西成 やまき タレ。 【大阪 西成 やまき】秘伝のタレの作り方公開&豪華3種盛串を贅沢に食べる【せんべろ】

やまき(今池・西成萩之茶屋商店街)立ち飲みホルモン鉄板焼き 大阪B級グルメ

西成 やまき タレ

(またまた再訪) 花園町~新今宮にかけての昼酒はしご呑み4軒目。 今回、萩ノ茶屋お初の同行者であったので、こちらのお店ははずせない。 さくっとホルモン食って、次の店へ向かいましょうか。 「やまき」でディープ感に浸っていただきましょう。 相変わらずの人気店。 ただ2人くらいなら端っこに潜り込めそうです。 ビールもさんざん飲んできたので、ここでは缶酎ハイ(250円)。 ここのホルモンやと、ビールよりもこっちの方が合うかも。 とりあえず、各1人、ホルモン2本と肝1枚を頼みます。 1本60円なので、これだけでもたった180円。 缶酎ハイと合わせてもワンコインいきません。 ホルモン2本。 2度漬け禁止のタレにざくっとくぐらせていただく。 このホルモン自体はまあ値段相応だなって味わいなんですけど、 にんにくたっぷり、辛みもあるパンチの効いたこのタレが私は好き。 このジャンキーさが、この店の雰囲気とぴったり合います。 そして、レバーもいただきます。 こちらは中はちょっとレア気味に焼かれているので、 生レバー好きな私にはぴったり。 うん、いつもながらB級感たっぷり! これぞ、大阪ディープB級店の代表格やと思います。 (再訪) 萩之茶屋でのはしご1軒目・・・ 結構、同行者も気に入ったらしく、長居しました。 次のお目当ての店に行く前に、 これぞ萩之茶屋って店にも寄りましょかってことでこちらに。 ホルモンのやまきです。 このオープンな立ち飲み風情。 相当有名店になりましたので、この日も満員御礼。 ただ、また優しく立ち位置を譲っていただきました(^^) ここで飲んでいる方々、いつも気さくなんですよね。 ドリンクは私はラガー350缶(280円)、同行者はハイリキ酎ハイ(250円)に。 もうすぐに1杯ひっかけて次に行くつもりやったんで、 各自ホルモン1本(60円)ずつに、レバー(60円)を一枚頼みました。 手際よく、焼かれるホルモン。 これをどぎつい色をしたタレにくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 (以前の記事) ここはディープな萩之茶屋本通商店街でもかなりのディープさを誇っています。 「やまき」です。 店先の鉄板の周りをぐるりと取り囲む形で「ホルモン焼き」をむさぼり食う。 そんな光景が目の前にあります。 まるで屋台のような店。 で焼かれているのは、ホルモンとキモというシンプルな構成であり、 両方とも1本60円という低価格設定。 ここでは飲みもんは缶ビールか、缶酎ハイか、カップ酒という選択なので、 缶ビール(280円)とホルモン串(60円)を二人で4本注文。 ご覧のような串が出来上がってくる。 これをまた、写真のようなつけダレの中へどぼどぼと串をつけて喰らうのだ。 このつけダレが「刻んだにんにく」のようなもんと、 「唐辛子」であろう赤い粒粒が効いているせいか、非常にパンチのある味付けである。 いや~ニンニク&辛いもの好きの自分にはこのタレは絶妙でしたね~ このホルモンとタレのマッチングが非常に気に入ってしまった。 合計2人で800円のおあいそ。 しかし、この店ははっきり言って、ちょっとこの街に溶け込んだ人間でないと、 その店先で食うのは勇気がいります。 ただ、地元小学生の女の子が、普通に串を持ち帰りで買って帰っていたのには、 びっくりしたなあ~(^^;) さすが西成の子やわ。 再訪) 他にもホルモン焼き屋に行ったのだが、 結局はここのを食べたくなります(^^) 以前は選択できていたのかな? 前はスーパードライだけやったと思うのですが、 今回は、LAGER(280円)をチョイスできました。 頼んだのはホルモン串、各2本。 これを強烈なパンチのある2度漬け禁止のタレにくぐらせていただく。 同行者は、ここのホルモン、初めてであったのだが、 そのにんにくの強烈さに閉口していた。 自分はにんにく好きなので、大丈夫だが、 人を選ぶホルモンかも知れませんね。 このにんにく風味ホルモンがめっちゃ旨いんやけどな~(^^;) 再訪) この界隈に飲みに来ると、無性にこの店のホルモンだけは食いたくなる。 ただ、相当な人気店のため、その鉄板周りに立とうにも、 なかなかスペースがないのだ。 そのディープな雰囲気ゆえに、普通の人間ならば、 その輪の中に入ることも躊躇してしまうだろう。 ただ、同じ酒飲み・・・皆さん、すごく優しく立ち位置を譲ってくださいます。 そんな大人気のホルモン屋台「やまき」です。 さあ、どんどんホルモンが焼かれていきます。 そのメニューはたった2種類、串にささったホルモンと、あとはキモです。 両方とも値段は60円!!! また酒も、280円のラガーかスーパードライの缶ビール、250円のハイリキ酎ハイ、 それにカップ酒が置いているだけである。 その串を2度漬け禁止のこちらのツケダレにどぼっとくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 ここの店の前を初めて通った方は、おそらく最初ここの鉄板の前に立つのは、 勇気がいることであろう。 しかし、立ってしまうと、どうってことありません。 「ラガーに、あとホルモン2本、キモ1!」って言ってしまえば、 ワンコイン弱460円で、ええ立ち呑み屋台雰囲気を満喫できますよ。 旨さ…………15点 安さ…………20点 店の雰囲気… 9点 B級度………18点 印象度………17点 総合評価……79点 評価Bランク 住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7 電話:06-6634-3535 営業時間:[月~金]14:00~21:00 [土・日]11:00~21:00 定休日:不定休.

