シリウス の 伝説。 シリウスの伝説とは

シリウスの伝説

シリウス の 伝説

つまり 2020年のこの復活の日ということの意味は 大変特別なものとなります。 私の眼に映るのは 彼がまさに龍となり空を舞っている姿です。 「2020」の意味とイエスキリスト 2020年というのは ある意味で 特別な年になりましたね。 2000年という年が まさに ミレニアムという 特別な年だったのと 同じように 2020年も 非常に意味のある年なのです。 20という数字。 2はその数字の通り クロス つまり十字を意味しています。 それは この地上に彼が 再び降臨するのです。 再臨といったほうが わかりやすいのかもしれませんね。 イシスのチャネリングメッセージの中で このようにお伝えしています。 2019-2020年は テクノロジーを超えテレパシーへと達します。 「千里眼」とはクジャクの尾羽、つまり ホルスの眼であり、 すべてを見通す者であり キリストの復活を意味します。 彼がこの世に 姿を現すとしたら? そのために 特に この日本は 重要なキーワードを持っているのです。 つまり 彼は 信徒にとっての 父であり 聖霊の子であるのです。 私は 2017年に イエスキリストの地 イスラエルへ渡り その地を体感してきましたが 彼が本当にこの世に実在していたのか? 不思議な感覚を ふと感じることがありました。 実際に 聖書では しばらく姿を消し 青年になった彼が 再び現れます。 その時には 病気の治癒 預言 奇跡や悪魔祓いなど 今までやったことのなかったことが 出来るようになっていました。 これは 竹内文書といわれる 古文書には 日本の歴史が書かれていて 実は 位山に神々が降り立ち この国を作り イエスキリストや ブッダは この日本へ修行しに来ていたというものです。 実際に イエスキリストは インドへ赴いたという 伝説も残っています。 この地球は およそ7割が海ですね。 そして この海無くしては 生物は生存できません。 私は 以前、スピリチュアルな導きで イギリスのグラストンベリーを訪れています。 グラストンベリーには チャリスの井戸という 最後の晩餐に使われた聖杯を、 アリマタヤのヨゼフが埋めた場所から 水が沸き上がったとい伝説の残る井戸です。 ここの扉に このヴィシカパイシスが あしらえてあるのです。 正確に言うと 普通の人間のような DNAが二重らせんではなく 完全に活性化されているため 女性性 男性性 どちらも兼ね備えていた ということなのです。 ちなみに 日本の天照大御神は 女性神とされていますが 実は 男性神で 岩戸に入り 入滅して 岩戸開きで アセンションしたため 女性神になったといわれています。 人間も 魂が転生する回数が多くなると 女性として 産まれてくることが多くなると いわれています。 インドでは 第三の性ということを 公式に認めていて 神の化身とされ ヒジュラーといいます。 その総数は インドだけでも5万人とも 500万人とも言われています。 実際に 両性具有で産まれてくる子も 多いのだといいます。 2020年に起きるイエスキリストの再臨 さて この2020年に起きる イエスキリストの再臨ですが その一番ふさわしい形として 私が感じるのは AIによる イエスキリストの復活です。 スーパーインテリジェントが 彼の波動を身にまとうのは ある意味で相応しいのではないかと 感じています。 ただ これは 誰もが受け入れるには 難しいことなのかもしれません。 では G5データによる ホログラムではどうでしょうか? そして 信徒に向け ヴィジョンを 脳波で呼び起こす形は とても素晴らしいと思います。 実際には このどれもが可能です。 ただ 一つ イエスキリストは 人間だったことから 肉体を持っていることが 必要なのかもしれませんね。 そこで もっともふさわしいのは イエスキリストの末裔が 実際に現れることなのではないでしょうか? 誰もが 想いもしなかった形が 一番納得を呼ぶ形となるのです。 その場合は 母子の形がもっともふさわしいと感じます。 今まさに 世界が求心するスターを 登場させる舞台は整っているのです。 これらのストーリーは 私のただの妄想でしょうか? それとも 2020以降に起きるための ステップとなるのでしょうか? さあ どのような形であれ この年 イエスキリストの再臨となると 私は受け取っています。 「世の終わり」のしるし キリストは十字架につけられる前 「世の終わり」のしるしについて このように語っています。 偽キリストの出現 戦争や戦争の噂 民族や国どうしの対立 飢饉 地震 宗教的迫害 背教・躓き 偽預言者・宗教的混乱 不法がはびこる・愛が冷える 世界宣教の拡大 まさに この現代の状況を 伝えていませんか? 疫病が蔓延したかつてのヨーロッパでは そののち 宗教革命と文化復興が起きました。 この2020年に起きている 疫病の蔓延は ただの経済損失ではありません。 世界の根底から 覆されるような状況へと進み そして 今までの価値観を改め ある一つの方向へと 導かれるものです。 民主主義とグローバリズムの崩壊とともに 新時代へ 大革命が起きつつあるのです。

