霊感 ある 人 の 特徴。 【霊能者のガチ解説!】霊感が強い人の特徴・体質とは

霊感がある人の特徴は、顔をパッと見するだけそれとなくわかることがある?

霊感 ある 人 の 特徴

言葉は違うけど実はどちらも同じ意味• そして霊感が強い人とは普通の人には見えないものが見えたり、誰もいない場所で人の声が聞こえるなど霊的なものを感じ取れる人のことです。 実は言葉が違うだけで意味はどちらも同じです。 霊とはこの世に残る未練や恨みが形となったものです。 その未練や恨みといった想いは念そのものです。 つまり 「霊的なものを感じ取っている」ということは 「その場所に残る念を感じ取っている」と言い換えられるわけです。 これが「念の強い人=霊感の強い人」となる理由です。 これから念が強い人の特徴を紹介しますが、これは霊感が強い人の特徴にもなりますので「念」を「霊感」に置き換えて読んでも問題ありません。 念が強い人(霊感が強い人)の身体的特徴 念が強い人の特徴が一番わかりやすいのは 目です。 目は口ほどに物を言うとはまさにこのこと。 他にも体調の変化や手相からもわかります。 眼光が鋭い人 眼光が鋭い人とは、目の大きさや細さではなく 目力がある人のことです。 猫を思い浮かべると分かりやすいかと思います。 霊感の強い人が見えるものは幽霊だけではなく、人間の持つオーラやエネルギーも見えています。 そのため無意識に相手を凝視し観察するような視線になってしまうのです。 話してもいないのに「この人なんだか今日はイラついていそうだな~」とか「なんか悲しいことでもあったのかな」と顔を見ただけで感じたことはありませんか? 念が強い人は他人の感情もなんとなく見えるようになります。 眼光が鋭さを自分でチェックする方法眼光が鋭いかどうかを自分で判断するのは難しいですよね。 簡単にできるセルフチェックを紹介します。 眼光の鋭さチェックの結果• そういった心理的ストレスから逃れるために反射的に目を逸らしてしまうのです。 どんなに仲の良い相手でも自分の内面まで見られていると思うと嫌ですからね。 警察官を怖いと思うのと同じ心理外を歩いているときに目の前をパトカーが通り変に意識してソワソワしてしまったという経験がある方は多いと思います。 別に悪いことをしたわけでもないのになんとなく目を逸らしてしまう。 眼光の鋭い人から目を逸らすのはそういった心理と似ています。 顔色が悪い、頭痛になりやすい念が強い人は霊感も強いので知らないうちに 周囲の浮遊霊を引き寄せることがあります。 それが低級霊であれば力が弱いのでそれほど影響を与えることはありません。 しかしたちの悪い霊が憑いてしまうと体調に影響します。 すると顔色が悪くなったり、頭が痛くなるといった霊障が起きます。 つまり念の強い人は 常に霊の影響を受けているとも言い換えられます。 仏眼の手相がある人 手の親指を見てください。 指の先端側の第一関節に注目します。 丸く目が開いたような形になっていればそれが 仏眼相です。 仏眼相は念力相と呼ばれることもあり、この手相を持つ人は霊感が強いといわれています。 仏眼相があるからといって必ず霊が見えるというわけではありません。 あくまで素質がある程度です。 反対に霊能力者には必ず仏眼相があるというわけでもありません。 幽霊が嫌いな方には迷惑な話かもしれませんが、 仏眼相は記憶力にも優れている線なのでホラー好きな方以外にもあると嬉しい手相です。 ネットで手軽に手相を鑑定してもらう方法個人的に 手相鑑定は他の占いより信憑性が高いと感じています。 なぜなら手相は世界中を探しても同じものは存在しない オンリーワンなものだからです。 その手相からは霊感だけでなく運勢や未来まで診断することができます。 しかし手相鑑定士をわざわざ探すのもめんどくさいですよね。 そこで手相に興味を持っている方のためにスマホから簡単に手相鑑定をしてもらう方法を紹介します。 念が強い人はどうしても霊的影響も受けやすくなるので精神面での特徴が目立ちます。 特に会話をしているときはわかりやすいです。 会話に集中できていなかったり、まだ話していないことに気づいているなど。 他人の背後が気になる念の強い人は話をしているときに よく相手の背後をチラチラ見たり視線を泳がせたりします。 これは霊感が強いので語りかけてきた霊の念をキャッチしてつい視線を向けてしまうからです。 