浄土宗とは。 浄土宗の教え・末法の悪人も他力念仏1回で救う究極の救済力

「浄土宗」と「浄土真宗(一向宗)」の違いって?

浄土宗とは

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ 浄土宗の歴史と教え 浄土宗の葬儀は、亡き人を極楽浄土にお送りし、阿弥陀さまのもとでさとりへの歩みが進むことを願う法要です。 浄土宗の歴史 中国から日本に伝わってしばらくは、仏教は貴族など特権階級の人のものとなっており、民衆からとても遠い位置にありました。 しかし時代が進み、貴族政治が破綻し始めると、誰もが救われる教えが渇望されるようになりました。 そうした民衆を救うために、念仏の教えを広めようと現れたのが法然(ほうねん)上人です。 法然上人は、万人救済の宗教は、口称念仏(くしょうねんぶつ)の一行にあるのみという確信を得て、承安五年(1175年)に浄土宗を開宗しました。 その後、社会に広く受け入れられた浄土宗は法然の死後、弟子たちによっていくつかの派に分かれました。 現在は、知恩院門跡でもある浄土門主を長とし、全国に分布する浄土宗寺院約七千ケ寺を47教区に分け、教義を広めるため教化を行っています。 阿弥陀仏の力で念仏を唱えれば、必ず浄土に行ける 浄土宗の教えは「 専修念仏」です。 ひたすらに仏に帰依して南無阿弥陀仏を唱えれば、必ず仏の救済を受けて、浄土に生まれることができるというものです。 ただし、ここで言う念仏は、他力本願の念仏で、念仏を唱えることによって阿弥陀仏の本願力により浄土往生が叶うのです。 『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』に説かれる「至誠心(しじょうしん)」「深心(じんしん)」「廻向発願心(えこうほつがんしん)」の3つの心が起きれば、阿弥陀仏に救われて極楽浄土に往生し、その後で仏に生まれるとされています。 浄土宗の葬儀の特徴 浄土宗では、営む場所によって葬儀を以下の3つに分けています。 引導の儀式「下炬」と、念仏一会 浄土宗葬儀は、死者を仏弟子とする儀式と、仏弟子となった故人を浄土に導く引導(いんどう)です。 引導の儀式「下炬(あこ)」では、2本のたいまつのうち1本を「厭離穢土(えんりえど)」(この世を離れること)に見立て、他方を「欣求浄土(ごんぐじょうど)」(浄土を求めること)に見立てて、穢土の方を捨て、一方のたいまつで死者の往生を祈ります。 また、浄土宗の葬儀では、「念仏一会」があります。 念仏一会とは、僧侶とともに参列者一同が「南無阿弥陀仏」と念仏を繰り返すことで、故人が阿弥陀如来の救いを得ることを祈るものです。 また、これには参列者と阿弥陀如来の縁を結ぶ意味も込められています。 その他、臨終から骨上げまで、現在一般的な流れとして広まっている葬儀の風習が、浄土宗葬儀の流れと言えます。 葬儀日程は一般的に、亡くなった日の夜を、翌日の夜に「通夜」を行い、その翌日に「葬儀」「告別式」を行って荼毘(だび)にふします。 ただし、お寺の都合などもありますので、住職と相談することを忘れないようにしましょう。 また、一般的な葬儀についての記事もありますので参考にしてください。 浄土宗の法要 法事は、故人を供養する行事です。 ただし浄土宗の教えでは、念仏を唱えている人は阿弥陀如来のお迎えを受けて極楽浄土へ往生するので、あの世で迷い苦しんでいる先祖の霊を成仏させるために追善供養するのではありません。 故人を偲ぶとともに、自分自身も救いを求めて念仏の教えに触れるのが、法事を営む意味とされています。 焼香・数珠のマナー 現代では、葬儀の運営は葬儀社に任せることが多いですが、大切なお経をあげていただく住職との連携を忘れないようにしましょう。 また、参列する際、喪家が浄土宗とわかっている場合はその作法に従い、失礼のないように心がけましょう。 焼香について 参考動画:<浄土宗>葬儀の際の数珠の持ち方【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合は 浄土宗では通常、二連の数珠を使用します。 「日課数珠」という、2つの輪がつながっている独特のものです。 これは、法然の弟子のひとりが、念仏の数を数えるのに便利なよう考えたものだと伝えられています。 持ち方は、合掌したときは両手の親指と人差し指の間に掛けて、親指の後ろの方に垂らします。 合掌していないときには、左手の手首に掛けるのが作法です。 浄土宗では、手の平の間で音をたてることはしませんので注意しましょう。 また、 数珠を畳の上にじかに置くのもマナー違反です。 分からないことがあれば僧侶・葬儀担当者に確認を 葬儀に使用する壇なども葬儀社が用意してくれることが多いですが、浄土宗の葬儀の執り行い方について分からないことがあれば確認・相談をしながら、適切な形で進められると良いでしょう。 「小さなお葬式」では浄土宗のご葬儀を承っておりますので、お気軽にご相談ください。 参考: 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

