頑張っ て ください 敬語。 目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント|OTONA SALONE[オトナサローネ]

「してください」の正しい敬語の使い方と意味、「して下さい」との違い

頑張っ て ください 敬語

「活躍」の前に「ご」を付けることで尊敬語となります。 目上の相手に対して、幸せや活躍を願う気持ちを丁寧に伝えることができる敬語表現です。 しかし、会社や団体に対して「ご活躍をお祈り申し上げます」という伝え方は間違っています。 会社や団体に向けては、「ご発展をお祈り申し上げます」という敬語表現をするので注意しましょう。 「ご活躍をお祈り申し上げます」は、目上の個人に対して用いる表現です。 目上の相手に対して、成功するように願っていますという気持ちを伝えることができます。 「成功」の前に「ご」を付けることで、尊敬語となります。 「より一層の」と前置きすることで、目上の相手が頑張って取り組むことが実り、ひときわ輝くことを願っていますという意思を伝えることができます。 「大成」とは、何か物事を立派に成し遂げることを意味します。 「陰ながら」と添えることで、目上の相手に対して謙虚な気持ちを表すことができます。 違う部署に異動した上司や、転勤が決まった上司に対して用いることができる表現です。 立場的に直接目上の相手と関わる機会が少なくなる際には、「陰ながら」と添えることで距離があっても「頑張ってください」と応援する気持ちに変わりないことを伝えることができます。 メールだけでなく、電話や会話などでも使用することができる表現です。 留意とは、心に留めて気を付けることです。 仕事に対して意識を集中させ頑張っている時には、体調への気遣いが忘れがちになります。 目上の相手の仕事面に関して「頑張ってください」という気持ちだけでなく、健康への気遣いも忘れないようにしてほしいという願いを込めた表現になります。 「ご精励」とは、仕事や物事に対して一生懸命真面目に取り組むことを意味します。 「健勝」の前に「ご」を付けて丁寧語の表現となったものです。 ご健勝とは、健やかな体調を意味します。 健康な状態で頑張ることができるよう願っていますという想いを伝える表現です。 「申し上げます」は、「言う」という意味の謙譲語です。 自分を一歩下げる表現で、相手を立てることができます。 こちらの記事では、「ご健勝のビジネス例文|ご多幸の意味は?」についてご紹介しております。 頑張ってほしい気持ちを伝える参考になりますので、ぜひご覧ください。 「健闘」の前に「ご」を付け加えることで尊敬語の表現となります。 「健闘」とは、不利な状況や立場でも一生懸命頑張ることを指します。 困難な状況に立ち向かう目上の相手に対して、尊敬の気持ちを添えて「頑張ってください」ということを伝える際に用いる敬語表現です。 ビジネスメールだけでなく、書類の締め言葉や口頭での会話でも用いることができます。 取引先や上司など、自分より目上の相手に対して使いましょう。 難しい課題に取り組む目上の相手に対して「ご健闘をお祈りいたします」を使った例文• ・アフリカでの初出店が成功しますようご健闘をお祈りいたします。 ご隆昌とは、相手の勢いが増し栄えることを意味します。 「ご隆昌」は、「ごりゅうしょう」と読みます。 取引先が新規事業に向けて力を入れている場合や、売上が伸びている時などに用いる表現です。 「さらなる繁栄を願っています。 頑張ってください」という気持ちを伝えることができます。 しかし、ご隆昌は個人に対して使う表現ではありません。 同じ会社の上司など、仕事上で関わる個人に対して使う時には「ご清栄」が適しています。 個人に対しては「A課長のご清栄を祈念いたします」という伝え方をしましょう。 目上の個人に対してではなく、会社や団体に対して「頑張ってください」という気持ちを伝える時には相手のことを「貴社」や「御社」と呼びましょう。 また、自分の会社について話す時には「弊社」と言います。 相手の会社や団体の繁栄を願う場合「御社のご隆昌を祈念いたします」を使った例文• ・新店舗の設立おめでとうございます。 御社のご隆昌を祈念いたします。 ビジネス上で関わる取引先の相手や、同じ会社の上司が大きな目標に向かい突き進んでいる時に用いる表現です。 祈念とは、相手が掲げた目標を達成できるよう願うことを意味します。 上司や先輩など、ビジネス上で関わる目上の相手の願いが叶うことを念じているということを添えて伝えることができます。 相手が目標を掲げて頑張っている場合「より一層のご活躍を祈念しております」を使った例文• ・新規事業の責任者に選抜されたと伺いました。 僭越ながら、A次長のより一層のご活躍を祈念しております。 今までに比べ、関わり合いが少なくなる可能性のある目上の相手に対して、「頑張ってください」という気持ちを表現することができます。 上の相手が、成功を収めることを願い応援する気持ちを謙虚に伝えたい時に用いる敬語表現です。 同じ会社の上司だけでなく、取引先の相手に対しても使うことができます。 商談の最中や、会議中などかしこまったシーンでも使える表現です。 目上の相手から、転勤や部署移動の連絡をメールでもらった時の返信フレーズとしても使えます。 相手が部署移動や転勤をする場合• ・この度はご栄転おめでとうございます。 A様が大成されますよう陰ながら応援しております。 「頑張り過ぎて身体を壊さないようにしてほしい」という思いやりのある気持ちを謙虚に伝えることができる表現です。 仕事熱心な上司や先輩だけでなく、取引先に対してもメールや対面時の会話で用いることができる言い換え表現です。 メールや書類の文面として「祈念いたします」は使いやすい表現です。 しかし、会話では状況により堅苦しく感じることもあるでしょう。 そんな時には、「お祈りいたします」という言い方をするのもおすすめです。 