よく他人から「どこ見て喋ってるの?」「私の後ろに誰かいる?」と言われる人は、無意識のうちに霊の存在を感じているのかもしれません。 幽霊は念を送ってくるよく「霊が語りかけてくる」と表現されますが、 霊は本当に喋っているわけではありません。 音は空気の振動によって伝わるので発声のできない霊は喋ることができません。 ではどうやって霊は人に語りかけてくるのかというと、 頭の中に念を送って直接語りかけてくるのです。 テレパシーをイメージするとわかりやすいと思います。 電波をキャッチできない人には聞こえず、霊感の強い人にしかメッセージを受け取ることはできません。 より強力な霊感を持っている人なら幽霊に念を送ることができます。 自分の霊感の強さに気づかずに自分自身の考えと霊からの伝言がごちゃごちゃになって混乱する人もいます。 電話やメールの相手が分かる 念の強い人は 携帯の着信音が鳴っただけで相手が誰か分かります。 これは相手が送っている念をキャッチしているためです。 内容が重要であればあるほど念が強くなるのでより確実に分かります。 相手の念が重要なので、軽い気持ちの電話やメールだとよっぽど霊感が強くない限り相手を察知するのは難しいでしょう。 直感と霊感の違い 直感と霊感の察知能力の違い• 時間帯など状況から相手を判断することは可能です。 電話に出てその予想が当たっていたら「やっぱりな」となり、外れていれば特に何も感じません。 そのため 当たった経験は印象が強くいつまでも記憶に残り、外れた経験はすぐに忘れられます。 当たった記憶がどんどん溜まっていくと「私って不思議な力を持っているのかも」となります。 直感は状況から予測しているだけにすぎません。 反対に 意外な相手からの連絡を予測することができれば霊感があるといえます。 あまり連絡をよこさない人が連絡するということはそれだけ念も強くなりますからね。 自分の気持ちを相手に見破られる 霊感が強い人は念を送る力も強いので、自分の意思を念に込めて相手へ送ることができます。 それにより念の強い人と話している相手も「この人はこう考えているんだろうな」と気持ちを予測できます。 そういう意味では お互いの気持ちを察するので非常に会話が弾みやすいといえます。 ただし無意識に嫌いという念を相手に送っている場合は少々困った状況に。 相手はなんだかよく分からないけど嫌な感じを受け取ってしまいます。 もし自分は霊感が強いと認識している方は、相手に対するマイナスの気持ちを意識的に抑えたほうがいいかもしれません。 嫌いという気持ちを相手に悟られてしまいます。 自分からあえて念を送る 特定の相手に自分から念を送ることを送念といいます。 送念は相手にバレずに自分の気持ちを相手に伝えられます。 送念についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので興味のある方は参考にしてみてください。 念が強くない人でも送念はできます。 人の影響を受けやすい念が強い人は、 他人の念もキャッチできるため周囲に流されやすい傾向にあります。 自分の気持ちが他人の気持ちに影響されてしまっているからです。 たとえば食べ放題のお店。 周りの「どんどん食べるぞ!」という気持ちに感化されて、本当はお腹いっぱいなのにもっと食べたくなってしまい、その結果食べ過ぎてしまいます。 お葬式や病院などに行くと、マイナスのエネルギーに感化されて自分まで調子が悪くなってしまいます。 悪霊が悪さをしているわけではないのでお祓いや除霊をしても意味がありません。 他人に影響されないように自分の意思を強くもっておかなければいけません。 相談役になることが多い念が強い人と霊感も強いので霊や人の影響を受けやすく 普通の人よりも苦難な道を進むことになったり、面倒に巻き込まる人生を歩んでいます。 そのため霊感が強い人は苦労人が多いといわれています。 だからと言って不幸な運命にあると悲観している人は少なく、 むしろ波乱の人生を歩んできたという事実を自信に変える人が多いです。 そのため霊感のある人に相談を持ち掛けると的確なアドバイスを返してくれます。 また他人の気持ちや念を受け取ることができるので、相手が今一番言ってほしい言葉を投げかけてくれます。 周りからは頼れる存在となり自然と人が集まってきます。 誰よりも苦難を知っているからこそ力強い助言ができるのでしょう。 最後に.

