レモン レアチーズ ケーキ。 キリ クリームチーズ

パウンド型で簡単!レモンが香るレアチーズケーキレシピ

レモン レアチーズ ケーキ

「しろたえ」の「レアチーズケーキ」について こちらが有名なレアチーズケーキです。 「しろたえ」で検索すると、色々なサイトでこのレアチーズケーキが紹介されています。 それだけ「しろたえ」では定番のメニューなのでしょう。 ピスタチオだけがトッピングされた純白で美しいレアチーズケーキ。 写真ではわかりにくいですが、3層構造になっています。 上から生クリーム、レアチーズ、クッキー層という構造です。 サイズはわりと小さめです。 一般的なケーキの半分くらいの大きさでしょうか。 ねっとり濃厚な口当たりのレアチーズケーキ 食べてみると、その 濃厚でねっとりした口当たりに驚かされます。 クリームチーズをそのまま固めたような、とてつもない濃厚さなのです。 レアチーズケーキといえば、ねっとりした食感が強いタイプと、ぷるっとした食感のタイプ、クリームのような食感のタイプなどがあります。 「しろたえ」のレアチーズケーキは、ねっとりを極めた感じ。 「これほどねっとり感を楽しめるレアチーズケーキは他にはない」といえるほどです。 チーズとレモンのほどよい酸味 濃厚な口当たりとともに、濃厚なチーズの風味も押し寄せます。 チーズの酸味のなかには、ほのかにレモンの酸味も。 ただしこの酸味はとてもほどよく、「すっぱ!」となることはありません。 (もっと酸っぱいレアチーズケーキはある) ちなみに「しろたえ」のレアチーズケーキは、• クリームチーズ• レモン• 砂糖 この3つの材料だけで作っているそうです。 クリームチーズは、高品質と定評があるデンマーク産を使用しているとのこと。 材料に妥協がありません。 相性抜群のクッキー生地 クッキー生地は、この レアチーズケーキ専用に作られたものだそうです。 生地は厚め。 食べるとザクッとするほど、しっかり食感があり、クッキーの味も感じられます。 お店によっては、このクッキー生地の食感・味がほとんど感じられないチーズケーキもありますが、「しろたえ」のクッキー生地の存在感は結構強め。 だからといって、レアチーズケーキの邪魔をしていません。 いいアクセントとなっており、レアチーズケーキのおいしさを一層引き立てています。 レアチーズケーキの値段 タイプ レアチーズケーキ 値段 1個 260円 ホール(24㎝) 2600円 ハーフ(12㎝) 1300円 「しろたえ」の「チーズレモンパイ」について つづいては、「チーズレモンパイ」です。 レアチーズケーキともに紹介されることが多い、「しろたえ」の人気ケーキです。 とてもにぎやかな見た目をしています。 とても手が込んだ構造のチーズレモンパイ 驚かされるのは、その手の込んだ構造です。 なんと6層構造なのです。 下記の断面の写真をよくご覧になってみてください。 上から、• 生クリーム• スポンジ?• レモン入りのチーズケーキ? カスタード?• スポンジ• スポンジとパイ生地の間にあんずジャムのようなものが塗られている• パイ生地 素材がわからない部分もありますが、このように6層の構造になっています。 ふちにクルミのトッピングという、とてつもなく手の込んだ作りなのです。 