仕事熱心な相手に対して「ご健康に留意されなお一層のご精励を祈念いたします」を使った例文• ・寒い日々が続いております。 ご健康に留意されなお一層のご精励を祈念いたします。 しかし、「ご健勝」は、すでに体調が悪化している目上の相手に使うものではないので注意が必要です。 今は元気だけれど、頑張り過ぎて体調を崩さないよう気を付けてほしいという願いを込めて使う表現だからです。 体調を崩しやすい季節の変わり目や、慣れない土地での新生活を心配しつつ頑張ってほしいという気持ちを伝えたい時に用いる表現です。 メールだけでなく、手紙やかしこまったシーンでの挨拶としても使うことができます。 多忙で体調が心配な相手に対して「ご健勝をお祈り申し上げます」を使った例文• ・A様のご健勝をお祈り申し上げます。 寒い日々が続いております。 お忙しいとは存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 「頑張ってください」を使う際の注意点 「頑張ってください」は、言い換えせずにビジネスシーンでそのまま使うことも可能です。 しかし、「頑張ってください」をビジネスシーンで用いるにはいくつか注意点があります。 その為、目上の相手に対して使うことができる表現であると勘違いされることが多いです。 しかし、「ください」という命令形の敬語表現である為、ビジネスシーンやメールでの使用に適していません。 「頑張ってください」は、ビジネス上の目上の相手に対して用いる表現ではないので注意しましょう。 目上の相手でなければ「頑張ってください」という表現は失礼になりません。 使い方のポイント|「頑張ってください」の敬語表現 ここまで、「頑張ってください」の敬語表現やビジネスメールの例文をご紹介いたしました。 「頑張ってください」という想いをきちんと目上の相手に伝える為には、いくつかポイントがあります。 自身の身体を労わることも忘れずに頑張ってほしいという願いを込める場合は、「ご自愛」という表現を添えて伝えることもおすすめです。 頑張る為には、健康であることが大切です。 目上の相手に対して、身体を壊さないように自身を労わりながら頑張ってほしいという気持ちを伝えたい場時には「どうぞご自愛くださいませ」と添えて伝えましょう。 目上の相手に対し、「頑張ってください」という想いをより伝えたい時には「なお一層の」と付け加えると良いでしょう。 目上の相手が更なる飛躍を遂げることを願う意味があります。 他にも、「より一層の」という表現方法があります。 ビジネス上、「頑張ってください」と伝えるシーンはよくあります。 いつも同じ表現ではなく「より一層」や「なお一層」など状況により使い分けするようにしましょう。 目上の相手に対し、「本当に頑張ってください」という熱心な応援する気持ちを伝えたい時には「より一層の」と付け加えましょう。 より丁寧な伝え方|「頑張ってください」の敬語表現 自分自身も頑張らなければならない立場なのに、目上の相手に対して「頑張ってください」という気持ちを伝えることに不安を感じる人もいるでしょう。 そんな時こそ、より丁寧な伝え方をすることが大切です。 「僭越」は、「せんえつ」と読みます。 「頑張って」と相手を応援する気持ちはとても素敵なものです。 しかし、もともと頑張っている相手に対し、更なる頑張りを求めているようで気が引ける時もあると思います。 また、目上の相手に頑張ることを求めること自体失礼にならないか不安な人もいるでしょう。 そんな時には、「僭越ですが」と付け加えましょう。 目上の相手に対し、謙虚な気持ちで応援する意思が伝わります。 応援されて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。 応援してくれる人がいるから、頑張れるという人ばかりです。 上司や取引先など目上の相手を応援するには、敬語の使い方や表現に気を付ける必要があります。 しかし、心から応援する想いを丁寧に伝えることで、関係性がより良好になります。 「心より」とは、心の底から願っている様子を表します。 目上の相手に対する、真摯な姿勢が伝わる表現です。 「頑張ってください」の敬語表現の前に「心より」と添えると、目上の相手に対する丁寧な気持ちが伝わります。 間違った言い換え|「頑張ってください」の敬語表現 「頑張ってください」の敬語表現には、目上の相手に対して使ってはいけないものがあります。 「頑張ってください」の言い換え表現には、部下や後輩に対して用いる表現があるので注意が必要です。 しかし、目上の相手に使うには相応しくありません。 「期待」とは、ある状況になるよう待ち望むことです。 その為、「期待しております」は、頑張る部下に対して上司が用いる表現です。 部下や後輩など目下の相手の頑張りを期待する時に使う表現なので、目上の相手には使わないようにしましょう。 「励み」の前に「お」を付け、尊敬語の表現となっています。 しかし、「励む」ということは、一生懸命努力をし頑張ることを意味します。 また、「ください」と相手に対して促す意味が込められているので注意が必要です。 「お励みください」は、奮励することを促すような敬語表現である為、目上の相手に使うと失礼に当たります。 「頑張ってください」の敬語表現を知ってビジネスメールで使いこなそう 「頑張ってください」という表現は、相手を気遣い励ますことのできる言葉です。 しかし、ビジネスシーンにおいては適していない表現です。 その為、目上の相手や上司に対して使う際には、必ず言い換えをして伝えることが大切です。 「頑張ってください」の敬語表現を知って、ビジネスシーンやメールで上手に使いこなしましょう。 こちらの記事では、「頑張っての意味は?敬語表現は?」についてご紹介しております。 ビジネスメールで役立つ内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

