労働 衛生 コンサルタント。 労働衛生コンサルタント試験に合格する方法①

秋元労働衛生コンサルタント事務所

労働 衛生 コンサルタント

労働衛生コンサルタントの仕事内容を詳しく解説! 労働衛生コンサルタントの仕事内容 ブラック企業という言葉がここ数年でものすごく話題になっていますよね。 残業手当を出さないだとか、有給をちょろまかすだとか、給料の天引きとか、労働環境が悪い会社が目だってきました。 そこで労働衛生コンサルタントが現地に赴いたり当事者の相談に乗ったりして労働環境の適正化を図ります。 労働衛生コンサルタントの仕事内容は、労働衛生診断やそれに基づいて労働環境を改善する計画を練ること、労働衛生に関する教育を施すこと、労働衛生に関する講演を開くことが主です。 労働衛生診断というのは、あらゆる項目が用意されていて、その項目をチェックすることによってその職場の労働環境が良いか悪いかを判断する仕事です。 そうやって判断した内容や、チェックが付いた内容から今後どうすれば労働環境が良くなるかどうかの計画を作成します。 そうやってできた計画を企業に渡して「きっちりと労働環境を改善するように」と教育をするんですね。 それは企業に対しての教育であったり、労働環境の判断基準などがよくわからない個人に労働環境について教える教育であったりさまざまですが、ほとんどが前者です。 また、企業や高校・大学などに赴いて労働衛生に関しての講演会を開くことも大切な仕事。 講演活動を通じて、個人個人が労働衛生に関する正しい認識を持って仕事にのぞむことができるようにするのです。 労働衛生コンサルタントとは、ブラック企業から人々を守る仕事とも言えますね。

