ベヨネッタ ジャンプ キャンセル。 裏技・小技 [ ベヨネッタ 攻略wiki ]

スマブラ、ベヨネッタについてです。ベヨネッタのコンボで、上B→横B→ジ...

ベヨネッタ ジャンプ キャンセル

コンボを覚えてダメージを稼ぎ、撃墜(空後)を狙いましょう。 しかし、前作と比べると技の判定や撃墜方法が減るなど、大幅な弱体化を受けています。 そのため、コンボからの撃墜方法が何個も見つかれば、評価は大きく変わるでしょう。 その中でも、ダメージを稼げるコンボや撃墜を狙えるコンボを掲載しています。 ベヨネッタのコンボ解説 ベヨネッタの技考察 ベヨネッタの弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 対地 A 1. 68 9 弱1 対空 1. 68 9 弱2 対地 1. 68 9 弱2 対空 1. 68 9 弱3 2. 64 7 百裂 連 0. 暴れ技として使いますが、ベヨネッタは中距離から差し合いが得意なため、あまり使う機会はありません。 ベヨネッタのダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F ダッシュ 通常 (ダッシュ+A) 12 15 ダッシュ 持続 9. 6 12 横強1 対空 3. 6 12 横強2 3. 6 12 横強3 8. コンボには使えませんが、ガードをされても相手の裏に回り込めるのでリスク・リターンが低い技と言えます。 強攻撃としては珍しく3段攻撃で、追加入力をすることで広い範囲を攻撃できます。 しかし、発生が遅くコンボにも繋げられないので、差し返しには横必殺技を使いましょう。 上強攻撃のヒット後は、上必殺技に繋いで高火力コンボを叩き込めるので、近距離では上強攻撃を狙いましょう。 下強攻撃のヒット後は、相手が軽く浮き、高火力・撃墜コンボに繋げられるので、ジャンプの多様する相手には上強、それ以外では下強攻撃を近距離で狙いましょう。 4 18 上スマ 持続1 19. さらにメテオ効果もついているので、相手の崖掴まりを阻止できます。 ベヨネッタの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 9. 6 9 空N 持続 7. 2 18 空N 派生1 3. 6 空N 派生2 3. 6 空N 派生3 3. 6 空N 派生4 3. 8 7 空前2 3. 96 7 空前3 8. 0 9 空上 派生1 3. 6 空上 派生2 3. 6 空上 派生3 3. 6 空上 派生4 3. 8 18 空下 持続 8. 8 25 空下 着地 6. ボタンを長押しすることで繰り返し攻撃ができるので、復帰阻止として使えます。 空中攻撃としては珍しい3段技で、ヒット後に追加入力で2段目・3段目が出せます。 吹っ飛ばしは弱いですが、1段目・2段目で相手を前に運べるので、横必殺技を組み合わせたコンボでは相手をステージ外に運んで撃墜も狙えます。 ベヨネッタの撃墜択は基本的に即死コンボかスマッシュ攻撃といった安定感に欠けるものが多いので、空後のようなリスクの少ない撃墜技はベヨネッタにとっては貴重です。 上方向を素早く攻撃できるので、コンボの〆やコンボの繋ぎとしても使うことができます。 また、空上もボタン長押しで判定を出しっぱなしにできるので、復帰阻止としても使えます。 落下中は常に攻撃判定かつ先端部分にはメテオ判定があるので、復帰阻止として使用できます。 しかし、落下はキャンセルができず復帰が難しいので、復帰テクを上手く使えないうちは封印しましょう。 2 7. 4 6 上必殺技 中間1 0. 24 11 上必殺技 中間2 0. 24 15 上必殺技 中間3 0. ボタン長押しで最初の4発が強化され、ボタンの追加入力で射撃回数が増えます。 通常必殺技の射程は長く、最大溜めでは吹っ飛ばしも強くなります。 ステージ外の敵に当てることで撃墜が狙えるので、ダッシュ攻撃などでステージ外に吹っ飛ばしたら積極的に狙っていきましょう。 地上ではボタン長押しすることで蹴り上げに派生し、そのままコンボを始動できます。 なお、空中ではボタンの長押しをしても射撃をして隙を晒すだけなので、長押しは地上だけにしましょう。 また、空中での使用時はヒット後1秒以内ならもう一度横必殺技が出せます。 さらに、空中での横必殺技は下入力をすることで斜め下に攻撃を出すことが可能です。 