浄土真宗とは?浄土宗との違いはたった3つ【簡単にわかりやすく解説】

浄土宗とは

浄土宗のおつとめは「日常勤行式」と呼ばれます。 それぞれのお経には、深い意味があることはいうまでもありません。 しかし、漢文を一読するだけでは、その意味するところがわかりにくいのも事実でしょう。 ここでは「日常勤行式」で唱える経文に加え、お経をより味わっていただくために、経文の下に書き下し文、その下に現代語訳を載せています。 願 がん 我 が 身 しん 浄 じょう 如香 にょこう 炉 ろ 願 がん 我 が 心如 しんにょ 智慧火 ちえか 念念焚 ねんねんぼん 焼 じょう 戒 かい 定 じょう 香 こう 供 く 養 よう 十方三 じっぽうさん 世仏 ぜぶ お香は「仏さまの使い」とも言われます。 道場だけでなく身体と心を清らかにし、仏さまをご供養いたしましょう。 一心 いっしん 敬 きょう 礼十方 らいじっぽう 法界 ほうかい 常 じょう住 じゅう 仏 ぶ 一心 いっしん 敬 きょう 礼十方 らいじっぽう 法界 ほうかい 常 じょう住 じゅう 法 ほう 一心 いっしん 敬 きょう 礼十方 らいじっぽう 法界 ほうかい 常 じょう住 じゅう 僧 そう 仏・法(仏さまの教え)・僧(その教えを信じる人々)の三宝を礼拝し、まごころをささげましょう。 奉請 ほうぜい 十 し 方如来 ほうじょらい 入 じ 道 とう 場 ちょう 散 さん 華 か 楽 らく 奉請 ほうぜい 釈 せ 迦如来 きゃじょらい 入 じ 道 とう 場 ちょう 散 さん 華 か 楽 らく 奉請 ほうぜい 弥陀 びた 如 じょ 来 らい 入 じ 道 とう 場 ちょう 散 さん 華 か 楽 らく 奉請 ほうぜい 観音勢 かんにんせい 至 し 諸 しょ 大 たい 菩薩入 ほさじ 道 とう 場 ちょう 散 さん 華 か 楽 らく 阿弥陀さま・お釈迦さま・もろもろの菩薩さまのお慈悲をあおぎ、 この道場においでくださいとお願いします。 *この四奉請か次の三奉請のいずれかを唱えます。 奉 ぶ 請 じょう 弥陀世 みだせ 尊 そん 入 にゅう 道 どう 場 じょう 奉 ぶ 請 じょう 釈 しゃ 迦 か 如 にょ 来 らい 入 にゅう 道 どう 場 じょう 奉 ぶ 請 じょう 十方 じっぽう 如 にょ 来 らい 入 にゅう 道 どう 場 じょう 大意は四奉請と同じです。 我 が 昔 しゃく 所造諸悪業 しょぞうしょあくごう 皆 かい 由無始 ゆむし 貪瞋 とんじん 痴 ち 従 じゅう 身 しん 語意之 ごいし 所 しょ生 しょう 一切 いっさい 我 が 今皆懺 こんかいさん 悔 げ はるかな過去より現在まで重ねてきた罪を、仏さまのみ前で悔い改めます。 十念 じゅうねん 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀 なむあみだ仏 ぶつ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。 九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。 無 む 上 じょう 甚深 じんじん 微 み 妙 みょう 法 ほう 百 ひゃく 千万劫難遭遇 せんまんごうなんそうぐう 我 が 今見聞得 こんけんもんとく 受 じゅ 持 じ 願 がん 解 げ 如 にょ 来真実 らいしんじつ 義 ぎ 仏さまの教えを聞ける機会を得たことを喜び、 その尊い法を身につけられるよう、仏さまにお願いします。 