本田 望 結 トレーニング。 本田望結、フィギュアのために毎日腹筋300回! 初公開の映像にスタジオ騒然

本田望結、身長が10センチ伸びた “皇帝”プルシェンコから本気レッスン

本田 望 結 トレーニング

トリノ五輪男子とソチ五輪団体で金メダルを獲得し、ソチ後、引退宣言していたが、今年現役復帰したプルシェンコ。 過去に同番組に何度も出演し、本田にさまざまな助言を与えてきた。 「望結は友達」と公言するプルシェンコは今回もレッスンを快諾。 しかも、練習内容や質において、これまでとは全く違う、新たな姿勢で本田と向き合った。 本田は11歳になったことで、今年から出場するクラスがノービスB(9歳〜11歳)からノービスA(11歳〜13歳)に変わる。 昨年はクラスの最年長だったが、今年は新しいクラスの最年少、年上の選手と戦うことになる。 全国大会出場を目指して練習に励む本田は西日本中小学生フィギュアスケート競技会で好成績を残したが、ジャンプの完成度の低さを課題としており、全国大会につながる近畿大会に向けて練習に励んでいるところだ。 本田のスケートを見ては的確な助言を与えてきたプルシェンコだが、今回はこれまでの和やかなムードは全くない。 厳しい言葉を浴びせる場面も。 トレーニングは陸上でも行われ、ジャンプに必要な動きを床の上で覚えろと檄(げき)を飛ばす。 さらにプルシェンコは「誰にも見せたことのない動きを望結のために披露するよ」と、ジャンプのために必要な筋力を鍛えるエクササイズを惜しげもなく披露。 スタジオにゲスト出演した浅田舞が「小さい頃から世界の一流スケーターに直接指導してもらえるのはとても羨ましい」と本音を漏らしたほどだ。 この1年で身長が10センチも伸びた本田だが、まだ身体は発展途上。 この激しいトレーニングについていけるのか。 そしてジャンプの完成度を上げることはできるのか。 番組では、毎年恒例の「松岡修造キッズテニス合宿」第3弾も放送。 自分の心を変えたいと応募してきた2000人以上の中から選ばれた6人が2泊3日の過酷な合宿に挑む。 時に笑い、時に泣きながら必死にもがく子どもたちの姿に注目だ。

次の

本田望結のピアスが可愛い!いつの間にか子役から大人の女優へと成長中!