次の

念が強い人の特徴。「念の強い人=霊感の強い人」となる理由

霊感 ある 人 の 特徴

霊感とは?霊感について解説 霊感とは1:目に見えないものを感じる能力 霊感とはなにか、1つめは目に見えないものを感じるということです。 霊感のある人は、ふとしたときに何者かの雰囲気を感じることができます。 部屋に誰もいないはずなのに、誰かの視線を感じたり気配を感じるのです。 実際に目には見えていないとしても、なぜか見られているような視線や誰かが近くにいるような気配を感じるのであれば、霊感がある人だということでしょう。 霊感とは2:予感・察知能力 霊感とはなにか、2つめは予感や察知する能力があるということです。 嫌なできごとやトラブルが起こる前に、言いようのない胸騒ぎを感じるといったことも予感や察知能力のひとつです。 他には、予知夢を見ることも予感や察知能力です。 身内に不幸が起こることを夢で見たなどはよく聞く話ではないでしょうか。 自分や自分の周りに危険が及ぶ前に察知できるのは第六感が働いているのだと言えるでしょう。 霊感とは3:目に見えないものと対話する能力 霊感とはなにか、3つめは目に見えないものと対話をする能力です。 この能力は、ただ単に霊感があるというだけでは及ばない話でしょう。 霊感がある人の中でも、 目に見えないものと対話ができるという人はなかなかいません。 浮遊霊や未成仏霊と対話をし成仏することを導くという能力だったり、守護霊や祖先の霊と対話をしてメッセージを伝えるということは、並大抵の能力ではできないのです。 霊感は、誰しもが多かれ少なかれ持っているもの。 ただ、その強さは個人で違いますし、強い霊感に本人が気づいていない場合もあります。 自らに霊感があるのかどうか、それを自分で確認するのはとても難しいこと。 そんなときは電話占いで、本物の霊能者に相談してみては? 予知夢を見たり、何か気配を感じるなど不安なことがあれば、電話占いの占い師があなたの相談に乗り、霊視によって悩みを解決してくれます。 今身の回りで起こっていることが、霊の仕業なのか、そしてそれがどんな霊なのか。 開運も含めて適切なアドバイスをくれるでしょう。 霊感がある人の特徴と共通点7つ 霊感がある人の特徴と共通点1:身体が丸みをおびている 霊感がある人の特徴と共通点1つめは、身体のラインが丸みをおびている人が多いということです。 霊感のある人 全員が丸みをおびた身体をしているわけではありませんが、不思議な能力を持っている人は、なぜか身体のラインが丸いと感じる人が多いのです。 霊感がある人の特徴と共通点2:冷静沈着な人が多い 霊感がある人の特徴と共通点2つめは、冷静沈着な人が多いということです。 霊感のある人で感情的な人はあまり見かけないような感じがしませんか? 冷静に人の話を聞ける人、色眼鏡で人を見ない人が多いのが特徴です。 霊感がある人の特徴と共通点3:目線に違和感を感じるときがある 霊感がある人の特徴と共通点3つめは、目線に違和感を感じるときがあるということです。 霊感のある人は、ふとしたとき、自分でも無意識の中で霊を見てしまうことがあります。 そのときに、一瞬どこか違うところを見たり、 目線が泳ぐような感覚を覚えるときがあるのです。 霊感がある人の特徴と共通点4:たまに急に無口になる 霊感がある人の特徴と共通点4つめは、急に無口になることがあるということです。 今まで楽しくおしゃべりをしていたのにも関わらず、 急に眉をひそめ無口になってしまう。 そんなとき、霊感のある人は目に見えない何かを感じていて黙ってしまうということがあるのです。 霊感がある人の特徴と共通点5:根が優しい人が多い 霊感がある人の特徴と共通点5つめは、根が優しい人が多いということです。 霊感の人は、心のキレイな人が多いです。 純粋で素直な心を持っているからこそ、その人の 霊感という名のアンテナが違う次元の存在までも拾ってしまうのでしょう。 霊感がある人の特徴と共通点6:急に具合が悪くなることがある 霊感がある人の特徴と共通点6つめは、急に具合が悪くなることがあるということです。 さっきまで元気だったのに、ある場所を訪れたとたん「気分が悪い」や「頭が痛い」「寒気がする」といって 動けなくなってしまうことも。 