楽天モバイル エリア内。 楽天モバイル移行記その3~埼玉の自宅内でも通信圏内になった

楽天モバイルの無制限プラン、都内でも地下鉄や大型商業施設などは“2GB制限”の対象に

楽天モバイル エリア内

楽天モバイル公式ホームページより 携帯電話会社の楽天モバイルは8日、公式サイトで iPhoneなどアップル社製品向けアプリのダウンロードサービス「App Store」で、無料電話などが使える自社アプリ「 Rakuten Link」の提供開始を明らかにした。 同サイト上の対応機種には「【iOS版】iOS 13以降を搭載したiPhoneXS、XR、11(2020年7月8日時点)」との記載が加わった。 事実上の楽天回線のiPhoneへの本格対応開始となり、日本国内のユーザーの選択肢が大きく広がる可能性が出てきた。 iPhoneユーザーの取り込み本格化へ 楽天の三木谷浩史社長は、携帯電話事業サービスのコアは「Rakuten Link」であることを強調していた。 同アプリをダウンロードし、SIMカードを入れ替えるだけで楽天カードの会員情報を活用したさまざまなサービスや無料通話、無料メッセージサービスが利用できるということが売りだった。 そうした同社サービスの最大の懸案は、回線対応製品がすべてAndroid端末で、iPhoneの「iOS」は「Rakuten Link」に対応していないことだった。 実際にはiPhoneの一部機種で限られた機能は使えたものの、動作保証の対象外で、楽天モバイルでは使用マニュアルなどを公開していなかった。 楽天モバイルは、4月のサービス正式開始から、楽天回線エリア内のデータ通信と「Rakuten Link」による国内電話が無制限のプラン「Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)」を、開通日から1年間無料で利用できるサービスを展開している。 6月30日現在の契約数100万回線を超えたが、NTTドコモ、ソフトバンク、auのシェアを奪うまでには至っていない。 今回の仕様変更で、国内iPhoneユーザーの取り込みに新たな活路を見出すことになる。 スマホ評論家の新田ヒカル氏に今回の新サービスをどう利活用するべきなのかを聞いた。 新田氏の解説 国内のスマホシェアの約4割がiPhoneということもあり、とてもインパクトがあると思っています。 私も「Rakuten UN-LIMIT」に契約し、「Rakuten Link」を使用してみましたが、通話、データ通信双方ともこれまで文句なしの品質です。 データ通信では首都圏や関西圏などの楽天サービスエリアと、それ以外の地方のauエリアで差が出るのではとの懸念もありました。 しかし、エリアが異なっても充分な速度を保っています。 正午から午後1時の混み合う時間帯でも多少遅くなりますが、高解像の動画を見るなどせずにネットサーフィンする程度であれば、問題はないように感じました。

次の

楽天モバイル、地方は実質“月額2980円で2GB” 今後のエリア拡大計画は (1/2)

楽天モバイル エリア内

画像引用元: 大阪府はどうでしょうか? こちらは大阪市に限らず、東大阪市、八尾市、堺市と確実に楽天自社回線エリアが広がっているのが分かります。 他に京都市と神戸市も楽天エリアに切り替わってますね。 なので関西地域では、 大阪市、東大阪市、八尾市、堺市、京都市、神戸市が境目です。 あくまでもこれらの境目は、現時点 2020年3月 での情報です。 例を挙げると 埼玉県和光市がその空白部分に当たります。 確かにエリアマップでも 和光市の一部が空白になってました。 itmedia. html 他にも 吉祥寺駅周辺も、現在は空白エリアとなっているので注意が必要です。 結論として、楽天のMVO回線は、東京23区はほぼ網羅できているものの、所々に空白地域がまだ存在しているようです。 そのような場所では、入ると圏外や通信が著しく遅い状況になり、電話も繋がりません。 恐らく、楽天側は急ピッチで空白部分を埋めるよう基地局を建設していると思われますが、4月のサービス開始には間に合うか分からない状況です。 なので、楽天モバイルを契約する予定の方は、都心住まいだったとしても、 ご自身の住所とエリアマップの状況を逐次確認する必要がありますね。 画像引用元: 楽天モバイルから新たな「 Rakuten UN-LIMIT」という料金プランが発表されました。 楽天回線エリアでは、データ通信が無制限で、しかも2980円なんです!さらに、1年間は無料と驚愕プランを打ち出しました。 これは、ちょっと自分の携帯プランを見直したくなる魅力的なプランです!しかも、最低利用期間も契約解除料もなしなので、気軽に乗り換え出来ますよね。 家計で結構圧迫しているのが携帯代ですから、家族で乗り換えする人も多いかもしれません。 正式なサービス開始は4月8日からになるようで、1年間の無料サービスは先着300万名までになるそうなので、申し込みが殺到しそうですね。 使えるエリアは? この魅力的なプランはまだ、全国的に使えず自社回線エリアである東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県などの一部で、2021年3月までに47都道府県にエリアを広げる予定のようです。 またエリア内であっても、アンテナがない大型商業施設や地下などではKDDIのローミングを使うことになり毎月2GBまでに制限されているそうなので、エリア内である人たちには魅了的なプランのようですね。 確かに一番の重要ポイントですし、早くエリアを広げて欲しいと思う人が多いでしょうね。 まとめ 今回は楽天モバイルから発表された新プランについて調べてみました。 ・楽天回線エリア内であれば、月額2980円でデータ通信無制限 ・先着300万名まで1年間月額料無料 ・現在の楽天回線エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県である ・回線エリア内でも、地下やアンテナのない大型商業施設では、1か月2GBまでのローミングを使用する事になる 楽天回線エリアの人にはとても魅力的なプランですよね。 契約解除料も契約期間の縛りもないので、一度検討してみてもいいですね。

次の

【楽天モバイル】Rakuten UN

楽天モバイル エリア内

0GB以内なので騒ぐ必要ないですが一応問合せしてみました。 応対としては、 予測通りまだ安定した提供ができず…などと言う答えにならないものでした。 正直、楽天モバイルが始まってすぐパートナー分2. 0から5. 0GBに増量したのもこの様な時の為かもね?なんて思ってしまいました。 しかもアンテナの設置含めまだまだお金を取っての提供にするとクレームだらけになることを恐れて300万人1年無料を行い。 それは実用テストで無料で使わせてもらっていると考えた方がよいのかも知れませんね。 私は楽天モバイルが示す、「濃いピンク」「ピンク」エリアでしか基本利用はないので5. 2GM知らず消化はどうとらえるか?になりますね。 2GMの消化も知らずにパートナーエリアに切り替わっていてネットを使っていての消費かも確認できませんでしたのでね。 まとめ.

次の