ポケモン 耐久指数。 ポケモンバトル初~中級者向け|火力指数って何?ダメージ感覚を身に着けよう【ポケモン剣盾】

耐久効率?について|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

ポケモン 耐久指数

耐久指数について Lv. 50での最大の耐久力を求める計算式は以下の通り。 また、無振り時の耐久力を求める計算式は以下の通り。 50のときのダメージ計算式を、計算しやすいように簡素化するとおよそ以下のようになる。 9 これをさらに大まかに言えば、相手の特攻実数値とこちらの特防実数値が同じであれば、受けるダメージは技の威力の半分未満となる。 あるいは、技の威力と特防実数値が同じであれば、受けるダメージは相手の特攻実数値の半分未満となる。 これだけでも覚えておくと、タイプ補正などで上手く相殺すれば受けるダメージを簡単に概算できる場合がある。 ダメージ計算処理の関係上、若干の誤差が出ます。 あくまで目安としてご利用ください。 火力指数 指数割合 ダメージ割合 近似指数例 51069 265. 5倍になる。 使用できるポケモンは限られるものの、無条件、常時適用の上、倍率は破格。 物理特殊両面に強くなることで崩されにくく、行動にも制限がかからない。 持ち物での回復が出来ない分、じこさいせいなどで自力回復できるポケモンとの相性がよい。 しかしのポケモンが対象であるため、火力による圧力をかけづらい。 そのため、主にトリックルーム等のサポート役やちきゅうなげ・どくどく等の定数ダメージで圧力をかけるポケモンに採用される。 同じ倍率のとつげきチョッキは特防のみの強化になり行動にも制限がかかるが、最終進化系でも使用できる。 また、第7世代ではフィラ系の木の実の効果が強化され最終進化系でも擬似的に耐久力を1. 5倍にできるようになった。 とつげきチョッキ 持たせると変化技が出せなくなるが、特防が1. 5倍になる。 その効果により所持するポケモンは必然的にフルアタッカーとなる。 攻撃性能の高いポケモンに持たせ、特殊アタッカーへの役割を遂行しやすくするのが主な使い方。 高物理耐久と合わせて崩されにくくするも良し、高特殊耐久と合わせて超耐久を得るも良しと使い勝手がよい。 デメリットは比較的軽く、抜群を取りやすい技範囲を取る、優秀な追加効果を持った技を補助的に使うなどして軽減できる。 物理攻撃に対しては何の効果もなく、なんの強化もない火力が受けきられてしまう場合には積みの起点にもされかねないためその点は注意。 全てのポケモンが使用でき、発動条件もゆるいため使いやすい。 主な使い方は耐久力上昇というよりも確定数ずらし。 ビルドアップなど、耐久力の上がる積み技とは相性がよく、受けられる範囲が大きく広がる。 きあいのタスキを持たせるほどではない、そこそこの耐久力を持ったポケモンに採用されやすい。 欠点は発動条件で、一撃で倒されてしまう場合無意味であることと、相手の行動や乱数によっては上手く発動しない場合があること。 これを考慮した立ち回りも一般的で、過信は禁物。 嫌いな味だとその後混乱する。 第7世代にて効果が強化された。 全てのポケモンが使用できるものの発動条件が厳しく、オボンのみと同じように使おうとすると上手く機能しない。 採用する場合はもともとの耐久力が高く、想定される攻撃を2発以上耐えられるポケモンに限るべきだろう。 ただし、特性と組み合わせることで、HPが半分になった時点で発動できるようになる。 また、5種類の木の実がほぼ同じ効果を持つが、基本的にはフィラ・ウイが採用される。 これはむしくいやトリックなどで相手がこれらの木の実を使用する場合、 下降補正は攻撃・特攻にかかっている可能性が高く、混乱のデメリットを押し付けることができるため。 1度発動すると耐久力が6. 継続して回復することが出来るが、回復量は微々たる物。 4回以上の発動が見込めないのであればオボンの実に軍配が上がることになるが、 交換際にダメージを受けた場合でもターン終了時に発動するので、交換・相性受けが頻発するサイクル戦で活躍する。 一方、逆にこれらで回復を潰されるという見方も。 タイプにはくろいヘドロを持たせることで、どろぼうなどで奪われた場合に相手にデメリットを科すことが出来るため、 たべのこしとの重複がなくともそちらが優先される。 各種Zクリスタル 特定の変化技をZワザとして繰り出すと、自身の体力を全回復する。 第7世代より新登場した回復手段。 変化技を使用する直前に自身の体力を全回復する。 パーティのZワザ枠を必要とするものの、HPが減りきってから一気に回復できるため相手の思惑を大きく外すことが出来る。 自力での回復手段をこれしか持たないポケモンも多く、特に第6世代までで回復手段を持たなかったポケモンには嬉しい新要素。 技のタイプによっては他の技をZワザ化するなど柔軟な戦術も取ることができるため、今後の更なる研究が待たれる。 また、Zワザの特性によりちょうはつ状態等を無視でき、まず妨害されない。 ただし癖の強さは中々で、対応する技が必ずしも有用ではないため使いこなせるポケモンが限られ、 木の実と違い自動発動でないことから、不意の急所や役割破壊で発動し逃すことも考えられる。 耐久ポケモンは概して厄介な持ち物を持つため、はたきおとすやトリックを受けやすいが、それらに強くなるのは一つのメリット。 カゴのみ ねむり状態を回復する。 ねむるとのコンボによって完全回復を行う伝統的とも言える回復方法。 ほぼ全てのポケモンが覚え、状態異常を含めて回復できるという点で最も強力な回復手段ではあるが、 第7世代ではエレキフィールド・ミストフィールドの流行によりねむるの使用が難しくなり、 その他にも状態異常全般が弱体化されたことによりあえて回復することの意義が薄れてしまったため、採用率は低い。 技スペースを割いての1度きりの回復なら安定して発動できるZワザで十分であり、こちらの利点はZワザ枠を使わない程度。 採用される場合、積み技とセットで要塞化の補助を行うのが主。 5倍になる。