次の

やまき(今池・西成萩之茶屋商店街)立ち飲みホルモン鉄板焼き 大阪B級グルメ

西成 やまき タレ

西成のホルモンを語る上でこのお店は絶対に外せないでしょう。 以前紹介した、マルフクからおよそ350m、徒歩5分ほどの場所にある ホルモン やまき こんな至近距離にホルモンの名店が軒を連ねてるなんて本当に贅沢な街です、西成は。 最寄り駅は電軌。 大阪の名物、店のすぐ裏にあるのでわかりやすいと思います。 の横の、商店街へと続く細い道を入ってすぐ右側にあります。 鉄板がせり出たほぼ露店のカタチをとった、今では珍しいスタイルのお店です。 70代とおぼしき寡黙で人の良さそうな店主が一人で切り盛りをしています。 そのため、臨時休業することも多く、いつお店が休みなのかわからないので、お店にいくときはいつもギャンブルですね。 やまきがやってなかったらマルフクに行くというのが私のお決まりのパターンになっています。 店主が鉄板でひっきりなしにホルモンを焼いて、その鉄板を客が囲みながら飲みます。 ホルモン串に関しては、鉄板に置いてある串を客が自由に取っていくビュッフェスタイル(?) 1本70円 このホルモンを鉄板の端に置いてあるこの赤みがかった、甘辛いタレにつけて食べます。 このニンニクが効いたタレが本当に美味しく、中毒性があります。 キモ(豚のレバー)とアブラに関しては店主に注文し、その場で焼いてもらうというスタイルです。 70円 このキモがめちゃくちゃ柔くて美味しいんですよ・・ とろける柔さに、オリジナルの甘辛いタレ加わったらもう最強でしょう。 僕はここ以上のレバーを食べたことがありません。 そしてこのアブラ。 いつも気になるんだけど、このみたいなカタチの、一体どの部位なんだ・・ 不安に襲われるけど、これがまたやわやわでタレがテリッテリに絡んできて美味い。 まぁ美味ければ良いのだ。 ただ3本も食べれば胃がもたれてきます。 もう単価がバカみたいに安いんで、みんなチューハイやビールをバカほど飲んで空き缶をバカスカ積んでいきます。 それもここの見どころなのかもしれません。 は関東では中々お目にかかれない、謎のハイリキというメーカー。 レモン感強めで、ホルモンとよく合います。 ここで「やっべー、1軒目なのに飲み食いしすぎたー。 」 と思っても2000円を超えたことがありません。 そして、ここの名物といえば レゲエおじさん 長髪をドレッドヘアーにしてサングラスをしていてのファッションで身をまとっているおじさんです。 このお店の超常連客で、いつ行ってもいます。 5回行って4回いました。 ノリもレゲエよりで、初対面も関係なく 「ベイベー!」 と言って隣の客に拳を合わそうとします。 僕は隣になったことはないので絡んだことはないですが(絡みたくないですが)こんな自由に、気楽に生きれたら楽しいだろうな〜なんてことを思います。 それが見れるのもここ西成の魅力なのかもしれません。 自由ってかホームレスが多いですからね。 勇気あるもの、是非レゲエおじさんに絡んでみて下さい。 cobainyashi0815.

次の

おうちで西成の『やまき』再現してみました。

西成 やまき タレ

こんにちはまつゆーです! 今回大阪西成にある、ホルモンやまきさんについてお話ししていこうと思います。 私がやまきさんを知ったきっかけはYouTubeで やまきさんのところに食べにいったYOUTUBERがみな、口を揃えてハマる美味しいと口にしていたのを見て、1度たべてみたい!と思い足を運び今では常連になってしまった、 一客の感想をきいてください笑 やまき やまきは今池駅から徒歩1分のところにあり 平日昼間から大変混雑している大人気店です! 私がまずついて頼んだのが、ホルモンです。 やまき秘伝のタレに唐辛子、ニンニクが大量に入っており、一度食べてしまうと、病みつきになる、とても美味しいタレです! ホルモンが進みなにかたりないな〜と思っていたらそうです、飲み物です! やまきのドリンクは主にビール、熱燗、レモンチューハイの3点です! この写真は税金改正前なので、これより10円ほど高くなっていますが、メニューはこのままです!私はレモンチューハイを頼みました。 ホルモンの味の強さに釣られてチューハイが、よく進みます笑 続いて、キモを注文してみました。 肝は一つの固まりを焼いて、注文をしたら店主が切ってくれます、とても食べやすく、肝は個人的に苦手だったのですが、ホルモンに比べて脂感がまったくなく、肉がぎっしり詰まっており、タレにつけて食べるとやみつきになってしまいます。 肝が苦手な方でもパンチの効いたタレと一緒に食べるとハマるかもしれませんよ! とっこんなかんじで飲んで食べたりしていると周りにいる方たちとら仲良くなり、裏メニューの存在について教えていただきました。 店主にアブラって言ってみーと言われ。 店主アブラくださいといえば、メニューには載っていないアブラをだしていただきました。 こちらのアブラも80円でした。 ホルモンとはまた違う食感で本当にプリプリのあぶらをいただきました。 やまきの良さはもちろんホルモン、肝、アブラの3種類のメニューしかないのですがどれも本当に美味しく大変満足したところですが、周りの方達の優しさも伝わりました。 あの少ない時間でこれほどお腹も心も満足させていただいて、ホルモン3本、キモ2本、アブラ1本、チューハイ1本で何と700円でお釣りが来ました。 こんな安くで儲けになるのか心配ですが、これほどお客さんが来ていると心配ないのでしょう!またホルモンやまきさんに行きたいとおもいます!.

次の