相手直接当てることでコンボができますが、着地をすると隙が大きいので注意しましょう。 復帰技としては珍しく使用後に行動不能にならず、ジャンプを挟むことで再使用可能になります。 2回目の上必殺技を使う時、ジャンプと同時に上必殺技を使うことで空中ジャンプを消費せず上必殺技を使うことが可能なので、ぜひ覚えておきましょう。 また、上必殺技は発生が早く、ガードからの反撃で使うことができ、横必殺技に繋ぐことで簡単にダメージを稼ぐことができます。 ただし、 上必殺技・横必殺技は、使用するたびに着地隙が大きくなる点には注意しましょう。 ちなみに、崖に逃げたり着地のタイミングで下必殺技を使うことで、ある程度のリカバリーができます。 カウンターが成立すると、攻撃者の動きをスローにします。 スローの時間は相手の蓄積ダメージが高いほど長くなり、連続で使用すると時間が短くなります。 相手の飛び道具でもカウンターはできますが、距離が離れすぎていると成立しないので注意しましょう。 ベヨネッタの投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 0. 4 14 前投げ 投げ 3. 6 14 後投げ 投げ 7. 6 9 上投げ 投げ 5. 6 20 下投げ 投げ 6. コンボには使えないので、相手をステージ外に出したい時に使いましょう。 前投げと同じくコンボには使えないので、相手をステージ外に出したい時に使いましょう。 コンボには使えないので、空中攻撃の弱い相手に使いましょう。 投げた後は空前に繋げられるので、ダメージを稼ぎたい時は下投げを選択しましょう。 ベヨネッタの最後の切り札 攻撃名 操作方法 特徴・備考 最後の切り札 スマボ所持中 B 【大魔獣召喚】 ウィッチタイム中に相手に攻撃を重ねゲージが最大になると、ゴモラを召喚。 攻撃した相手を最大3人まで追撃できる。 追撃中はボタン連打でダメージアップ。 ベヨネッタの解放条件(出し方) 大乱闘(プレイ時間)で解放する方法 43番目に解放 ロックマンのキャラ解放から10分経過orソフト再起動後に大乱闘or灯火の星プレイからメニューに戻ると出現 勝ちあがり乱闘で解放する方法 マリオで勝ち上がり乱闘を2回クリア 灯火の星で解放する方法 「ベヨネッタ」のキャラ解放の条件は、上記の3つです。 いずれかの条件を満たせば、「ベヨネッタ」を使えるようになります。 ベヨネッタの調整点 Ver7. 0の調整点 調整点 その他 シールドのサイズを大きくしました。 Ver4. 0の調整点 調整点 下空中攻撃 ふっとび中に攻撃を出したとき、すぐに落下するようにしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 弱攻撃1 攻撃判定が持続する時間を長くしました。 百裂フィニッシュ ふっとぶ距離を伸ばしました。 ダッシュ攻撃 攻撃力の高い攻撃範囲のふっとぶ距離を伸ばしました。 上強攻撃 連続ヒットしやすくしました。 下スマッシュ 攻撃判定が持続する時間を長くしました。 横必殺ワザ 着地した時のスキを減らしました。 上必殺ワザ 着地した時のスキを減らしました。 下必殺ワザ カウンターの判定時間を長くしました。 バットウィズインが発動する判定時間を長くしました。 ウィッチタイムを一度使用した後、相手をスローにする効果の継続時間が、元の長さに戻るまでの時間を短くしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 通常必殺ワザ シールドに対する攻撃力を下げました。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の

【スマブラSP】ベヨネッタの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

ベヨネッタ ジャンプ キャンセル

