プロレス 動画。 ぶらり路上プロレス|動画|Amazonプライムビデオ

新潟プロレス窮地も「希望捨てない」動画配信に活路

プロレス 動画

新潟市を拠点に活動している「新潟プロレス」が窮地に立たされている。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月16日を最後に主催興行をしていない。 団体最大のイベント「アオーレ長岡大会」(5月31日)も中止を決定した。 興行収入は3カ月以上なくなる状態だ。 今後はYouTubeによる動画配信を計画するなど、興行再開までのつなぎと土台作りを粘り強く進める。 新潟プロレスの代表で、トップレスラーのシマ重野(46)は言う。 東京都など7都府県に緊急事態宣言が出された後の8日に「アオーレ長岡大会」の中止を決定した。 16日に全国が対象地域になると、新潟市内の専用道場は休業に入った。 今は所属レスラーが自主トレで1人ずつ使用する程度で、体力づくり目的の一般会員向けのジム活動は止めている。 「アオーレ長岡大会」は提携する大日本プロレスを交え、シングルとタッグの王座防衛戦を行うビッグイベントだった。 マスク、消毒液をかき集め、検温用に非接触型の体温計も購入した。 それでも「最終的にはお客さんの安全確保が第一」と社会の情勢を見て判断。 3月29日の新潟市での主催興行もすでに流れている。 他団体への参戦もなくなった。 3月以降、収益は一部グッズ収入などのみ。 1開催の収入は1カ月分の団体運営費に相当するだけに、傷は深い。 今後は7月19日に予定する新津・荻川大会を皮切りに月1回ペースの興行を計画している。 当然、新型コロナウイルスの感染状況によって開催の可否は左右される。 そのため、スポンサー営業はままならない。 「苦しいのはうちだけではない。 スポンサーさんも苦しい。 この状況で積極的にお願いはできない」。 重野は胸中をそう明かした。 適合する補助金を調べるなど、資金繰りに頭を悩ませる。 その中でもぶれない軸はファンへのサービスだ。 今後、団体の公式YouTubeで配信を行う予定。 「少しでもファンの皆さんに楽しんでもらえれば」。 人気レスラーのビッグ・THE・良寛が、マジックができるようになるまでの過程や、レスラー同士のトーク、過去の試合の動画などを盛り込む。 「希望は捨てない。 必ずプロレスを続けます」。 折れないことがウイルスに負けないこと。 懸命に生き残りを模索する。 【斎藤慎一郎】 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:01]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

