お手紙 梅雨。 時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

お手紙 梅雨

7月の時候の挨拶の基本 陽射しが強くなり、暑さも本格的になる7月は、女郎花月、七夕月、涼月という名前も持っています。 また、土用波、入道雲、夕涼み、タなぎなど、美しい言葉が多い季節です。 7月の時候の挨拶にも7月らしい季節を表す言葉を添えてお手紙を書きましょう。 改まった漢語調の挨拶 時候の挨拶は「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 盛夏 仲夏 猛暑 大暑 炎暑 酷暑 向暑 灼熱 炎熱 驟雨(しゅうう) 目的別で時候の挨拶をまとめました ここでは時候の挨拶を使用するシーン別でよく使われるご挨拶を例文としてまとめて見ました。 7月の丁寧な時候の挨拶 定番 上旬、中旬、下旬 時候の挨拶と言われるものは数多く美しい挨拶の例文を集めてみましたが、その中でもよく使われる定番の7月の時候の挨拶を集めてみました。 馴染みの深いものは手紙を受け取る側にとっても気持ちが伝わりやすいことも多くあるため7月の時候の挨拶を添える時に使っていきたいものです。 上旬 中旬 下旬 盛夏のみぎり、皆様にはますますご健勝のことと 心からお喜び申し上げます。 猛暑到来となりましたが みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き、 いよいよ本格的な夏がやってきましたね。 時折の驟雨が暑さ厳しい日々に 一時の涼を残してくれるこの頃です。 驟雨(しゅうう)…夕立のこと。 白雨 はくう ともいう ビジネスでのご挨拶で使える7月の時候の挨拶 ビジネスでのご挨拶は7月のご挨拶や現代ではメールなどでも送られることがあります。 季節の気候に合わせるほか、日本の季節をあらわあす節気に合わせ手のご挨拶などもご紹介します。 時期:上旬・中旬・下旬 節気・季語:盛夏 例文: 拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 解説 7月の下旬のころの二十四節気の大暑のころの時候のご挨拶に使いたい例文です。 結婚式の案内状・招待状で使える7月の時候の挨拶の例文 知人へのお礼に使える7月の時候の挨拶の例文 普段からお世話になっている知人にお手紙を書く際に使いたい7月にふさわしい時候の挨拶の例文を紹介しています。 酷暑の候、お変わりなくご活躍のことと、お喜び申し上げます。 先日は、いろいろと御馳走になり、誠にありがとうございました。 いろいろ良くしてくださったお店のご主人様にもくれぐれもよろしくお伝えください 後略。 かしこ 先輩への手紙に添えたい7月の時候の挨拶の例文 拝啓 暑さいよいよ厳しき折り、いかがお過ごしでしょうか?我が家は猛暑に負けじと、冷えたビールを飲みながら、涼を得る日々です。 先日も主人と一献傾けながら、先輩の話になりました。 しばらく御無沙汰しているので、近々ぜひお会いしたいなと思っております。 夏休みのご予定はいかがでしょうか?もしよろしければ、どこかでお食事をご一緒していただけませんか? 後略 少し改まった7月の時候の挨拶 お手紙を書く相手との関係の上でお客様であったり、尊敬する方への季節のご挨拶の時などに使いたい7月の時候の挨拶の例文を集めてみました。 例年にない猛暑の日が続きますが いかがおしのぎでいらっしゃいますか? いよいよ梅隔も明け 木立の緑がますます色濃く感じられる この頃です。 どこからともなく聴こえてくる風鈴の音に 夏の粋を感じる頃となりました。 お暑い日が続きますが お変わりありませんか? 日ごとに陽射しも強くなり 木陰の恋しい季節となりました。 白鳥座のほのかな光を見ながら この子紙を書いています。 通り過ぎたと思った梅雨が また一戻ってきたような 雨模様のこの頃です。 夕顔の花咲く 過ごしやすい夏の夕べに 一筆申し上げます。 盛夏の候、暑さに負けずご活躍のことと 拝察致します。 午後になると蝉時雨が シャワーのように、家の中に注ぎ込みます。 今年の夏は、いかがお過ごしですか? 仲夏のみぎり、ご機嫌いかがですか? 我が家では、子供が大切に育ててきた 朝顔に花がつきました。 夕暮れとともに聴こえてくる 盆踊りの太鼓の音。 裏の細道に咲くおしろい花。 夏が来たのだなあと、実感するこの頃です。 じっとり汗ばむ季節となりました。 体調のほうはいかがでしょうか? お伺い申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます。 皆様にはお健やかにお過ごしのことと お慶び申し上げます。 先日の祖母の初盆には いろいろお心配りをいただき まずはお礼申し上げます。 親しい人への7月の時候の挨拶 普段から親しい人へ向けてお手紙を書く際にふさわしい少し肩の力を抜いた7月の時候の挨拶にふさわしい例文を集めてみました。 やっと梅雨が明けましたね。 いよいよ夏!!ロマンティックな恋の季節です。 青い空と入道雲の季節がやってきました。 お元気ですか? 例年にない厳しい暑さが続いていますが 夏バテなどしていませんか? 真っ黒に日焼けした子供達と すれ違うことが多くなりました。 本格的な夏ですね。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に 日本の夏を感じるこの頃です。 「今年こそは彼氏をゲット!!」。 七夕の短冊にこの言葉を書いて3年目。 でも、今年の夏は恋の気配を感じています。 夕立を待って空を見上げる日々ですね。 花火の夜には浴衣を着て、 土用の日にはうなぎを食べ、 UVケアも怠らず、 しっかり夏を楽しんでいます。 ダイエットも完了!!新しい水着も買い、 今年は久しぶりに夏の海に 出かけて行こうと思っています。 盆踊りの季節になりましたね。 都会の猛暑の中で暮らしていると 涼しい川風の吹く田舎が懐かしくなります。 暑気払いを口実に、 ビアガーデンに足が向くこの頃です。 お元気ですか。 夏休みの予定はもう立てましたか? 例年にない熱帯夜続きで ちょっぴりへトヘトですが なんとか頑張って暮らしています。 この暑さをものともせず 花壇のひまわりが元気に咲き乱れています。 セミの声に負けないように ビール片手にカラオケで 歌いまくる日々です。 七夕の夜にあなたを思い出しました。 お幸せにお過ごしですか? もうすぐ夏休みですね。 この夏こそはぜひ ご家族で遊びに来ませんか? 7月時候の挨拶の結びの言葉 少しずつ暑さが厳しくなる頃、健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。 また、来る夏休みの出会いを願う言葉で結んでみてもいいでしょう。 7月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉 いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎天に負けず 元気な夏をお過ごしください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を 過ごされますよう、お祈りしています。 蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください。 親しい方への7月の時候の挨拶の結びの言葉 この夏が素晴らしいものになるように 天の川にお祈りしておきます。 夏休みにはぜひ、こちらにお出かけくださいね。 冷えたビールと美味しい枝豆を用意して お待ちしています。 酷暑で食も細くなりがちですが 栄養はしっかりとって 元気に夏を乗り切ってください。 すいかやかき氷の食べすぎにはご注意を。 陽射しの強い日は、日傘も忘れずにね。 夏風邪にも負けないようにね。 7月の歳時記 七夕 七夕とは、牽牛星と織女星が7月7自の夜、年に1度だけ、天の川を渡って出会える…という古代中国のロマンティックな伝説。 この日、願いごとを書いた短冊を笹に飾ると、思いが叶うといわれています。 年に1度、祈りをこめて空を見上げるのも風流ですよね。 お盆 7月13日から15日までが旧盆です。 お盆の入りには迎え火をたいたり、ナスやキュウリを馬に見立てたお供え物で、祖先の霊や故人を家の中にお迎えします。 仏壇にも豪華なお供え物をするのが一般的。 お盆の終わる15日には、霊が冥土に帰れるように、送り火をたいたり、仏檀に備えた供物を川や海ヘ流します。 これを精霊流しといい、九州では伝統行事として、今も盛大に行なわれています。 お中元 6月下旬からデパートや商店のお中元売り場に活気が出ます。 中元とは、旧暦の7月15日のこと。 お中元は、この日までに送るのがマナーです。 それ以降は「暑中見舞い」とするほうがいいでしょう。 配達で届けるなら、前もって挨拶状を出しておきましょう。 土用丑の日 土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日聞のこと。 夏の土用の入りは7月20日頃です。 この土用の丑の日を「土用丑」として、夏バテしないようにうなぎを食べます。