霊感がある人の特徴と共通点7:直感が優れている 霊感がある人の特徴と共通点7つめは、直感が優れているということです。 霊感のある人は、物事を決めるときにけっこう迷うことなく「これ!」と決めてしまう人が多いです。 それは自分の直感の鋭さを、自分でも無意識の内に自覚しているので 自分の直感を信じることができるのです。 霊感がある人の性格 霊感がある人の性格:穏やかで優しい 霊感がある人の性格1つめは、穏やかで優しい人が多いということです。 霊感のある人の穏やかさや優しさは、だいぶ深く「困っている人の力になりたい」というように 慈愛の気持ちがある人が多いです。 もしも募金をよくする友人や知人がいたら、その人は霊感のある人なのかもしれません。 霊感がある人の性格:聞き上手な人が多い 霊感がある人の性格2つめは、聞き上手な人が多いということです。 霊感のある人は、冷静で穏やかな人が多いことから、キャピキャピと騒いでいるタイプよりも、話すより聞き役タイプだという人のほうが多いです。 また、精神的に強いタフなタイプよりも、 繊細である人が多いのも特徴です。 霊感がある人の性格:人の内面を捉えるのが得意 霊感がある人の性格3つめは、人の内面を捉えるのが得意だということです。 霊感のある人は、 感が鋭い人が多いです。 第六感が働くのでしょうか、相手の内なる性格を見抜くことに長けているのです。 たとえば初対面であっても、こういう性格だろうな……ということをサラリと見抜いてしまうのです。 霊感がある人の体験談3選 霊感がある人の体験談1:他の人には聞こえない声 これは私が体験したお話です。 私が20代前半だった頃のお正月、当時お付き合いしていた彼と初詣に行きました。 初めて行く神社だったのですが、境内に足を踏み入れてからなぜか寒気が止まりませんでした。 まぁ冬だしと思いながら歩みを進めると、身体がガタガタと震え出すほどの急な寒さに襲われました。 その日は比較的寒いというわけでもなくて、彼が着ていたダウンを貸してくれました。 自分で着て来たアウターの上から更に彼のダウンを羽織っても震えはひどくなる一方。 そして吐き気も出てきて嗚咽が出る始末でした。 「風邪かもしれないから帰ろう」と彼の車へ戻ると、症状はピタッとおさまりました。 本当にピタッと治ってしまったので「もう大丈夫だから行こう」と、心配する彼を引っ張って境内に戻りました。 寒気や吐き気は感じましたが、先ほどでもないし付き合って間もない彼に気を遣っていた部分もあって、少し我慢して初詣の列に並びました。 すると、水子供養の石碑の前にさしかかったとき、石碑の後ろの辺りから複数の赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたのです。 生まれたての赤ちゃんの声ではなく、生後6か月くらいの割としっかりした声が5~6人くらい合わさっているような泣き声でした。 私は彼に「すごい演出だね。 赤ちゃんの泣き声まで流すなんて……」と彼にボソボソっと言うと、彼は「は?」と聞き返してきました。 私は「赤ちゃんの泣き声聞こえるでしょ?演出なんだろうけどいくらなんでもちょっとね……」と言うと、彼はそれきり黙ってしまいました。 その後参拝を終え、帰りの車内の中で彼が一言 「赤ちゃんの泣き声なんて聞こえてなかったよ」と呟きました。 霊感がある人の体験談2:きっかけは突然 私が霊を見るようになったきっかけは、小学5年生の夏でした。 それまでは、目に見えないものの気配や視線を感じることはあっても、実際にしっかりと見えたわけではありません。 しかし小学5年生の夏の日の夕方、母におつかいを頼まれ、近所のスーパーへ向かいました。 学校の通学路でもある通い慣れた道でした。 スーパーで買い物を済ませ、元来た道を帰っているときでした。 私が進む先の街頭の下に、若い軍服姿の兵隊さんが立っていました。 つばのある帽子を目深に被っているので顔は見えませんでしたが、背格好からたぶん十代くらいかな?といった印象を受けました。 兵隊さんは、顔こそ見えないものの、まっすぐに私の横、斜めの方向を向いて立っていました。 霊を見ているとき不思議と判断が鈍感になるんです。 