コンボを覚えてダメージを稼ぎ、撃墜(空後)を狙いましょう。 しかし、前作と比べると技の判定や撃墜方法が減るなど、大幅な弱体化を受けています。 そのため、コンボからの撃墜方法が何個も見つかれば、評価は大きく変わるでしょう。 その中でも、ダメージを稼げるコンボや撃墜を狙えるコンボを掲載しています。 ベヨネッタのコンボ解説 ベヨネッタの技考察 ベヨネッタの弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 対地 A 1. 68 9 弱1 対空 1. 68 9 弱2 対地 1. 68 9 弱2 対空 1. 68 9 弱3 2. 64 7 百裂 連 0. 暴れ技として使いますが、ベヨネッタは中距離から差し合いが得意なため、あまり使う機会はありません。 ベヨネッタのダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F ダッシュ 通常 (ダッシュ+A) 12 15 ダッシュ 持続 9. 6 12 横強1 対空 3. 6 12 横強2 3. 6 12 横強3 8. コンボには使えませんが、ガードをされても相手の裏に回り込めるのでリスク・リターンが低い技と言えます。 強攻撃としては珍しく3段攻撃で、追加入力をすることで広い範囲を攻撃できます。 しかし、発生が遅くコンボにも繋げられないので、差し返しには横必殺技を使いましょう。 上強攻撃のヒット後は、上必殺技に繋いで高火力コンボを叩き込めるので、近距離では上強攻撃を狙いましょう。 下強攻撃のヒット後は、相手が軽く浮き、高火力・撃墜コンボに繋げられるので、ジャンプの多様する相手には上強、それ以外では下強攻撃を近距離で狙いましょう。 4 18 上スマ 持続1 19. さらにメテオ効果もついているので、相手の崖掴まりを阻止できます。 ベヨネッタの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 9. 6 9 空N 持続 7. 2 18 空N 派生1 3. 6 空N 派生2 3. 6 空N 派生3 3. 6 空N 派生4 3. 8 7 空前2 3. 96 7 空前3 8. 0 9 空上 派生1 3. 6 空上 派生2 3. 6 空上 派生3 3. 6 空上 派生4 3. 8 18 空下 持続 8. 8 25 空下 着地 6. ボタンを長押しすることで繰り返し攻撃ができるので、復帰阻止として使えます。 空中攻撃としては珍しい3段技で、ヒット後に追加入力で2段目・3段目が出せます。 吹っ飛ばしは弱いですが、1段目・2段目で相手を前に運べるので、横必殺技を組み合わせたコンボでは相手をステージ外に運んで撃墜も狙えます。 ベヨネッタの撃墜択は基本的に即死コンボかスマッシュ攻撃といった安定感に欠けるものが多いので、空後のようなリスクの少ない撃墜技はベヨネッタにとっては貴重です。 上方向を素早く攻撃できるので、コンボの〆やコンボの繋ぎとしても使うことができます。 また、空上もボタン長押しで判定を出しっぱなしにできるので、復帰阻止としても使えます。 落下中は常に攻撃判定かつ先端部分にはメテオ判定があるので、復帰阻止として使用できます。 しかし、落下はキャンセルができず復帰が難しいので、復帰テクを上手く使えないうちは封印しましょう。 2 7. 4 6 上必殺技 中間1 0. 24 11 上必殺技 中間2 0. 24 15 上必殺技 中間3 0. ボタン長押しで最初の4発が強化され、ボタンの追加入力で射撃回数が増えます。 通常必殺技の射程は長く、最大溜めでは吹っ飛ばしも強くなります。 ステージ外の敵に当てることで撃墜が狙えるので、ダッシュ攻撃などでステージ外に吹っ飛ばしたら積極的に狙っていきましょう。 地上ではボタン長押しすることで蹴り上げに派生し、そのままコンボを始動できます。 なお、空中ではボタンの長押しをしても射撃をして隙を晒すだけなので、長押しは地上だけにしましょう。 また、空中での使用時はヒット後1秒以内ならもう一度横必殺技が出せます。 さらに、空中での横必殺技は下入力をすることで斜め下に攻撃を出すことが可能です。 相手直接当てることでコンボができますが、着地をすると隙が大きいので注意しましょう。 復帰技としては珍しく使用後に行動不能にならず、ジャンプを挟むことで再使用可能になります。 2回目の上必殺技を使う時、ジャンプと同時に上必殺技を使うことで空中ジャンプを消費せず上必殺技を使うことが可能なので、ぜひ覚えておきましょう。 また、上必殺技は発生が早く、ガードからの反撃で使うことができ、横必殺技に繋ぐことで簡単にダメージを稼ぐことができます。 ただし、 上必殺技・横必殺技は、使用するたびに着地隙が大きくなる点には注意しましょう。 