次の

耐久力ランキング(特殊)

ポケモン 耐久指数

耐久アタッカー型のポケモンは、ただHPに252振ればいいのか? 貴方は、ポケモンを育てる時、火力と耐久の半々に努力値を振る場合、 「攻撃か特攻に252振って、残りはHPに252振ればいい!」なんて思ってないだろうか? 今回は、ポケモンの努力値 基礎ポイント 振りに役立つ話題を提供しよう。 ちょっと数学(算数)のお話もあるが、授業中に寝てしまうタイプの人にも親切に書いたつもりだ。 いや、本当に寝るタイプの人は3行目で寝てるから、この行に書いてあることすらもう読んでいないか……。 さて、本題だ。 最初に例を挙げた話に戻そう。 耐久振りのアタッカーは、ただHPに振ればいいのか、という話だね。 もちろん、それでOKな場合もあるが、育てているポケモンによっては、無駄な振り方をしている可能性もある。 「耐久指数」というものを理解していないとね。 耐久指数って何なのそれ? 耐久指数なんて四字熟語を見ると、いかにも難しそう、と国語が苦手な人は引いてしまうかもしれない。 だが、そんなに難しいことではない。 耐久指数が高ければ高いほどそのポケモンは堅い、ということになる。 かけるのが防御なら 物理耐久指数、特防なら 特殊耐久指数である。 それでは、限られた努力値をHPと防御または特防に振り分ける場合、どうすれば耐久指数が高くなり、堅くなるのだろうか。 次の「なんちゃって数学」問題を解いてみよう。 【数学っぽい問題】 a,bをそれぞれ自然数とする。 少し考えてみよう。 次点で、11と9。 そして最小は19と1。 2つの自然数の大きさが等しい時、その積は最大になる。 証明はめんどくさいからやらない。 私も、数学は得意じゃないし 上の問題を見てまだピンと来ない人のために説明しよう。 「何故、突然数学の講義が始まったんだ?」と思ったかもしれない。 実際、ポケモンバトルは数学が役に立つ。 でも、簡単な話なのでリラックスして読んでほしい。 要するに、ポケモンの努力値と種族値の総和も常に一定である。 つまり、 HPと防御 特防 の和が一定ならば、差が小さければ小さい程、耐久も高くなる。 ということを、覚えておけばいい。 ただ、全ての努力値をHPと防御、またはHPと特防に振る場合は、関係ない。 何も考えずに特化させればいい。 今回のテーマは、あくまで火力と耐久の半々に振るケースだ。 素早さと耐久の半々でもいい。 耐久アタッカー、努力値振りの実践例。 ランターンの場合 例えばランターン。 この愛らしい深海魚 何故か浅瀬に住んでる も、基本はHPに振らないタイプのポケモンだ。 ランターン種族値: H125-A58-B58-C76-D76-S67 個体値が全てV 最大 の時、レベル50ランターン実数値 努力値、性格補正なし H200-A78-B78-C96-D96-S87 ランターンは見ての通り、HPが高い。 そして基本的に火力不足故に、特攻に補正をかけて252振らなければいけない。 では残りは補正なしの256。 どう振ればいいだろうか?面倒だから、素早さに4振って、残りは 252として考えよう。 1.HPに252振った場合。 実数値はH232-B78-D96。 この場合、物理耐久指数は18,096で、特殊耐久指数は22,272となる。 2.防御と特防に124ずつ振り、HPに4振った場合。 実数値はH201-B94-D112。 物理耐久指数は18,894、特殊耐久指数は22,512となった。 その差はわずかではあるものの、物理、特殊ともにHP252振りよりも堅くなっている。 ダイマックスと耐久指数 剣盾にはダイマックスが登場し、耐久の調整はよりややこしくなった……とお思いの方もいるだろう。 実は、そんなことはない。 ダイマックスすれば、単純に耐久指数も2倍になるからだ。 HP200 防御100 とHP100 防御200 のポケモンがいたとして、どちらも耐久指数は20,000。 これがダイマックスすれば、 HP400 防御100 とHP200 防御200 でどちらも耐久指数は40,000。 ただ2倍になるだけだ。 むしろダイマックスと耐久指数の関係で大事なのは、元々の耐久指数が高いポケモン程、ダイマックス時の耐久指数が高くなるという点か。 定数ダメージという面倒な問題 ダイマックスよりも厄介で面倒なのは、定数ダメージだ。 つまり毒や天候とかで、HPの8分の1とか16分の1が削られるなどの、各種ダメージのことを指す。 これらは、防御・特防の高さを無視するため、HPのみで計算をする必要がある。 HPを16の倍数から1を引いた数 16n-1 にしておけば、もうどく、やけど、天候ダメージが最小になる。 これこそが最も美しいのだ、と唱える人もいる。 彼らは16n-1調整に、まるでダヴィンチのアートのような芸術性を感じとっている。 確かに美しい調整だとは思うが、これが実際のポケモンバトルで、どれ程の勝率の違いを生み出すのかは、誰もよく分かっていないのが実際のところである。 かくいう私も、半ば妄信的に"HPは奇数にせよ"という教えを信じてはいるが、そのおかげで勝てた試合があったか、と聞かれれば答えに詰まる。 まだみがわりの試行回数を増やせる4n+1調整とかは、わかりやすいけどね。 結論・まとめ• HPの種族値が高いポケモンを耐久アタッカー型などにする場合、努力値は防御か特防に振った方がより堅くなる。 理想はHP=防御、またはHP=特防という調整。 ただし、定数ダメージを考慮に入れる場合、その限りではない。 はい、長い文章が嫌な人は、ここだけよく読んで覚えよう。 yasuokaden.