我 が 建 ごん 超 ちょう 世 せ 願 がん 必 ひっ 至無 しむ 上 じょう 道 どう 斯 し 願 がん 不 ふ 満足 まんぞく 誓 せい 不 ふ 成正 じょうしょう 覚 がく 我於無 がおむ 量 りょう 劫 こう 不為 ふい 大 だい 施 せ 主 しゅ 普 ふ 済諸貧 さいしょびん 苦 ぐ 誓 せい 不 ふ 成正 じょうしょう 覚 がく 我至 がし 成 じょう 仏道 ぶつどう 名 みょう 声 しょう 超 ちょう 十方 じっぽう 究 く 竟 きょう 靡 み 所 しょ 聞 もん 誓 せい 不 ふ 成 じょう 正 しょう 覚 がく 離 り 欲 よく 深 じん 正 しょう 念 ねん 浄 じょう 慧 え 修 しゅ 梵 ぼん 行 ぎょう 志 し 求 ぐ 無 む 上 じょう 道 どう 為 い 諸 しょ 天 てん 人 にん 師 し 神 じん 力 りき 演 えん 大 だい 光 こう 普 ふ 照 しょう 無 む 際 さい 土 ど 消 しょう 除 じょ 三 さん 垢 く 冥 みょう 広 こう 済 さい 衆 しゅ 厄 やく 難 なん 開 かい 彼智慧 ひちえ 眼 げん 滅 めつ 此 し 昏盲闇 こんもうあん 閉塞 へいそく 諸悪道 しょあくどう 通達善趣門 つうだつぜんじゅもん 功祚 くそ 成 じょう 満足 まんぞく 威 い 曜朗十方 ようろうじっぽう 日月 にちがつ 戢 しゅう重 じゅう 暉 き 天光隠 てんこうおん 不 ぷ 現 げん 為 い 衆 しゅう 開 かい 法蔵 ほうぞう 広 こう 施功 せく 徳宝 どくほう 常 じょう 於 お 大 だい 衆中 しゅうじゅう 説法 せっぽう 師子吼 ししく 供 く 養一切仏 よういっさいぶつ 具 ぐ 足衆徳本 そくしゅとくほん 願 がん 慧 ね 悉 しつ 成 じょう 満 まん 得 とく 為 い 三界雄 さんがいおう 如 にょ 仏 ぶつ 無礙智 むげち 通達 つうだつ 靡 み 不 ふ 照 しょう 願 がん 我功慧 がくえ 力 りき 等 とう 此 し 最 さい 勝 しょう 尊 そん 斯 し 願 がん 若 にゃっ 剋 こっ 果 か 大千応感動 だいせんおうかんどう 虚 こ 空諸天人 くうしょてんにん 当 とう 雨 う 珍 ちん 妙 みょう 華 け 『無量寿経』の一部。 仏となってすべての者を救おうと、世自在王如来のみ前で四十八の誓い 四十八願 をたてた法蔵菩薩が、あらためてその決意を述べ、さらに世自在王如来の功徳を讃えて自らもそうありたいとの意志を表明しています。 弥陀 みだ 本誓願 ほんぜいがん 極楽 ごくらく 之 し 要門 ようもん 定 じょう 散等 さんとう 回 え 向 こう 速 そく 証 しょう 無 む 生 しょう 身 しん ここまで唱えたお経の功徳を、極楽往生のためにふりむけます。 十念 じゅうねん 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀 なむあみだ仏 ぶつ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。 九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。 宗祖法然上人がご臨終(往生)される二日前に遺されたお言葉です。 上人のみ教えの肝要がすべて込められているといわれます。 