む母親もこの噂を聞き、愚かな娘をもったことを嘆き悲しみながら死んでいきますが、それを聞いてもインゲルはまったく反省せず、自分がなぜ地獄に落ちたのかも理解していません。 ある日そんな噂話を聞いて、インゲルを憐れんだ少女がいました。 少女は年老いて死ぬまで、インゲルが天国に行けるように祈りを捧げ、涙を流し続けます。 そしてついにその祈りは聞き届けられ、インゲルは灰色の小鳥として生まれ変わりました。 それからは、どれだけ小さなパン屑も粗末にせず、他の鳥に分け与える日々を送ります。 分け与えたパン屑の量が、インゲルの踏んだパンと同じ量になった時、彼女の罪は許され、ようやく天国に行くことを許されたそうです。 作者であるアンデルセンは、熱心なカトリック教徒としても有名です。 「パンをふんだ娘」をはじめ「人魚姫」や「マッチ売りの少女」などの物語には、彼の信仰心が反映されています。 カトリックにおける「パン」とは、「キリストの肉体」を象徴するものです。 つまり本作においてインゲルは、神の体をふんでしまったということ。 地獄に落とされたのは、彼女が神を冒涜し、怒らせたからだと考えられるでしょう。 後にインゲルは、優しい少女の祈りのおかげで小鳥として蘇りました。 小さく弱い存在の小鳥は、偉ぶることはできず、また1羽だけで生きることもできません。 神はインゲルを小鳥の姿にすることで、罪を償わせる機会を与えたのでしょう。 童話「パンをふんだ娘」から学べる教訓は? 物語の冒頭でインゲルは、生まれ故郷の村から裕福な家庭へ奉公に出されます。 作品によっては養女となるパターンもありますが、どちらも「貧しい村で一生を終えるより幸せに暮らせるだろう」と願った、母から娘への優しさでしょう。 奉公先の家族もインゲルのことを気遣い、里帰りの際にはパンを持たせてくれるなどあたたかく彼女に接していました。 ところが当のインゲルは、その優しさに気づくことはありません。 自分の美貌にかまけて奉公先でもわがままばかり言い、ドレスを汚したくないからとパンをぬかるみ投げ入れてしまうのです。 さらに地獄に行ってもその慢心をあらためることはなく、灰色の小鳥になったことでようやく周囲の人々の優しさや、食べ物を大切にしなければいけないことに気づくことができました。 人の優しさに感謝の気持ちをもつことの大切さを表しているとわかるでしょう。 また、かつて日本にも、「米粒を残すと目が潰れる」という言い伝えがありました。 毎日の食卓に何気なく並ぶ米ですが、かつて米はお金よりも貴重だといわれていたのです。 そこから米粒には仏が宿っていると考えられるようになり、米粒を粗末にすると罰が当たるとされるようになりました。 インゲルも、小鳥の姿になったことで食べ物を得る苦労を知り、他の鳥たちに分け与えるほどその大切さやありがたみを知ることとなったのです。 繊細なイラストが光る「パンをふんだ娘」.

次の

古墳女子★必見!古墳パンが人気のパン屋さん★

パン を ふん だ 娘 ラスト

3日深夜に再放送された「こどもにんぎょう劇場『パンをふんだ娘』」(Eテレ)がネットで話題となった。 昭和50年、まだ「NHK教育テレビ」時代に制作された同作は独特な雰囲気を漂わせており、作品から放たれる世界観と、山田美也子(67)が歌う主題歌が40代のリアルタイムで視聴した世代を中心に「トラウマ級の怖さ」と語りつがれてきた。 この日の放送で久々に見たというユーザーに加え、今回が初めてという視聴者も続出。 放送後、SNSには「ほんとこわい」「相変わらずの不気味さ…」「頭から離れない」などの言葉が並んだ。 同作は視聴者からの懐かしい番組のリクエストに応える「Eテレ お願い!編集長」で放送された。 劇団かかし座による「影絵」で全編が作られており、これがまた作品の不気味さを増幅させている。 裕福な家庭へ奉公に出された美しい少女、インゲル。 彼女はある日、里帰りすることとなり、その帰り道に雨で出来上がったぬかるみに出くわす。 高慢なインゲルはドレスを汚したくないと思い、お土産のパンを放り投げ、その上に飛び乗ってぬかるみを渡ろうとした。 しかし、インゲルがパンを踏むと、彼女はそのまま沼の中に沈み、地獄へと落ちてしまうのだ。 この日の放送は深夜帯だっため、「妻がテレビをザッピングしてたら、伝説のトラウマストーリー、パンを踏んだ娘がやってたので慌てて録画」など、「偶然見た」という視聴者も多かったようだ。 放送後、SNSは騒然。 初見の視聴者は「噂には聞いていたけど、初めて見た。 すごい迫力」「夜見たパンを踏んだ娘が頭から離れない」「パンを踏んだ娘はほんとこわい」などとツイッターに書き込んだ。 視聴歴のあるユーザーも「初めて見てから数十年経つのにあの歌がまだ耳にこびりついているくらい怖かったのよ」「相変わらずの不気味さ…」「パンをふんだ娘で泣いたよ俺ぁ」とそのクオリティーを改めてかみしめた。 視聴を逃したというユーザーからは「パンを踏んだ娘あったの…超見たかった」「ちゃんと調べとけば良かった」と口惜しがる書き込みが。 また強烈なインパクトを放つ主題歌に対してのコメントも多く、「あの歌、すごい頭に残るよね」「子供の時に一度見たきりだったけど、インパクトがすごくて歌のメロディーだけはずっと覚えてた」「あの曲は強烈で今でも覚えてる」というツイートも散見された。 幼少期に味わったトラウマ級の怖さ。 中には「おかげで絶対パン踏まないと誓って生きてきた」という声も。 一方、最初の放送から40年以上が経過した同作を「小さい時に見たまま」と懐かしむ投稿や、デジタル全盛の現在では再現が難しい見せ方について「影絵すばらしい」と絶賛する意見もあった。

次の