エクセル グラフ 作り方。 三角関数のグラフをExcel(エクセル)でかんたんに描く方法

エクセル(Excel)のグラフの作り方~タイトルのつけ方や系列の編集方法~

エクセル グラフ 作り方

グラフに表示する文字列は選択範囲に含める 項目名や、凡例に表示する文字列は、グラフの範囲に含めなければなりません。 例えば、下の表で先月と今月を比較する棒グラフを作成する場合、 選択範囲は以下の場所を選択すべきです。 すると、下のように出来上がります。 これを、下のように凡例に表示したい、「D2」の「今月」と「E2」の「先月」を抜いた状態で選択していると・・・。 下のように、凡例には「系列1」「系列2」と表示されてしまいます。 また、「商品名」の「C2:C8」を抜かして選択すると・・・。 下のように商品名が表示されず、意味が分からないグラフになってしまいます。 いっそ、数字だけ選択したら・・・。 こんな感じです。 もう、何が何だか分かりません。 この凡例と項目名は、後で追加することも、自分で作成したり、他の場所を参照したりも出来ますが、楽をするには 最初に選択範囲に含ませるのが1番です。 [データ範囲が複雑すぎるため、表示できません。 データ範囲を選択し直すと、[系列]タブのすべての系列が置き換えられます] というメッセージが表示されています。 簡単に言うと、「その範囲じゃ複雑すぎて、グラフは作れないよ」ということです。 やはり左上の角は必要なようですね。 エクセルは左上の角を基本として右方向、下方向に系列を読み取ります。 その場所の文字列が必要なくても、 エクセルに自動で範囲を理解させるには、ちゃんと 角を含めなければならないのですね。 四角い範囲で選択する 先ほどの「左上の角は入れる」話と繋がるのですが、選択範囲は綺麗な四角形で選択する必要があります。 例えば、右下を抜いてみたり、 頑張って、複雑な選択をしても、 結局、想定していたようなグラフは出来上がりません。 例えば、下の表で「単価を比較するグラフ」を作成する場合、どの範囲を選択するかというと、 この範囲になりますね。 では、「先月」と「今月」を比較するグラフを作成したい場合はどこを選べば良いのでしょう。 答えは、下の画像です。 離れた場所を選択する必要があるわけですが、遠くから眺めるように見てみると、選択範囲が四角形になっていることが分かります。 分かり易く赤い四角で囲むと下の画像のようになります。 左上の角を入れて、全体が四角形に収まる範囲で選択するのがポイントです。 このような離れた場所を選択する場合は、ついつい角を抜かしてしまい、四角形ではなく複雑な形で選択してしまうことがあるので注意が必要です。 離れた場所の選択は「Ctrl」キーを使う これまでの説明でも使用していましたが、離れた場所を選択する場合は「Ctrl」を押しながら追加していきます。 もう少し、正確に言うと、 選択する範囲の 2か所目以降から「Ctrl」キーを押しながら選択。 ということになります。 最初から「Ctrl」キーを押していると、最初にクリックしていた関係ない場所が選択範囲に入ってしまうので注意しましょう。 まとめ グラフを手早く作成するには、エクセルに理解できるように選択範囲を指定してあげる必要があります。 角を含めて四角く選択する このポイントをしっかり覚えておきましょう。 また、後から選択範囲を変更する方法に関しては、をご覧ください。