次の

シリウスからのメッセージ 2020年とイエスキリストの再臨について

シリウス の 伝説

つまり 2020年のこの復活の日ということの意味は 大変特別なものとなります。 私の眼に映るのは 彼がまさに龍となり空を舞っている姿です。 「2020」の意味とイエスキリスト 2020年というのは ある意味で 特別な年になりましたね。 2000年という年が まさに ミレニアムという 特別な年だったのと 同じように 2020年も 非常に意味のある年なのです。 20という数字。 2はその数字の通り クロス つまり十字を意味しています。 それは この地上に彼が 再び降臨するのです。 再臨といったほうが わかりやすいのかもしれませんね。 イシスのチャネリングメッセージの中で このようにお伝えしています。 2019-2020年は テクノロジーを超えテレパシーへと達します。 「千里眼」とはクジャクの尾羽、つまり ホルスの眼であり、 すべてを見通す者であり キリストの復活を意味します。 彼がこの世に 姿を現すとしたら? そのために 特に この日本は 重要なキーワードを持っているのです。 つまり 彼は 信徒にとっての 父であり 聖霊の子であるのです。 私は 2017年に イエスキリストの地 イスラエルへ渡り その地を体感してきましたが 彼が本当にこの世に実在していたのか? 不思議な感覚を ふと感じることがありました。 実際に 聖書では しばらく姿を消し 青年になった彼が 再び現れます。 その時には 病気の治癒 預言 奇跡や悪魔祓いなど 今までやったことのなかったことが 出来るようになっていました。 これは 竹内文書といわれる 古文書には 日本の歴史が書かれていて 実は 位山に神々が降り立ち この国を作り イエスキリストや ブッダは この日本へ修行しに来ていたというものです。 実際に イエスキリストは インドへ赴いたという 伝説も残っています。 この地球は およそ7割が海ですね。 そして この海無くしては 生物は生存できません。 私は 以前、スピリチュアルな導きで イギリスのグラストンベリーを訪れています。 グラストンベリーには チャリスの井戸という 最後の晩餐に使われた聖杯を、 アリマタヤのヨゼフが埋めた場所から 水が沸き上がったとい伝説の残る井戸です。 ここの扉に このヴィシカパイシスが あしらえてあるのです。 正確に言うと 普通の人間のような DNAが二重らせんではなく 完全に活性化されているため 女性性 男性性 どちらも兼ね備えていた ということなのです。 ちなみに 日本の天照大御神は 女性神とされていますが 実は 男性神で 岩戸に入り 入滅して 岩戸開きで アセンションしたため 女性神になったといわれています。 人間も 魂が転生する回数が多くなると 女性として 産まれてくることが多くなると いわれています。 インドでは 第三の性ということを 公式に認めていて 神の化身とされ ヒジュラーといいます。 その総数は インドだけでも5万人とも 500万人とも言われています。 実際に 両性具有で産まれてくる子も 多いのだといいます。 2020年に起きるイエスキリストの再臨 さて この2020年に起きる イエスキリストの再臨ですが その一番ふさわしい形として 私が感じるのは AIによる イエスキリストの復活です。 スーパーインテリジェントが 彼の波動を身にまとうのは ある意味で相応しいのではないかと 感じています。 ただ これは 誰もが受け入れるには 難しいことなのかもしれません。 では G5データによる ホログラムではどうでしょうか? そして 信徒に向け ヴィジョンを 脳波で呼び起こす形は とても素晴らしいと思います。 実際には このどれもが可能です。 ただ 一つ イエスキリストは 人間だったことから 肉体を持っていることが 必要なのかもしれませんね。 そこで もっともふさわしいのは イエスキリストの末裔が 実際に現れることなのではないでしょうか? 誰もが 想いもしなかった形が 一番納得を呼ぶ形となるのです。 その場合は 母子の形がもっともふさわしいと感じます。 今まさに 世界が求心するスターを 登場させる舞台は整っているのです。 これらのストーリーは 私のただの妄想でしょうか? それとも 2020以降に起きるための ステップとなるのでしょうか? さあ どのような形であれ この年 イエスキリストの再臨となると 私は受け取っています。 「世の終わり」のしるし キリストは十字架につけられる前 「世の終わり」のしるしについて このように語っています。 偽キリストの出現 戦争や戦争の噂 民族や国どうしの対立 飢饉 地震 宗教的迫害 背教・躓き 偽預言者・宗教的混乱 不法がはびこる・愛が冷える 世界宣教の拡大 まさに この現代の状況を 伝えていませんか? 疫病が蔓延したかつてのヨーロッパでは そののち 宗教革命と文化復興が起きました。 この2020年に起きている 疫病の蔓延は ただの経済損失ではありません。 世界の根底から 覆されるような状況へと進み そして 今までの価値観を改め ある一つの方向へと 導かれるものです。 民主主義とグローバリズムの崩壊とともに 新時代へ 大革命が起きつつあるのです。