「今どき珍しい恰好の人だな……」私はそう思いながら、兵隊さんの方へ歩みを進めていました。 兵隊さんをじっと見つめながら歩いていると、目の前を一台のワンボックスカーが横切って行きました。 ワンボックスカーが通り過ぎると、街頭の下の兵隊さんは消えていました。 「あ、あの人消えちゃった」全く恐怖は感じませんでした。 へんなのー、と思いながらそのまま街頭の下を通りすぎ、家に辿り着きました。 そして「ただいまー」と言って家のドアを後ろ手に閉めたとたん、急に物凄い恐怖感に襲われ、私は号泣してしまいました。 そしてその日から、たびたび霊を見かけるようになったのです。 霊感がある人の体験談3:霊感は遺伝する 私の息子のお話ですが、彼は言葉を話し始めた2歳前くらいのころから何かを見てしまったときは私に伝えてきます。 一緒にお散歩をしているとき、「ママー、あそこに怖いのが立ってるよ」2人で昼間テレビを見ているとき、「ママー、さっきからね、お外から女の人がこっち見てる!」 当時住んでいた部屋は2階でした。 そんな彼も小学生になり、他の人には見えないものだということに気づいたのか誰にも霊の存在を伝えることはしなくなりました。 しかし、夜一緒に近所を歩いていると、急にビクッとして立ち止まります。 彼が見ている方を確認しても、そのとき私には見えません。 私は波長が合う霊しか見ることができないのです。 「どうしたの?何かいる?」と尋ねても「ううん、何でもない。 行こう。 」と言い口をつぐみます。 そのときの彼の表情から、 ナニカを見てしまったんだなとピンとくるのです……。 霊感を鍛える方法とは? 霊感を鍛える方法1:霊感の強い人と一緒に過ごす 霊感を鍛える方法1つめは、 霊感の強い人とよく一緒に過ごすようにするということです。 霊感の強い人とよく一緒に過ごしていると、霊感が移ることがあるといいます。 前まで霊感なんて全然なかったのに、最近なにかと気配や視線を感じるようになった、たまに変なものを見てしまう、ということが増えていくことがあるようです。 霊感を鍛える方法2:自分の直感をよく感じること 霊感を鍛える方法2つめは、自分の直感をよく感じることです。 霊感のある人は、 第六感がとても鋭いです。 普通の人が持ち合わせていないアンテナが働いているという例えがしっくり当てはまるでしょう。 ですから、霊感を鍛えたい場合には、普段ものごとを決めるときにはどんな小さなことでも、自分がこれだ!と思ったほうを選択してみるといった行動をとっておくと良いでしょう。 霊感を鍛える方法3:心を静める時間を作る 霊感を鍛える方法3つめは、心を静める時間を作るということです。 霊感は、常に騒がしい心の人よりも、 穏やかで冷静で落ち着いている精神の人のほうが鍛えやすいです。 ですから、霊感を鍛えたいと思った場合には、夜寝る前にでも数分心と頭を空っぽにするトレーニングをやってみましょう。 無心状態になることを鍛えると、冷静な判断や自分の内面との対話も少しずつできるようになるのではないでしょうか。 高級霊や低級霊とは?判別方法は? 高級霊とは? 一般的に、 高級霊とは低級霊と比べると総数が少なく、守護霊や指導霊として遭遇する機会があるくらいともいえます。 また、背後霊となる霊の中にも高級霊がいるといわれています。 守護霊として守ってくれたり、指導霊として自分の進むべき道を示してくれるなど、人生において自分を助けてくれる霊が高級霊です。 守護霊の場合には、その人が生まれてから死ぬまで一生そばにいて見守ってくれる優しさが特徴であったり、指導霊であれば、直感や夢、周囲での出来事からメッセージを送り、その人を成功に導くように積極的に指導していくという厳しさを持ち合わせているのが特徴です。 背後霊として憑かれていたとしても嫌な感じはなく、むしろ居心地の良さを感じるのが高級霊の特徴です。 強い力を持っているものだとほとんど神格化されるものもいるといわれています。 低級霊とは? 高級霊と比べると、 遭遇率も高く、霊感がある多くの人が恐怖体験として遭遇している霊は、これら低級霊に分類されます。 人に対して良い影響を与えることはなく、憑かれることによって体調を崩したり、心が滅入ったりと負の環境を作り出すのが特徴です。 