ちなみに、崖に逃げたり着地のタイミングで下必殺技を使うことで、ある程度のリカバリーができます。 カウンターが成立すると、攻撃者の動きをスローにします。 スローの時間は相手の蓄積ダメージが高いほど長くなり、連続で使用すると時間が短くなります。 相手の飛び道具でもカウンターはできますが、距離が離れすぎていると成立しないので注意しましょう。 ベヨネッタの投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 0. 4 14 前投げ 投げ 3. 6 14 後投げ 投げ 7. 6 9 上投げ 投げ 5. 6 20 下投げ 投げ 6. コンボには使えないので、相手をステージ外に出したい時に使いましょう。 前投げと同じくコンボには使えないので、相手をステージ外に出したい時に使いましょう。 コンボには使えないので、空中攻撃の弱い相手に使いましょう。 投げた後は空前に繋げられるので、ダメージを稼ぎたい時は下投げを選択しましょう。 ベヨネッタの最後の切り札 攻撃名 操作方法 特徴・備考 最後の切り札 スマボ所持中 B 【大魔獣召喚】 ウィッチタイム中に相手に攻撃を重ねゲージが最大になると、ゴモラを召喚。 攻撃した相手を最大3人まで追撃できる。 追撃中はボタン連打でダメージアップ。 ベヨネッタの解放条件(出し方) 大乱闘(プレイ時間)で解放する方法 43番目に解放 ロックマンのキャラ解放から10分経過orソフト再起動後に大乱闘or灯火の星プレイからメニューに戻ると出現 勝ちあがり乱闘で解放する方法 マリオで勝ち上がり乱闘を2回クリア 灯火の星で解放する方法 「ベヨネッタ」のキャラ解放の条件は、上記の3つです。 いずれかの条件を満たせば、「ベヨネッタ」を使えるようになります。 ベヨネッタの調整点 Ver7. 0の調整点 調整点 その他 シールドのサイズを大きくしました。 Ver4. 0の調整点 調整点 下空中攻撃 ふっとび中に攻撃を出したとき、すぐに落下するようにしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 弱攻撃1 攻撃判定が持続する時間を長くしました。 百裂フィニッシュ ふっとぶ距離を伸ばしました。 ダッシュ攻撃 攻撃力の高い攻撃範囲のふっとぶ距離を伸ばしました。 上強攻撃 連続ヒットしやすくしました。 下スマッシュ 攻撃判定が持続する時間を長くしました。 横必殺ワザ 着地した時のスキを減らしました。 上必殺ワザ 着地した時のスキを減らしました。 下必殺ワザ カウンターの判定時間を長くしました。 バットウィズインが発動する判定時間を長くしました。 ウィッチタイムを一度使用した後、相手をスローにする効果の継続時間が、元の長さに戻るまでの時間を短くしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 通常必殺ワザ シールドに対する攻撃力を下げました。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の

アタックキャンセル

ベヨネッタ ジャンプ キャンセル

解放条件• : で解放できる。 : ルートクリア後に挑戦者として登場する。 プレイ時間の経過で挑戦者として登場する。 この方法でのみファイターを解放する場合は、43番目の挑戦者として現れる。 ファイター性能 空中を自在に舞い踊るアンブラの魔女。 両手両足の拳銃を使った格闘術「バレットアーツ」による攻撃を主とし、を前提にしたファイター。 同じくコンボを主軸とした・が格闘ゲームらしい地上戦の雄ならば、ベヨネッタは空中を駆け回るスタイリッシュなアクションが特徴。 彼女の最大の特徴は、バリエーションに富んだコンボである。 相手を空中で運ぶのを得意としており、上手くいけばそのまま撃墜してしまう事もある。 また、はにならず、空中横必殺ワザは斜め下への急降下もできるので、素の運動性能以上に素早く動ける。 他にも、相手をにする風変わりな「」もベヨネッタを語る上では欠かせない。 うまく決まればコンボやスマッシュ攻撃でフィニッシュを狙え、強力。 また、遠距離では「」によるダメージ蓄積や撃墜点の横取りなど、ベヨネッタ特有のアクションや仕様がかなり多い。 一方で、ワザの威力は全体的に乏しい。 強みのコンボも操作が複雑で、相手のを読んでワザを決める判断力も必要になる。 