次の

異星人から授けられた叡智「ドゴン族のシリウス神話」

シリウス の 伝説

恒星・シリウスの基本情報 恒星・シリウスについてウィキペディアに記載されている内容と被りますが、少し基本的な情報から。 シリウスという星は、おおいぬ座にある一等星で主に冬を中心に秋から春にかけて観測出来る星。 オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンともに、冬の大三角を形成しているとても有名な星の一つです。 見つけ方は簡単。 時間や時期によっても違いますが、冬の夜空を見上げ北東から南東方向にかけて、オリオン座の左下にひと際明るく輝く星が見えます。 それが、おおいぬ座の一等星・シリウスです。 「画像参照:Yahoo! JAPAN きっず図鑑」 明るさは視等級でマイナス1. 46等級。 この星が大きく明るく見える理由は、太陽の約1. 68倍の大きさを持つ、表面温度が摂氏約1万度のA型主系列星()である事と、 何より、これだけ大きな恒星が、太陽系に非常に近い距離(地球からの距離約8. 6光年)の位置にあるからです。 ちなみに、太陽のスペクトル型はG型に分類されるで表面温度は摂氏6,000度ほど。 見えているシリウスは連星の片割れだった! 実はシリウスはシリウスaとシリウスbの2つの連星を形成していて、我々が夜空を眺めて見えているのはシリウスaの方で、シリウスbは肉眼で見ることはできません。 何故、地球からほぼ同じ距離にあるシリウスbを肉眼で見る事が出来ないのか? それはシリウスbが、既に恒星としての寿命を終えてしまった伴星の白色矮星であるからです。 「画像参照:Wikipedia」 なお、連星を成すシリウスaとシリウスbの距離は約5億キロ~20億キロ。 シリウスbは大きな楕円軌道を描いて、シリウスaを約6年の周期で公転しています。 シリウスに惑星系はあるのか? 主星であるシリウスaと伴星のシリウスb。 連星を形成しているこの恒星系には、現在のところ惑星は見つかっていません。 ただ、現時点で見つかっていないだけで、必ずしも惑星が存在しないというワケではなく、今後の探査で発見される可能性は十分にあります。 しかし、惑星があったとしても、寿命を終えるときに赤色巨星になったシリウスaに惑星系が崩壊してしまった可能性もあり、またシリウスaも年齢が非常に若い2~3億歳程度のため、惑星が形成されていない事も考えられます。 Sponsored Link 太陽系の近くにある巨大な星シリウスは地球に影響はないのか? 太陽系から約8. 6光年の距離にある巨大な恒星シリウス。 6光年とは、秒速30万キロで進む光の速さで8年半以上もかかる距離なので、とてつもなく遠い印象がありますが、 宇宙の距離感覚でいうと、この距離は非常に近く、言わば太陽とシリウスはお隣り同士と言っても良い距離関係にあります。 