テスラ ピックアップ。 米テスラ、EVのピックアップトラック「サイバートラック」発表。1万5000円で予約可能

イーロン・マスクが考えると、ピックアップトラックはこうなる。テスラ「Cybertruck」が衝撃のデビュー

テスラ ピックアップ

テスラ(Tesla)は11月21日、同社初の電動ピックアップトラック、『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)を、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで初公開した。 テスラは2016年7月、今後の経営計画を示した「マスタープラン パート2」を発表した。 その中で将来、電動ピックアップトラックを開発する意向を示していた。 今回、初公開されたサイバートラックとは、「サイバーパンク」(Cyberpunk)に由来するネーミングだ。 サイバーパンクは1980年代、サイエンス・フィクション(SF)の新ジャンルとして登場し、映画『ブレードランナー』がサイバーパンクの先駆け的作品と言われている。 従来のピックアップトラックとは全く異なるデザイン サイバートラックの開発のテーマは、「スポーツカーよりもパフォーマンスが高く、トラックよりも優れたユーティリティ」だ。 サイバートラックは、トラックの実用性とスポーツカーの性能を備えた設計が特長になる。 サイバートラックは、高い耐久性と汎用性、動力性能を持ち、オンロードでもオフロードでも優れた性能を発揮するように設計されている。 デザインは、従来のピックアップトラックとは全く異なり、非常に斬新だ。 真横から見ると、三角形に見えるデザインとした。 また、ヘッドライトとテールランプは、それぞれ横一列につながっている。 サイバートラックには、耐久性と乗員保護性能を追求した強固なボディシェルを導入する。 すべてのコンポーネントには、高強度の冷間圧延ステンレス鋼を使用した。 装甲ガラスも採用されており、優れた強度と耐久性を備えている。 テスラによると、ボディはほぼ貫通不可能という。 初のトリプルモーター仕様は航続805km以上 サイバートラックには、シングルモーター+リアホイールドライブ、デュアルモーター+オールホイールドライブ、トリプルモーター+オールホイールドライブの3種類のEVパワートレインが設定される。 このうち、3個のモーターを搭載するトリプルモーター+オールホイールドライブ仕様は、『モデルS』や『モデルX』など、テスラの既存の市販EVにはないサイバートラックだけのシステムだ。 5秒以内、1回の充電での航続402km以上の性能を持つ。 5秒以内、1回の充電での航続483km以上だ。 9秒以内、1回の充電での航続805km以上の性能を発揮する。 充電は自宅をはじめ、最新のV3テクノロジーを含む1万4000か所以上のスーパーチャージャーネットワークが利用できる。 EVユーザーの長距離走行を支援している。 17インチの大型タッチスクリーン インテリアは、フロント3席、リア3席の最大6名乗車が可能だ。 後席の下には、収納スペースを備えている。 ダッシュボードには、ステアリングホイールと17インチの大型タッチスクリーンのみが配置されるシンプルなデザインだ。 17インチの大型タッチスクリーンには、新開発のユーザーインターフェイスを備えている。 荷台には、ロック付きのカバーが装備されており、ツールボックスやスペアタイヤなどが積載できる。 最大積載量は1587kgだ。 アダプティブエアサスペンションを採用した。 サスペンションを上下に100mm動かして、車高を調整することが可能だ。 このセルフレベリング機能により、乗降性を引き上げ、荷台への積載性も高めている。 I'm gonna tell my kids this is the first pick-up — Tesla Tesla 《森脇稔》.

次の

テスラには本当に「10兆円企業」の価値がある? 専門家たちの見解

テスラ ピックアップ

米テスラ モーターズが発表したEVのピックアップトラック「サイバートラック」 米テスラ モーターズは11月21日(現地時間)、同社として初となる電動ピックアップトラック「CYBERTRUCK(サイバートラック)」を発表した。 シングルモーターの2WDモデルと、デュアルモーターの4WD、トリプルモーターの4WDの3モデルがあり、価格はそれぞれ3万9900ドル、4万9900ドル、6万9900ドルからとなっている。 同社Webサイトで受注を受け付けており、100ドル(日本語版サイトでは1万5000円の表示)で申し込み可能。 申込金については全額返金可能だとしている。 エクステリアは高い耐久性と乗員保護性能を実現する。 ボディのパネルには、ウルトラハード 30X コールドロール ステンレススチールを採用。 へこみ、ダメージ、長期間の使用による腐食を防ぎ、ドライバーや乗員を最大限保護すると言う。 ウルトラハード 30X コールドロール ステンレススチールの採用によりへこみや腐食に対する耐久性を向上 また、ウィンドウにはテスラ アーマーガラスを採用。 超強力ガラスとポリマーレイヤー複合材は衝撃を吸収し逃すことで損傷への耐性を向上する。 荷台はさまざまなニーズに応えられるユーティリティ性を持ち、4インチずつ上げ下げが可能なアダプテイブ エアサスペンションは、荷物の積載時に役立つほかセルフレベリング機能も持つ。 室内は6人乗りでセカンドシートの下に収納スペースを用意。 また、インターフェースとして17インチタッチモニターを備える。 それぞれのスペックはシングルモーターモデルが、航続可能距離が250マイル(約400km)で牽引能力が7500ポンド(約3400kg)、停止状態から60mph(約96. デュアルモーターモデルでは、航続可能距離が300マイル(約480km)で牽引能力が1万ポンド(約4540kg)、停止状態から60mph(約96. トリプルモーターモデルでは、航続可能距離が500マイル(約800km)で牽引能力が1万4000ポンド(約6350kg)、停止状態から60mph(約96. 生産はシングルモーターとデュアルモーターモデルが2021年終盤より、トリプルモーターモデルが2022年後半より開始する見通し。

次の

テスラがピックアップトラックを11月21日に発表…収益改善の切り札になるか

テスラ ピックアップ

グレードは3種類が用意され、それぞれの価格は以下のようになっている。 本日より同社の北米向けウェブサイトで予約申し込みの受付けを開始した。 1モーター後輪駆動:3万9900ドル(邦貨換算433万円) 2モーター四輪駆動:4万9900ドル(同542万円) 3モーター四輪駆動:6万9900ドル(同759万円) 北米では依然としてピックアップ・トラックが最も多く売れる車両となっている。 ライバルとなるフォードのピックアップ・トラック、Fシリーズは、2018年に90万台以上を販売しているほどだ。 9秒未満、0-403m加速:18. 8秒と発表された。 運転支援機能については、フル・セルフドライビング、オートパーク機能を搭載する。 各グレードの航続可能距離は、以下のようになっている。 米テスラのサイトに掲載されたサイバートラックの画像。 1モーター後輪駆動:402km 2モーター四輪駆動:483km 3モーター四輪駆動:805km 発表会ではボディの頑強さを示すために、ハンマーで車体をたたいたり、テスラ・アーマー・ガラスと名付けられてた強化ガラスに金属のボールを投げつけるパフォーマンスが行われた。 さらに、加速性能をポルシェ911と競い合う映像も放映された。 なお、テスラ・サイバートラックを迎え撃つフォードは、AUTOCARの取材に対しEV版のフォードF150を2022年までに登場させる予定と明かしている。

次の