これが「しろたえ」のすごさ。 味、食感、何もかも楽しい完成度の高いチーズレモンパイ 食べてみると、レモンの酸味とチーズの酸味のなかに、生クリームの甘さ、あんずジャムの酸味や、パイのバターの風味が見え隠れしていることがわかります。 色々な味と風味が一度に押し寄せるのですが、 どれも邪魔をすることなく、お互いがお互いを引き立て合っています。 さらにしっとりしたチーズ層の食感と、溶けるような生クリームの食感。 サクサクしたパイの食感と、ごろっとしたクルミ。 味だけでなく食感までも存分に楽しませてくれる、そんなとても完成度の高いチーズレモンパイです。 チーズレモンパイの値段 タイプ その他チーズスイーツ 値段 350円 「しろたえ」の「スフレフロマージュ」について つづいては「しろたえ」の「スフレフロマージュ」。 丁寧に紙に包まれたスフレ。 紙を解いてみると、あたたかく食欲をそそる外見をしたケーキが姿をあらわにします。 「フロマージュ」とは? 「フロマージュ」とは、フランス語で「チーズ」を意味します。 つまり、ここで紹介する「スフレフロマージュ」は、「チーズスフレ」のことです。 食べなくてもフワフワしていることがわかる、食べなくても溶けるようなくちどけであることがわかる、そんな断面です。 目を凝らして見てみると、2層構造になっていることがわかります。 上からスフレ、下にはスポンジ生地のようです。 甘さもチーズ風味も控えめ、謙虚なスフレフロマージュ 一口食べてみて驚くのは、 チーズの風味も甘さも控えめであること。 濃厚なチーズの風味を感じさせてくれたレアチーズケーキとは打って変わって、スフレはかなり優しい味。 味が濃いものを食べた後だと、「チーズ入っているかな?」と思ってしまうほどの謙虚さです。 しかし、その謙虚さのおかげで、ふわっとしたスフレの食感を存分に楽しめるようなきがします。 食感も味も優しい、謙虚。 ここまで考えられて作られたチーズスフレはなかなかないのではないでしょうか。 スフレフロマージュの値段など タイプ チーズスフレ 値段 350円 税別 「西洋菓子 しろたえ」の店舗情報 夜に撮影 昼間に撮影 店内には喫茶スペースもあり、コーヒーやお茶とともにケーキをいただくことができます。 以下の画像は別日に訪問したときに撮影したもの。 ただし、休日はテイクアウトも店内も並ぶそうです。 レアチーズケーキ以外にも、プリンやゼリー、ロールケーキなど様々な洋菓子が並んでいます。 店名 西洋菓子 しろたえ 店舗タイプ ケーキ屋・喫茶店 住所・アクセス・最寄り駅 東京メトロ 赤坂見附駅から徒歩3分 赤坂駅から徒歩7分 営業時間・定休日 月~土 10:30~20:30 L. O 祝日 10:30~19:30 L. 19:00 定休日:日曜 飲食スペース・席数 35席 テイクアウト 可能 喫煙か禁煙か 分煙 ノンカフェイン・ソフトドリンクの有無 オレンジ、レモン、グレープフルーツのジュースがあります。 ノンカフェインのお茶やコーヒーはなさそうです。 アルコールメニューの有無 無し フードメニューの有無 ケーキ、プリン、焼き菓子のみ お問い合わせ 03-3586-9039 駐車場 なし.