次の

労働安全コンサルタント

労働 衛生 コンサルタント

概要 [ ] 業務は、同法81条に規定されているとおり、労働安全コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、の安全の水準の向上を図るため、の安全についての診断及びこれに基づく指導を行うこととなっている。 業務の実施に当たっては、同法86条にあるとおり信用を失墜する行為や知り得た秘密を漏らす行為を行ってはならず、特に秘密を漏らした場合は同法第117条により1年以下の又は100万円以下のに処せられる。 コンサルタントの資格自体は業務独占でも名称独占でもないが、コンサルタントの集まりである日本労働安全衛生コンサルタント会については名称独占が規定されている(同法87条)。 区分 [ ] 試験の区分は機械・電気・化学・土木・建築の5種類である。 合格後の業務では試験区分に制限されず(区分はいわば得意分野を示す程度のもの)、のように資格の名称を表示する際区分を明示する必要もない。 受験資格 [ ]• による を除く。 若しくは旧大学令による大学又は旧専門学校令 明治36年勅令第61号 による専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務(安全管理計画の企画、立案及び運営に関すること、生産現場等の具体的な災害防止対策の推進に関すること、安全教育の計画の策定、推進に関すること、の原因の把握、再発防止対策に関すること、労働災害の調査、分析に関すること)に従事した経験を有するもの• 学校教育法による短期大学又はにおいて理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 学校教育法による高等学校 旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校を含む。 又は中等教育学校において理科系統の正規の学科を修めて卒業した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和58年法律第25号 第4条第1項に規定する第二次試験に合格した者 以下「技術士試験合格者」という。 昭和39年法律第170号 第44条第1項第1号の第1種免状の交付を受けている者 以下「第1種電気主任技術者」という。 施行令 昭和31年政令第273号 第27条の3の規定による1級の土木施工管理技術検定に合格した者 以下「1級土木施工管理技士」という。 )及び1級の建築施工管理技術検定に合格した者 以下「1級建築施工管理技士」という。 昭和25年法律第202号 第12条の試験に合格した者 以下「一級建築士試験合格者」という。 第11条第1項の規定によるとして10年以上その職務に従事した者• が指定する安全に関する講習(東京安全衛生教育センター及び大阪安全衛生教育センターが行う「安全管理講座(前期・後期)」、(財)労働安全衛生研修所が行う「労働安全衛生大学定期講座(当該講座の受講者のうち、特別の資格証明書の発行を受けた者に関し行われた講習に限る。 )」を修了し、かつ、15年以上安全の実務に従事した経験を有する者• 旧 大正7年勅令第389号 による高等学校高等科、旧(大正7年勅令第388号)による大学予科又は旧 昭和18年勅令第109号 による高等師範学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和44年法律第64号 による職業能力開発総合大学校 職業能力開発促進法及び雇用促進事業団法の一部を改正する法律 平成9年法律第45号 による改正前の職業能力開発促進法(以下「平成9年改正前の職業能力開発促進法」という。 )による職業能力開発大学校及び職業能力開発促進法の一部を改正する法律(平成4年法律第67号)による改正前の職業能力開発促進法(以下「旧能開法」という。 )による職業訓練大学校を含む。 )における長期課程(職業訓練法の一部を改正する法律 昭和60年法律第56号 による改正前の職業訓練法 以下「訓練法」という。 による長期指導員訓練課程を含む。 の指導員訓練を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和39年法律第118号 第12条第1項の安全管理士 以下「安全管理士」という。 又は安全管理士であった者• 労働安全衛生法第93条第1項の 以下「産業安全専門官」という。 又は産業安全専門官であった者で、8年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 職業能力開発促進法施行令 昭和44年政令第258号 別表に掲げる検定職種のうち製鋼、鋳鉄溶解、鋳造、鍛造、金属熱処理、機械加工、金属プレス加工、鉄工、板金、仕上げ、機械検査、電子機器組立て、電気機器組立て、織機調整、木工機械調整、建築大工、とび、左官、ブロック建築又は化学分析に係る1級の技能検定に合格した者• 職業能力開発促進法施行規則 昭和44年労働省令第24号 第9条に定める普通課程の普通職業訓練のうち同令別表第2に定めるところにより行われるもの 職業能力開発促進法施行規則等の一部を改正する省令 平成5年労働省令第1号 による改正前の職業能力開発促進法施行規則別表第3に定めるところにより行われる普通課程の養成訓練並びに職業訓練法施行規則及び雇用保険法施行規則の一部を改正する省令 昭和60年労働省令第23号 による改正前の職業訓練法施行規則別表第1の普通訓練課程及び職業訓練法の一部を改正する法律 昭和53年法律第40号)による改正前の職業訓練法第9条第1項の高等訓練課程の養成訓練を含む。 当該訓練において履修すべき専攻学科又は専門学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの、職業能力開発促進法施行規則第9条に定める専門課程の高度職業訓練のうち同令別表第6に定めるところにより行われるもの 旧能開法規則別表第3の2に定めるところにより行われる専門課程の養成訓練並びに訓練法規則別表第1の専門訓練課程及び旧訓練法第9条第1項の特別高等訓練課程の養成訓練を含む。 当該訓練において履修すべき専攻学科又は専門学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの、職業能力開発促進法施行規則第9条に定める応用課程の高度職業訓練のうち同令別表第7に定めるところにより行われるもの 当該訓練において履修すべき専攻学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和22年法律第49号 第99条第1項の 以下「労働基準監督官」という。 として8年以上その職務に従事した者• 昭和36年法律第249号 第187条第1項の林業専門技術員として5年以上その職務に従事した者• 外国において学校教育における16年の課程を修了した者のうち、その最終の学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 外国において学校教育における14年の課程を修了した者のうち、その最終の学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 、、、を卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 、本科、旧中央気象台気象技術官養成所の研究科又は本科、旧国立工業教員養成所、旧東京農業教育専門学校、旧水産講習所又は旧函館水産専門学校、旧高等農業講習所本科、旧商船学校、旧陸海軍の学校等、旧海軍技手養成所その他の教育施設を卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 学校教育法による大学 短期大学を除く。 以下同じ。 若しくは旧大学令による大学又は旧専門学校令による専門学校を卒業した者で、その後大学又は公共的な研究機関において7年以上専ら労働安全に関する研究に従事したもの• が設置する教習機関において工学に関する課程 学校教育法による大学における工学に関する学科に準ずるものに限る。 を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 日本国有鉄道が設置する教習機関において工学に関する課程 学校教育法による高等学校における工学に関する学科に準ずるものに限る。 を修めて卒業した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの 試験 [ ] 一次試験は各地の安全衛生技術試験協会で行う。 一次試験の合格者を対象として口述式の二次試験が東京と大阪(何れか選択)で実施される 試験科目• 択一式 - 産業安全一般・産業安全関係法令• 記述式 - 機械安全・電気安全・化学安全・土木安全・建築安全から選択• 口述試験 - 受験区分の内容 外部リンク [ ]•

