片寄涼太 generations。 GENERATIONS・片寄涼太、中国で「桁違いの大ブレーク」! ジャニーズ足元及ばぬ絶大人気の実情(2020/03/28 15:00)|サイゾーウーマン

片寄涼太

片寄涼太 generations

片寄涼太について 片寄涼太は、GENERATIONS from EXILE TRIBEでは、ボーカルを担当している。 『週間EXILE』で「ナニワのBaby Face」と紹介されるほどの甘いマスクや若さから付けられた愛称は「王子」である。 2010年に行われた「VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~」への参加をきっかけにGENERATIONS from EXILE TRIBEの候補生に選ばれ、2012年正式メンバーに決定し、同年11月21日にシングル「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たした。 そして、2014年7月期連続ドラマ『GTO』で俳優デビューした。 基本プロフィール 好きなタイプ 片寄涼太の好きなタイプの女性は、優しくて、自分を好きになってくれる人である。 「私が私が!」というタイプではなく、相手のことを考えられる女性が良いという。 また、ジャケットにスキニーが似合うようなかっこいい感じが好きということで、どちらかというとボーイッシュな感じの女性がタイプである。 また、女性の髪の匂いやツヤ感などにドキッとするそうだ。 片寄涼太は「内面が美しい女性は外見も美しい」と話している。 性格 片寄涼太は「感性豊かなピュアボーイ」と言われている。 動物にたとえるなら「チワワ」と、GENERATIONSメンバーの意見が一致することから、「可愛らしい」「愛嬌がある」という印象を多くの人が抱いているようだ。 しかし、もちろんただ可愛らしいというだけではなく、非常に真面目な性格で、2010年のオーディションで落選した後には、2012年のオーディションのために、1年生で高校を中退し、真剣にレッスンを受けた。 そのストイックさは、オーディション前に、それまで交際していた彼女と別れるほどである。 また、高校を中退してはいるものの、高卒資格は持っていて、レッスンの合間にしっかり勉強もしていたことがわかる。 片寄涼太は、真面目であると同時に、非常に努力家でもある。 もともと得意ではなかったダンスも、その後の上達ぶりは明らかである。 また、片寄涼太はファンに対して優しく、握手を求められると「はい!」と笑顔で応じてくれるという。 趣味 片寄涼太の趣味はサッカーである。 幼稚園の頃から始めて、中学時代には近畿地方の選抜メンバーだったほどの実力である。 その腕前は、主演した『兄に愛されすぎて困ってます」』でもリフティングを披露している。 特技 片寄涼太の特技はピアノである。 父親が音楽教師だったことから、4歳からピアノを始め、小学校6年生までピアノを習っていた。 映画『兄に愛されすぎて困ってます』のInstagramにと片寄涼太がそろってピアノを弾く兄妹ショットが公開され、反響を呼んだこともある。 その写真には「特技はピアノ!で有名な片寄さんの、ピアノ塾が急遽開講!?」といったコメントに加え、「 お兄のピアノ塾入校者募集中 レッスン料は秘密です 手取り足取り教えます」と気になるハッシュタグが添えられている。 デビュー前の経歴 片寄涼太が中学生の頃にEXILEが流行っており、歌手としての憧れではなく「あんな素敵な大人になりたい」という気持ちで見ていたという。 そして、片寄涼太はオーディションに参加した当初は、歌手になりたいという夢は持っておらず、ただ単純にHIROとATSUSHIに自分の歌を聞いてもらえるというファン心理から参加を決めたと言う。 2010年2月に開催されたオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者たちへ~」に15歳で参加し、一次審査の時には、ボーカルレッスンの経験もない全くの素人だった。 しかしオーディションを勝ち進むにつれて人前で歌うことを覚え、歌手になりたいという思いが強くなっていった。 そして約3万人の参加者の中で、10名のファイナリストに選ばれたが、惜しくも落選した。 優勝者を決める段階でのスタッフミーティングでは、「声が合うペアは3~4組いて、その中から1番三代目に相応しい2人を選んだ」という話があった。 ところが、片寄涼太はここで諦めず、本格的にボーカリストになるべく、高校を中退して上京しレッスンを受ける決断をした。 そして2011年7月19日にGENERATIONSの候補メンバーとなり、2012年4月17日に、念願叶って正式メンバーとなった。 さらに、2012年11月21日に、シングル「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たした片寄涼太の活動は、歌手にとどまらなかった。 2014年7月には、ドラマ『GTO』で俳優としてもデビューし、一匹狼で、他人を近寄らせない雰囲気の男子生徒を演じた。 出身・家族・学歴 兄弟 いない 出生国 出生地域 高校 大阪教育大学附属平野校舎 大学 進学していない 解散・引退について 周囲からの評判 いわく、片寄涼太は「謎の多い男」である。 「変人ですね。 みなさん『エーッ!?』って意外に思うでしょ? まんまとだまされていますから。 変人と言う理由は、まず、メンバー全員一緒に行動しているとき、涼太だけいないということがよくあって、とにかくマイペース。 音楽番組の収録の合間とかにメンバーと『時間があるからどこか行こうか』って話になっても、彼は『僕は残ります』ってさらりと言うんです。 『そこは一緒に行こう!』でしょ」と話した。 は「(片寄涼太は)意外に毒舌で。 メンディーくんを鋭く突っ込むのは、実は涼太」と話した。 整形 なし 好きな食べ物 ワイン 公式サイト・SNS.