次の

オレンジ&レモンのレアチーズ 4号(12cm) ケーキ

レモン レアチーズ ケーキ

レアチーズケーキの簡単レシピを紹介 ベイクドタイプのチーズケーキとして、「ニューヨーク・チーズケーキ」は、甘いものが苦手な方でも比較的食べやすいケーキとしてなかなか評判だったが、オーブンを使い、また湯煎や温度調節など、多少の手間がかかるレシピ。 そこで今回は同じチーズケーキでも、いっそう手間のかからない、「レア」タイプのチーズケーキの作り方を紹介しようと思う。 こちらは、材料や手順など、あえて基本的な部分はできるだけベイクドタイプのものと同じにしてあるので、「ベイクド」と「レア」の両方を食べ比べてみるのもいいかも知れない。 底板が外れるタイプのもの。 フードプロセッサーを使う場合は、適当に割ってからフードプロセッサーに入れて、細かくなるまで回すだけ。 2.無塩バター50gを、耐熱容器などに入れ、様子を見ながら、電子レンジに全体が溶けるまで(1~2分)かける。 溶けたバターを細かく砕いたクラッカーに加え、全体がしっとりとするまでよく混ぜる。 フードプロセッサーの場合は、溶けたバターを直接プロセッサーに加えて、そのままクラッカーとフードプロセッサーにかければよい。 3.クッキー生地をケーキ型の底に平らに敷き詰めて、固めにならす。 型のスミまで平らにするのは、ちょっと難しいが、底が平らなワイングラスを使うと簡単。 なんとなく道路工事っぽく、キレイにならせると楽しい。 これでクッキー生地の準備は完了。 ジャマにならないよう置いておく。 (ここまでは、ニューヨーク・チーズケーキとまったく同じ手順) 4.水40ccを容器に入れ、そこに粉ゼラチンを振り入れて、ふやかしておく。 軽く混ぜておくとよい。 5.冷蔵庫から出したクリームチーズを、ラップで包み電子レンジ(弱)に、2~3分ほどかけて柔らかくする。 目安は、全体が温かくなって指で簡単にチーズがへこむぐらい。 加熱しすぎてはいけないが、あまり硬いままだとこのあと混ぜていくのが非常に大変。 電子レンジによって出力が違うので、最初は途中で触って確認しながら何度かレンジにかけるようにするといい。 6.柔らかくなったクリームチーズを、大きめのボールにあけて、砂糖80gを加え、泡立て器で全体がなめらかになるように混ぜる。 最初は、クリームチーズが硬くて混ぜるのも大変。 ここが我慢のしどころなので、根気よく、なめらかなクリーム状になるまでホイッパーで練り混ぜる。 7.バニラエッセンス数滴と、レモン汁(1個分を絞って濾したもの)を加えて、さらになめらかになるまで混ぜる。 8.プレーンヨーグルトを加えて、さらに混ぜる このあたりから、全体がなめらかなクリーム状になり、ラクに混ぜられるようになる。 ボウルの底やホイッパーについた混ざっていない生地などを、ゴムべらなどで混ぜ込みながら、泡立てないように生地を混ぜていく。 9.ヨーグルトに続いて、生クリームを入れ、さらに混ぜていく。 いずれも2、3回にわけて加えていくと、スムーズにいく。 10.ふやかしておいた粉ゼラチンを電子レンジにかけて溶かす。 電子レンジによって出力が異なるが、できるだけ「弱」の設定で、ゆっくりと加熱しないと、溶け具合にムラができる。 ゼラチンは沸騰させてしまうと、腰が弱くなってしまうので、様子を見ながら絶対に沸騰させないタイミングで電子レンジから取り出すようにする。 完全に溶けると、それまで半透明だったゼラチンが透明になるので、確認できる。 11.溶かした粉ゼラチンを生地に加え、全体をよく混ぜ合わせたら、濾し網などで濾しながら、クッキー生地を準備しておいたケーキ型に流しいれ、そのまま冷蔵庫で3時間以上おいて冷やし固めると出来上がり。 冷えたチーズケーキは、そのままでは型から抜きにくい。 フキンを熱めに絞って、型の側面にあてて温めると抜きやすい。 切り分けるときも、包丁をお湯であたためながら、1回ごとに包丁をぬぐうようにするときれいに切ることができる。 レアチーズケーキの完成版 レアチーズケーキは、なんといってもオーブンで焼く必要もなく、単に「混ぜて冷やすだけ」ととても簡単なのがいい。 写真にあるように、仕上げに「ピスタチオ」のスライスなどを使って、彩りを添えてみるのもいいだろう。 レアチーズケーキの完成版 今回のレシピは、ベイクドタイプと同様、甘さが多少押さえ気味になっているので、男性含め、誰でもよろこばれる味になっていると思う。 ただし、出来上がりを大人数で、少しづつ取り分けるのであれば、ちょっと砂糖を多めにして、多少の「重さ」を出していってもいいだろう。 また、ヨーグルトを完全になくしてしまったり、あるいは分量を少なめに調節することなどで、違う風味を楽しむこともできる。 「お菓子はレシピどおり正確に」と言われることも多く、またそういったレシピも実際にはあるのだが、今回のような「混ぜる」だけのレシピであれば、それほど失敗もないので、自分流のアレンジを加えてみるのも楽しいだろう。 【関連記事】•