この世に未練を残して亡くなったため成仏することができず苦しんでいたり、強い恨みを持っていたりするため、人に与える影響は大きく、そして決してそれらの影響は良いものではありません。 生きている人間に助けを求めてくるケースも少なくないのですが、大きな力を持たないものがほとんどのため、その伝え方次第では生きている人に大きな恐怖や苦痛を与えることもあります。 低級霊にも多くのレベルがあり、人に悪さをするほどの力を持っていないものから、完全に人に憑依して乗っ取ってしまう強い力を持つものまでさまざまです。 霊を判別する方法はあるの? 霊感のない人が、高級霊と低級霊を判別するのは難しいでしょう。 ただ、多少なりとも霊感がある人なら、姿が見えなくてもそこにいる霊が高級霊なのか、低級霊なのかを判別するのは可能です。 霊感がある人の中にも、目に見える人、気配で感じる人、匂いで感じる人、声や音だけが聞こえる人とさまざまですが、目に見える場合では、まとうオーラに違いがあるといわれます。 高級霊は明るいイメージ、低級霊は暗いよどんだイメージのオーラをまとっているといわれます。 気配でも、冷たい嫌な感じがするものと、温かく居心地の良い感じがするもので低級霊と高級霊を判別することが可能です。 また、高級霊は白檀や柔らかい柑橘系の香りがするといわれており、反対に低級霊においては人によって感じる匂いは違うようですが、古い油の香りや、プラスチックが燃えているときのような石油系の香りがすることもあるようです。 高級霊はすべてにおいて、感じることができる人に対し心地良い印象を与えるようです。 霊感霊視を電話占いで実際に体験してみる 霊視は電話占いがおすすめ 霊視は、自分にどんな守護霊がついているか、どんなオーラをまとっているのかといったことから、自分と関わり合いのある人の自分に対する気持ちや考えなどといった、本来であれば目に見えないものを知ることができる方法です。 もちろん、 誰にでもできるものではありませんから、霊視によって知りたいことがあった場合は、霊視ができる占い師に依頼してみてもらうのが一番良い方法でしょう。 霊視は、必ずしも対面である必要はなく、それなりに力のある霊能者であれば電話において霊視を行うことも可能です。 電話占いであれば、 家にいながら電話一本で霊視を行ってもらうことができるため、外で並ぶ必要もありませんし、人の目を気にする必要もありません。 手相や人相を見て占いを行うものではなく、もともと見えないものを見る力によって運勢を占ったり、人間関係を占ったりしてくれるものですから、電話でもまったく問題ないのです。 自分の家から電話をかけるだけなので、気軽に相談できるのもメリットになりますね。 「みんなの電話占い」 電話占いでもっともおすすめなのが、「みんなの電話占い」です。 よく当たると口コミでの評価も高く、 えりすぐりの占い師がそろっており、仕事や恋愛・結婚、人間関係など、あらゆる悩みに対応してくれます。 通過率3. 電話占いのもう1つの魅力が、料金が分単位で計算され請求されるということ。 会員登録してしまえば、そこから先は電話での相談なので、通話時間の中で無駄なく相談することができます。 あらゆる悩みに対応してくれますが、特に恋愛関係の復縁に強い占い師が多く、一度別れて相手に拒絶されてしまった人も、不倫関係で別れた人も復縁して結婚できたという口コミも寄せられています。 もちろん、恋愛だけでなく今あなたが何かに悩んでいて、その問題を早く解決したいのであれば、電話占いに頼ってみるのも一つの手でしょう。 霊視による占い師のアドバイスを受けてみませんか? まとめ いかがだったでしょうか。 今回は、霊感とは何なのかということや、霊感がある人の特徴や共通点、そして霊感を鍛える方法をご紹介しました。 霊感がある人に憧れる、霊感を手に入れたい、と思う人も少なくないでしょう。 しかし、霊感のある人にはその人だけにしかわからない大変なことや不便なこともあります。 一度霊感を手に入れると、もう普通の生活には戻れなくなってしまうことだってあり得るでしょう。 軽はずみな気持ちで霊感を鍛えようとするのではなく、きちんと霊感のある人を理解するということが大切なのです。

次の