次の

耐久調整の考え方

ポケモン 耐久指数

特化は性格込み、無補正は努力値のみ振っている事を指します。 カプ・コケコ 要注意ポケモンの一角のカプ・コケコです。 S130族であり、高い攻撃力が活かしにくいのにもかかわらずエレキフィールドを用いた特殊型を中心に強いのだから流石はカプ神と言った具合でしょうか。 無補正C252珠エレキフィールド10万ボルト:38697 無補正C252エレキフィールド10万ボルト:29768 エレキフィールドZ10万ボルト:57881 カプ・テテフ 同じくシングル、ダブル両方で要注意ポケモンのテテフです。 エレキフィールド頼みのコケコと違いCが高く、フィールド下では無くても脅威です。 特化ムーンフォース : 28500 特化サイコフィールドサイコキネシス :40500 ミミッキュ シングルレートの問題児です。 専用特性の化けの皮の存在から、単純なアタッカーから起点作り等様々な型があり、種族値に似合わず非常に強力なポケモンです。 特化戯れ付く:21060 特化影打ち:9360 特化シャドークロー:16380 特化ぽかぼかフレンドタイム:44460 特化シャドークロー:32760 メガリザードンY 最後にWCS2017チャンピオンのバルドルさんお墨付きのダブルバトル入門に持ってこいポケモンです。 単純明快な強さを持っています。 特化晴れ熱風:39150 特化晴れ火炎放射:46980 特化晴れオーバーヒート: 67860 他にも基準にすべきポケモンがございますが、これぐらいにさせていただきます。 後日、自力で計算できるエクセルファイルを配布するかもしれません。 (すごく簡単なものですが) 耐久指数とは? こちらはポケモンの総合的な耐久力です。 例としてツボツボというポケモンが居ます。 ツボツボは異常な防御と特防を持っていますがトップではないです。 (それでも上位ですが)何故かというと、HPが非常に低いからです。 そのため、ツボツボに限った話ではないですが防御と特防が高くHPが低いポケモン(カプ・レヒレ等)はHPを振ると効率が良くなります。 計算方法がこちら、こちらは凄く単純です。 85 , 0. 86 , 0. 87 , ・・・ 0. 99 , 1. 85のときダメージ量は最小となります。 00になる確率も等しく6. この計算式を使うことで、相手ポケモンを倒すことができるのかどうか、また耐えることができるのかどうかがわかるようになります。 倒せるのか判定したいのなら最低乱数0. 85を代入してその値が100を超えれば倒すことが出来ます。 逆に耐えるのか判定したいのなら最高乱数1を代入してその値が100より小さければ耐えることが出来ます。 難しい!と思う人も居ますがご安心下さい。 ダメージ計算についてのツールを作ってくださる人が居ます。 非常に便利なので使ってみて下さい。 iPhone等スマホでも出来ます.

次の