頑張ってくださいって敬語なの?目上の人に使う正しい言葉を知ろう!

頑張っ て ください 敬語

「頑張る」とは? そもそも「頑張る」とはどういう意味なのでしょうか。 まずは、そこから改めて知っておきましょう。 言葉の意味 「頑張る」の直接的な意味は、忍耐して努力し通す、気張る、譲ることなく強く主張し通すといったものです。 ポイントとしては「通す」というところで、ようするに「めげずに貫く」といった強さと精神を、一言で表現する単語なのです。 敬語にすると? 「頑張る」という言葉をストレートに敬語にするならば、尊敬語としては「お励みになる」となります。 よって、「頑張ってください」を敬語として使うのであれば「お励みください」となります。 いかがでしょうか。 なんだか、聞き慣れないですよね。 それどころか、聞き慣れないあまり、もしかしたら上からものを言っているような印象を受けてしまいかねません。 実際には間違いなく尊敬語ではあるものの、正しく使うことによって、相手に違和感を与えてしまうという本末転倒な事態が起きる可能性すらあるのです。 なぜでしょうか。 スポンサーリンク 目上の人を応援する言葉 先述した通り、「頑張ってください」という言葉の位置付けの関係上、そのまま敬語として使用することは難しいものです。 とはいえ、当然ながら目上の人を励ますべきシーンは多々あるでしょう。 そのような時、どのような言葉をかけるのが良いのでしょうか。 類義表現を使おう 相手を励ますための言葉はなにも「頑張れ」だけではありません。 よって、この言葉を無理に敬語化して使わなければならないわけではないのです。 そこで発想を変えて、「別の言葉に置換える」という考え方でいきましょう。 例をいくつか挙げてみます。 ご検討をお祈りしています• 陰ながら、応援させていただきます• ご成功とご活躍を応援しています いかがでしょうか。 こういった表現であれば、「お励みください」といった言葉ほど堅苦しくもなく、それでいて尊敬語としても成立しています。 場面や間柄によって使い分けよう 実際には、相手が上司や取り引き先という間柄であったとしても、付き合いが長いといったことで親しい関係性が築けており、かつ口頭での挨拶というレベルであれば、「国語的に正しい表現」にこだわる必要はないかもしれません。 むしろ、あまりかしこまりすぎると、逆に違和感をもたれてしまう可能性もあるでしょう。 その場に他の上司たちも複数いる、他の関係者も宛先に含まれているビジネスメールを送る、何かのイベントなどで挨拶をするなどTPO的に改まった方が良い場合は、親しさに関係なく本来の正しい表現を使うべきだと思います。 そのような場面で、目上の人やお客様に対して「頑張ってください」といった表現は相応しくありません。 つまりは結局のところ、相手が誰で、どのような関係性で、どのような場で、どのような状態(口頭なのかメールなのか文書なのか)によって使い分けることが大切だということになります。 何事でもそうですが、同じものであっても何が「正しい」のかは、その状況によって異なります。 対応力と柔軟性、これらが最も大事なポイントとなるでしょう。 スポンサーリンク 「頑張って」をあえて使用するシーン ここまで散々「頑張ってください」という言葉を否定してくるような説明をしてきましたが、『頑張って=絶対NG』かというと、そうとも言い切れないというのが正直なところであり、複雑な部分でもあります。 本当に日本語は複雑だとつくづく感じてしまいますが、「あえて、くだけた表現」をする方がベターな場面もあるのが実情です。 極論、ツッコミなどであれば尊敬語どころかタメ語の方が笑いを取りやすいことですらあるくらいですので、『言語的な正しい表現=正』とは限らないのです。 それでは、「頑張ってください」の方がベター、もしくは支障がないといった場面について確認していきましょう。 参考にしてみてください。 相手との関係性が一つの指標 よく、上司に対して「了解です」「了解しました」という表現を使うことがありませんか?実はそれも本来は、目上の人に対しては不適切な言葉です。 詳細は、を参考にしてください。 しかし、実際のところは違和感なくそれで通用する、そのままスルーされることは日常茶飯事ではないでしょうか。 「頑張ってください」にも同様のことが言えるわけです。 打ち解けた間柄で、直接一対一で会話をしている時、それまでくだけた言葉を交えながら話していたのに、いざ相手(上司)を応援する内容になった際に「お励みください」や「ご活躍を応援しています」といった表現をしたら、急に他人行儀になった、社交辞令だというふうに受け取られてしまうかもしれません。 