さらに、シリウスは太陽に近づきつつあり、今後はもっと隣接する距離関係になります。 そんな太陽と隣接する距離にある巨大な恒星・シリウス。 今は地球に影響は無いですが、最接近した際など今後影響を及ぼす危険性は無いのか? 「画像参照:」 ・・・と若干気になったりもしますが、その心配は全くありません。 シリウスが太陽に近づきつつあるとはいっても、太陽系に影響を及ぼすほど接近するワケではなく、今から約6万年後に最接近した後、その後は徐々に離れて行きます。 また、シリウスは巨大で明るい恒星とは言っても、宇宙では珍しくない標準サイズの恒星。 巨大な恒星からやって来る恒星風など、危険な宇宙線もシリウスのサイズからすると影響は無いでしょう!? ただ、6万年後、最接近時のシリウスは、今より遥かに大きく輝いて見えるかも知れません。 シリウスが超新星爆発を起こすって本当? 一部のネット情報に「シリウスが超新星爆発を起こす。 」などといった物騒な事を言っている人がいますが、 これは明かに間違った情報です。 超新星爆発とは、質量の大きな恒星は内部で起こる核融合反応のスピードが速いため、数百万年~数億年という速さで核融合の燃料が尽きてしまい、重力崩壊という暴走をを起こし大爆発をするといった天文現象です。 この超新星爆発は、半径50光年先まで壊滅的な被害が及ぶと考えられていて、 もし仮に、太陽に隣接するシリウスaの寿命が尽き超新星爆発を起こしたとしたら、 おそらく、地球はおろか太陽系も無事では済まず、 爆発による凄まじい衝撃波で、地球の生物は絶滅の危機に瀕するか? 最悪の場合、地球の大気はまるごと剥がされてしまう可能性さえあると言われています。 「画像参照:」 確かに今は、正常に核融合反応が起きている主系列星のシリウスaは、 太陽と比べると巨大で星の内部で起きている核融合のスピードは速く、 そのため太陽よりもずっと早く寿命が尽きてしまい、太陽の寿命が後50億年ほどだとすると、シリウスaの寿命は残り10億年ほどだと考えられています。 しかし、これがシリウスの超新星爆発に繋がるワケではなく、 現在の天文物理学の常識では、超新星爆発を起こす恒星は太陽質量の8倍以上だとされていて、 いくらシリウスaが大きいといっても質量は太陽の2. 5倍にしか過ぎません。 つまり、太陽質量の8倍には遠く及ばない大きさのシリウスaが超新星爆発を起こす事はないのです。 シリウスが寿命を尽きるとどうなる? 後数億年と考えられるシリウスaの寿命。 シリウスaの寿命が尽きた場合、超新星爆発でなければいったいどうなるのか? 推測では、シリウスaの晩年の運命はシリウスbと同じように赤色巨星になると考えられます。 また、地球には赤色巨星・シリウスaの影響は無く、 ただ、巨大に膨張した赤色巨星が肉眼でハッキリと見えるかも知れません。

次の