次の

レモン レアチーズ ケーキ

レモン レアチーズ ケーキ

「しろたえ」の「レアチーズケーキ」について こちらが有名なレアチーズケーキです。 「しろたえ」で検索すると、色々なサイトでこのレアチーズケーキが紹介されています。 それだけ「しろたえ」では定番のメニューなのでしょう。 ピスタチオだけがトッピングされた純白で美しいレアチーズケーキ。 写真ではわかりにくいですが、3層構造になっています。 上から生クリーム、レアチーズ、クッキー層という構造です。 サイズはわりと小さめです。 一般的なケーキの半分くらいの大きさでしょうか。 ねっとり濃厚な口当たりのレアチーズケーキ 食べてみると、その 濃厚でねっとりした口当たりに驚かされます。 クリームチーズをそのまま固めたような、とてつもない濃厚さなのです。 レアチーズケーキといえば、ねっとりした食感が強いタイプと、ぷるっとした食感のタイプ、クリームのような食感のタイプなどがあります。 「しろたえ」のレアチーズケーキは、ねっとりを極めた感じ。 「これほどねっとり感を楽しめるレアチーズケーキは他にはない」といえるほどです。 チーズとレモンのほどよい酸味 濃厚な口当たりとともに、濃厚なチーズの風味も押し寄せます。 チーズの酸味のなかには、ほのかにレモンの酸味も。 ただしこの酸味はとてもほどよく、「すっぱ!」となることはありません。 (もっと酸っぱいレアチーズケーキはある) ちなみに「しろたえ」のレアチーズケーキは、• クリームチーズ• レモン• 砂糖 この3つの材料だけで作っているそうです。 クリームチーズは、高品質と定評があるデンマーク産を使用しているとのこと。 材料に妥協がありません。 相性抜群のクッキー生地 クッキー生地は、この レアチーズケーキ専用に作られたものだそうです。 生地は厚め。 食べるとザクッとするほど、しっかり食感があり、クッキーの味も感じられます。 お店によっては、このクッキー生地の食感・味がほとんど感じられないチーズケーキもありますが、「しろたえ」のクッキー生地の存在感は結構強め。 だからといって、レアチーズケーキの邪魔をしていません。 いいアクセントとなっており、レアチーズケーキのおいしさを一層引き立てています。 レアチーズケーキの値段 タイプ レアチーズケーキ 値段 1個 260円 ホール(24㎝) 2600円 ハーフ(12㎝) 1300円 「しろたえ」の「チーズレモンパイ」について つづいては、「チーズレモンパイ」です。 レアチーズケーキともに紹介されることが多い、「しろたえ」の人気ケーキです。 とてもにぎやかな見た目をしています。 とても手が込んだ構造のチーズレモンパイ 驚かされるのは、その手の込んだ構造です。 なんと6層構造なのです。 下記の断面の写真をよくご覧になってみてください。 上から、• 生クリーム• スポンジ?• レモン入りのチーズケーキ? カスタード?• スポンジ• スポンジとパイ生地の間にあんずジャムのようなものが塗られている• パイ生地 素材がわからない部分もありますが、このように6層の構造になっています。 ふちにクルミのトッピングという、とてつもなく手の込んだ作りなのです。 これが「しろたえ」のすごさ。 味、食感、何もかも楽しい完成度の高いチーズレモンパイ 食べてみると、レモンの酸味とチーズの酸味のなかに、生クリームの甘さ、あんずジャムの酸味や、パイのバターの風味が見え隠れしていることがわかります。 色々な味と風味が一度に押し寄せるのですが、 どれも邪魔をすることなく、お互いがお互いを引き立て合っています。 さらにしっとりしたチーズ層の食感と、溶けるような生クリームの食感。 サクサクしたパイの食感と、ごろっとしたクルミ。 味だけでなく食感までも存分に楽しませてくれる、そんなとても完成度の高いチーズレモンパイです。 チーズレモンパイの値段 タイプ その他チーズスイーツ 値段 350円 「しろたえ」の「スフレフロマージュ」について つづいては「しろたえ」の「スフレフロマージュ」。 丁寧に紙に包まれたスフレ。 紙を解いてみると、あたたかく食欲をそそる外見をしたケーキが姿をあらわにします。 「フロマージュ」とは? 「フロマージュ」とは、フランス語で「チーズ」を意味します。 つまり、ここで紹介する「スフレフロマージュ」は、「チーズスフレ」のことです。 食べなくてもフワフワしていることがわかる、食べなくても溶けるようなくちどけであることがわかる、そんな断面です。 目を凝らして見てみると、2層構造になっていることがわかります。 上からスフレ、下にはスポンジ生地のようです。 甘さもチーズ風味も控えめ、謙虚なスフレフロマージュ 一口食べてみて驚くのは、 チーズの風味も甘さも控えめであること。 濃厚なチーズの風味を感じさせてくれたレアチーズケーキとは打って変わって、スフレはかなり優しい味。 味が濃いものを食べた後だと、「チーズ入っているかな?」と思ってしまうほどの謙虚さです。 しかし、その謙虚さのおかげで、ふわっとしたスフレの食感を存分に楽しめるようなきがします。 食感も味も優しい、謙虚。 ここまで考えられて作られたチーズスフレはなかなかないのではないでしょうか。 スフレフロマージュの値段など タイプ チーズスフレ 値段 350円 税別 「西洋菓子 しろたえ」の店舗情報 夜に撮影 昼間に撮影 店内には喫茶スペースもあり、コーヒーやお茶とともにケーキをいただくことができます。 以下の画像は別日に訪問したときに撮影したもの。 ただし、休日はテイクアウトも店内も並ぶそうです。 レアチーズケーキ以外にも、プリンやゼリー、ロールケーキなど様々な洋菓子が並んでいます。 店名 西洋菓子 しろたえ 店舗タイプ ケーキ屋・喫茶店 住所・アクセス・最寄り駅 東京メトロ 赤坂見附駅から徒歩3分 赤坂駅から徒歩7分 営業時間・定休日 月~土 10:30~20:30 L. O 祝日 10:30~19:30 L. 19:00 定休日:日曜 飲食スペース・席数 35席 テイクアウト 可能 喫煙か禁煙か 分煙 ノンカフェイン・ソフトドリンクの有無 オレンジ、レモン、グレープフルーツのジュースがあります。 ノンカフェインのお茶やコーヒーはなさそうです。 アルコールメニューの有無 無し フードメニューの有無 ケーキ、プリン、焼き菓子のみ お問い合わせ 03-3586-9039 駐車場 なし.

次の