次の

片寄涼太の熱愛彼女は?最新の噂と恋愛観を総まとめ【徹底調査】

片寄涼太 generations

高校を辞めた、中退した、と聞くと一般的に最終学歴は中卒ということになりますよね。 しかし片寄涼太さんは、大学には行っていませんが高校を卒業したという事実はあります。 もともと片寄涼太さんは国立の共学「 大阪教育大学附属平野校舎」に入学しています。 この高校は大阪府大阪市平野区にある国立高等学校のようで、偏差値は69、大阪府内でもトップクラスの高校です。 1学年3クラスと小規模校ながら、世界に目を向けたグローバル社会を学ぶ高校でもあるようです。 そして片寄涼太さんは一般受験でこの高校に合格しているので、かなりの学力を有していることがわかります。 片寄涼太さんが高校1年生のときに「VOCAL BATTLE AUDITION 2」にエントリーし、ファイナリストに選ばれます。 しかしこのオーデションでは落選、その後EXPG大阪校に特待生として通いはじめます。 ここで転機が訪れ、HIROさんの発案で作られた新たな若手グループGENERATIONSの候補生に選ばれ、 通っていた高校を辞めて上京することになります。 それでも両親が教師ということもあってか、高校だけでも卒業するために東京の通信制の高校に通い、卒業したのではないかと言われています。 片寄涼太さんが卒業証明書を公式ブログに載せたことがあるので高校を卒業しているのは確実ですが、学校名が非公開なので おそらく通信制になります。 ですから、実際のところは「 高校中退」よりも、「 中退後、別の高校で卒業した」が正しいと思われます。 中学時代にはサッカーで市の選抜チームにも選ばれていたようです。 高校は大阪教育大学附属平野校舎へ入学。 その後2011年に GENERATIONS候補生となり上京、通っていた高校を中退することになります。 全国を回る武者修行を終え、2012年4月、 GENERATIONS正式メンバーとしてアーティスト活動が始まります。 同年11月21日、GENERATIONSは「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たしました。 片寄涼太さんは2014年7月にドラマ「GTO」で俳優デビューをします。 それからはたくさんのドラマ、映画に出演、劇場アニメの俳優としても活躍を見せてくれました。 また、GENERATIONSの曲の歌詞を手掛けたりと活動の幅は広がっていく一方です。 また、片寄涼太さんが英語が話せたり頭がよかったりするのも納得がいきますね。 片寄涼太さんが初めて声優を担当する映画「きみと、波にのれたら」も感動すると話題になっています。 これからの片寄涼太さんの活躍にも期待したいです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

GENERATIONS片寄涼太、中国でも人気爆発! NYタイムズスクエアをジャックし、誕生日を祝福するファンも……|日刊サイゾー

片寄涼太 generations

最初に行われた、出題されるお題に対して嘘をついている人を当てる「リモート嘘つきクイズ」では、「激辛焼きそばを食べている2人の嘘つきは誰?」という問題に対し、解答者に選ばれた白濱亜嵐以外のメンバーが1人ずつ焼きそばを食べていくことに。 黙々と食べ進めるメンバーや、わざとらしい演技で辛さをアピールするメンバーの様子に、白濱は思わず「難しい~!」と嘆いてしまう一幕も。 そんな白濱は小森隼と片寄の名前を挙げ、理由として「食べ終わったあとも観察してた」と語り、「涼太は次の人にいった瞬間に水を飲んでた。 隼もいますごく水を飲んでるので」と推理をして解答。 すると、本当に小森と片寄が激辛焼きそばを食べていたことが発覚し、白濱の名推理ぶりに他のメンバーは「めっちゃ見てる!」と驚き。 実際に激辛焼きそばを食べた小森が「ちょっとこれ耐えれないかも…!」と半泣きで水を飲むと、「そんなに辛いの?」と問いかけるメンバーたちに対し、片寄も「痛いもん…」と放心気味で答えていた。 練習時間では、数原龍友と中務裕太のみが見事1回で成功したものの、他の5人に至っては惨敗。 とくに中務の綺麗なフォームと、確実性のあるキックにはメンバーたちから称賛の声が上がった。 そして、メンバーたちの間に不安な空気が漂うなか挑戦が始まると、ペットボトルごとなぎ倒してしまうメンバーが続出。 しかし、それでも7人連続で成功することができず残念ながらチャレンジ失敗。 想像以上の難しさに、メンバーたちは「これ難しい」「すごいよ!」と悔しそうな表情を見せた。

次の