地上ではワザの発生や隙、の弱さが目立ち、撃墜難に陥りやすい。 素の運動性能も控えめで小回りが効かないため、に頼った単調な動きになりがちなのも難点と言える。 空中に吹っ飛んだ相手を捉え続け、攻撃を躱す立ち回りからチャンスを引き出す技量を問われる技巧派ファイター。 難易度は高いが、使いこなせれば唯一無二の華麗な立ち回りを楽しめるだろう。 長所と短所• 多くのワザで・がしやすく、ダメージ蓄積がしやすい。 空中コンボを重ねて一方的に相手を場外へ追いやることも可能。 「」により、ダメージ上乗せや相手の撃墜点の横取りが容易。 それによって空中攻撃の持続も伸ばせる。 相手をにする(「ウィッチタイム」)を持っている。 カウンターが成立した時点ではリターンは出ないが、他にはない独特の面白さと強力さがある。 うまく使えればスマッシュ攻撃を容易に直撃させるなど他のカウンターワザ以上の効果を発揮するだろう。 に有効なワザをいくつか持ち、崖際で優位に立ちやすい。 スマッシュ攻撃の威力と範囲に優れる。 緊急回避や下必殺ワザは少し発動が遅れても、ダメージが半減され、吹っ飛ばされずに済む「」になる。 特に空中回避は1F目から発生までの間バットウィズインが発生するため、相手からのコンボに少しでも隙間があれば割り込める。 相手の場所を問わずに至らしめる「大魔獣召喚」が脅威的。 即撃墜を抜きにしても、スローで相手全員を隙だらけにできるので、かなり有利になる。 コンボの成功には、相手の吹っ飛びを読む判断力と操作精度を求められる。 乱戦では空中が主体になるとはいえ、コンボ全体の時間が長く、妨害を受ける可能性がある。 最悪、コンボを決めている相手もろとも第三者に撃墜を頂かれる恐れも。 このため複数のファイターとの混戦が予想される多人数大乱闘では、自身の強みが十分に発揮できない。 攻撃ワザの判定が弱い。 特に各種スマッシュ攻撃はで相殺のリスクがかなり大きい。 地上ワザの発生が総じて遅い。 コンボ始動ワザを除き隙も大きめで、密着状態に弱い。 スマッシュ攻撃、・以外の吹っ飛ばし力がほとんど伸びないため、立ち回りで使える撃墜択にとても乏しい。 相手のを溜めるだけで撃墜難に至りやすく、の乗り切った痛恨の一撃を食らうリスクを受けやすい。 撃墜に繋がる連係・コンボも存在するが、頻繁に狙えるようなものではない。 運動性能自体は高くない。 それを補う上・横必殺ワザもクセが非常に強い。 特に空中ジャンプで上必殺ワザが復活するという点が『スマブラ』のセオリーに慣れているほど扱いを難しくしている。 横・上必殺ワザは、一度に行動を重ねる度にが増してしまう。 体重が軽く、吹っ飛ばされやすい。 の後隙が大きく、回避狩りされるリスクが高い。 は打点がかなり高いかのものばかりで、牽制に使いづらい。 運動技能• :の出始めか下必殺ワザの終わり際にダメージを受けると自動発動し、ダメージを半減・ふっとびを無効化する。 横必殺ワザ・上必殺ワザは空中で条件を満たす(それぞれ「相手にヒットさせる」「空中ジャンプを使用する」)と2回使用できるが、。 ジャンプの高度や加速、落下速度に優れ、縦に素早く動けるファイター。 ジャンプ時には羽根が出現するが、羽根に喰らい判定は無い。 一方、走行速度は平均的で、空中横移動速度は遅い。 一応空中での速度も加速には優れているため悲観するほどではなく、横必殺ワザなど移動系のワザでカバー可能。 一番の欠点は体重の軽さであろう。 相手の大技で早期撃墜されないよう注意したい。 しゃがみ姿勢は、その場で寝そべり、かなりのになる。 ジャンプ時に現れる羽根。 他にもから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。 スマブラforからの変更点 この節の加筆が望まれています。 主に: ウィッチタイム効果時間・必殺ワザの着地ペナルティ 前作の最終アップデートに続き弱体化の調整が取られており、その変更量は最多クラスである。 派手なリターンに相応したリスクが付けられたといった趣向で、多くの面で弱体化がされている中でも隙の増加は著しく、前作プレイヤーであればその差を実感できるのは容易いと思われる。 隙の増加はコンボのみならず立ち回りにも影響を強く受け、横必殺ワザはガードされると再使用できなくなるデメリットが科せられ、空中攻撃は撃墜能力も低下・上方向への撃墜が困難となり、下必殺ワザは効果時間が短くなり成功後に取れる追撃が限られるようになった。 