次の

Excel(エクセル)基本講座:グラフの作成方法

エクセル グラフ 作り方

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「グラフ」についてです。 社内会議で営業部の販売成績や売上などの報告を行わなければいけない場合、どうしたらメンバーにわかりやすく説明することができるか。 そのような時は、エクセルでグラフを作成し、データの視覚化を行いましょう。 今回はエクセルでできるグラフの作り方を解説します。 また、グラフに関する記事は全5回の「」として記事を展開していきます。 初回となる今回は一般的な「グラフの作り方」についてですが、「第2回 グラフの種類」「第3回 2軸タイプのグラフの作り方」「第4回 散布図の作り方」「第5回 円グラフの作り方」と各回ごとに別々の種類のグラフの作り方の解説を行っていきます。 2016 データの比較なら、数字ばかりのデータよりもグラフが一番! エクセルを使って在庫・売上管理をすることも多いと思います。 しかし、部下から上がっている報告書や企画書は数字ばかりで状況が把握しづらいといった経験はありませんか。 そんな時は、それらのデータにわかりやすく視覚化したグラフも添えると、会議時の資料としての価値が一段と高まります。 数字ばかり・文字ばかりのデータでは見る側も一苦労です。 また、プレゼンなどの際には、視覚化されたグラフで説明することによって顧客の理解も得られやすいというメリットも。 まだエクセルには不慣れな人・初めての人でもわかりやすい、簡単な棒グラフの作成を例に説明していきます。 まずはグラフの元となるデータを準備する エクセルでグラフを作ろうと思ったら、必ず元になるデータが必要となります。 図のようなデータからグラフを作る場合、まず初めにどの部分の数値のグラフ化するか、範囲を指定します。 今回はこちらの売上データを例に作成方法を説明していきます。 実際にグラフを作成 まずは1~3月までの売り上げをグラフにするには、その数値の部分を範囲指定する必要があります。 赤枠で囲った部分を選択します。 「挿入」タブをクリック後、? 「グラフ」の部分に行き、ここでは棒グラフのアイコンをクリックします。 棒グラフ以外でにも、いろいろな種類のグラフを作成することができます。 今回は2-D縦棒グラフの一番左側のグラフを選択します。 カーソルを当てると写真のように、グラフのプレビューが表示されます。 この内容でよければそのまま確定し、グラフを移動させます。 元になるデータが離れたセルにある場合は? では今年の3か月間の売上と昨年と同じ時期の3か月間の売上を比較するグラフの場合は、 まず下の図のように? を選択し。 Ctrlキーを押しながら? を選択します。 すると今年と昨年の出荷数のグラフが作成されますが、この場合はグラフの下の部分「系列1・系列2」という部分の編集が必要です。 これについては次の章で説明していきます。 グラフのタイトルを編集する グラフのタイトルを編集するには、グラフ内の赤枠部分を左クリックすると文字入力できるようになりますので、そのままタイトルを入力します。 系列の部分などの変更は? 前の章の最後の「系列」という部分を編集していきます。 グラフの右側の3つのアイコンの内、漏斗のアイコンをクリックします。 すると下図のようにデータソースの選択を行うウィンドウが表示されるので、「系列1」を選択して凡例項目の「編集」をクリックします。 系列名に「今年の出荷数」と入力します。 同じように「系列2」にも「昨年の出荷数」と入力します。 またグラフ要素ではさまざまなオプションが用意されています。 特に軸ラベルの文字列の方向を修正する場合には書式設定を表示させて、縦書きモードに変更することが可能です。