そのため、上司との距離感が不自然に変わらないように「頑張ってくださいね!」や「応援していますので、頑張ってください!」といった声をかけた方が実質的に適切だと考えられる場合は、遠慮なくそうしましょう。 相手の性質もヒントになる場合がある これは少し応用的な考え方になりますが、関係性ではなく相手の「個性」や「社会性」、つまりキャラクター自体によって、どの言葉や表現を使うのが適切なのかを判断できる場合があります。 例えばですが、自分が店先で接客をしていて、一見さん(面識なく初めて訪れた人)がいらっしゃったとします。 つまり、先述の「関係性」としては、極めて「親しくもない完全な他人」です。 よって関係性だけで判断したら、ビジネスシーンとしては「言語的に正しい表現」を使うのがベターとなるはずです。 ところが、そのお客様がフレンドリーで気の良い中年の主婦だったとしましょう。 見るからに、そして少し会話をしてみた限り、とても「規律の厳しい組織で就業した経験」があるとは思えません。 それでは、この人が気さくに「今度、スーパーのパートの面接に行ってくるのよ~」と言ってきたとします。 その時あなたはこの人に、「ご成功とご活躍を応援しております」と伝えますか?それとも、「そうなんですか!頑張ってくださいねっ!」と伝えますか?どちらの方が、相手のキャラクター的に「心のこもった応援」と受け取ってもらえるでしょうか? このように、声をかける対象の人物像によって言葉を使い分けるという場合もあるのです。 もちろん、これは応援の言葉だけに限らず、商品の説明をする時など全般的に言えることですよ。 スポンサーリンク 「頑張ります」の謙譲表現 尊敬表現や適切な使い分けについて説明してきましたが、せっかくですので謙譲表現についても知っておきましょう。 目上の人から指示やアドバイスを受けた際によく使うことがあると思いますので、参考にしてみてください。 言語的に正しい「頑張る」の謙譲表現 そのまま正しい言葉として謙譲表現にするならば「努力いたします」や「努めさせていただきます」といった言葉であり、また「尽力いたします」といった表現もあります。 しかし、これらもやはり堅苦しさがあるのは確かですので、尊敬表現と同様に場面や相手に応じて使い分ける必要があるでしょう。 汎用性が高いのは? 前提としては先述の通り「使い分ける」ことがポイントではあるものの、職業を問わず、また場面を問わず汎用性が高い表現としてベターなのは『精一杯、努力いたします(させていただきます)』でしょう。 「頑張る」や「努力する」は抽象的な言葉であることを忘れずに あくまでもここでは「頑張る」という言葉をベースに解説していますが、会社での業績目標や個人目標・評価などを提出したり説明する際には、そもそも「努力する」といった言葉自体が適切ではありません。 なぜなら、これらの言葉に具体性がないからです。 当然ですが、ビジネスシーンで何か目標を掲げてそれを達成するための計画やスケジュールを立てる際には、具体性が重要となります。 「こうするために、努力します!」では、何をどう努力することで目標に向かうのかが不透明です。 謙譲表現を使えば良いといった問題ではありません。 このあたりには留意しておきましょう! 必ず、「5W1H」(「いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素)をベースに、内容を組み立てるようにしてください。 スポンサーリンク まとめ 日常的によく使われる「頑張る」という言葉について、その根本的な意味から見た表現方法と使い分けを中心に解説しました。 いかがでしたでしょうか。 このように、意外と本質を知らないまま、誤った認識のままビジネスシーンでも使われてしまっている言葉はたくさんあります。 その場にいる周りの人も気に留めていない、相手の人もそこまで知識がないといった場面であれば支障はないものの、それはあくまでラッキーな状況であり、決して「適切ではない」ということを忘れてはいけません。 例え、意図的にフランクな表現をするにしても、「本来の正しい表現を知った上で、場面に応じて使い分けている」のか「そもそも認識が誤っていて、知らずにフランクな表現をしている」のかでは、その意味合いがまったく異なります。 社会人として正しい知識を持った上で、対応するようにしましょう! 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事を読んでおきましょう。