しかし、降下版「アフターバーナーキック」が制限付きではあるものの再びコンボに利用できるようになったほか、の仕様変更で地上での攻めがしやすくなったなど、幾分かの強化も受け取っている。 わずかに吹っ飛びやすくなったが、コンボを受けにくくもなった。 強化増加: 0. 945• 強化増加: 1. 強化増加: 1. 936• 強化増加: 0. 強化増加: 0. 019• 前方回避• 後方回避• その場回避• 空中回避• 弱体化全てのバレットアーツの攻撃範囲縮小。 弱攻撃• for: 1. SP: 1. 強化3段目までのベクトルとリアクション値が変更され、連続ヒットしやすくなった。 強化補正率減少: 1. 強化のしやすさ減少: 0. 上記2つの変更により、相手は抜け出しにくくなった。 弱体化1段目の攻撃判定のサイズ縮小。 ダッシュ攻撃• 強化ふっとばし力増加。 横強攻撃• 弱体化1段目と3段目のダメージ減少: 3. 弱体化1段目の攻撃判定のサイズ縮小。 上強攻撃• 弱体化1段目のダメージ減少: 5. 1段目のベクトルが内側になった。 強化対地でヒットした時、2段目に繋がるようになった。 弱体化対空でヒットした時、2段目が外れやすくなった。 下強攻撃• 弱体化ダメージ減少: 7. スマッシュ攻撃全般• 弱体化最大ダメージ倍率減少: 1. 弱体化を持つようになり、判定が弱くなった。 弱体化シールドにヒットした場合、追加の後隙(8F)が発生するようになった。 横スマッシュ攻撃• 強化対応ワザになった。 ただし、全てのシフトでベヨネッタの付近に生じる判定の隙間を埋めることはできない。 上スマッシュ攻撃• 上記のスマッシュ攻撃全般以外の変更点確認されず。 下スマッシュ攻撃• ニュートラル空中攻撃• 弱体化バレットアーツ 蹴り のダメージ減少: 4. 弱体化ふっとばし力が大幅に減少した。 前空中攻撃• for: 3. SP: 4. これにより、1段止めから横・上必殺ワザへのコンボができなくなった。 弱体化1段目の攻撃判定のサイズ縮小。 後空中攻撃• 弱体化1段目の攻撃判定のサイズ縮小: 6. 上空中攻撃• 弱体化ダメージ減少: 9. これにより、後空中攻撃や横必殺ワザでコンボできるようになったが、相手を上に上げ続けるコンボが不可能になり、高空での撃墜手段にも使い辛くなった。 下空中攻撃• 強化リアクション値が変更され、着地攻撃に繋げやすくなった。 場外で使用した後の復帰がし辛くなった。 つかみ• その他立ちつかみ時に魔法のように光るエフェクトが追加された。 つかみ攻撃• 弱体化ダメージ減少: 計3. 強化動作Fが大幅に減少し、連射しやすくなった。 前投げ• 変更点確認されず。 後投げ• 変更点確認されず。 上投げ• 変更点確認されず。 下投げ• 変更点確認されず。 通常必殺ワザ「バレットクライマックス」• 強化弾の射程距離延長。 弱体化最大溜めになるまでキャンセルできなくなった。 弱体化最大溜め後の維持時間が無制限から1秒までになった。 地上横必殺ワザ「ヒールスライド」• 弱体化ダメージ減少• for: 突進: 9. SP: 突進: 8. 弱体化シールドにヒットした場合、追加入力を出せなくなった。 さらに、シールドの前でベヨネッタが停止するようになったため、反撃を受けやすくなった。 空中横必殺ワザ「アフターバーナーキック」• 弱体化1回目のヒットから1秒以上経過すると2回目を出すことができなくなった。 弱体化シールドにヒットした場合、2回目の使用ができなくなった。 弱体化上昇の角度が低くなり、上方向への移動距離が減少した。 弱体化地形に当たった時の跳ね返りが大きくなった。 崖際で跳ねた場合、すぐに崖に掴めなくなり、移動空中回避などをする必要がある場合ができた。 前作のVer. 6以前のようにコンボパーツに使えるようになった。 弱体化降下版ですることができなくなった。 入力後、移動を始める6F目までの間に下に方向入力すると、降下版を出せるようになった。 上必殺ワザ「ウィッチツイスト」• 強化補正率減少: 1. 強化1段目がされなくなった。 上記の変更により、連続ヒットしやすくなった。 弱体化上昇距離減少。 下必殺ワザ「ウィッチタイム」• ウィッチタイム効果時間の仕様が変更された。 弱体化全体的に、効果時間が減少する仕様変更がなされた。 