霊感の強い人に共通する3つの特徴

霊感 ある 人 の 特徴

引っ越しをする際、新しい家に対して根拠もなく嫌な印象を抱いたことはあるでしょうか。 また、肝試しで原因不明の頭痛に襲われたり、誰もいない場所で人の気配を感じたりしたことはあるでしょうか。 そうした経験があるという人は、いわゆる霊感のある人かもしれません。 霊感とは文字通り感覚的なもので、一口に説明するのは困難です。 一般的にイメージされる「幽霊が見える能力」という解釈が一番しっくりきますが、とにかく科学的に説明のつかない能力が霊感です。 霊感と聞くと超能力のようなイメージを持つ人もいるかもしれません。 しかし実は本来、誰にでもある能力と言われています。 ただ、霊という存在自体まだ科学で証明されていないため、霊感も眉唾ものという感は否めません。 従って、霊感というものが人間の感覚の何を表すのか、まだはっきりと表現できないのが現状です。 では霊感のある人は一体どんなものを見て感じているのでしょうか。 一般的に霊感のある人は、霊視能力や除霊する能力があると思われがちです。 しかし厳密には霊感と霊力は違うものとして定義されます。 霊感とは霊的なものを感じる力です。 その一方で霊力とは、霊的なものに対し何らかのアクションを取ることができる能力を指します。 例えば、霊力があれば邪悪な霊を取り払うことができますが、ただ霊感があるというだけではなす術がありません。 恐らく多くの人が霊感と霊力を同一視していることでしょう。 しかし両者にはこのように大きな違いがあるのです。 霊感のある人は車で言えばペーパードライバーみたいなもので、霊を上手に扱うことができません。 それどころか霊に翻弄され苦しめられることすらあるそうです。 もし日常生活で科学的に説明のつかない不気味な感覚に悩まされるという人は、霊感のある人ではなく霊力のある人に相談するのが良いでしょう。 自分に霊感があるかどうか見分けるために、まず手相を見てみましょう。 霊感のある人は手相にもその特徴が表れます。 特に左手の手相にはその人が生まれつき霊感のある人かどうかはっきりと出るそうです。 具体的に、霊感のある人の手相には3つの条件があります。 この3つの条件がクリアできた人は霊感のある人かもしれません。 一つ目の条件は、親指の第一関節のしわが眼のような形になっていることです。 これは仏眼と呼ばれる手相で、これを持っている人は霊感のある人と考えられています。 二つ目は手のひらに「神秘十字線」という線が入っていることが条件です。 この「神秘十字線」とは、感情線と頭脳線の間の中央に十字の線が入っていることを指します。 これは霊感の強い人あるあるとも言えるデメリットですが、強い霊感を持つ人は、日常生活で見たくないものまで見えてしまうことが頻繁にあるそうです。 例えば友人との会食中に血だらけの人が後ろに見えたり、自分にしか聞こえない呻き声が聞こえたりすることは日常茶飯事だそうです。 また霊感の強い人の中には、目の前で話している相手の本音が副音声で聞こえてくる人すらいるほどです。 霊感を全く実感できない人からすると、超能力者みたいで羨ましく思うかもしれませんが、実際自分がそうなったら、おそらく良い気持ちはしないはずです。 例えば持ち前の霊感を使った商売をしている人や、仏門に入って修行しているという人であれば、メリットになる部分の方が多いかもしれませんが、そうでないならこの能力はデメリットに感じることがほとんどでしょう。 霊感の強い人は、私たちがイメージする以上に気苦労の多い生活をしているものです。 TVや映画に影響される人から見たら羨ましい能力に思えるかもしれませんが、元々見えないことが普通と考えれば、メリットよりデメリットの方が多いことでしょう。 霊感は本人が望んで手にした能力ではないので、宿命として受け入れる他ありません。 しかし自分のこの不思議な能力に対して理解が深まれば、日常生活で役立てるという道も考えられるはずです。 もし霊感の強さに悩みを持っているという人は、全国にいる霊能力者とコンタクトを取って相談してみると良いでしょう。 上手く扱えるようになれば、それが自分の強みになり、普通の人が到底味わえないような素晴らしい人生が拓かれるはずです。

次の