ダクマ ようき いじっぱり。 メガボーマンダの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

募集〆切 出)ダクマ 『進化代行有』 求)オシャボ、有用ミント|ポケモントレード(交換掲示板)|ポケモン徹底攻略

ダクマ ようき いじっぱり

概要 ポケモン剣盾のエキスパンションパス・鎧の孤島で登場したポケモン。 鎧の孤島のストーリー中でダクマから進化します。 このページではウーラオスの「いちげきのかた」の育成について考察します。 一般ポケモンとしてはかなり高水準な能力値です。 高い攻撃と高水準な物理耐久、なかなかの素早さを備えています。 ただし特防は低め。 ローブシンと同程度なので許容範囲との見方もできますが、ウーラオスは素早さと攻撃に振り切ることも多くその場合は低い特殊耐久がもろに出てしまいます。 すいりゅうれんだの連続攻撃が羨ましいですが、威力自体はこちらの方が上です。 更に必ず急所に当たるということは相手の能力上昇やひかりのかべを無視し、こちらの攻撃力がダウンしていてもダメージが落ちない、ということです。 今作では相手のダイマックス技により能力が上下する場面が多いため、この技の効果はかなり活きてくるものと思われます。 特にドラパルトのダイドラグーンによる攻撃ダウンを無視して強烈な反撃を叩き込めるのはこの技ならではでしょう。 特性 ふかしのこぶし いちげきのかた、れんげきのかた共通 特性「ふかしのこぶし」は、ウーラオスの攻撃が 相手のまもるやみきりを無視するというものです。 まもるが多く使われるダブルバトルでは勿論、シングルバトルでも時間稼ぎ技としてまもるは度々使われるのでそれらの読み合いから開放される非常に有用な特性です。 キョダイマックス技・キョダイイチゲキ ウーラオス はキョダイマックスすることができるポケモンでもあり、その場合悪技がキョダイイチゲキに変化します。 キョダイレンゲキの効果は、相手のダイウォールを無効にできるというもの。 元々特性により相手のまもるに強いウーラオスですが、キョダイレンゲキがあれば相手のダイウォールすら警戒する必要がなくなります。 通常のダイアークは相手の特防を下げるという事でウーラオス自身にはあまり恩恵がないため、基本的にはキョダイマックスしてこのキョダイイチゲキを使用するのが良いでしょう。 相手のまけんきやかちきも気になりません。 個体値厳選について ウーラオスは物理型のポケモン、かつ基本的には非トリックルーム下で戦うポケモンなので、低い個体値を狙って厳選などする必要はないでしょう。 何となく性別や性格の好みがあればお好みで厳選、というくらいです。 技考察 物理技 あんこくきょうだメインウェポン。 まず確定で採用して良いでしょう。 ふいうち 高威力な先制技。 持っておくと何かと役立つでしょう。 インファイト、ドレインパンチ タイプ一致のメインウェポン。 基本的にはインファイトがオススメですが場持ちを重視する場合はドレインパンチもアリかと思います。 アイアンヘッド メイン技両方を半減するフェアリータイプへの有効打 かみなりパンチ アシレーヌ、ギャラドスなどに有効です。 ダイマックス時はエレキフィールド発生により眠り状態の対策とすることもできます。 つばめがえし、アクロバット ダイマックス時にダイジェットに変化します。 こちらの弱点を狙ってくる格闘タイプの弱点を突くこともできます。 とんぼがえり 相手のミミッキュのばけのかわを剥がしながら退却することができます。 れいとうパンチ、 ほのおのパンチ 相性補完としてはかみなりパンチの方が優秀です。 環境を見て4倍弱点を突きたい相手がいたりダイマックス技で天候を変化させたい場合の選択肢になりそうです。 どくづき メインウェポン両方を半減するフェアリーの弱点を突くことができます。 ただしダイマックス技の追加効果との相性はいまいち。 アシレーヌやマリルリを意識するならこちら。 あなをほる 追加効果が優秀なダイアースに変化します。 ただし攻撃範囲が格闘技と被りがちです。 いわなだれ、ストーンエッジ リザードンやファイアローの4倍弱点を突けるものの、残念ながらそれらのポケモンには先制されてしまいます。 何らかの策があるなら候補になることもあるかもしれません。 ボディプレス タイプ一致のボディプレス使いでもあります。 てっぺきと組み合わせるなら。 HPが高めなこともありなかなか強力。 ゴーストには暗黒強打をお見舞いしてやりましょう。 変化技 ビルドアップ 攻撃力アップの選択肢。 剣の舞は覚えません。 ちょうはつ 実は覚えます。 相手の補助技持ちを対策したいときに。 てっぺき ボディプレスと組み合わせて 持ち物考察 いのちのたま ダイマックスと相性良好な攻撃的な持ち物。 きあいのタスキ タイマン性能が高めなこのポケモンは先発にも向いているでしょう。 カウンターやふいうちなどきあいのタスキと相性が良い技も覚えます。 とつげきチョッキ 低めの物理耐久を補うことができます。 こだわりスカーフ やや中途半端な素早さを補い、多くの相手に強烈な先制の一撃を見舞えるようになります。 性格考察、努力値調整 性格 基本的にはようきにして最速にするのが一番使いやすいと思われます。 ミミッキュ、ドリュウズなどから先手を取れる点が非常に大きいです。 何か意図あって調整する場合やこだわりスカーフ型を使う場合にいじっぱりが選択肢に入ってくるかと思います。 努力値調整 随時更新予定です。 最速ミミッキュ抜き 149 準速。 147 最速ギャラドス抜き 146 最速80族抜き 135 最速バタフリー抜き 125 最速バンギラス抜き 117 無振り。 育成例 最速タスキ型 ようきAS きあいのタスキ 175-182-120-x-81-163 あんこくきょうだ インファイト カウンター ふいうち 先発でのタイマン性能に優れますが、特殊フェアリーにはほぼ無力であるため注意が必要です。 球フルアタ型 ようきAS いのちのたま 175-182-120-x-81-163 あんこくきょうだ、インファイト、アイアンヘッド、かみなりパンチorつばめがえし ダイマックスエースとしての運用を視野に入れた攻撃的ないのちのたま型。 メインウェポン2種と、フェアリーへの有効打となるアイアンヘッド、アシレーヌやギャラドスを意識したかみなりパンチを採用しています。 ダイジェットに変化するつばめがえしも ようきAS いのちのたま 175-182-120-x-81-163 あんこくきょうだ、インファイト、アイアンヘッド、かみなりパンチorつばめがえし maikeruexe.