必殺ワザの着地ペナルティ• 最後の切りふだ「大魔獣召喚」• 弱体化ゴモラのダメージ減少: 30. ガケのぼり攻撃• 強化ダメージ増加: 7. その他全てのアピールモーションが高速化された。 下アピールは前半のモーションがカットされ短縮化された。 更新履歴• 下必殺ワザ• 相手の蓄積ダメージによる追加のスロー時間減少:0. スロー効果ペナルティ回復速度減少:0. 03(1Fあたり) 変更点確認されず。 ニュートラル空中攻撃• 下必殺ワザ• 非公開特定状況下でウィッチタイムを発動させたとき、相手のスロー効果が永続してしまう不具合が修正された。 通常必殺ワザ• 【溜めなし】盾削り値が0から-0. 3に減少した。 【最大溜め】盾削り値が0から-0. 6に減少した。 その他• 非公開スマッシュ攻撃が相殺されると同時にワザがヒットすると、ベヨネッタのふっとび挙動がおかしくなる不具合が修正された。 弱攻撃1• 判定持続が9-11Fから9-12Fになった。 百裂攻撃• 【〆】KBGが100から117に増加し、BKBが70から67に減少した。 ダッシュ攻撃• 【本当て】KBGが65から71に増加し、BKBが80から78に減少した。 上強攻撃• 【Hit 1, 対地】ベクトルが113度から123度に変更された。 【Hit 1, 対地】KBGが20から10に減少した。 【Hit 1, 対空】KBGが20から10に減少した。 連続ヒットしやすくなった。 下スマッシュ攻撃• 【持続】判定持続が26-27Fから26-28Fになった。 横必殺ワザ• 【空中・上】1回使用時の着地隙が20Fから18Fに減少した。 【空中・上】2回使用時の着地隙が30Fから26Fに減少した。 上必殺ワザ• 非公開【連】中央下の攻撃判定が下方向に拡大した。 非公開【連】中央下の攻撃判定のリアクション値が調整され、連続ヒットしやすくなった。 上必殺ワザを1回使用した後に横必殺ワザ(空中・上)・空中攻撃・空中回避などを使用した際の着地隙が25Fから22Fに減少した。 上必殺ワザを2回使用したときの着地隙が32Fから28Fに減少した。 上必殺ワザを2回使用した後に横必殺ワザ(空中・上)・空中攻撃・空中回避などを使用した際の着地隙が42Fから38Fに減少した。 下必殺ワザ• 【ウィッチタイム受付】8-21Fから8-27Fになった。 【全身無敵】8-17Fから8-23Fになった。 【バットウィズイン】18-29Fから24-35Fになった。 1Fあたりのスロー効果のペナルティ回復速度が、0. 03から0. 04に増加した。 下空中攻撃• 倒れふっとびの後すぐにワザを出したとき、必ずワザの直後から落下を開始するようになった。 変更点確認されず。 変更点確認されず。 その他• シールドサイズが11. 7から12. 3に拡大した。 非公開勝利ポーズ1のモーションが何らかのかたちで変更された。 ワザ 「」を参照• 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。 : 1. 空中攻撃:0. 85倍• 実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。 セリフは左が日本語音声、右が英語音声。 どちらも意味は同じ。 上アピール 1ターンし、両腕を上げるセクシーなポーズを取る。 横アピール 優雅に2回ターンし、両手の銃を突きつける。 下アピール 素早く舞いながら後ろを向き、最後に振り向く。 上アピール 横アピール 下アピール• 銃を振って相手を煽る。 銃を構える姿勢。 地上で下強攻撃以外のワザを行った直後に取る待機モーション。 数秒後に立ち姿勢に戻る。 「バットウィズイン」の変身を解き、銃を取り出す。 変身を解く時、アンブラの魔法を表わす紫色の魔方陣が出る。 勝利ファンファーレ:『ベヨネッタ』「Let's Hit The Climax! 」のイントロ~「バースリザルトジングル」• 「私はここよ? 眼鏡が光る。 」 または 「全力を見せてよ? 」 勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右 ジャンヌカラーでは髪に合わせてウィケッドウィーブの色が変わる。 ラブイズブルーを銃に持つ。 日本版のみ、このコスチュームのカラーでは日本語音声で喋る。 原作でのコスチューム名は「記憶を失った魔女」。 