次の

対数グラフの作り方−対数目盛を表示する:Excel(エクセル)の使い方/棒グラフ

エクセル グラフ 作り方

Excel(エクセル)でグラフを作成する方法 1. 表を作成する Excelでグラフを作成するには、まず表を作成します。 この時、グラフにしたい表は基本的に長方形になるようにしておきます。 ここでは、上記のようなテストの点数表を想定してグラフを作っていきましょう。 表を選択する グラフにしたいデータの範囲を選択します。 複数のセルを選択する際は「Shift」キーを押したまま方向キーを押すと選択範囲が広がります。 挿入から「グラフ」を選択する 範囲を選択したら、上部のタブから「挿入」を選択します。 挿入の中にあるグラフのアイコンをクリックすると自動でグラフが作成されます。 では、挿入できるグラフにはどのようなものがあるのでしょうか。 1 棒グラフ 2 円グラフ 3 折れ線グラフ 4 散布図 Exceの操作画面には、上記のようにグラフごとにアイコンが描かれています。 それぞれのアイコンをクリックすると、自動でその図に合わせたグラフを作成できます。 ここでは代表的な4つのグラフを紹介します。 1 棒グラフ 棒グラフは 項目の量を比較する際に用いるグラフです。 例えば、上記のグラフの場合、各人の学期ごとの点数の差がわかるようなグラフになっています。 売り上げの推移など、時間経過とともに変化する数値を表す時に利用しましょう。 参考: 2 円グラフ 円グラフは複数の 項目の割合を表す際に利用するグラフです。 例えば、上記のグラフは学生が学校で過ごしている時間の割合をグラフにしたものです。 他にも、売り上げの構成比やアンケートにおける回答の割合などを表す際は円グラフを活用してみましょう。 3 折れ線グラフ 折れ線グラフは 項目の推移(変化)を表すためのグラフです。 例えば、上記のグラフでは、各人ごとの点数の推移を表しています。 これをみると、2学期に点数が下がってしまった日下部さんが、3学期にはむしろ1学期よりもいい点数をとっていることがわかります。 参考: 4 散布図 散布図は、 項目同士の関係性を把握するのに利用するグラフです。 例えば上記のグラフの場合、国語の点数と理科の点数を加味した場所にそれぞれの人の点が打たれています。 点は右肩上がりに集まっており、理科の点数が高い人は国語の点数も高い傾向にあるのがわかるでしょう。 グラフの列と行を入れ替える方法 例えば、以下の画像は黒沢さんと白峰さんの学期ごとのテストの点数とクラスの平均点を表にしたものです。 そのままグラフを作成したら、右のように学期ごとの点数になってしまいました。 これを黒沢さんと白峰さんそれぞれの成績の推移を表すように修正してみます。 グラフをクリックして選択した状態にする グラフをクリックしてください。 グラフの元となったデータが入った表に枠が表示され、選択状態になります。 グラフの列と行を入れ替えると、行に羅列していた項目と列として羅列したいた項目が入れ替わります。 例えば上記の場合、紫色で囲われている行と、赤色で囲われている列が入れ替わります。 先ほどまで学期ごとに並んでいた棒グラフが人名ごとの推移を表すグラフとなりました。 複数のグラフを組み合わせる方法 クラスの平均点の推移に黒沢さんと白峰さんの点数の推移を折れ線グラフで重ね合わせるように変更してみましょう。 学期ごとの推移が土台となるので列と行を変更して、先ほどのグラフに戻します。 折れ線グラフに変更したい項目を選択する グラフの中から、折れ線グラフに変更したい項目を選択します。 ここでは黒沢さんの推移を折れ線グラフに変更するので、青色の黒沢さんの棒を選択しましょう。 「グラフのデザイン」から「グラフの種類の変更」を選択する 項目を選択した状態のまま「グラフのデザイン」から「グラフの種類の変更」を選択してください。 折れ線グラフを選択する 「グラフの種類の変更」を選択すると、以下のように変更できるグラフの種類が表示されます。 「折れ線」の中から「直線」をクリックしましょう。 以下のように折れ線グラフに変換されました。 完成 同じ容量でもう1人の白峰さんの点数の推移も折れ線グラフに変更します。 完成したグラフからはクラス平均の推移に合わせて2人の成績が上下しており、かつ2人の成績はほぼ同じだということがわかります。 参考: まとめ Excelでは、数値が入力された表を選択するだけでグラフを作成できます。 折れ線グラフ・棒グラフ・円グラフ・散布図といった種類から選択できるので、表現したいデータに合わせて設定するようにしましょう。 また、ExcelだけでなくPowerPointやWordでも、Excelの機能を使ってグラフを挿入できます。 ぜひグラフを活用する際は、今回紹介した手法を使って、わかりやすい内容へと仕上げていきましょう。 資料作りに役立つExcel(エクセル)術を見る.

次の