次の

募集〆切 出)ダクマ 『進化代行有』 求)オシャボ、有用ミント|ポケモントレード(交換掲示板)|ポケモン徹底攻略

ダクマ ようき いじっぱり

ゲームにおけるマスタード が導入される以前ののであり、18年間チャンピオン君臨という記録を持つ。 年齢は不明だが、50年前には既にトレーナーとして活動していたことが分かるため、どんなに若く見ても60代以上であると思われる。 でポケモンバトルの道場を開いている。 の師匠でもあり、ダンデの才能を最初に見抜いた人物。 妻はで、という息子もいる。 普段は陽気で軽いノリをしているが、人の心を察する能力と優しさ、心の広さはストーリー中でもよく見て取れる。 洞察力も高く、後述のクララ又はセイボリーが不正をしていたことも、現行犯で取り押さえたわけではないにも関わらず見抜いている他、主人公が本来道場に入門するはずではなかった事なども、誰に言われるでもなく見抜いていた。 かつては強さを追い求める余りに自分にも他人にも厳しい性格であったが、引退後に世界を旅する内に他者への優しさ、寛大さを覚えた。 鎧の孤島では主人公を弟子に迎え、修行させている。 他の弟子にソードではが、シールドではがいる。 ある時相棒のポケモンが亡くなり、そのショックで徐々に負けが込んでポケモンリーグの王座を失った。 それでも絶大な人気から以降数年は現役を続けていたが、の前任である当時のリーグ委員長に自分を優勝させるための八百長工作を打診されたことで引退を決意した。 引退後に世界を旅して回ってから当時無人島であったを買い取ってそこを後進のトレーナー育成の場とした。 現役時代はキャラ作りのために大好きなテレビゲームを我慢していたが、引退後はその反動で部屋でゲームばかりするようになった。 しかし、鍛錬自体は怠っておらず、本気を出すと、とても老人とは思えないほどの壮健さと機敏さを見せる。 手持ちポケモン 1回目と2回目の対戦では本編の進行度 を捕獲しているかどうか でレベルが変わるが、覚えているわざなどは変化しない。 2回目の対戦でプレイヤーがを使っている場合、1ターン目にを使った後はとのPPが残っている限りつばめがえしを使わない。 3回目の対戦で手持ちに入っているは主人公が登らなかった塔で進化できる姿となる。 修業が終了した後でも1日1回戦うことができる パーティは3戦目と同じ。 ウーラオスは主人公が選ばなかった方の型で出てくるので、弱点を見極めて出すとよいだろう。 3回目のバトルで負けるとになるが、修行後に行える4回目以降のバトルでは負けてもまっくらにならない。 ゲーム好きという説明に違わず、試練中などは、内右側の部屋で「」をプレイしている。 この際にマスタードとテーブルの間にしばらく立っていると、テレビが見えない旨を言われ主人公が一歩下がる特別な会話を見ることができる。 更に何度も繰り返すと、マスタードの発言が変化する。

次の

【鎧の孤島】ダクマの厳選方法とおすすめの型

ダクマ ようき いじっぱり

ダクマの性格は受け取る段階でランダムに決定される。 3つの試練クリア後、 マスタードに話しかける前でセーブすることで、効率よく性格の厳選ができるぞ。 ミミッキュよりも素早さの種族値が1高く、最速同士の対面でも先手を撃つことができる。 ストーリー攻略などランクマッチを考慮しない場合は「いじっぱり」の補正もおすすめだ。 個体値の厳選は現実的では無い 個体値の厳選は3V固定とはいえ、5V・6Vは現実的ではない。 S0を粘るメリットも無いに等しいため、受け取ったらLv100にしておうかんを使うのが時間効率的にも良いだろう。 シリーズ5のランクマッチで使用可能 ダクマを厳選する理由としては、シリーズ5のランクマッチで使用可能となっているため。 ダクマの進化先のウーラオスは特性、専用技が強力で種族値もバランスが良いためランクバトルで活躍が見込めるポケモンだ。 ダクマの進化先も慎重に選ぶ どっちの型も非常に強力だが、 みずの塔を選択することで、進化できるれんげきの型がおすすめだ。 4倍弱点がない点が優秀 みずの型は4倍弱点が無いため、初心者でも比較的使いやすいのがポイント。 いちげきの型だとフェアリー技が4倍弱点になってしまうので、少し上級者向けの型と言える。 専用技「すいりゅうれんだ」が使いやすい 専用技の「すいりゅうれんだ」は、3回固定で攻撃できて全てが確定急所となる技。 相手の「きあいのタスキ」や特性「」、「」を貫通して倒すこともできるため、使いやすい攻撃となっている。 ランクバトルでも人気 シングル環境のランクバトル使用率ランキングでも、「いちげきの型」よりも「れんげきの型」の方が使用率が高い。 すいりゅうれんだの使いやすさが影響しているだろう。 進化先は選択可能.

次の