スカボロウフェアを銃に持つ。 このコスチュームのカラーでは英語音声で喋る。 『1』と『2』では銃声も異なる。 このカラーでは各種スマッシュ攻撃と最後の切りふだのウィケッドウィーブが髪色を反映して白くなる。 形作られる腕などは変わらない。 戦術指南 この節の加筆が望まれています。 テクニック 非常な挙動を利用したテクニックなどは、も参照 最速ジャンプキャンセル は使用後にを出すことで2回目の使用が可能になることに加え、 空中ジャンプの動作開始3F目までに上必殺ワザを入力すると、空中ジャンプ回数を消費せずにワザが出せる。 特殊な仕様の多いベヨネッタだが、との継続という、攻守の立ち回りの両方を強化できるこのテクニックは特に重要視される。 強力なを修得するためにもまずはこのテクニックから覚えていくと良い。 実際の対戦では相手の抵抗(・)による可否の影響が出やすいため、ここでは、実用性が高い事を前提とし、基本的なもの、強力なもの、ほかのコンボを考える際のヒントになるもの、ユニークなものに絞る。 基本コンボ 連係可能ルートの紹介を兼ねる。 上Bの JC は「ジャンプキャンセル」の意。 始動ワザ:上強• 始動ワザ:下強• 横運び即死コンボに派生可能• 始動ワザ:空N• 始動ワザ:空上• 始動ワザ:地上横B• 相手のずらしの方向により空中攻撃を変える• 始動ワザ:空中横B• 空中横Bは1回目のヒット後の相手の位置がベヨネッタよりも下の場合は、降下版にすると2回目がヒットする。 しかし、以降のワザには繋がりにくくなる。 対空用。 空中横Bは出始め判定の終わり際で当てると、反転無しの空中上Bを入れられる。 始動ワザ:上B• このコンボは復帰不可能なので注意。 途中の空Nか空上の判断は相手の落下の速さ、最後のコンボの締めは相手の位置によって変える。 入る場合と入らない場合を見分けることが重要である。 最後の空前は一段ごとにディレイをかけると撃墜しやすい。 他のコンボと比べ失敗したときのリスクが高く、場合によっては自滅してしまうので相手のベク変に要注意。 位置次第では、空後を挟まずとも撃墜を狙える。 の使用必須コンボ。 非確定だが相手の着地モーション時に発生する隙を考慮すると実質確定。 相手の着地モーションに被さるように振ると空中回避で割り込まれなくなるのでなお入りやすい。 これらのコンボは、相手のベク変方向によって空中横Bや上Bの左右を決めると決まりやすい。 基本1回目の上BのJCはしなくてもいいが、しておくとより上に運べるので撃墜の可能性が上がる。 だからといって、敵の位置を確認せずにJCを使うとコンボが入らなくなる可能性があるので注意。 対策 この節の加筆が望まれています。 オススメスキル この節の加筆が望まれています。 「身体攻撃強化」で通常必殺ワザやバレットアーツなどを除くほとんどのワザを強化できる。 ベヨネッタの場合「空中攻撃強化」は身体攻撃強化のほぼ下位互換。 通常必殺ワザは「武器攻撃強化」「射撃攻撃強化」などで強化できるが、他のワザを強化できないので注意。 バレットアーツは無属性のため「クリティカルヒット」「代償いろいろ強化」などでしか強化できない。 『ベヨネッタ』シリーズの敵である天使をイメージした羽根を持つファイターと戦うルート。 タイトルの「鎮魂歌」は、『ベヨネッタ1』のエピローグチャプター(最終ステージ)の題名より。 BOSSのジャイアントパルテナは、『ベヨネッタ1』のラスボスの「ジュベレウス」を意識したものか。 ボスキャラクターが出現しないルート3つの内の1つ(他2つはと)。 組み手 スピリッツバトル出現データ一覧 メインファイターとして No. 名前 ランク 0,097 NOVICE 0,142 HOPE 0,202 HOPE 0,222 ACE 0,745 HOPE 0,768 NOVICE 0,961 ACE 1,003 HOPE 1,008 HOPE 1,009 LEGEND 1,010 ACE 1,020 HOPE 1,024 NOVICE 1,066 ACE 1,100 LEGEND 1,290 HOPE 1,402 HOPE お供として No. 名前 ランク 0,225 NOVICE 0,672 HOPE 0,973 NOVICE 1,015 NOVICE 1,319 NOVICE 1,406 HOPE 公式スクリーンショット•

次の