へそ ごま 腹痛。 へそのごまの正体!取ると腹痛になるってホント?取り方は?

へそのごまの取り方と取れない時のやり方は?腹痛が起きるって本当?

へそ ごま 腹痛

おへそのごま まずは、おへそのごまはどうやってできていくのかご紹介いたしますね。 おへそのごまの正体 おへそのごまは見た目の通り、ゴミです。 体の垢や皮脂、なんと衣服の繊維や空気中のホコリまでもがこの隙間に溜まってしまい、集まってできたのがおへそのごまなのです。 おへそのごまは何千もの菌が住み着いていると言われ、トイレの便器より汚いとさえ言われているのですよ。 そんなおへそのごま、もちろん臭いに決まっていますよね。 なんせ、ゴミの塊ですからね。 今までごまをとった後の手を洗っていなかったけれど、洗わないのがむしろ恐ろしいくらいですよね。 特徴 ごまがたまりやすい状況は、皮脂の分泌量が多い場合です。 脂っこいものをたくさん食べてしまうと皮脂が体内から出やすくなってしまい、ゴミも溜まりやすくなってしまいます。 また、おへそのごまをそのまま放置しておくと、おへその傷口などから、ごまに溜まっている細菌たちが入り込んでしまい、 臍炎(さいえん)という病気になってしまうことだってあるのですよ。 なので、定期的におへそのごまはとった方がいいのです。 臍炎(さいえん)とは おへそに炎症が起きてしまう状態のことです。 皮膚が赤く腫れてしまい、ひどくなると膿が出て、最終的に手術しなくてはいけない場合もあります。 この病気は、子供だけでなく、大人もなってしまうのが恐ろしいところです。 子どもの場合は、知らず知らずのうちにおへそのごまを取ろうと、触り過ぎてしまうことが原因になりやすく、大人の場合は、皮脂の分泌量が多くなりがちな肥満の人に多い病気です。 羽生君の腹痛は臍炎や腹膜炎とかだったのかな。 臍から膿や液体出る等繰り返してる人は尿膜管遺残の可能性が高い。 稀に尿膜管癌が発生する事もあるので泌尿器科受診を。 しかし、綺麗にしようとしても、おへそのごまをお掃除するとお腹が痛くなってしまいますよね。 それはどうしてなのでしょうか。 実は、おへそには神経が集まっているため、おへそのごまを取ろうと触っていると腸が刺激されてしまいます。 これが、腹痛の原因になってしまっているのですね。 試しにおへそのごまは無いけれど、おへそを触ってみました。 すると、少しお腹が痛くなりました。 お腹が痛くなってしまう原因は、おへそのごまが原因というよりは、ごまを取ろうとしておへその周りを刺激してしまうことが原因だったのですね。 良くないことなので、皆さんはむやみに触らないでくださいね。 さらにあまりにも無理やり取ろうとしたり、こすり過ぎたりするとおへそに炎症が起き、そこから臍炎になってしまうケースもあるのです。 おへそのごまはとった方がいいですが、逆に間違った方法で取ろうとしてしまうと、大問題です!! 正しいおへそのケア方法をご案内させていただきますね。 おへそケア オススメのおへそのごまを取る方法をご案内いたしますね。 おへそのごまを取るときは、入浴後など、ふやけている時が取りやすいです。 綿棒にボディーオイルやクレンジングオイルをつけ、垢を綿棒で優しく巻き取りましょう。 垢がついた場合は綿棒を変えて、綺麗に取れるまで行いましょう。 多くの人が簡単に取れてしまうので、指でこすってしまいますが、病気の可能性も考え、優しく傷つけないように行うのがベストですよ。 おへその臭いについてもこちらの記事で読めます。 おへそのごまはとった方がいいが、優しく、正しい方法で取ることが大事です。 私達のとても身近な場所にあるおへそ。 あまり気にしていない人も、この記事を読んでおへそに潜む危険性について知っていただけたら幸いです。 私も、病気になる可能性など知らずにおへそのごまをとっていました。 私の親が言っていた、おへそのごまを取るとお腹が痛くなる。 というのは、取ろうとして傷つけて痛くなってしまうよ。 ということだったようです。 おそらく私の親は、そこまで知っていて注意してたのではないと思います。 せっかくなので、親にもおへその危険性を教えたいなと思いました。 皆さんも周りの人におへそのごまの危険性、ぜひ教えてあげてくださいね。

次の

へそのごまが白いのはなぜ??臭いの原因も徹底的に解説します!