次の

6月の書き出し例文

お手紙 梅雨

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

お手紙 梅雨

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。 「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。 また、「候」の読み方ですが、基本的には「 こう」と読みます。 初夏の候は「しょかのこう」と読みます。 時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 麦にとってはこのころが刈り入れどきであり、稲でいう秋にあたるわけで、この名がつけられています。 (5月〜6月の茶色くなった麦畑を、秋のススキにたとえた季語ともいわれています。 ) 「プライベート」6月の手紙の書き出し• 梅雨前線が近づいてきました。 (お変わりなくお過ごしでしょうか)。 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 梅雨空のうっとうしい季節となりました。 (お元気でしょうか)。 梅雨空が恨めしいこのごろとなりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 連日の雨も一休み、きょうは久しぶりの青空です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。 (お元気でいらっしゃいますか)。 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。 (お健やかにお過ごしでしょうか)。 梅雨明けが待たれる今日このごろですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地ではつづいております。 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。 (お健やかにお過ごしのことと存じます)。 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。 (お変わりありませんか)。 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 (お元気でお過ごしのことと存じます)。 色鮮やかに咲く紫陽花のように、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、…。 ここ数日、梅雨寒の日が続いていますが、…。 うっとうしい雨の日が続いていますが、…。 ここ二、三日、梅雨の中休みに入り、久しぶりに青空が広がっていますが、…。 今年は空梅雨らしく、早くも真夏を思わせる強い日ざしの日が多くなりましたが、…。 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…。 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、…。 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じていますが、…。 衣替えの季節となりました。 衣替えを迎え、道行く人の装いにもしろがめだつようになりましたが、…。 せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。 今年も、早くも半分を過ぎようとしていますが、…。 街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが、…。 夏本番も、もうすぐですね。 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、…。

次の