マチコ先生に抗議する会。 まいっちんぐマチコ先生 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

ノート:まいっちんぐマチコ先生

マチコ先生に抗議する会

子供たちのエッチなイタズラを「まいっちんぐ〜」のひと言でやり過ごしてしまう、ご存じ「まいっちんぐマチコ先生」。 * マチコ先生=麻衣マチコといえば、いわゆるトランジスタグラマー体型が頭に浮かぶ。 「あんまり意識したことがないんだよね。 特にモデルとかもいないし。 ただ当時、アグネス・ラムちゃんとか宮崎美子さんが人気で、そのイメージが無意識にあったのかもしれない。 あと、大場久美子。 好きだったんですよ(笑)。 彼女、けっこうボインだしね。 もっとも、作画する時に使ったことはないな。 髪型くらいかな、意識したとしたら」 そんなマチコ先生は、イタズラ児童のケン太にスカートをめくられ、お約束の「決めゼリフ」を言うシーンが定番だ。 「実はね、みんなが思っているほどスカートめくりは描いてないんだよね。 描きにくいし、むしろスカートをはいていないパンティ姿のほうが多かった。 連載スタート直後にアニメが始まったんだけど、恐らくそのイメージが強いんだと思う。 アニメでは確かに多かったかもしれないね」 事実、アニメ化の影響は大きく、関西地方ではマチコ先生に抗議するPTAの会のようなものまでできたという。 ただし、 「編集サイドがずっと対応してくれていた。 僕は描いていればいいと。 「まいっちんぐポーズも、当初は決まっていなかったんだよね。 (アニメの)プロデューサーの方がモデルさんを連れてきて、ポーズを決めよう、と。 マンガの中では『まいっちんぐ』という言葉は使ってたけど、キメポーズまではなかった。 お恥ずかしい話だけどね」 もっとも、マチコ先生の人物設定にはえびはら氏の強いこだわりがあった。 「当時、『金八先生』とか学園ものがはやっていた。 いわゆる熱血ドラマ。 でも、僕はそうしたくなかった。 女性だし、逆にまったく説教しない先生にしようと。 そうそう、僕が中学生の時に、怒らない女性の先生がいてね。 それどころか、生徒にいじめられて泣いちゃうみたいな。 それも心のどこかにあったのかなぁ」 さらにマチコ先生には、こんな「秘密」も。 昭和から平成にかけて進化を続けているというのだ。 昔は4等身、5等身だったのが、読者の年齢が上がってきている現実もあり、 「じゃ、グッとアダルトにしようと、8等身に。 今考えているのは、アダルトになったマチコ先生の映画化ですよ。 どこかでやりたいね。 カラミとか? それは他(の作品)がやってるし、マチコには求められていないと思うよ(笑)」 主演は誰なんだろうか。 113• 193• 587• 220• 48 recent comment.

次の

えびはら武司が語る「まいっちんぐマチコ先生の秘密」

マチコ先生に抗議する会

子供たちのエッチなイタズラを「まいっちんぐ〜」のひと言でやり過ごしてしまう、ご存じ「まいっちんぐマチコ先生」。 * マチコ先生=麻衣マチコといえば、いわゆるトランジスタグラマー体型が頭に浮かぶ。 「あんまり意識したことがないんだよね。 特にモデルとかもいないし。 ただ当時、アグネス・ラムちゃんとか宮崎美子さんが人気で、そのイメージが無意識にあったのかもしれない。 あと、大場久美子。 好きだったんですよ(笑)。 彼女、けっこうボインだしね。 もっとも、作画する時に使ったことはないな。 髪型くらいかな、意識したとしたら」 そんなマチコ先生は、イタズラ児童のケン太にスカートをめくられ、お約束の「決めゼリフ」を言うシーンが定番だ。 「実はね、みんなが思っているほどスカートめくりは描いてないんだよね。 描きにくいし、むしろスカートをはいていないパンティ姿のほうが多かった。 連載スタート直後にアニメが始まったんだけど、恐らくそのイメージが強いんだと思う。 アニメでは確かに多かったかもしれないね」 事実、アニメ化の影響は大きく、関西地方ではマチコ先生に抗議するPTAの会のようなものまでできたという。 ただし、 「編集サイドがずっと対応してくれていた。 僕は描いていればいいと。 「まいっちんぐポーズも、当初は決まっていなかったんだよね。 (アニメの)プロデューサーの方がモデルさんを連れてきて、ポーズを決めよう、と。 マンガの中では『まいっちんぐ』という言葉は使ってたけど、キメポーズまではなかった。 お恥ずかしい話だけどね」 もっとも、マチコ先生の人物設定にはえびはら氏の強いこだわりがあった。 「当時、『金八先生』とか学園ものがはやっていた。 いわゆる熱血ドラマ。 でも、僕はそうしたくなかった。 女性だし、逆にまったく説教しない先生にしようと。 そうそう、僕が中学生の時に、怒らない女性の先生がいてね。 それどころか、生徒にいじめられて泣いちゃうみたいな。 それも心のどこかにあったのかなぁ」 さらにマチコ先生には、こんな「秘密」も。 昭和から平成にかけて進化を続けているというのだ。 昔は4等身、5等身だったのが、読者の年齢が上がってきている現実もあり、 「じゃ、グッとアダルトにしようと、8等身に。 今考えているのは、アダルトになったマチコ先生の映画化ですよ。 どこかでやりたいね。 カラミとか? それは他(の作品)がやってるし、マチコには求められていないと思うよ(笑)」 主演は誰なんだろうか。 113• 193• 587• 220• 48 recent comment.