本田 望 結 トレーニング

スポンサーリンク 小学生子役として大人気の 本田望結(ほんだみゆ)ちゃん。 そんな望結ちゃんも2017年の春には中学生になりますね。 幼い頃からドラマや映画に出演し天才子役として有名になった俳優や女優さんは数多くいますが、今でも芸能界でタレントして生き残っている役者さんは皆無。 特に小学生の頃にブレイクした子役ともなると、中学生や高校生になると学業に専念するために引退するか、役者として頑張っても子役の頃のイメージが強すぎて消えていなくなるのが殆ど。 でも今回ご紹介する本田望結ちゃんは2017年1月にテレビ朝日で放送されるドラマ 『探偵少女アリサの事件簿』で 主役に抜擢。 4歳の頃からCMに出演し、7歳の時に日本テレビの大ヒットドラマ『家政婦のミタ』で大ブレイクして依頼のお仕事。 9歳になった2013年は米倉涼子や武井咲に剛力彩芽など女優やモデルが多く所属する芸能事務所『オスカープロモーション』に移籍もし、映画やドラマにバラエティー番組など、日本で一番忙しい小学生としても話題になりました。 そして本田望結ちゃんといえば、フィギュアスケート選手としても有名ですよね。 選手として競技に参加するだけでなく、冬になるとアイスショーのイベントに出演した際に自ら振り付けを行うなど、振付師としての才能も披露。 そして気になるのは、女優にフィギュアスケーターという二足のわらじを履く本田望結ちゃんのギャラや年収っていくら位なのでしょう? スポンサーリンク 本田望結さんはまだノービスAと呼ばれる『11歳以上13歳以下かつ4級以上』の部門に出場(ちなみにノービスBは9歳以上11歳以下かつ3級以上)。 年末の全日本選手権へは出場しませんが、過去の成績は以下のとおりです。 2016-2017 シーズン 全日本選手権 ノービスA:6位(86・02点の自己最高) 2015-2016 シーズン 全日本選手権 ノービスA:11位 2014-2015 シーズン 全日本選手権 ノービスB:25位 2013-2014 シーズン 全日本選手権 ノービスB:8位 2016-2017 シーズンは自己最高の6位で入賞も果たしました。 そこで気になる賞金ですが、残念ながら 優勝してもゼロ。 賞状が贈られるくらいなんです。 小学生が出場する試合だからではなく、ジュニアやシニアの大会でも賞金はゼロ。 優勝しても1円たりとも選手には贈られないんです。 そんなわけで羽生結弦選手や宮原知子選手など、世界で活躍している選手でさえも優勝賞金なし。 テレビで全国放送されるくらい有名な大会なので、競技発展のためにスポンサーも少しくらいは賞金を出して欲しいですよね。 CMギャラや年収はいくらぐらい? CMや映画にドラマにと大活躍の本田望結ちゃん。 以前放送されたテレビ番組では実家の大きな家を初披露。 小型犬であればドッグランが出来るほどの広い庭に、地下にはフィギュアスケートの為のトレーニングルームまで設置するなど、父親の収入だけじゃとても建てられる家じゃないんじゃ?って言うくらい豪華な家。 父親の職業は明らかにされていませんが、もしかしたら望結ちゃんの協力もあるのかもしれませんね。 ちなみに本田望結ちゃんが過去に出演した大手企業のテレビCMの一部を記載しました。 花王メリット• カルピス• ピザハット• 東京ディズニーシー• グリコ乳業• 三菱UFJニコスカード どれも超大手の企業ばかりです。 ただ2015年と16年はテレビCM出演はしていないのでギャラは発生してないようです。 家政婦のミタ(2011年)• 名探偵コナンドラマスペシャル(2012年)• ドクターX〜外科医・大門未知子(2013年)• スケート靴の約束〜名古屋女子フィギュア物語〜(2013年)• 一千兆円の身代金(2015年) そしてこちらが2016年に本田望結ちゃんが出演したドラマやテレビ番組。 ドラマスペシャル 瀬戸内少年野球団(2016年)• 探偵少女アリサの事件簿(2017年1月28日放送ドラマ)• オスカル! はなきんリサーチ(2016年:バラエティー番組)• メレンゲの気持ち• テレビ東京 ポケモンの家あつまる? (ゲスト)• 西日本旅客鉄道(広告)• 総務省「信書制度周知ポスター」(広告)• ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド応援サポーター• 本田望結 2017年 卓上カレンダー 思ってたよりも意外に少ないですね。 スポンサーリンク それに連続ドラマではなく、過去を調べてみると1話完結のスペシャルドラマの方が多いんです。 おそらくスポーツニュースや朝やお昼の情報番組でなにかと取り上げられることが多いので、たくさん出演しているように思えるのでしょう。 それにしても卓上カレンダーまであるなんてまるでアイドル並みです(笑)。 おそらくこの他にも小さなスケートイベントや広告に出演しているかもしれません。 そして気になるギャラ。 ここから先は公表されていないのであくまでも考察ですが、大手のオスカープロモーションに移籍したので以前よりは高いギャラのはずです。 ドラマは子役と子役でないかによって変わってきますが、知名度の高くない子役のバラエティーは高くても1本10万円くらい。 ドラマでも1本5万円ほど。 しかし本田望結ちゃんのように知名度が高く視聴率も取れるレベルになるとバラエティー1本20万円位にはなるはずです。 2017年1月に始まるテレビ朝日ドラマ『探偵少女アリサの事件簿』では子役ではなく既に主演扱い。 しかしこれは連続ドラマではなくスペシャルドラマ。 有名女優の石原さとみはドラマ1本150万円。 吉田羊だと180万円といわれています。 いくら本田望結ちゃんが有名だといっても1本100万円なんてギャラはないでしょう。 その他の単発のドラマやバラエティーに出演したのを大雑把に見積もって合計100万円。 広告やフィギュアスケートイベントがどれくらいの収入になっているかはなんとも言えないところですが、最低でも合計100万円はいっているのではないでしょうか。 その他ちょくちょく仕事が入っていたとしても、2016年はCMの契約がないので年収は500万円くらいではないでしょうか。 ドラマ1本の出演料が100万円でも、1000万円いくことはありません。 でももし小学生でドラマ1本100万円のギャラだったらヤバイ金額ですね! 一部のネットサイトでは女優とフィギュアスケートを併せて 年収3500万円なんて書いているところもありますが、先ずありえないですね(笑)。 とはいえ、2015年20代の返金年収は349万円といわれているので、とんでもなく稼いでいることに間違いないでしょう。 まとめ 本田望結ちゃんのフィギュア賞金はゼロ。 2016年の年収は1000万円いっていないのはほぼ間違いないでしょう。 私個人としては女優としてよりフィギュアスケートに専念して全日本選手権で優勝して欲しいと思っています。 女優はフィギュア選手としての活動が終わってからでも出来ますからね。 本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。 宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想などをお聞かせ下さい。 この下に『コメントを書く』欄がございます。

次の

本田望結、身長が10センチ伸びた “皇帝”プルシェンコから本気レッスン

本田 望 結 トレーニング

1日300回の腹筋で体力を維持している本田望結 本田は「フィギュアスケートが上手くなるための努力! 」と題して、トレーニング映像を初公開。 腹筋、側筋、背筋を毎日300~400回こなしているそうで、その映像が流れるとスタジオからは「うそー! 」「すごい」と驚きの声が上がり、松本人志は「うわうわうわ! 」、浜田雅功は「死に物狂いや! 」「なんか怖いわ」と反応していた。 仕事の合間にもステップの練習などを行っているが、本人いわく「まだまだ努力が足りません」。 「毎日寝る前、眠たい時でも」トレーニングを欠かさないという本田。 この日ゲスト出演していた武田久美子は、自身の娘・ソフィアちゃんもフィギュアスケート選手であることから「 望結ちゃんの方が 全然上手。 うちの娘、辞めさせようかな」と冗談交じりに本田を絶賛した。 そんな中、浜田は「望結ちゃん腹筋割れてんの? 」と興味津々。 うなずく本田の腹筋を、隣に座っていた森公美子が触ると「あっ! 今度は森が「ほら触ってみ! ブヨブヨ」と言いながら本田に自身のお腹を触らせ、スタジオの笑いを誘っていた。

次の