次の

労働衛生コンサルタントを保有する産業医とは

労働 衛生 コンサルタント

労働衛生コンサルタントの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説! 労働衛生コンサルタントとは? 近年ブラック企業という言葉が有名になり、職場環境がお茶の間でも話題となっています。 しかし、こうしたニュースに上る事例はほんの一握りであり、中にはとんでもない悪条件の中で労働を強いられつつも、家族のため、大事な人のためにやめることの出来ない人がたくさん存在します。 そうした人々を救い、労働環境の適正化を図るため、実際に現地を訪れたり、当事者から話を聞いたりして、企業の労働環境を厳正にチェックする役割の仕事が必要とされています。 その職務が労働衛生コンサルタントの主となるものです。 労働衛生コンサルタントの資格取得方法 労働衛生コンサルタントは、労働安全衛生法に記載があるとおり、国家資格です。 資格を得るためには、公益団体安全衛生技術試験協会が実施する労働衛生コンサルタント試験に合格する必要があります。 受験資格として、大学で理系の専攻をもち卒業したもの、医療系の学部を卒業したもの、または安全衛生分野の職に10年以上就いたもの、というのが一般的な基準となっています。 試験に合格することで晴れて資格取得となります。 労働衛生コンサルタントの資格試験はどのようなもの? 労働衛生コンサルタントの試験は、筆記試験と口答試験両方が行われます。 具体的には、労働衛生一般、労働衛生関係法令、健康管理および労働衛生工学、の3つのカテゴリからなり、前者2つは択一式の問題、後者は記述口答試験であり、健康管理と労働衛生工学、いずれか一方の選択式となっています。 口述試験は、保健衛生と労働衛生工学の一方を選択する形でありこれに合格すると、資格合格となります。 試験全体で60%以上を取得し、各カテゴリーで40%以上を取得したものが晴れて合格となります。 口述試験においては、4段階評価で判定され、上位2ランクを合格としています。 労働衛生コンサルタントの難易度を解説! 試験自体はそこまで難しくありません。 しかし、素養のない人が一から勉強しようとすると、それはやはり大変であるといえます。 比較的、一次免除の産業医が多く受験するため、試験の合格率が高いということが出来ます。 もともと保健師や医師と併用したりして効果を発揮する資格であるだけに、その年収は様々です。 単体で取得しても使い道がなく、その年収も職業によってかなり幅が広がるといえるでしょう。 医師であれば、完全に自力でマネージメント、コンサルタントできますから、専業でも1000万が望める可能性があるようです。 試験自体はそんなに難しくないので、勉強時間も割と通常の資格試験同様、集中して取り組めばそこまでしょうがいとなることはありません。 労働衛生コンサルタント資格を取得する費用は? 労働コンサルタントの資格取得自体は、一律24700円です。 これだけであれば、少し高めの資格としてしゅとくすることが出来るでしょう。 しかし、実際医療関係者や現場関係者ではなく、一から勉強しようとすると、やはり勉強は大変になってきます。 主要なカテゴリの教科書をそろえるのでも一冊結構高くつくため、4-5万は下手したらかかります。 実際にやってみて、どうも苦手分野だったりなどした場合、やはり専門学校などの講習を受講する方が良い場合もあります。 そのケースでは5万から10万ほど講習費用にかかるなど、なかなか意外と一筋縄でいかないところが微妙なところでしょう。 労働衛生コンサルタント資格の勉強方法 まずなんといっても、自分の持つバックグラウンドが何かによって決まってきます。 もし医師であれば、一次資格は免除ですから比較的楽だといえます。 その他医療者ですと、免除できる科目があるため、足りない科目をひたすら問題集片手に覚えていくのが良いでしょう。 丁度保健師などは公衆衛生のプロですから10年選手であれば、普段の仕事そのものということもできるかもしれません。 他分野やまったくの違う畑であった場合、市から堅実に教科書をそろえてしっかりと詰め込んでいった方が得策です。 確かに合格率のたかい試験ですが、なめてかかるとあっさり落ちます。 面接試験もあり、しっかりとした社会人の態度を見せることも必要ですので、しっかりと知識を蓄えて、準備して望みましょう。 衛生管理者免許や衛生工学管理者免許など、近い領域の資格を先に取得している人は、免除にならなくとも下地が出来ており、そちらの専門領域に生かすことも出来るため、比較的べんきょうしやすいのではないかといえます。 合格者の声 2009年 30代 もともと業務で労働環境のチェックを行う保健師をずっと行っており、いい機会だからと受験しました。 もともとこちらの分野の仕事ですし、普段扱う法令などもかぶっているため、あまり勉強自体に苦労はしませんでした。 どちらかというと、面接試験で緊張してちゃんと喋れるかなどを心配していましたが、無事合格することができ何よりです。 2011年 20代 産業医としてのキャリアを積むために、この労働衛生コンサルタントの資格を取得しました。 実際に企業に入って働くことが出来るため、大変重宝するものですし、しっかりと自分の医業以外の環境整備という部分でも資格を証明できることが大きいです。 試験はパスでしたが、面接でかなり厳しく突っ込まれました。 実際民間企業で業務に付く上で、ちゃんと病院の中だけでは通用しない厳しさも試験に含まれていると感じました。 2009年 30代 もともと何か関係のある仕事についていたわけではないですが、何か資格をと思い、ためしに取得。 インテリアデザイナーだったため、少し環境にも携われるかな、という想いでした。 お客さんに少し突っ込んだアドバイスが出来たりと、割と重宝していますが、無目的にとるのはあまりオススメしません。 使いどころが難しい資格でもあります。

次の