次の

まいっちんぐマチコ先生 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

マチコ先生に抗議する会

わたしは現在、小学1年生から浪人生までを対象にした学習プログラム「ミネルヴァ・アカデミー」を経営しています。 生徒の多くは中学生なので、今日は 「中学生の部活が忙しすぎる問題」について考えたいと思います。 0)結論 結論から言うと、わたしはこう思います。 「文武両道になれないのであれば部活は辞めるべき」 プロを目指す、全国大会出場を狙っていると言う生徒も学習は必要ですし、部活では万年補欠で、かつ学業成績も芳しくないのであれば 、なおさら部活はやらなくて良いと思います。 もちろん、部活自体を否定しているのではありません。 部活が忙しくて、勉強がおろそかになるのがいけない、と思うのです。 両立していて、文武両道なのであれば、どんどんやれば良いと思います。 では、なぜわたしが「文武両道になれないのであれば部活は辞めるべきだ」と思うのか。 その理由は、以下の5つです。 1)学校に行く目的は部活ではなく学習 2)部活を頑張っている子は成績も良いという幻想 3)部活以外にも目標達成する場所はある 4)こんなにしゃかりきに部活をやっているのは、日本だけ!? 5)実際、部活動の時間が短い県は学業成績も良い 1)学校に行く目的は部活ではなく学習 当たり前のように聞こえるかもしれませんが、わたしは 勉強>>部活 と言う優先順位をとるべきだと声を大にして言いたいです。 なぜなら、 勉強<<部活になっている生徒が多いから。 部活の意義は、 「社会性や協調生を育み青少年の心身育成にとって重要な要素のひとつである」 と言う考えもあるかとは思います。 もちろん、部活動は楽しいですし得られることもたくさんあります。 しかし、 勉強<<部活 になっては本末転倒じゃないですか? 例えば、 「ほぼ毎日朝練があって、休みは週に1日や2日で家で勉強する時間がありません。 」 学校に行く目的は学習することであって、学習する時間が取れないのであれば、部活を休めば良いと思います。 部活で忙しいことは、宿題ができない理由にはなりません。 部活は 学校教育の一環です、よね? 他にも 「朝練で疲れて午前中の授業は寝てしまう。 」 わたしは、こんなに長時間、部活動する必要があるのか!?と思うわけです。 どうして学校の体育ではダメなのでしょう? 2)部活を頑張っている子は成績も良いという幻想 部活で忙しい中、時間を見つけて効率的に勉強するから部活を頑張る子は学力も高い。 と言う意見もあります。 もちろん、そう言う子もいます。 短時間の学習ですぐに理解してしまう子です。 ただ、わたしの経験上、そう言う子は稀だと思います。 成績の良い子のほとんどが、長時間学習しコツコツ努力を重ね結果を出しています。 3)部活以外にも目標達成する場所はある 部活動の魅力の1つに「目標達成を経験する」と言うことがあると思います。 目標に向かってチームで、個人で切磋琢磨すると言う経験はかけがえのないものです。 その経験が自信になると思います。 しかし、 部活以外にも「目標達成を経験する」場所はたくさんあります。 私たちの提案する学習プログラムもその一つ。 具体的には、 「数学検定」や「英語検定」を軸に学年にとらわれない学習をしています。 中学校2生で高校2年生レベルの数学、英語にチャレンジしている子や、小学校4年生で中学校3年生の数学検定に挑戦している子、1学年、2学年上の学習を進めている子も多くいます。 多くの子が同学年の子ができないことに果敢にチャレンジし、どんどん自信をつけています。 4)そもそも、こんなにしゃかりきに部活をやっているのは、日本だけ!? アメリカ人と中国人、韓国人の友人と「放課後の部活動」について話したことがありますが、こんなに部活動に時間を割いているのは日本だけです。 韓国と中国は、放課後は「塾などで勉強する」のが一般的ですし、 アメリカは、練習は週に2、3回しかなく「成績が悪いと部活に参加できない」のです。 彼は、2009年に公開された 「しあわせの隠れ場所」という彼の実話を基にした映画でも話題になりました。 この映画の中で、彼は 大学進学の際、様々な有名大学から奨学金をもらえるほど有能な選手でしたが、学業成績が足りず猛勉強するのです。 つまり学業成績が伴っていないと、アメフトに関してどんなに才能があって努力していても奨学金がもらえないのです。 そのシーンがとても印象的でした。 まとめ スポーツ庁も「過熱する部活動の是正」に動き出し、国のガイドラインでは、 休養日について「週2日以上」、活動時間の上限は「平日2時間、休日3時間程度」と基準を示しています。 とはいえ、 ガイドラインは法的な拘束力がなく、最初からガイドラインを守ろうとしない部活動も現前として残っていると思います。 「自主練」と称して従来通りの部活を行う顧問もいる、と聞いたことがあります。 よって、国の指針に囚われないで、ご家庭で部活動に関する方針を決めるのが良いと思います。 とはいっても、いざ子どもに 「成績が下がったから今すぐ部活を辞めなさい」と一方的に話しても 、子どもは納得しませんよね。 運動部で主力選手になったり、文化部でリーダーになったり、子どもにも役割があると思います。 そこで わたしの提案は、 中学校一年生のとき、部活動に入る前に、子どもと一緒に学習目標を立て、「それを達成できなかったら部活を休むもしくは辞める」と約束すること 約束があれば、子どもも一生懸命勉強するし、部活を休むことになっても納得するのではないでしょうか。 もう中学校一年生を過ぎちゃったんだけど。。。 と言う方は、 まずは「次のテストの目標」を話してみると良いと思います。 もし達成できなければ、「勉強時間を増やそう。 そのためには部活動の参加率を見直そう」という提案ができるかもしれません。 そしてこのnoteがもしお子さんの勉強への意欲がアップするきっかけになればとても嬉しいです。

次の