宗祖法然上人が師と仰いだ中国・唐時代の高僧、善導大師の著書『往生礼讃偈』に収められているもので、最期臨終の際には仏や菩薩方のお迎えをいただいて身心やすらかな中に極楽浄土へ往生できるようにと願い、往生を遂げたなら、苦しみ惑う人々を救い導こうとの誓いを述べる文です。 光 こう 明 みょう 徧 へん 照 じょう 十方 じっぽう 世 せ 界 かい 念仏衆 ねんぶっしゅ 生 じょう 摂取 せっしゅ 不 ふ 捨 しゃ 阿弥陀さまの光明はいつも、お念仏をとなえる私たちを照らしています。 そのお慈悲を喜び、極楽浄土への想いを深めましょう。 お念仏を繰り返しとなえます。 数にきまりはありませんが、なるべく多くとなえるのがよいでしょう。 願 がん 以此功 にしく 徳 どく 平 びょう 等 どう 施 せ 一切 いっさい 同発 どうほつ 菩 ぼ 提心 だいしん 往 おう 生 じょう 安楽国 あんらっこく お念仏の功徳をすべての人々にふり向け、極楽浄土へともに往生できることを願います。 十念 じゅうねん 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀 なむあみだ仏 ぶつ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。 九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。 衆 しゅ 生 じょう 無 む 辺誓願 へんせいがん 度 ど 煩悩 ぼんのう 無 む 辺誓願断 へんせいがんだん 法門 ほうもん 無 む 尽誓願 じんせいがん 知 ち 無 む 上 じょう 菩 ぼ 提誓願 だいせいがん 証 しょう 自他 じた 法界同 ほうかいどう 利 り 益 やく 共 ぐ 生 しょう 極楽 ごくらく 成 じょう 仏道 ぶつどう 自分自身も仏となるための誓いを述べ、お念仏の功徳によってみな共々に極楽へ往生し、仏の道を歩めますようにと願います。 三唱礼 さんしょうらい 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 「南無阿弥陀仏」と三遍、節をつけて計九回となえます。 *この「三唱礼」か次の「三身礼」のいずれかを唱えます。 南無 なむ 西方極楽 さいほうごくらく 世 せ 界本願 かいほんがん 成 じょう 就身 じゅしん 阿弥陀仏 あみだぶ 南無 なむ 西方極楽 さいほうごくらく 世 せ 界 かい 光 こう 明 みょう 摂取身 せっしゅしん 阿弥陀仏 あみだぶ 南無 なむ 西方極楽 さいほうごくらく 世 せ 界来迎引 かいらいこういん 接 じょう 身 しん 阿弥陀仏 あみだぶ 西のかなたにある極楽浄土にいらっしゃる阿弥陀さまの、大きな三つの特徴を讃えます。 請 しょう 仏随縁還本国 ぶつずいえんげんぽんごく 普 ふ 散香 さんこう 華 け 心送仏 しんそうぶつ 願仏 がんぶつ 慈 じ 心遙 しんよう 護 ご 念 ねん 同 どう 生 しょう 相勧尽須来 そうかんじんしゅらい おつとめをするにあたっておいでいただいた仏さまをお送りし、また私たちの毎日をお守りくださるようお願いしましょう。 十念(低声十念) じゅうねん(ていせいじゅうねん) 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 南無阿弥陀 なむあみだ仏 ぶつ 南無阿弥陀仏 なむあみだぶ 自分の耳に聞こえる程度の小さい声でお念仏を十遍となえます。