ぶらり路上プロレス|動画|Amazonプライムビデオ

プロレス 動画

おはようございます。 でございます。 プロレスは好きですか? 私はプロレスが好きで ジャンルでプロレスを作ってしまったり キン肉マンのブログを立ち上げたりと プロレス好きであります。 プロレスといえば今は新日本プロレスが日本では有名です。 しかし 新日本プロレスの動画を見たいがどうやれば見れるのか? そんな疑問があると思います。 そこで今回は 新日本プロレスを動画を見る方法を書いていきます。 YouTubeなどで見れる動画は違法動画 YouTubeは色んな動画を無料で見れるのは強みですが、どんな動画でも配信出来てしまう強みでもありますが 一本間違えれば犯罪になります。 公式サイトなら問題ないのですが 違法動画の場合は下に細かく書いてますので貼りますが 10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはこれの併科 となります。 それを踏まえて、この記事は各プロレス団体の動画を紹介していきたいと思います。 新日本プロレス アントニオ猪木が立ち上げた 今は離脱 、今や日本の新日本プロレス一強となっています。 実は新日本プロレスは日本より海外の方が知名度あたりします。 アメリカではWWEという団体が1番有名で新日本プロレスはアメリカで実は2番目の知名度を誇ります。 それだけでも凄い団体だと分かりますね。 さて新日本プロレスの動画を見るには 主に4つあります。 【新日本プロレスワールド】 月額999円の有料サイトですが、1番の強みは 生配信で見れる! これが1番の強みでしょう。 また過去の試合も配信しており 新日本プロレスファンは必需なサイトです。 こちらより入れます。 【新日本プロレスリングYouTube】 新日本プロレスは実はYouTubeで配信をしています。 しかもとんでもない量の配信をしています。 最近の大きい試合もやってますし、無料で見れるのが大きいですね。 こちらから入れます。 【ワールドプロレスリング】 テレビ朝日で配信している番組です。 1番の強みは試合以外ですかね。 試合はもちろん見えますが、プロレスは試合までの過程も大事で これにより楽しみ方も変わります。 それを分かりやすく放映してますね。 【スカパー、サムライTV】 スカパーと言えど、色んなプロレスチャンネルありますが、 サムライTV一択です。 サムライTVは新日本プロレス以外にもプロレス団体を放映している番組で 本当のプロレス好きは加入するべき番組です。 こちらより一覧見れます 凄いマイナー団体以外は全て見れると言っても良いぐらいのボリュームです。 こちらからスカパー加入出来ます。 各プロレス団体を見る方法 新日本プロレスは見る方法は分かりましたが、他の団体のプロレスを見たい! そんな方もおられると思います。 新日本プロレスに在籍している選手のほとんどは元新日本プロレス所属選手ではありません。 今のトップ選手では純粋な生え抜きの選手は 棚橋選手、内藤選手、真壁選手、後藤選手、田口選手ぐらいですかね。 各団体に素晴らしい選手も沢山おられます。 そんな選手もおられる各団体を見れる方法を紹介します。 とは言っても基本3つしか方法はありません。 【YouTube】 YouTubeでは実は各団体のチャンネルがあります。 全日本プロレス プロレスリング NOAH DDT 大日本プロレス WRESTLE-1 ゼロワン 他にもありますが、メイン所だけ集めました。 【各団体のサイト】 こちらは各団体がサイトをやってますので、先程のYouTubeからサイトに入れます。 しかし基本動画となると、月額が必要になります。 大体1000円ぐらいですかね。 【スカパー、サムライTV】 やはり一気に全て見るならサムライTVが1番でしょうね。 先程も書きましたが、サムライTVは新日本プロレス以外にもプロレス団体を放映している番組で 凄いマイナー団体以外は全て見れると言っても良いぐらいのボリュームです。 また単品の大きなイベントの配信などもサムライTVが独占ですね。 こちらからスカパー加入出来ます。 ドラゴンゲートの名前は無いですが、ドラゴンゲートはYouTubeはありません。 立ち上げましたが、月日が浅い• ドラゴンゲートネックワーク。 先程のサムライTV。 でも見れます。 U-NEXTを細かく知りたい方はこちらからご覧ください。 どうでしたでしょうか? プロレス団体を知るには過去は私は雑誌しかありませんでしたからね。 今は良い時代になったものです。 動画から各団体が見れるんですから。 色んな団体を見て面白い選手を見つけるのも面白いかもですね。 tukkoman.

次の

プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ

プロレス 動画

女子プロレスとは? 女子プレレスの動画を集めています。 懐かしいものも多いので是非楽しんでいってください。 TAG LEAGUE THE BEST'89 FINAL 女子プロレス全盛時代の動画です。 みんな若いね今見ると。 当時はビデオに録画して夜中にイヤホンで聞きながら再生してチンポを しごいてましたね。 女子プロレス殿堂30年! 女子プロレスの歴史である30年を振り返る。 初めはストリップ劇場でのガーターの奪い合いが四角いリングに姿を変え格闘技 として成長していった!エロからのスタートだった女子プロレス。 性的な見方でみるのは、当然だよね。 全日本女子プロレス中継から 1990年の全日本女子プロレス中継。 強い女に憧れ入門者は後を絶たなかったが、団体対抗戦がやがてはじまり、 女子プロ団体も乱立していく。 真夏の夜の武道館.

次の