へそ ごま 腹痛

腹痛の症状で悩まれているということですね。 原因として、過敏性腸症候群という病気の可能性が考えられると思います。 過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続く病気です。 主な症状は腹痛、腹部不快感(お腹の張り、お腹が鳴る、ガス過多、お腹がゴロゴロする おならが出やすい など)、下痢、便秘などの便通異常です。 腹痛や腹部不快感のみの場合もあります。 この様な症状はありませんか。 原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることにより、下痢や便秘などがおこると考えられます。 また、腸のひろがる刺激に対して過敏となっているために、通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じてしまうのではないかと考えられています。 ストレスに対して自律神経のバランスを乱しやすい素因のあるところに、肉体的な疲労や不安・緊張などの精神的なストレスが加わることで、症状が起こってきます。 対策としては、症状によって、次の方法を試してみて下さい。 症状によって、市販の整腸剤を服用されてみて下さい。 整腸剤には、腸内環境を整える効果があります ので、症状が改善してくると思います。 下痢や便秘がひどい場合は、市販の下痢止めや便秘薬を症状に応じて、服用されてみて下さい。 また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン(コーヒーなどに含まれる)、アルコール、脂っこいもの などの胃腸の刺激となるものを控えて下さい。 また、お腹の張り、ガスが溜まりやすいなどの症状には、小林製薬のガスピタンという市販薬を服用されてみると良いと思います。 ガスたまりや膨満感に効果があります。 症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されてみて下さい。 参考になりましたら、幸いです。

次の

へそのゴマって取っていいの?お腹が痛くなる?下痢や便秘になるという話は本当?

へそ ごま 腹痛

(石鹸は使わない方が良) という流れになります。 指に巻き付ける形にしておへそを掃除するとやりやすいです。 ここで注意しておきたいのはあまりガツガツゴシゴシしないこと。 …私は汚れを取るためにガシガシ掃除をしておへそが真っ赤になったことがあります 笑 一度できれいさっぱり!という訳にはいきませんが、これを週に1~2回くらいすることできれいなおへそになれますよ! とは言え私のような面倒くさがりには2~3日のケアでもちょっと大変 笑 できれば汚れに気が付いた時にケアしてスッキリ綺麗にしたい。 そんな方におすすめなのが次の方法になります。 おへその汚れを取るための道具は• 綿棒やガーゼ• オイルやクリーム です。 こちらも掃除方法は簡単。 と言う流れになります。 お風呂で掃除するには湯舟につからないとなかなかうまく掃除ができませんが、こちらの方法なら風呂につからない派の方もできますね。 個人的にはオイルで掃除する際にもお肌が柔らかくなっている風呂上りがオススメですよ。 実際に私も汚れてんな~と思った時のお風呂上りにベビーオイルやワセリンなどを使用してケアをしていますよ。 黒く汚れたおへそがスッキリきれいに肌色になると快感です 笑 使用するオイルは何でも大丈夫ですよ。 クリームなんかでも代用がききますが、香料が強いものは避けたいところです。 実際にお掃除をした方々は• ベビーオイル• オリーブオイル• ワセリン• ニベア• オロナイン• 乳液 なんかを使っているようですよ。 おへそは皮が薄いところなので香料は少なく、お肌に優しそうなものがおすすめです。 …中にはごま油・サラダ油・クレンジングオイルなんていう意見も 笑 クレンジングオイルは洗浄力が高いですので控えた方が良いかなと思います。 食用油は…問題はないかもしれませんが…どうでしょうか。 まぁ油なので綺麗にはなるでしょう^^ 市販のおへそ掃除のキットもあるのでそれを使うのも手ですね。 専用クリームなので、おへそに優しい成分でケアができるのはいいですね。 こんな感じで普通の綿棒よりも大きかったりするので、おへその掃除がしやすいサイズ感となっています。 強い力でゴシゴシするのは良くありません。 皮が薄いので腹痛を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。 おへそケアはお風呂上がりがおすすめ!• 掃除は優しく。 強く力で掃除するのは厳禁!• 長い間おへそで育てたゴマは皮膚科でとってもらうこともできる! へその汚れの原因や正体って… ここまでおへその汚れを掃除する方法についてご紹介してきましたが、この汚れの原因はなにかご存じですか? 雑菌が便器よりも多くて臭いもクサイ。 便器の何千倍の雑菌がおへそにいるなんて…そりゃ臭くもなるのも納得です 笑 この汚れ(ゴマ)の正体は• ほこり• 石鹸カス などが溜まってしまったものです。 普段のお手入れで綺麗になればいいのですが、あまりおへそに刺激を与えても良くないので、定期的なお掃除でなるべく綺麗に保つよう心掛けてみてくださいね。 へその汚れの取り方 まとめ いかがでしたか?今回は『へその汚れの取り方や掃除方法!ゴマの原因や正体も気になる』という内容でお送りしてきました。 今回のお話をまとめると、 おへその汚れの正体はアカや角質などが溜まったもの。 これらの汚れの取り方は、お風呂で掃除する方法・お風呂上りに掃除する方法などがあります。 お風呂に入ることで汚れが取りやすくなるので優しい力でお掃除ができます。 綺麗なおへそを保つためには定期的な掃除が必要ですが、あまり高い頻度で掃除を行うと、肌を痛める原因・腹痛の原因となりうるので注意が必要です。 とういう内容でした。 いつも露出している部分でもありませんので、あまり一生懸命になりすぎないよう、定期的に優しくお手入れをしてみてくださいね!…水着を着る時や温泉に行く時はぜひ、お手入れをしてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の