次の

「頑張ってください」の正しい敬語表現を解説!ビジネスメールでの使い方も!

頑張っ て ください 敬語

スポンサードリンク 丁寧な言葉でこの応援したい気持ちを伝えるには どうすればいいのでしょうか。 ここでは、その「頑張ってください」という 敬語について、詳しく調べて行きたいかと思います。 「頑張ってください」は敬語?応援したい気持ち 先輩や、上司に励ましの一言を送りたい そう思うシーンは社会に出ればたくさん存在します。 正しい敬語で思いを伝えることは 社会人として当然できなければなりません。 しかし、この「頑張ってください」という言葉は 果たして敬語なのでしょうか。 親しい間柄ではこの「頑張ってください」は 言いやすい励ましですが 親しくない間柄ですと違和感がありますよね。 その違和感、あながち間違いではありません。 「頑張ってください」は目上の方に対する敬語ではないのです。 スポンサードリンク 目上の方に励ましの声をかける際 正しい敬語は以下の通りです。 「ご成功をお祈りしております。 」 「ご活躍をお祈りしております。 」 このような敬語であれば、受け取る相手も違和感なく 気持ちよく思いを受け止めてくれそうですね。 目上の方への尊敬語「頑張ってください」はあるのか 上記で紹介した敬語は 確かに距離の遠いお相手にはいいかもしれません。 しかし、少し距離の近い先輩や、上司には どこか他人行儀で余所余所しい。 とても冷たく感じられてしまいます。 ここがこの「頑張ってください」の敬語の難しいところなのですが この 距離感でかける言葉が全く変わってくることも事実です。 例えば「お励みください」はどうでしょう。 「頑張ってください」の尊敬語に値しそうなのですが この言葉もどこか上から目線のような雰囲気を 少し感じませんか? その際、固くなく、しかも相手が少し身近な場合に 「頑張ってください」という言葉を 以下のように変換すると良いでしょう。 「期待しています。 」 「陰ながら応援させていただきます。 」 「御健闘をお祈りします」 「 ますますのご成功を お祈りしています」 「 お忙しい毎日ですから どうぞご自愛くださいませ」 「 いつもご活躍を 応援しています」 など、表現は様々です。 この中から一番適切な表現や、敬語を探せる人になれれば 感じの良い敬語が使えるようになりますね。 いかがでしょうか。 応援の言葉には様々なものがあるのですね。 正しい敬語でマナーある人材になりたいですね。

次の