次の

浄土教と浄土宗って何が違うの?簡単にわかりやすく。

浄土宗とは

今回「終活ねっと」では浄土宗と浄土真宗に関して以下のような事柄を中心に説明していきます。 浄土宗と浄土真宗の歴史• 浄土宗と浄土真宗のちがいについて 時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。 ぜひ最後までお読みください。 時代背景 浄土宗と浄土真宗は、平安時代の終わり頃に開かれました。 朝廷では摂関政治が幕を閉じ、院政が行われている時代です。 当時、寺院は土地や僧兵という武力を持っていて、朝廷にも発言できるような強い勢力になっていました。 院政を行っている上皇たちも、自分たちの権力を安定させるため、寺院を後ろ盾にしていたのです。 このように、当時の仏教とは、個々人を救済する宗教ではなく、国家の安定のために存在するものでした。 同じ時期、世の中には武士が台頭し始めて、治安が悪化していました。 庶民の間では「末法思想」という「この世は終わりだ」という考えが広まって、不安感が大きくなっていったのです。 浄土宗と浄土真宗の成立 浄土宗 浄土宗の開祖は、法然上人です。 法然上人は幼い頃より仏教を学び、天台宗の本山、比叡山で厳しい修行に励みました。 若くして勉学に励む法然上人は、周りから注目され期待されますが、自身が望むような真理に出会うことはなかなかできませんでした。 しかしながら、修業の中で出会った『往生要集』を熟読していくうちに、「阿弥陀仏の名をたたえて、念仏を称えれば極楽浄土に往生できる」という教えに感化されます。 そして、1175年、ただ念仏を称えれば誰でも平等に往生できるという、専修念仏の教えを説きました。 こうして、浄土宗が開かれたのです。 今までの仏教では、厳しい修業を行った者や財力や権力を持つ者だけが救われると考えられていました。 このため、「『南無阿弥陀仏』を称えれば誰でも平等に極楽浄土へ往生できる」という浄土宗の教えは、庶民から圧倒的な支持を得て広まっていきました。 日本で最初の、庶民に開かれた仏教の教えとも言えます。 浄土真宗 浄土真宗の開祖は、法然の弟子だった親鸞聖人です。 親鸞聖人が法然上人の教えを否定して、新しい宗派を作ったものだと勘違いされがちですが、実際には、親鸞聖人は法然上人のことを生涯に渡り尊敬しており、自ら新しい宗派を開こうと考えたことはなかったそうです。 法然上人の浄土宗が広まっていく中で、その人気を恐れた既存の宗派や朝廷が法然上人やその弟子たちを弾圧し始めます。 法然上人と弟子たちは各地に流罪になり、その中で弟子同士で法然の教えについて解釈に差異が生じていきました。 親鸞聖人も越後に流罪となったとき、「非僧非俗」という立場を取ります。 これは僧侶のような浮世離れした人間ではなく、今生きている人間に教えを説くというものです。 その一環として、親鸞聖人は越後で結婚をして、子どもにも恵まれました。 浄土真宗では、浄土宗を基礎にしながらも、解釈の異なる部分があります。 絶対他力 浄土宗・浄土真宗のいう「他力」とは、阿弥陀如来の本願力のことです。 浄土宗では、念仏を称えるという行いにより救われるという「他力本願」を説きますが、浄土真宗では、念仏を称えようと思ったときにはすでに救われているという「絶対他力」を説いています。 行いなのか、心なのかという違いがあるのです。 悪人正機説 人には皆悪いところがあるので、悪人ですら救われるという教えです。 肉食妻帯を認める どんな生き物でも、生きるためには殺生をしなければなりません。 また、次世代に子孫を残すためには、結婚することも必要です。 つまり、肉食妻帯はごく自然なことで、それを絶たなければ救われないというのは、逆に不自然だという考えによります。 浄土宗と浄土真宗の具体的な違い 同じく「南無阿弥陀仏」という念仏を称え、極楽浄土への往生を祈る両宗派ですが、違いはどこにあるのでしょうか? お経 両宗派とも、「浄土三部経」を教えのよりどころにしています。 浄土宗では他の宗派でも採用されている「般若心経」も読みますが、浄土真宗では読みません。 般若とは、智慧という意味です。 般若心経を読むことは、人間が仏の智慧を得てその道を進むことを目指しています。 けれども、浄土真宗では「絶対他力」という考えがあるので、人間が智慧を得る必要がないのです。 仏壇 仏壇の飾り方にも違いがあります。 大きく違うのは、ご本尊である阿弥陀如来の姿と掛け軸です。 浄土宗 阿弥陀如来は、舟形の光背のついたものです。 掛け軸は、向かって右側が「善導大師」、向かって左側が「法然上人」です。 浄土真宗 阿弥陀如来は、頭光と光背が付いているものです。 掛け軸は、向かって右側が「親鸞聖人」、向かって左側が「蓮如聖人」です。 まとめ いかがでしたか? 浄土宗と浄土真宗の関係性をご理解いただけましたでしょうか。 どちらも、平安時代から現在まで長く人々を惹き付ける宗派です。 今も昔も、人が往生を願う気持ちは変わらないのでしょうね。 「終活ねっと」では様々な記事を紹介しています。 鎌倉新仏教についても知りたい方は、こちらの「終活ねっと」の記事をご覧ください。

次の